ニュードライバ―のミスヒットした時の金属音すげぇ!!!

昨日の記事でも紹介したのだが、約3年ぶりに新しいドライバーを購入。
今使っているのがHONMAのツアーワールド TW727 455 9.5度 元調子の65gというドライバー。
一発の大当たりはでるのだが、右に左にいろんな球が出て悩みまくり。

最近はフェアウェイに行くことのほうが稀で、今季のフェアウェイキープ率はかろうじて40%をちょっと超えたところ。
ラフからの二打目は慣れてはいるのだが、やはりミスの原因になりやすいので良いドライバーがあれば買いたいと思っていた。

現在クラブはすべてHONMAのツアーワールドシリーズで統一しているので、ジャスティンローズが使用している昨年秋のモデル ツアーワールドのTW747シリーズがいいなぁと思っていつもネットでチェックしていた。
ネット上では 飛距離性能がハンパないとか、オートマチックにまっすぐしか飛ばないから曲げたりしたくてもできないとか 垂涎モノの評価が並んでいたのだが、いかんせん高いので来年くらいまで待たないと中古でも価格がこなれてこないよなぁ…と思っていたところに、17,800円で販売されているのを発見。

TW747 460 (1)

TW747 460 (2)

傷も汚れも多少はありそうだが、まだ発売されて1年だし、たいしたことないだろと早速ポチ。
なんだかわからないけど1週間くらいかかって届いた。
気分的にはもうまっすぐしか飛ばないのでは…と練習場にもっていったのだが、右に左に大暴れするわ、ミスヒットした時の打音がパッキャーンといったようなヒステリーをおこしたおばはんみたいな音がしていたので軽く後悔。
ひとまず 実戦で使用してから考えようかなと。

前置きが長くなったが、取引先の方に2日前にお誘いをいただいたので、サンパーク札幌ゴルフコースへ行ってきた。
「寒い上に雨が降りそうだけど…」と言われたのだが、おニューのレインウェアも買ったので実戦でつかえるとこちらも喜んだものだ。
結局、雨はポツポツだったから使用しなかったけど。

今回は 南コースと西コース。まずは南コースから。

1番ホール 注目の第一打。パッキャーンという甲高い音をたてながらのフックボール。かろうじてフェアウェイキープ。全然飛んでないw 二打目130ヤードを9番アイアンでのせて長いバーディーパットが惜しくも入らずパースタート。

世界を制したジャスティンローズがティーショットであんな音出したら観客全員ずっこけるわwww

2番ホール ロングホール。こちらもティーショットがどフック。3打目の50ヤードが5mにのってパー。
3番ホール 広いフェアウェイだが またしてもフックしてラフへ。しかも全く飛ばない。3打目のアプローチがオーバーで4オン2パットでダブルボギー。
4番ホール いろいろ悩みながらティーショットをするもまた左へ。この辺りでちょっとドライバーの購入を後悔しはじめる。グリーン周りでちょろちょろやってダブルボギー。
5番ホール ロングホール。悩んでも仕方ないから思い切って叩いてみようと打ってみたらいい感じのガシッという音とともにいいドローボールで250ヤードくらい飛んだ。置きに行くより叩いたほうがいいのかもしれない。このホール パー。
6番ホール ショートホール パー。

サンパーク札幌ゴルフコース (2)

7番ホール ティーショットはど真ん中へ。2打目が大ダフリ。3打目がグリーンオーバー。ボギー。
8番ホール ワンオン3パットでボギー。
9番ホール 230ヤードで池に入ってしまうのでユーティリティーの3番でティーオフ。パー。

前半 42点(パット数 15)
最初の4ホールでドライバーをそっと置いて帰ろうかと思ったが、途中から思いっきり叩きにいったほうがほどよくつかまっていい球がでるようになった。
後半に期待。

後半は 西コース

10番ホール ティーショットはど真ん中。低スピンでボヨーンと飛んだからイマイチかなと思ったけど、2打目残り110ヤードだから260ヤードくらい飛んだ計算かな。パー。
11番ホール ロングホール ティーショットは軽くドローでど真ん中。2打目のスプーンが右に出るミス。3打目もミスって4オン、3パットでダブルボギー。
12番ホール ショート。ワンオンするも3パットでボギー。

サンパーク札幌ゴルフコース (1)

13番ホール 虹が出てた。ティーショットはフェアウェイキープ。2打目がのせられず3打目で寄せきれず、3パットでダブルボギー。3連続3パットは痛すぎ。
14番ホール 特に問題なくパー。
15番ホール 2打目の距離が合わず3オン、2パットでボギー。
16番ホール ショートホール。距離を見誤って奥のバンカーへ。バンカーからのショットはホームラン。3オンでボギー。
17番ホール だいぶ球筋もわかってきたので右からドローボール…と思ったら、なぜか突然ストレートボールがでて右のラフへ。でも一番飛んでたかもしれない。パー。
18番ホール ロングホール。一発叩きにいったら、久しぶりの金属音。いわゆるミスヒット。チーピンというわけではなくフックボール。フェアウェイのぎりぎり左へ。2打目のスプーンはミス。3打目の160ヤードをのせてパーでフィニッシュ。

後半 43点(パット数20) TOTAL 85点(パット数35)

gnp_preview_scorecard

後半のフェアウェイキープ率は驚異の86%。
いまだかつてないキープ率に興奮してる。
前半のキープ率の57%でも普段よりかなりいいのに、なんてことだろう。
ただ、フェアウェイキープのわりにまれにある一発バカっ飛びがないのがちと不満。
曲がり幅が少ないけど、飛距離は逆に落ちたような気がするなぁ。
TW747からカチャカチャ調整が出来るようになったからちょっといじくってみようと思う。
構えた時に左に向きすぎている気がするのでつかまりすぎているからちょっとオープンにしてみようかと。

この日のゴルフは個人的にはひどいゴルフだったと思うくらいいろいろやらかしたのだが、結果からみると今年の平均スコアを上回る成績だった。
やはりこれはひとえに飛ばないながらもフェアウェイキープをし続けた結果、そこそこのスコアで回れたと言えるのではないか?

1ラウンドだけのサンプルではまだ何とも言えないのだが、しっかりと怖がらずに叩きに行けるところはかなり安心感がある。
もうちょっと振り込まないといけないけどね。

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。