月形温泉ゆりかごの受付で販売している 250円ソフトクリームの盛りの良さには感激!!!

元々の予定ではキャンプで2泊する予定だったのだが、翌朝の雨予報に1泊で帰ることを急遽決断。
1時間近くかけてテント等の撤収を敢行。
前夜の雨がおさまって、太陽が顔をのぞかせる中気温がぐんぐん上昇して汗だくに。

12時前にすべての荷物を車に詰め終えたので、キャンプ場を後にした。
汗もかいたし、折角だから温泉でも入って帰ろう…と娘と相談したものの、なんせ電波が一切来ていない場所だからどこに温泉があるのかもわからないw

まぁ月形あたりに行けば温泉くらいあるでしょう。…と月形町へ向かった。
ちょっと車で走ると電波が回復したので調べてみると、月形温泉というのが偕楽公園のそばにあるということがわかったので、一安心。

ランチタイムもちょっとすぎていたので、スマホでどこかおいしそうなお店がないかとググったら、「お食事の店 ポポット」さんのオムライスがおススメということで、そちらへ向かったのだが、その日は「貸し切り」のためお店へ入ることができなかった。
残念。
再度検索したところ、月形温泉ホテルにレストランが併設されていることを知り、それもいいかなと向かった。

月形温泉 (2)

こちらが 月形温泉ホテル。
道路を挟んだ向かいは 偕楽公園があって、こちらにキャンプ場もあるそうだ。
玄関に入ると正面にホテルのフロント。
右側がレストラン にれの木の入り口。
お店へ入ると、偕楽公園でジョギングか何かをしていたサークルの方々がランチで打ち上げらしきものをしていた。
店内はかなり広くて50人くらいは入れそうな雰囲気。
窓際の席に案内されてメニューを渡される。

月形温泉 (4)

一般的な 天ぷら定食、ミックスフライ定食、生姜焼き定食、などが並んでいた。
値段はそれほど高くはない。

月形温泉 (3)

そのほかおそばにラーメンカレーライスなどがあった。
正直なところ月形町の名産品とかなんの情報もないのでよくわからないので
「おすすめはどれですか?」とスタッフのお姉さんに聞いてみた。
「そうですね…全部です」と想像通りの答えが返ってきたのだが(苦笑)、「強いてあげるならば、こちらのうなぎと生ラム定食です」とのこと。

うーん。イマイチ魅力なし…。

そもそもうなぎの名産地というわけではなさそうだし、ジンギスカンなら長沼町で食べたほうがいいような気も。
月形町の特産品が何かはわからないが、ここは例えば、月形町だけに <月見つくね丼>とか<満月オムライス>とか月をメインにした(ありきたりですかねぇ)なにかを強引に作って月形名物みたいにしたほうがいいと思うんだけどなぁ。
月形町といえばこれっていう スペシャルワン を作るのがいいと思う。
(ちょっと調べたら月形は刑務所推しみたい。そっちもいいかも?!)

結局悩んだ結果、から揚げにマヨネーズがかかった からマヨ丼 750円をチョイス。
来週 健康診断があるのにこんなのたべてていいのか、オレ。
娘はざるうどんにとろろと玉子のダブルトッピングでオーダー。
スタッフの 伝票はきれいに書くことこそ生きがいボーイ が超絶ゆったりと芸術的な伝票を書き上げてくれた。

月形温泉 (6)

10分くらいで出てきた からマヨ丼がこちら。
結構大き目の丼にたっぷりの鶏のから揚げの上にはマヨネーズがこれでもかとかかっていてさらに海苔が散らされている。
デブまっしぐらなメニューだがうまそう。
さらにお味噌汁と、ミニサラダ、小鉢に漬物付き。
これだけのボリューム感があって750円って結構いいね。

早速丼の唐揚げから豪快に食べると…
カラッと揚がっていてジューシーな鶏のから揚げがうまい。
それと本来なら罪悪感を感じてしまうマヨネーズもデフォルトでこれだけかかっていると「俺がマヨかけたわけじゃないしな」と謎の罪悪感の低減をもたらすという副次的な効果もある。
から揚げにマヨネーズはベストマッチングなのは言うことなし。

下のごはんになにかがかかっているみたいだが、何がかかっているのかがわからないくらい味わいがなかったこと以外(味に変わりはないのだが)、小鉢 味噌汁 どれもおいしかった。
あまり来る機会はないが、また月形にきたら食べに来たいと思える味わいだった。

たっぷりのランチをいただいた後は、温泉へ。

月形温泉 (5)
 
ホテルを一度出て、すぐ隣にある 月形温泉ゆりかご(湯里花郷)へ。
こちらは、日帰りの温泉施設だ。
大人 500円 小学生 250円 幼児無料

温泉は軽く薄茶色のお湯で湯の花がプワプワ浮いているのが特徴。
湯温は42.5℃と書かれていたが、全然熱く感じなかった。
小さな露天風呂があって、面白いのは毛染めシャワーコーナーがあるところだ。
町内の方々が毛染めの時にはここへ来るに違いない。
サウナはお湯と違って熱かった。
アメニティーは結構貧弱で リンスインシャンプーとボディーソープのみ。
基本的に持参したほうがよさそう。

あまり熱くない温泉だったが、出た後も身体がポカポカしていたのでそれなりに満足。
娘が出てくるのを見計らって二人で受付で販売している250円のソフトクリームを購入して帰路に就くことにした。

月形温泉 (1)

250円のソフトクリームでこれだけモリモリに盛ってくれたの初めて。
コーンの中までソフトがぎっしり。
しかも濃厚で甘さもしっかりあってうまい。

結構 感動した。

「月形温泉 レストラン にれの木」

住所 北海道樺戸郡月形町81-10 月形温泉ホテル
TEL 0126-37-2188
営業時間 11:30~14:00 17:00~20:30
定休日 不定休

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。