2017年08月24日

先日、父の初盆で帰省してきました。
初盆って何していいかよくわからなくて、そういえば3歳くらいの頃に兄の初盆の時に家にすごくたくさん提灯があったな〜と思い出したので父に提灯を送りました。
13日の夜に迎え火を焚いたんだけど、そもそも父が毎年焚いてた枝はどうやって入手したものかわからなかったんだけど、迎え火セットってのがスーパーに売ってんですね。今どきは。
父もスーパーで買ってたのかなあ??
迎え火の木は燃えやすいように油の多い松の木を使うんだよ、といつも父が言ってたのを思い出しながら火を点けたんですが、ぜんぜんうまく燃えない〜〜。
もう途中であきらめたけど今にして思うと、もっと細く割ればよかったんかな?

そうめんが好きだった父を偲んでそうめん流しにも行きました。
慈眼寺のそうめん流し。それと加治木の龍門の滝のそうめん流し。
どこもだいたいメニューは似てて、そうめんとおにぎりとマスの塩焼きと鯉こくあるいは他の味噌汁。
ところが、最近はうどん流しやソバ流しとかやってるところもあるそうですね。
龍門の滝のそばに行ったらすっごい水しぶきいっぱい浴びてきゃーきゃー。

霧島にも一泊しました。
旅行人山荘というわりとこじんまりとしたホテルでした。
旅行人という旅雑誌を出してた出版社のお兄さんが経営してるそうで、新しいのかと思いきや、創業100周年の老舗だそうです。
運が良ければホテルの庭に鹿が見られるということだったのですが、朝方にぼーっと庭を見てたら鹿がひょっこり現れました。
わああ〜〜、嬉しい〜〜。妖精みたいだった。

帰りに空港でゴジラ金生饅頭を買おうと思ってたら、きれいに売り切れてて手に入らなかった…。
金生饅頭というのは鹿児島の宝暦元年創業の老舗デパートで売られてる小さい今川焼みたいなお菓子。
ゴジラのイベントとコラボして売ってるらしいです。
http://www.yamakataya.co.jp/k-event/godzilla


aqua_marilyn at 23:36コメント(0) 

2017年05月27日

5月21日に和歌山県の南紀白浜でトライアスロンがあったので20日から和歌山入り。
IMG_3193

白浜は名の通り本当に白い砂浜で、こういうのもっと南の島とかと思ってたので驚き!
ゴミはもちろん貝殻とかも落ちてないので裸足で平気でパチャパチャ遊べました。
波打ち際の写真を撮ったけどこの透明度。これ水面の上から撮ってます。
uni


千畳敷っていう岩が広々平べったくなった場所もすごくきれいでした。
しかし!平べったい岩はすごく柔らかいらしく、硬い物で彫った落書きだらけ。
好きな人の名前とか恋人同士の記念的なものとか。
こういうことする人の神経がわからない。せっかくの景勝地が台無し。

トライアスロンが終わってその日の宿が志摩だったのでアワードパーティーに参加せずに移動。
途中で「とれとれの湯」というスーパー銭湯に立ち寄りました。
これがすごく快適な温泉で、金額もリーズナブルで私の銭湯ランキングで一位を脅かす存在に。

白浜から志摩まで、レンタカーのちょっと古いナビは「8時間です」と言ったけど、開通した道を調べてたのでびびらずに出発。
途中ナビに表示されない道を行き、5時間くらいで到着〜〜〜。
ずっと運転したので疲れた〜〜。けど無事ついてほっ。

泊まったのは賢島の近くの小さなホテル「プロヴァンス」
天体観測ができるホテルなのですよ。
今は星が一番少ない時期なんだそうで、でもたくさん見られたし流れ星も流れた。人工衛星も。
食事も美味しくて、お風呂も小さいながらも工夫があって快適でした。
ここはまたぜひ行きたい。星の多い時期に。



IMG_3257

次の日はブラタモリの真似をして賢島クルーズ。横山展望台から英虞湾を見る。そして大王崎灯台へ。
英虞湾を小型船で回りながらサミット会場になった景勝の地を巡りました。
展望台では小さな島々が点在する絵葉書のような風景に感動。
この地形の発生の謎もブラタモリで学習してたのでバッチリ。

