千葉県産落花生と下総醤油を使った薄めのリーフパイ 結構イケました!!!

妻の従姉家族が今年の4月に転勤を命じられたらしくついに北海道から離れて東京で生活することになったそうだ。
ご主人は4月の頭から一足先に千葉県で暮らし始めたそうで、従姉はGW前後に札幌を離れるそうで、先日最後だからとランチへ行ってきたとのこと。
わざわざそんなことすることないのに、下見と引っ越し先での準備のために行った先でお土産を買ってきてくれたらしい。

今回購入してきてくれたのは 引っ越し先である千葉県の郷土菓子 オランダ家さんの「千の葉パイ」という商品。
最近は出張することがないからよくわからないんだけど、羽田空港の売店にはおいてなさそうだから、地元でわざわざ買ってきてくれたのだろうと推察する。
荷物になっただろうに…すいません。

早速 家族でいただきました。
箱を開けてみるとこんな感じ。

千の葉パイ (2)

茶色の地味な箱からは想像できないゴールドのゴージャスな包装に包まれたモノ。
ちょっときらびやかすぎて面食らう。
早速開封の儀。

千の葉パイ (1)
 
中はこんな感じ。
薄めの楕円形をしたリーフパイの上には 千葉が誇る落花生がゴロゴロと載っていて主張している。
包装の中をよくみると、結構ポロポロ落ちていたようで先に零れ落ちた落花生を食べると食感がいい。
早速食べてみると、パリッとした感じで甘さ控えめで割とうまい。
リーフパイってどちらかというと厚さもそこそこあってサクサクしているのだが、そんな感じのとはちょっと違う。
説明書きを見ていると、下総醤油を使用していて程よい香ばしさを感じると書かれているが、その説明書きを読みながら食べると確かに香ばしさを感じますね。

これは…というインパクトのある味わいではないけど、いつの間にか箱が空っぽになっている安定感のある味わいでした。
ありがとうございました。ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。