どーも(☆゚∀゚)/




完璧に騙されました・・・orz 

奥様が読んでいたのでしょうか?たまたま本棚に見たことのない文庫本を発見。最近ほとんど本を読んでいなかったと思いますが、なんの前知識もなくかばんに突っ込み読み始めたのがこちら。

DSC_0884
『最後の証人』柚月 裕子作 

ちなみに柚月 裕子さんという作家さんは2008年『臨床真理』で宝島社主催の第7回『このミステリーがすごい!』大賞で大賞を受賞したそうです。内容はこんな感じ。Amazonより転載。
元検察官の佐方貞人は、刑事事件を専門に扱うやり手弁護士だ。そんな佐方の許に、かつて在籍した地検の所在地で起きた殺人事件の弁護依頼が舞い込む。高層ホテルの一室で起きた刺殺事件。物的証拠、状況証拠ともに、依頼人が犯人であることを示していた。男女間の愛憎のもつれが引き起こした悲劇。世間やマスコ ミの誰もが、依頼人に勝ち目はないと見ていた。しかし佐方の、本筋を見抜くプロの勘は、これは単純な事件ではないと告げていた。敗戦必至の弁護を引き受けた佐方に、果たして勝算はあるのか。やがて裁判は、誰もが予想しなかった驚くべき展開をみせる…。
まさかまさかの展開にびっくりしつつ、一気に読んでしまいました。夫婦愛や家族愛など共感できるところも多くあり、ぐっと来る場面もありましたね。最近小さな話かもしれませんが、当て逃げにあったこともあり、裁かれるべきものは裁かれなければいけないなどなど考えさせられました。

一部、「そんな偶然ねーだろ!!!」などと突っ込みたくなる部分はありましたが、それを踏まえても一気に読み進められるおもしろい小説です。おススメです。

DSC_0885

ちなみにこちらはダンヒルの革製のブックカバー。もらいものだけど現在絶賛愛用中!!!
いいでしょ(自慢)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。