今回の旅でワカメ売りのおばあちゃんにワカメをたいへん熱心に勧められました。
この量で200円は安いと思って買おうとしたら「5個だと1000円にもう一袋ついてくるよ〜」

 私「すみません200円しか持ってないんですよ」
 おばあちゃん「5個だと1000円にもう一袋ついてくるよ〜」
 私「本当に200円しかないので一袋ください」
 おばあちゃん「5個だと1000円にもう一袋ついてくるよ〜。アオサは1個買うともう1個つけるよ〜」
 私「すみません。本当に200円しかないんですよ」
 おばあちゃん「1個つけるのに…。アオサはいらんかね〜?」

ううう、売りたい気持ちはわかるけど、200円しかないって言ってるじゃんか〜〜。
うそじゃないんだよ〜〜〜。
IMG_3263
大王崎灯台から下を見下ろす


ise

次の日は伊勢神宮。
高校の修学旅行以来でした。
いつか大人になったらまたここに来ようと思ってた願いが叶いました。
修学旅行の時は内宮しか参拝しなかったので今回は外宮と両方。
外宮の境内の大きな木に手をあてて何か祈ってるふうな人々がいたので真似をしました。
人々が手をあてる木は限られてるらしく、触られた部分だけ茶色く磨いたみたいに光ってました。
内宮にもそんな木があったので外宮の真似をして祈ってるみたいに手をあてると、他の人々がわらわらとやって来ました。
そして「え?なに?これどういう意味?」と口々に言いながら手をあてはじめました。
すみません、私もよくわからずに真似してただけです。



CA3I0516

伊勢の最後に伊勢うどん。
もにゃ〜と柔らかいうどんを濃い色のつゆ(タレ?)にからめて食べました。
よく味わって食べたかったけど時間がなかったので慌ただしく店を出ました。
美味しかったです。と思います。

トライアスロンについては私が出場したわけじゃないので書く材料があんまりないのですが、けっこう年配の人が多いのには驚かされました、
おじいちゃん参加者には沿道からたくさんの拍手が送られてたので私も声を掛けて拍手しました。
ゴールでは一人一人にゴールテープを引き直してくれてて素晴らしかったです。

aqua_marilyn at 15:34コメント(0)トラックバック(0)旅行記 

2017年02月20日

プリムラジュリアンは寒い冬にもきれいに咲いてくれるので
玄関先に鉢植えを置いてるんだけど、こないだ花弁が指先で
ちぎったみたいに無くなってて、近所の悪ガキがいたずらしたのか?
と疑いつつ周りを見てもちぎった花びらがほとんど落ちてなくて、
念のため「プリムラジュリアン」で検索してみたら
「花びらを食べられた」というのがワードで出てきた。

どうやらヒヨドリや鳩が食べるらしい。
そういえば今、うちの木に鳩が住んでるんだよね。
あいつらか。
ネットにけっこう食べられてる相談がありました。
悪ガキじゃなくてよかった。

エディブルフラワーとしてもプリムラジュリアンは紹介されてたので
人が食べてもいいらしい。
ジュリアンじゃなくてふつうのプリムラは鳥に食べられないらしいので
来年の冬はプリムラを植えたらいいのかな。
あるいは冬の鳥たちの食料として敢えて大量に鉢植えするとか。

写真はほぼ丸坊主にされたジュリアンがやっと回復してきたところ。
でもまたちょっとついばまれてるね。明日あたり丸坊主の逆戻りかな。170220_0950-01


aqua_marilyn at 10:03コメント(0)トラックバック(0)いろいろ 

2017年02月04日

深キョン可愛いしドラマも面白んだけど
今どき中学受験するってだけでクラスでイジメっぽく
されっちゃったりするのかな?
うちの子供も中学受験したけど、その頃知り合いから
中学受験は親の見栄なのよ!って言われたわ。
おんなじセリフが出てきてびっくり。
ほんとにそう思ってる人が今もいるの?
なんかもやもやしつつ来週も観る。




