電子書籍とか絶対に意味ないでしょ…とか語ってたけど、使ってみるといいね!!!

下の娘が12月に行われたクリスマスパーティーでプレゼントをもらえるというので、二人で相談してドローンをAmazonで購入。
二人で帰ってきてから早速使ってみたんだけど、ラジコンとか慣れていない彼女は全く操作できそうになかった。
結局 僕がこうやってやるんだよーって教えてあげたんだけど、これがなかなか難しい。
家の中でやっていても、うまくホバリングできずに壁に激突を数回くりかえしていた。

そのうちに 二個ついているバッテリーのひとつが突然充電できなくなって死亡。
一個のバッテリーだと5分ももたないので取り換えてもらおうと思ったけど、Amazonのサイトを見てみると返品してくださいとのこと。
すごい面白かったんだけど、カメラで撮影できるのも正面だけなのであんまり意味ないなーと思い一度返品返金してもらうことにした。

ちょうどその作業をしていた時にAmazonセールがはじまったところだったので、なにかいいものがないかと探していると、Amazonのkindle paperwhiteが通常13000円くらいのところ、5,000円オフになっていて、さらに、Prime会員だとPrime readingが使えるのでいろいろな種類の本や雑誌などが無料でよめるという。
金額的にも返金してもらったものとそん色なかったので、本人の希望を聞かずに勝手に購入。
なんでも、新しいペーパーホワイトは防水機能もついているというので、お風呂に入りながら本も読めるというところにも惹かれたのであります。

P1100394

こちらが届いたペーパーホワイト。

P1100395

説明書きと本体、USBコードが入っているシンプルなモノ。

P1100396

もってみると、薄くて軽い。
スマホよりも大きいけど、軽いっすね。
早速電源オン。

P1100397

実はわたくし、電子書籍に関しては正直なところ必要ないと思っていました。
英語とかは日本語の漢字とちがって、文字数がかなり多いので、海外の本とか馬鹿みたいに分厚いじゃないですか?
その点、日本の場合は漢字があるので、大変コンパクトにまとめることができるので、文庫にしてもそんなに厚くなくても十分読み応えのある小説なども読めるし、中古市場も活性化しているから安くそろえることもできる。

そこに電子書籍の入る余地はないのでは?

と考えていたのですが、いざ使いだすと、ほんと便利ですねー。
ひとまず 1ヵ月無料のKindleUnlimited というサービスを使うと、かなりの量の本や雑誌が読み放題なうえに、漫画まで読めてしまうんですから。
さらに、10冊くらい読みたいものもキープしたりできるので、本を読んでいるけど、ちょっと違うのを読みたいっていうのも簡単に対応。
さらに、開くと読んでいたところを瞬時に開いてくれるから、どこまで読んでいたっけ?っていうストレスからも解放されます。

もちろん有料の本も充実していて、リストを見ていたら、吉川英治の「三国志」が全巻で99円とかだったので、思わず買ってしまいました。

あとから本棚をみたら全巻文庫でもってましたけどwww

ジムで30分間ウォーキングするときには漫画がうってつけ。
先日「ドラゴン桜」で有名な三田紀房さんの「クロカン」っていう甲子園モノの野球漫画28巻もあっという間にジムで読破。
今は「海猿」を読み始めました。
この漫画を読みたいがためにジムに行ってひたすら歩いているという...。

問題は、電源ボタンがなぜか筐体の下部にあることですね。
なんなんですかあれは。
たてかけて読もうと思ったら電源ボタンが勝手におささるって意味不明。
ただ、それ以上のお得感はありますね。
こうやって、Kindle Unlimitedも解約できずにずるずるお金を払い続けるというAmazonさんの戦略にはまっていくんでしょうなぁ…。

本来娘のクリスマスプレゼントの代替で購入したのにも関わらず、娘が読めるような書籍が少なくて僕が肌身離さず使用していることはさらっと報告しておきます。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。


style="display:inline-block;width:468px;height:60px"
data-ad-client="ca-pub-9226848515956680"
data-ad-slot="7111617645">