グルメ 札幌市北区

札幌駅北口そば「すし処 北斎」さんで 北斎ランチ福をいただく!!! 職人さんが丁寧に握るお寿司でクオリティーが高い!!! 

札幌駅北口近くの職人さんが握るお寿司屋さんでリーズナブルだけどうまいお寿司が食べられる!!!

小学生の時からの親友が久々に札幌を離れて大阪に転勤することになったと連絡があった。
小学校、中学校、高校と同じ学校だったのと家がすぐそばだったので、10年以上共にしてきた仲だ。
流石に仕事をしているとそうそう会うことはなかったが、気が向いた時には一緒に飲みにも行った。
数か月ぶりにあっても何も気がねせずに会える仲間は貴重だ。

家は札幌で数年前に新築していたのでそのうち帰ってくるだろうとは思うが、「せっかくだから飲みに行こうぜ」と誘ってみたが、連日のように送別会が開かれる予定がいっぱいだという。
それならば、ランチでも食べに行こうということになった。
もちろん おごりだ。

彼の会社は札幌駅のすぐそばなので、昼時に彼の会社の近くへ出向いた。
ランチはどこでもいいよ。といわれるが、なんせ札幌駅は守備範囲じゃないのでさっぱりわからない。
「どこでもいいから うまいところ連れて行ってくれよ」と頼むと、うーん といいながら、寿司でもくいにいくかと札幌駅北口方面へ歩いていった。

連れて行ってくれたのがこちら。
すし処 北斎 さんというお店。
ヨドバシカメラの道路を挟んだ向かいにあるお店だ。

北斎 (4)

のれんをくぐってお店に入ると、昔ながらのお寿司屋さんであった。
変に内装を作りこみすぎず、それでいてカウンターはしっかりとした木で作られていて、なんともうまそうな雰囲気のお店だった。

北斎 (1)

ランチメニューはこんな感じ。
握りランチは 福 と 禄の二種類。
本まぐろのづけ丼、ばってら、生ちらしがメニューにあった。
友人曰く、「ばってらがまたうまいのよ、づけ丼も間違いない」なんてしょっちゅう来ているような口ぶりだったが…さて。

ばってらやまぐろのづけ丼もほんと食べたかったんだけど、せっかくの門出に中途半端なメニューを頼むのもなんかアレだから、数量限定の 北斎ランチ 福 2,160円を二人前頼んだ。
こちらは にぎり、海鮮茶わん蒸し、汁椀、お菓子付きだ。
オーダーが入るとベテランの職人さんがてきぱきと動き始めて茶碗蒸しを作り始める。
茶碗蒸しを仕込むとすぐにお寿司にとりかかっていた。
カウンターでその所作を見ているだけで、すでにうまそうだった。

北斎 (2)

こちら 最初に出てきた 海鮮茶わん蒸し。
小さいけどいろいろな具材が入っていたようだ。
(しゃべるのに夢中であまり細かくは見ていない)
なめらかでめちゃうまい茶わん蒸しだった。
(滅多に食べないけど、茶碗蒸しは大の好物なのだ)

北斎 (3)
 
その後 お寿司9貫にはまぐりの汁椀が登場。
トロにカニ、うに、いくら、サーモン、えびなどどれもおいしそうなお寿司だ。
ネタはどれも新鮮でうまい。
シャリの量もしっかりあって、ネタとシャリがしっかりと握られているお寿司。
あと、これはと思ったのはお醤油のうまさ。
お寿司屋さんではむらさきっていうんだっけ?
詳しくはわからないんだけど、あのお醤油は寿司の味わいを高めているように思えた。
最後にとっておきのトロをいただいたんだけど、これがまたとろけるうまさで思わず唸った。
これはうまい。満足した。

最後にわらびもちが出てきてフィニッシュ。

今回は北斎ランチ福を頼んだが、北斎ランチ禄でも十分うまいのだろう。
ただ、ネタも豪華だし、なによりも海鮮茶わん蒸しがよかった。
午後に人と会う予定がなければ軽く飲みたくなるようなお寿司だった。
観光客が札幌に来て最初にたべるランチやディナーにもいいかもしれない。
また行って、いろいろなメニューを食べてみたい。

店を出て 友人とはさらりと別れた。
彼は大阪でも淡々とマイペースを貫いていくのだろう。

「すし処 北斎」HPは>>>こちら

住所 札幌市北区北七条西5-5-9 ITMビル 1F
TEL 011-737-7228
営業時間 [月~金]11:30~14:00 17:00~22:30[土]17:00~22:30
定休日 日曜・祝日

<お知らせ>

すでにお気づきの方がいらっしゃるかとおもいますが、ブログの記事のカテゴリーに地域を加えました
圧倒的に中央区のグルメ情報が多いので見づらいかとは思いますが、もし使えそうだったら見てみてください。(同じ店がたびたび登場するけど、それだけ気に入っているということで)

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。


久しぶりの鳥天ざるそば!!! 篠路「板そば なみ喜」篠路店さんにて!!!