aqua_marilyn at 19:44コメント(0)トラックバック(0)いろいろ 

2016年09月29日


もう2年近く病院を出たり入ったりしていた父なので、
逝く日がそう遠くないであろうとは思っていたけど、
先日、ついにその日が来た。

父は厳格な人で、私はあんまり好きではなかった。
他の家の子はもっと自由に遊びに行ってるのに
私は父に信用されていないんだ、と友人に愚痴ったこともあった。
今にして娘を持つ親として思うに、信用してたかどうかではなく、
ただただ心配だったのだろう。

兄には父はお前ばかり可愛がると言われたけど、
どこが可愛がってんだ?すげー怒られてばかりで
私は家出したことだってあるんだぞ。超近所にだけど。

私の同僚が家に電話を掛けてきた時、父が私を呼び出すのに「ちゃん」付け
だったと同僚にからかわれた。どうやら人様の家の父親は成人した娘を
ちゃん付けでは呼ばないらしい。

少しづつわかってたんだ。
父が私をとても愛してくれていたことを。
でも伝わらなかったんだよ父さん。
やっとわかった時には私はあなたの許から巣立ってしまってたんだ。

あなたから最も教わったこと、それは愛してるなら愛していると
ちゃんと子供に伝えなければいけないということ。
それがわからなかったから、私は自分が嫌われてるから怒られるんだと
思い込んでしまって、生きていていいのかどうかもわからなくなってたんだ。

でも、亡くなる前に、遺される人たちが無用に争わなくて済むように
ほとんどすべての面倒な事柄をきっちり手続きして、
きれいに穏やかに去っていったのは、厳格な父らしい
見事な最期であったと思う。



aqua_marilyn at 17:08コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月18日

二日目は嵐山へ。

甥っ子が嵐山のあたりに住んでたことがあるって言ってたけど
嵐山のあたりってどのあたりなのか今回やっとわかりました。
嵐山電鉄に乗ってのんびり揺られていると、突然きれいな柱型の灯篭?
みたいなのが駅ににょきにょき生えてました。
それまでふつうの町だったのに、いきなりの観光地モードにびっくり。
お土産物屋さんも急にいっぱい生えてました。

で、渡月橋。
「YOUは何しに日本へ」で広重が描いた渡月橋を同じアングルで
写真に収めたYOUが出てたので、その真似してパチリ。
(あとで画像検索したら高度がぜんぜん違ってた)
togetukyo



帰ろうとしたら竹林の小道徒歩5分って書いてたので、
もしかしてよくポスターやCMで見るあの竹林の道?っと
行ってみることに。
そして奇跡の一枚をパチリ。
ホントの竹林の小道はこの写真のもそっと奥の方なんだけど、
観光客多すぎて、人が写らないの撮るの大変だったんだもん。
tikurin


途中、竹垣の扉を開けて竹林の中に入っていく数名の観光客がいたんだけど、
あそこって入っていいのかな?
注意した方がいいかな?と思ったけど鍵のかかった扉とかかってない扉があって、
入っちゃだめという確証がなくて何も言えなかった。
その人たち英語で話してたけど私はなんて言えばいいんだろ?と躊躇して。

今日はここまで。

aqua_marilyn at 16:35コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月14日

娘と京都に行ってきました。
とはいえ、娘は受験生なのでなるべく観光はしないで、
娘がホテルで勉強をしてるあいだに私は市内をウロウロする予定で。

京都は高校生の頃に修学旅行で行ったのですが、
修学旅行ってただ連れまわされてる感じであまり覚えていないので
今回初めて行くような気持でワクワクしました。
新幹線で行けるのも嬉しい。

