京銘菓 阿闍梨餅はその上質な味わいにもかかわらずお手頃なのが最高!!!

この記事にて京都小旅行シリーズは完結。
京都に限らず、旅行に行ったときにいろいろなお土産を購入するのは旅の醍醐味の一つ。
今回は各所に購入する予定があったので、色々な種類を購入。

今回の旅行はまさに猛暑の中での旅行だったので、涼をとるついでにお土産店もたくさんまわったので、最終の京都駅でのお土産選びはほとんど味見をしたものから選ぶことができた。
各所へのお土産とともに、自宅用もちょっとだけ購入。

今回妻は参加しなかったので、妻用にお菓子をひとつ購入したのと、自分用にひとつ購入。
妻用にはこちら。

辻利 京茶ラスク 抹茶・ほうじ茶詰め合わせ。

辻利 茶葉ラスク (2)

自分の中では京都といえば 祇園辻利 さんというイメージなので、そのブランド力は自分的にかなり高い。
この商品は食べたことはなかったが、宇治抹茶とほうじ茶の詰め合わせが面白いし、絶対にまちがいないでしょと思って買った。

辻利 茶葉ラスク (1)

開けてみると、宇治抹茶、ほうじ茶と中でさらに小分けの箱に入っているのが使い勝手がいいと思った。
実際に半分ずつ食べてみたが、宇治抹茶のラスクは味が濃い。
ほうじ茶のラスクは後からじわっとほうじ茶のテイストが来る感じ。
どちらも サクサクでチョコがほどよくコーティングされていて上品な味わいでうまかった。

もう一つ 自分用に買ってきたのは 京銘菓 阿闍梨餅(あじゃりもち)。

阿舎利餅 (2)

札幌の百貨店で京都物産展があったときには迷わず買いに行ったくらい好き。
京都の出町柳に本店を構える「満月」さんという和菓子屋さんで販売されている。
京都駅にも数はそれほど多くなかったが、販売されていたので、自分用で5個入りを購入。
家に持って帰った結果、娘たちに食べられて1個しか食べられなかったが(笑)。

阿舎利餅 (1)
 
阿闍梨餅をあけてるとこんな感じ。
独特なUFOのような形をしているし、シンプルすぎてインスタ映えはしないと思う。
でも食べてみるとその独特な味わいにはまる。

丹波大納言の小豆を満月秘伝の餅生地で作られていて、とにかく食感がもっちもちで餡が絶妙な甘さ。
結構上品な味わいなのに、値段はとにかくリーズナブルという。
確か1個あたり100円じゃなかったかなぁ。

京都といえば 生八つ橋的な感じもあって、あれもほんと好きなんだけど、正直どこのお土産物屋さんでも試食できますからねぇ。
もう新しい味も含めて食べすぎちゃった。

京都土産には阿闍梨餅。これは喜ばれるとおもいます。

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。