2年ぶりの「板そば なみ喜」さん。かなり値上げされていた模様。でも、混んでた!!!

連日の30℃越えにバテバテだった先週のとある日のこと。
麻生方面へ仕事で行っていたので、ちょっと足を延ばして篠路にある「板そば なみ喜」篠路店さんへ向かった。
もう暑すぎてお蕎麦以外食べる気がしない(笑)。

なみ喜 (1)

なみ喜さんは 北24条に本店があるし、食べた後のことを考えると本店のほうが都合がいいのだが、あそこの駐車場に止められたことがいちどもないし(待っていてもなかなかあかないし、空いていたと思ってUターンかましても、タッチの差で埋められた記憶もあり)縁がないものと思っている。
その点、篠路店は駐車場も広いし、店内も広いので混んでいても、ちょっと待てば座れる安心感がある。

駐車場に止めて、店内に入ると3組待ち。めちゃ混んでる。
やはりこの暑さだ。
皆考えることは一緒みたい(笑)。
それでも5分くらいでカウンターへ座ることができた。
ひさしぶりの なみ喜さんのお蕎麦でテンションが上がる。

なみ喜 (2)

メニューをみて 結構衝撃を受けた。
あれだけリーズナブルな価格設定だった なみ喜さんが大きく値上げ。
鳥天ざるそばが 800円→920円。
鳥天板そばが 950円→1070円 になってた。
一律120円の値上げだ。
食べられないくらいの量の板そばを結構楽しみにしてきたのだが、ランチ1,000円越えは僕のポリシーに基本的に反するので、今回は 鳥天ざるそばにすることにした。
これは…痛い。

まずは 鳥天が登場。

なみ喜 (3)

鳥天にマイタケにピーマンが付いた鳥天セットがでてきた。
前は鳥天4枚ついていたと思ったけど、今回は3枚…。
間髪入れずにお蕎麦が来てくれるとうれしいんだけど、おそばの登場まで結構タイムラグが…。

なみ喜 (4)

鳥天の登場から5分近く経っておそばが登場。
普段板そばを見慣れているからすごく少なく感じる。
早速お蕎麦から。
お蕎麦は太目の田舎蕎麦のわりにすごくのど越しがよくてやっぱり好きなお蕎麦。
濃いめのそばつゆも好み。
鳥天は食べるまでに時間がかかってしまったからか、なんか固いっす。
とはいえ、鳥天ざるそばは自分的にはちょうどいい量であった。
まわりのマダムは皆鳥天板そばを食べていたのにはかなりビビったが。

今後は、鳥天はあきらめて 板そばオンリーで攻めようと。。。決意した暑すぎる夏。

「板そば なみ喜 篠路店」

住所 札幌市北区篠路1条1丁目2-5 (ホーマックの裏 とんでんの隣)
TEL 011-398-6707
営業時間 11:00-21:00
定休日 木曜日

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。



ビーフリヨネーズという名前の人気No.1のおいしいハヤシライス!!! 麻生「独多日(ひとりたび)」さんにて!!!

アツアツの陶板に盛られた絶品のビーフリヨネーズ!!! うまい!!!

栄町方面で用事があってむかう途中、以前から気になっていたおいしいと評判の洋食屋さんへ。
札幌駅から北大を通るいわゆる北大通りを通って麻生方面へ。
その通り沿いにある「独多日」さんというお店。
<ひとりたび>と読むらしい。
これはなかなか読めない。

お店の隣に5台くらい停められる駐車場があるのだが、結構いつも混んでいて入れないことが多いので今まで一度もお伺いできなかった。
この日は、13時前だったからかかなり空いていたので駐車場へ停めることができた。
駐車場は縦列駐車だから苦手な人は大変かもね。

独多日 (1)

お店はレンガが外装に使用されていて、なかなか味のあるファサード。
雰囲気あっていいよね。
お店へ入ると、店内もなかなかウッディーで素敵な空間。
迷路のような…はちと言い過ぎだと思うが、テーブルもあり、一人用の席もありでなかなか面白い作り。
漫画もどっさり置いてあるので、長居したくなるお店だ。

メニューを持ってきてくれたのだが、このメニューがまた面白くて、いわゆる昔の写真帳が使われていた。
肌触りのいい分厚いメニュー表でハンバーグやステーキなどおいしそうなメニューが並んでいた。
注文したらすぐに下げられてしまったので、写真が撮れなかったのだが。
ちなみに日替わりランチもあって、この日はトンカツがついている定食で780円くらいって言ってたかな。

今回は はじめてということもあり、人気No.1らしい ビーフリヨネーズ というものを頼んでみることにした。
見た目 ハヤシライスなのだが…ビーフリヨネーズというのは聞いたことがないので楽しみ。