初日、ホテルに荷物を預けて北野天満宮へ!
ここへは娘も一緒。受験生だからね。
まあ暑くて天満宮の入り口の鳥居をくぐる前にへろへろになってしまったけど
鳥居の前の大きな狛犬の台座に刻まれた名前の中に「竹内栖鳳」の名前を見て
うわあ〜〜京都に来たんだなあ〜〜と感激。

kitano1kitano2


北野天満宮の休憩所?に古い絵馬が掛けられてて、
絵の具がほとんど剥がれ落ちてたけど面白いものが多かったので
野晒し状態にしてるのがもったいなかったです。
中に文字のパズルみたいな絵馬があって、なんと回文なんだそうで面白。
図形を描いた算額も掛けてありました。天地明察。
北野天満宮で祈願。
kitano3


その後、晴明神社へ。
想像してたよりずっと現代的な神社でした。
羽生結弦くんの絵馬を拝見。鈴をがらんがらん鳴らす時に
この縄のどこを羽生くんが触ったのかな〜〜とにやける。

今日はここまで。

aqua_marilyn at 11:01コメント(0)トラックバック(0)旅行記 

2016年06月21日

aqua_marilyn at 14:17コメント(0)トラックバック(0)家ブログについて 

2016年06月03日

私の大好きだった温泉施設「グランローザ潮の湯」が5月いっぱいで終了しちゃったの。
なので5月末に名残惜しく行ってきましたよ。
潮の湯は温泉の種類は少なかったんだけどリラックスできる場所がたっぷりあって、
一日ゆっくりできるうえにランチバイキングがとても良かったの。
隣のホテルもここが運営してるのでホテルビュッフェ風のランチで、
ちょくちょく季節やイベントに合わせてメニューが変わったりしてて、
飽きがこず、でも定番もちゃんと押さえてて、いつ行っても楽しめました。
ああ、惜しい施設を失くしました。

ところで、温泉に行く数日前に私、火傷をしましてね。
左腕にくっきりと長さ5センチ幅5ミリくらいの。
それがなかなか治らなくて、でもまあ「ツ」(カサブタ)が張ったからいいかな?と
ほんとは風呂に浸かってツがふやけたらやだなあと思ったんだけど、
この日を逃したらもうこの温泉に来られないし〜〜〜、と決行。

温泉に浸かりながら温泉の効能を読んだんですよ。
たしか「やけど」とか書いてたな〜〜と思って。
書いてた、やけど・切り傷。

んで、温泉から上がって腕を見たら、
すっげ〜〜〜〜〜!すっかり傷がきれいになってピンクの乾いた皮になってたの。
もうツもない。ぜんぜん〜〜〜〜!

それから劇的に傷が回復して、もううっすら色が変わってるくらいよ。
温泉パワーぱねえええ!
よく効能とか書いてるけど、何度か通ううちにだんだん治る程度だろうと思ってた。
お見それしました。
また行きたいよ、潮の湯。
カムバック潮の湯。


aqua_marilyn at 16:27コメント(0)トラックバック(0)いろいろ 

2016年05月11日

本当は西叶神社の方が先にできたので、先にお参りに行くのが
いいのかな〜と思ったんですけど、西叶神社の拝殿は彫刻が
素晴らしいらしいのでじっくり見たくて東の方から先に行きました。

そして船に乗って東から西へ。

kanou_nishi

娘は西の社務所で勾玉を買いました。
この神社、西の勾玉を東の袋に入れて、初めて一つのお守りが完成するのです。
そして「叶」と書かれた絵馬を買って合格祈願のお祈りをしました。
と言ってもこの叶神社の名前は「平家が滅亡して願いが叶ったぜイェーイ!」と
いうのが謂われなのですが。
まあ、娘は頼朝好きらしいのでいいけど平家もいいのよ〜〜と身もだえる。

西の神社の彫刻は本当にすんごかったです。
そんなに大きな建物ではないんですが、初代が焼けて江戸時代に建て直した時に
3000両かかったっていうんですから。
後藤利兵衛という江戸時代の有名な彫刻師の作品群だそうです。

kanou_ryu
kanou_tennjo

拝殿の格天井の龍や花も美しいし、鳩ファミリーの彫刻がなんとも可愛いんだけど写真に撮れてないっ。
そう、全体的にセンスがかわいいんですよ。

いろいろ見た後、帰ろうとしたら狛犬の下の塀になにやらいる("^ω^)・・・。
なにこれ、立ち狛犬??
kanou_komainu2

すっげー、なんちゅう可愛さ!
こんな清々しいまでにやりたい放題な神社は初め見たわ。

kanou_komainu

これは反対の狛犬の下にいた立ち狛犬。ラヴリー〜。

aqua_marilyn at 20:54コメント(0)トラックバック(0)いろいろ 

2016年05月09日

浦賀にある叶神社(かのうじんじゃ)に行きました。

浦賀湾を挟んで西と東に叶神社があります。
ずっと前にテレビで見て行きたいと思ってたんですが、
たまたま機会があって行ってきました。

両方の神社を結んでいるのは小さな船。
浦賀の渡しと言うそうです。
時刻表は無くて、乗りたいときに乗船ボタンを押したら船がやってくるんです。

で、初めに東叶神社に行きました。
頼朝が植えたらしいソテツの木がヤマタノオロチの如くぐねって生えてて、
本殿の横の石段を登ったらどんどん上まで続いてて、膝が疲労でガクガクした頃に
やっとちょっと開けたてっぺんに勝海舟が断食した家の跡がありました。
そこから浦賀水道が望めるんだけど同じアングルの広重の浮世絵が看板になってて、
見たら本当に対岸の山の形や燈明堂がほぼ同じでした。
時を超えて広重と同じところにいるんだわ〜と感動。

社務所で娘がお守りの袋を買いました。

CA3I0425

写真は東叶神社から西叶神社に渡る船の中から。
左の小高い丘の上から浦賀水道を望みました。
右から伸びる陸地の端っこに燈明堂がある〜〜。

西の話はのちほど。

aqua_marilyn at 15:56コメント(0)トラックバック(0) 

2016年04月29日


フィギュアスケートが好きでテレビではよく見ていて、
いつかこの目で直に見てみたいな〜とかねがね思っていたのですが、
そんなある日、小塚崇彦くんが4月の17日のショーをもって
引退するって言うじゃあ〜りませんか。

でも17日は先に予定が入っているし…。
ああ、行きたい時に行ってないとこんなことになるのか。
なんてがっかり思っていたら、たまたま見た番組で小塚くんが急遽
16日のショーにも出演するし、当日券もあるって言うじゃあ〜りませんか!

だめもとで調べたらまだアリーナ席が買える!
今買わなくていつ買うの!
てわけでポチったのがショーの2日前。
心の準備ができてなかったのでチケット買うのもドキドキでした。
そもそもアイスショーのアリーナってどの程度見えるものなの?
この金額は高いの?安いの?
会場の温度はどれくらいなの?装備は何が必要なの?


結果的に、行ってよかった〜〜〜。
ハビエルやパトリック・チャンや真央ちゃんや昌麿くんや織田くんや…
書ききれないくらいすごい人たちがちゃんと顔も見える近さで見られたの〜〜〜。
そして小塚くん。
美しいスケーティング、そしてお別れの挨拶。
もちろんスタンディングオベーション!
いい思い出ができました。
いつかまた氷の上に戻ってきてくれる日を心から待ってるわ。ありがとうございました。


aqua_marilyn at 23:57コメント(0)トラックバック(0)いろいろ 

2016年04月17日

連日のニュースで痛ましい映像が流れています。
熊本をはじめ九州で発生している地震で犠牲になられた方の
ご冥福をお祈りします。
また、お怪我をされた方が早くお元気になられますように。

今朝、録ったままだったブラタモリの熊本城の回を見ました。
中学の修学旅行で訪れた時のこともおぼろげながら思い出して、
楽しい番組なのに悲しい気分になりました。
どうか地域が一日も早く復旧されますように。


aqua_marilyn at 21:14コメント(0)トラックバック(0)いろいろ 

2016年04月04日

私は高いところと危ないところが好きだったなあ。
ただ、どんな高いところに登っても自分で降りられる自負を持っていました。

ある日、あれは4〜5歳の頃だと思うんだけど何かの目的があって
ちょっと高い木に登ったんです。
で、さあ降りようとしたところ、大人たちがわらわらと集まってきて、
「今降ろしてあげるからね、怖くないよ。ほら大丈夫」みたいなこと
言いながらどこかのおじさんが私を抱きかかえて降ろしてくれたんです。
近所の人に「おたくの娘さんが〜〜!」と知らされて駆け付けた母がしきりにお礼を言って、
集まった大人たちもよかったよかったと胸なで下ろしたふうでした。

しかし!
私は幼いながらに「誰が降ろしてくれと頼んだ⁉」と憤懣やるかたなかったわ。
山は下りるところまでが登山だ。私の、木を降りる楽しみを奪いおって!