独多日 (2)

ちなみにお値段は Mサイズで 950円 Lサイズで 1,150円。
ランチタイムにドリンクついていたらいいんだけど、ほかのメニューと比べると結構いい値段するなぁ。

独多日 (3)

結構表紙のべたつき度の強い 年季の入った漫画を読んでいたので、待っているのもあっという間に感じたが、10分~15分くらいで出てきたのがこちら。

下に木が敷かれているのでおそらく容器も過熱されている陶板に載せられたビーフリヨネーズ。
それとミニサラダ付き。
バターライスに濃厚過ぎないうまいデミグラスソースがたっぷりとかけられている。
早速食べてみると…

なにこれうまい!!! それと アツい!!!

バターライスはふわっと香りがよくて 玄米入りなのかな…食感がまたいい。
デミグラスソースは玉ねぎと牛肉が入っていて、オーソドックスな味わい。
場所によっては、酸味が強かったり、味が濃すぎたりしてなかなか好みのハヤシライスに出会えないものだが、ここのはバランスが良くてすごく好きな味。
量は多すぎず、少なすぎずでMサイズでちょうどいい量だった。

お店の雰囲気もいいし、こだわりもあっていい店だった。
よく通る道だし、また伺おうと思う。

「独多日」

住所 札幌市北区北三十五条西5-2-43
TEL 011-757-6793
営業時間 11:00~22:00
定休日 月曜日

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。



太平「味登利食堂」さんで はみ出るチャーシュー チャーシューメン(醤油味)!!!

チャーシューすごいとは以前から聞いていたが、想像以上だった!!! しかもうまい!!!

だいぶ前に教えてもらった太平にある「味登利食堂」。
もうブックマークしてから久しいがついぞ行ったことがなかった。
普段あまり太平あたりの道路を通ることがないのと、篠路にある大きな蕎麦屋さんである「なみ喜」のお蕎麦が好きすぎて、ついついそのあたりに行ったら足が向いてしまうからだ。

今回、たまたま栄町近くで仕事をして、そのままあいの里へ向かうことになったので、その存在を思い出したってわけ。
ナビに従って車を走らせているとちょうど曲がるところに「天ぷら倶楽部」を発見。
天ぷら倶楽部って美しが丘にある「天ぷら てんてん」の系列だったような…。

「猛烈にこちらのお店にいきたい」という気持ちをなんとか落ち着かせながら、目的地へ向かった。
すぐそばだった。
お店の前には駐車場が3台ほど。
小さい車なら入れやすそうだが、大きい車はなかなか厳しい。

外からの看板をとるべきだったと思うが、吹雪だったので、自粛。

味登利 (2)

ガラガラーっとお店の扉をスライドさせると、昔懐かしいラーメン屋さんの雰囲気。
お店には不釣り合いな感じの大きな液晶テレビが店内奥に鎮座しており、ワイドショーがついていた。
店内はカウンター5席くらいと小上り8人が座れるくらい。
それほど大きなお店ではなかった。
お店はおかあさんがワンオペをしているのかと思っていたら、お勘定を払っているときにお父さんが出前から帰って来たみたいでお二人で営業されているご様子。

味登利

パイプ椅子のカウンターに座って、メニューを探すと、真上にあった。
ナビに案内してもらうときにググったら、チャーシューメンがおススメ的なことが書かれてあったし、かなりラーメンに力を入れているみたいだったので、定食はやめて チャーシューメン 醤油味をお願いした。750円。

10分くらいかな…出てきたチャーシューメンを見てびっくり。

味登利 (1)

丼から大判のチャーシューがはみでてますがな。

以前、苫小牧に行ったときに食べた「味の一龍」さんのジャンボチャーシュー麺の時以来の衝撃だ。

ありえへん世界で変なレストラン全国一位になった「味の一龍」のジャンボチャーシューラーメンは確かにありえなかった件!!!(2013.12.1の記事)

 改めて記事を読んで思い出したけど、あそこのチャーシューは厚みが3cmくらいのジャンボチャーシューが4枚飛び出していたからねー。
味というよりも食べごたえ重視だったけど。

一龍と比べると、厚さはないけど、「チャーシューで麺がみえな~い」と思わずつぶやいてしまうビジュアルだ。
映えっているかどうかはよくわからないが。
どこから手を付けていいかわからないので、とりあえず真ん中のシナチクを一本箸でつまんで食べてみたけど、冷たかった。
この意外性はおもしろい。
ラーメンって熱いもので、チャーシューのボリュームに目が奪われているときに唐突に感じるこの冷たさは深く心に刻まれた。