でも私はその時とるべき態度をとった。
すなわち、木から降りられなくなって泣いている子供。
泣きじゃくりながらおじさんに抱きかかえられた幼子が無事に母のもとに帰り、
周囲の大人たちはみんなほっこりしながら帰路についた。
そんな一部始終を当の幼子がいちばん冷めた感情で演じていた。
木に登る時は降りる時の足場の確認までして登るもんだ。

いやなガキだね〜〜。


aqua_marilyn at 11:01コメント(0)トラックバック(0)いろいろ 

2015年11月24日

WIN_20151122_125409 (2)miniWIN_20151122_130007mini






沖縄で開かれた甥っ子の結婚式に行ってきました。
甥っ子とはかれこれ10年来で、でも小さい頃の面影が
そのままで可愛らしかったです。
もう歳は27?28?くらいなんだけどね。

沖縄に行くのも初めてだったので、沖縄式の結婚披露宴はよく知らなかったのですが、
花嫁さんが太鼓叩いてエイサーを踊りまくったのにはびっくり!
学生時代、エイサーサークルの部長だったそうです。
披露宴の終わりの方ではみんなでカチャーシーを踊りました。
プログラムを見てカチャーシーってなんぞ? って思っていたら、
沖縄民謡のリズムに合わせて両手を掲げて動かすあれがカチャーシーだそうで、
にわかカチャーシーは難しかったです。

私達の泊まったホテルには温泉の大浴場がついてて、
宿泊客は無料で利用できたからよかったんですが、
ビジター利用では2,500円かかるそうで、びっくりぽんでした。

今回2泊3日の旅で一日目は移動と結婚披露宴だけで終わるので
観光にまるまるかけられるのは一日だけで、
美ら海水族館に行くかどうかギリギリまで迷ったんですが、
沖縄に行ったらやはり戦没者の慰霊はしたかったので
水族館はあきらめて沖縄本島の南部だけ行くことにしました。
ルートは
ホテル発→斎場御嶽→ニライカナイ橋→奥武島のグラスボート→
平和祈念公園→オキナワワールドの玉泉洞→ホテル着
今回のレンタカーは沖縄はガソリン代が高いと聞くのでプリウスを選択。

斎場御嶽は巨石が不思議な形になった祭祀場がいくつもあって、
最後の聞得大君が亡くなったのがほんの50年ほど昔かと思うと胸に迫るものがあります。
石造りのブロック状の物が無造作に感じるほど隅に置かれていて、
その一部分に焼け焦げたあとのような変色があって、
おそらく祭祀に使われた物なんだろうと思いました。

ニライカナイ橋を上って絶景を眺めたあと、
さらに上がったところにあるアジアンレストランでお昼ご飯を食べました。
えらく混んでて30~40分待ちですよと言われて周りをうろうろしたんですが、
場所が高いので見晴らしが良く、ちょっとした公園みたいな庭が付いてて
散歩をしてたら待つのが苦じゃなかったです。
写真はお店を庭から見たところと庭からの眺めです。
なんで見えているようにきれいに撮れないんだろう…。

グラスボートは波が高くて乗れませんでした。
しかたがないので海を見にだけ行きました。
透明できれいだった〜〜。ゴミが集まっててもきれいだった〜〜。
客がすごく集まってる天ぷら屋さん?がありました。
有名店なのかもしれない。

平和祈念公園はどうしても行きたかった。
きれいで楽しい島で浮かれてちゃいけない。
忘れてはいけない。
できることならひめゆりの塔にも足を延ばしたかったけど、
私だけの旅行じゃないのでまた今度行きます。