それはさておき、一枚ずつ食べていくことからはじめていかないと全貌が見えない。
おもむろに一枚ワイルドにがぶりといくと、ものすごく柔らかくて昔ながらのチャーシューでこれがまたなんともいえずうまい。
ちょっとずつ醤油ラーメンのスープにつけながら食べるのがまたいいんだ。
噛めば噛むほど味わいが出てくるというか…こういうモモ肉チャーシューも好きなんだよねー。

一枚食べきると、ある程度中に隠れていた麺が登場。
スープと一緒に麺を食べると、あっさり昔ながらの味わいだ。
こういうラーメンが好きだという人もたくさんいると思うけど、ぼくにはちょっとあっさり過ぎる気がする。
もうちょっと脂っこいほうが好きかもしれない。
ちょっとスープもぬるめ。

でも、これだけのボリュームのチャーシューを食べきるにはこれくらいあっさりしたスープでつけて食べるのが一番いいかも。
ラーメンを食べているというよりも、チャーシューをラーメンスープで食べたっていうほうが近いかもね。
最後はおなかいっぱい。ごちそうさまでした。

「味登利食堂」

住所 札幌市北区太平8条3丁目4-20
TEL 011-772-0370
営業時間 11:00~14:00、16:00~19:50
定休日 火曜日

人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。


北10 北大そば「中華料理 珍萬」さんの アツアツ鉄板 スタミナジュージュー定食 玉子入り!!!

湯気がすごくて全くもって<映えない>のですが、味わいは唯一無二の逸品!!!

仕事で使用する資材が午後に入荷するので取りに行ってきてほしいと依頼されたので久々に北大方面へ向かう。
どこかおいしそうなお店がないかなと。。。目を凝らして車を走らせていると、以前から注目していた「中華料理 珍萬」さんの二台ある駐車場のひとつが空いているのに気が付いた。
このお店は西向きのお店で、札幌駅方面へ向かっていくときに気にはなっていたのだが、駐車場の位置がお店の先にある見づらいところなのでイマイチ空いているかどうかよくわからないので今まで一度も入店したことがなかったのだ。

しかし、店名である。
「中華料理 珍萬(ちんまん)」ですからね。
なんとも卑猥なネーミングではあって覚えやすいといえば覚えやすいんだけど…。

珍萬 (1)

店内に入ると、意外とシンプルなつくりで中華料理屋さんというよりも、ラーメン屋さんっぽいかんじもした。
カウンターとテーブル席があってゆったりとした空間の中に 30席くらいはあったと思う。
ただ、店内に入るとものすごい煙だ。

珍萬 (2)

カウンターに座って周りを見回してみると、次々と鉄板にのった料理が運ばれていく。
かなりの確率で皆さんスタミナジュージューという料理を頼んでいるご様子。
値段も安いし、人気のようなので、スタミナジュージュー定食(玉子入り)670円を頼んでみることにした。

10分と経たずにでてきたのがこちら。

珍萬 (3)

ごはんに味噌汁と、お漬物、そして…めちゃくちゃ熱そうな鉄板に盛られた不思議な料理が。
溢れんばかりの餡の中には野菜がたっぷり。
あまりにも熱気がすごすぎて、写真を撮ってInstagramにあげようとしても全く映えないwww

早速明らかに舌をやけどしそうな餡を一口食べると、見た目通りめちゃくちゃ熱い!!!
でも、悪くない味わいだ。
野菜がたっぷりなので野菜の甘みと餡の味わいが絡まっていい味。
でも、もうちょっと辛みがほしいので、上から一味唐辛子をかけたころに熱気がおさまってきたのでもう一度パチリ。

珍萬 (4)
 
鉄板からはみ出んばかりの餡かけ野菜たっぷり炒め。
何か…味は全然違うんだけど、もんじゃ焼みたいな感じ。
ちょっとずつ鉄板をさらっていくと、お焦げですよ。
このお焦げの香ばしい感じがまたちょーうまい。

途中から卵を崩してたべていくと、また味がちょっとずつ変わっていくので最後まで楽しめました。
なによりも最後までアツアツで食べられましたからね。
この味わいはほかの中華料理店ではなかなか食べられないオリジナルなメニューですね。
皆さんが頼んでいるのもよくわかりますし、店内がなかなかモクモクしているのも理解できました。
ほかのメニューも結構リーズナブルなので、今後またいろいろと食べてみようかなって。

初めてのお店でしたが、結構気に入りました。ごちそうさまでした。

「中華料理 珍萬」

住所 札幌市北区北10条西4-1-70
TEL 011-716-2248
営業時間 11:00~15:00 17:00~21:00
定休日 日曜日

人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。





プロフィール

日々おいしいものと楽しいことを探しています。
ほぼ毎日更新していきますので、よろしくお願いします。メールはrubisafmad☆gmail.com(☆を@に変換してください)へどうぞ。

Twitter
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
楽天市場
楽天トラベル
Amazon
スポンサードリンク
スポンサードリンク