玉泉洞はものすごい数の鍾乳石が奇妙な形に生えてて、
今もぽたぽたと水が垂れてて、金属でできた通路の上にも
すでに小さな鍾乳石が育ってるところでした。
通路上の鍾乳石はかなり大胆にぶった切られてました。

次の日は午前中に首里城だけ見て空港へ。
ほんとは首里城も前の日に行こうかと思ってたんですが、
行ってみるとけっこう歩く場所で午前中いっぱい使っちゃいました。
首里城の修復の苦労のビデオの途中を見たんですが、ちゃんと全部見たかったな。
そうすると午前だけでは無理か。

そんなこんなで、超早足で駆け抜けた感の沖縄旅行でした。
最低あと一泊は欲しかったな〜〜。

aqua_marilyn at 13:46コメント(0)トラックバック(0)旅行記 

2015年09月01日


8月の終わりごろ、茨城県の古河市で開催されたアニメーターの浅野恭司さんの個展を見に行きました。

サイコパスや進撃の巨人のアニメ原画が展示されていて、動きがありながらも丁寧に描かれていました。
個展も良かったのですが、初めて行った古河の街も古い建物が多くてとてもいいところでした。

あいにくの小雨でしたが、重厚な蔵作りの建物の雰囲気がいっそうしっとりとして、情緒のある小道を歩いた先のグッズ販売のお店まで、古河のムードを少し感じることができました。

30名に限られていたサイン会に娘が当選して、色紙を描いてもらってる間そとで待っていたら、隣にいた男の人が「当たったんですか?いいな」と何度も繰り返していました。
どう受け答えしていいかわからなくて、あいまいな返事しかできなくてごめんなさい。

昨年もたしか同じところで個展があったと思うので、来年もまたあるかも。
その時はあの男の人が当たるといいね。


aqua_marilyn at 01:05コメント(0)トラックバック(0)いろいろ 

2015年08月29日

先日、川越に行ってきました。
かれこれ3年前にも行ったんですが…ていうか、もう3年経ったのか。
今回は車で行きました。片道2時間くらい。

車を観光用の駐車場に停めて、レンタル自転車で走りました。
川越市自転車シェアリングhttp://interstreet.jp/kawagoe/一日200円。
でも40分越えたら400円以上。40分以内で返すのを何回繰り返すと一日200円。
理解するのにちょっとかかった。

で、前回行けなかった市立博物館に行った後、前回も行った川越歴史博物館に行きました。
リピーターだと知ると博物館の人がとても喜んでくれました。
ケースに展示してた鯉の形の自在置物を取り出して触らせてくれたんですよ〜〜〜。
あと、日本刀も持たせてくれたんですが、聞くと室町時代の作ということでした。
刃がすごくきれいで、そんなに古い物とは思わなくてびっくり。
甲冑コーナーでは前回行ったときは解説の人がいなかったので、ただ見て、ふ〜んで終わってたのですが、今回は博物館の人が一つ一つ丁寧に解説してくれて事細かな説明が聞けて、こちらの質問にも答えてくださってたいへん楽しかったです。

そのあと蔵造りの町並みで焼きおにぎりときゅうりの漬物(浅漬けが一本、割りばしに刺してある)とソーセージを食べました。
ねこまんま焼きおにぎりhttp://www.nakaichi-h.com/c1/
Mio casaloのソーセージhttp://tabelog.com/saitama/A1103/A110303/11006712/
きゅうりの漬物は河村屋さんhttp://www.kawamuraya.co.jp/tenpo/kawagoe.html

またゆっくり行きたいな。

aqua_marilyn at 08:14コメント(0)トラックバック(0) 

2015年07月27日

だらだらとすみません。


水戸の偕楽園の近くでは蔦に覆われた廃病院とジブリに出そうな廃ビルに出会いました。
ひょっとすると偕楽園より興奮したかも。

CA3I0347IMG_0846s
















娘と二人で偕楽園から水戸駅に向かう道で疲れてイスに座ってたら、娘がその辺のものをやたらと写真に撮ってました。何が楽しいのか道を歩く蟻も写真に収め、ふと見ると可愛い小鳥(たぶんセキレイ)もいたのでそれも写真に収め…と、次の瞬間、小鳥がアリをパクッと!
その決定的瞬間の一部始終をカメラに捉えてしまったのでした。
(衝撃画像なので自粛)


晩御飯は水戸駅近くの「310」http://sanichimaru.com/という餃子メインのバルに行きました。餃子も美味しかったんだけど、ポルトガル風焼きそばだったかな?が面白くて美味しくて、あれはまた食べに行きたいな。


袋田の滝では観光地なので木刀を買いました。
「袋田の滝」って書いてたらよかったけど何も書いてなかったので「洞爺湖」って書こうかと。
娘が鮎の塩焼きを食べたのでそれに付き合ってぼーっと座ってたら、お店の人がお茶を淹れてくれました。ありがたや。


残念だったのは袋田の某温泉。
高かったのに施設がいまいちだった。
このあたりでは相場の値段なのかな?



aqua_marilyn at 22:33コメント(0)トラックバック(0) 

2015年07月06日


袋田の滝に行ったのは、もう一か月半も前のことなのですが、梅雨時の今こそまた行きたいと思う滝でした。

というのも、袋田の滝は流れがまるで細い糸のようで、水音はザアザアとするのに姿は実に静かだったんですよ。なんだか、ものすごーーーーく長いそうめんを何束も上の方から垂らしてるみたいで、それでも実物はマイナスイオン立ち込める清涼で瑞々しい滝の流れなのですが、写真に撮ったらなんだか白い筋のあるいくつもの大きな石の様に見えて、あの臨場感は私の技術?ではどうしてもうまく写せなくて。

CA3I0352

画像を探すと、やはり水量の多い時の写真の方が断然見応えがある。

でも、繊細で美しい滝が何段にも落ちてきてすごくきれいで、そうめん流しのような写真しか撮れなかったのが口惜しい。
きっとこの季節ならもっと迫力も加わっていることでしょう。
行きたいなあ、もう一度。
袋田の滝は四度行かなきゃならないし。
西行法師が四度行けと言ったそうです。それぞれの季節でそれぞれの趣があるんだって。




CA3I0353

今でこそ道も整備されて展望台までエレベーターとかあるんだけど、平安時代にここまで見に来るのってすごく大変だったと思います。
でも、その頃も有名な滝だったんだなあとか、滝を見に来るっていうのは平安時代にはどういう意味合いのものだたんだろうとか思いました。レジャー?修行?探検?



次回で茨城旅行記は最終回。
食べた物とかところとか。
あと残念だったところとか。


aqua_marilyn at 17:19コメント(0)トラックバック(0) 

2015年06月22日


つづく、と書いておいてずいぶん間が空きましたが水戸に行った話の続きです。

目的は袋田の滝だったんですよ。
袋田くらいなら私でも車で行けるかな?なんて思って。
その途中で国営ひたち海浜公園にも寄って、もう時期遅れだったネモフィラを観覧車から眺めました。
早く袋田の滝に行きたかったのでさーっと見たら出ようと思ってたんですが、ちょうどバラ園が見頃で、いろんな色や形のバラが美しかったですよ。

その中でも一つだけ小さなログハウスみたいなところに大事そうに展示されてる品種があって、願いが叶う花だっていうので写真撮りました。

CA3I0349

名前が、やったーすごいね、って感じだったけど思い出せなくて、ネットを探し回ってたらハッと記憶がよみがえって、「喝采」でした。
なんと、喝采専用のページも発見。
開発者の並々ならぬ研究と努力でできたバラなんですって。
サントリーが作ったそうです。
鴨居の大将のやってみなはれという声が聞こえてきそうです。
http://www.suntorybluerose.com/

つづく  (タイトルに偽りありやん←次こそ袋田の滝)


aqua_marilyn at 17:03コメント(0)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール

B.T.あづま/魁...

  • ライブドアブログ