グルメ 岩見沢方面

月形温泉ゆりかご(湯里花郷)で温泉入浴と 月形温泉レストラン(にれの木)さんで からマヨ丼!!!

月形温泉ゆりかごの受付で販売している 250円ソフトクリームの盛りの良さには感激!!!

元々の予定ではキャンプで2泊する予定だったのだが、翌朝の雨予報に1泊で帰ることを急遽決断。
1時間近くかけてテント等の撤収を敢行。
前夜の雨がおさまって、太陽が顔をのぞかせる中気温がぐんぐん上昇して汗だくに。

12時前にすべての荷物を車に詰め終えたので、キャンプ場を後にした。
汗もかいたし、折角だから温泉でも入って帰ろう…と娘と相談したものの、なんせ電波が一切来ていない場所だからどこに温泉があるのかもわからないw

まぁ月形あたりに行けば温泉くらいあるでしょう。…と月形町へ向かった。
ちょっと車で走ると電波が回復したので調べてみると、月形温泉というのが偕楽公園のそばにあるということがわかったので、一安心。

ランチタイムもちょっとすぎていたので、スマホでどこかおいしそうなお店がないかとググったら、「お食事の店 ポポット」さんのオムライスがおススメということで、そちらへ向かったのだが、その日は「貸し切り」のためお店へ入ることができなかった。
残念。
再度検索したところ、月形温泉ホテルにレストランが併設されていることを知り、それもいいかなと向かった。

月形温泉 (2)

こちらが 月形温泉ホテル。
道路を挟んだ向かいは 偕楽公園があって、こちらにキャンプ場もあるそうだ。
玄関に入ると正面にホテルのフロント。
右側がレストラン にれの木の入り口。
お店へ入ると、偕楽公園でジョギングか何かをしていたサークルの方々がランチで打ち上げらしきものをしていた。
店内はかなり広くて50人くらいは入れそうな雰囲気。
窓際の席に案内されてメニューを渡される。

月形温泉 (4)

一般的な 天ぷら定食、ミックスフライ定食、生姜焼き定食、などが並んでいた。
値段はそれほど高くはない。

月形温泉 (3)

そのほかおそばにラーメンカレーライスなどがあった。
正直なところ月形町の名産品とかなんの情報もないのでよくわからないので
「おすすめはどれですか?」とスタッフのお姉さんに聞いてみた。
「そうですね…全部です」と想像通りの答えが返ってきたのだが(苦笑)、「強いてあげるならば、こちらのうなぎと生ラム定食です」とのこと。

うーん。イマイチ魅力なし…。

そもそもうなぎの名産地というわけではなさそうだし、ジンギスカンなら長沼町で食べたほうがいいような気も。
月形町の特産品が何かはわからないが、ここは例えば、月形町だけに <月見つくね丼>とか<満月オムライス>とか月をメインにした(ありきたりですかねぇ)なにかを強引に作って月形名物みたいにしたほうがいいと思うんだけどなぁ。
月形町といえばこれっていう スペシャルワン を作るのがいいと思う。
(ちょっと調べたら月形は刑務所推しみたい。そっちもいいかも?!)

結局悩んだ結果、から揚げにマヨネーズがかかった からマヨ丼 750円をチョイス。
来週 健康診断があるのにこんなのたべてていいのか、オレ。
娘はざるうどんにとろろと玉子のダブルトッピングでオーダー。
スタッフの 伝票はきれいに書くことこそ生きがいボーイ が超絶ゆったりと芸術的な伝票を書き上げてくれた。

月形温泉 (6)

10分くらいで出てきた からマヨ丼がこちら。
結構大き目の丼にたっぷりの鶏のから揚げの上にはマヨネーズがこれでもかとかかっていてさらに海苔が散らされている。
デブまっしぐらなメニューだがうまそう。
さらにお味噌汁と、ミニサラダ、小鉢に漬物付き。
これだけのボリューム感があって750円って結構いいね。

早速丼の唐揚げから豪快に食べると…
カラッと揚がっていてジューシーな鶏のから揚げがうまい。
それと本来なら罪悪感を感じてしまうマヨネーズもデフォルトでこれだけかかっていると「俺がマヨかけたわけじゃないしな」と謎の罪悪感の低減をもたらすという副次的な効果もある。
から揚げにマヨネーズはベストマッチングなのは言うことなし。

下のごはんになにかがかかっているみたいだが、何がかかっているのかがわからないくらい味わいがなかったこと以外(味に変わりはないのだが)、小鉢 味噌汁 どれもおいしかった。
あまり来る機会はないが、また月形にきたら食べに来たいと思える味わいだった。

たっぷりのランチをいただいた後は、温泉へ。

月形温泉 (5)
 
ホテルを一度出て、すぐ隣にある 月形温泉ゆりかご(湯里花郷)へ。
こちらは、日帰りの温泉施設だ。
大人 500円 小学生 250円 幼児無料

温泉は軽く薄茶色のお湯で湯の花がプワプワ浮いているのが特徴。
湯温は42.5℃と書かれていたが、全然熱く感じなかった。
小さな露天風呂があって、面白いのは毛染めシャワーコーナーがあるところだ。
町内の方々が毛染めの時にはここへ来るに違いない。
サウナはお湯と違って熱かった。
アメニティーは結構貧弱で リンスインシャンプーとボディーソープのみ。
基本的に持参したほうがよさそう。

あまり熱くない温泉だったが、出た後も身体がポカポカしていたのでそれなりに満足。
娘が出てくるのを見計らって二人で受付で販売している250円のソフトクリームを購入して帰路に就くことにした。

月形温泉 (1)

250円のソフトクリームでこれだけモリモリに盛ってくれたの初めて。
コーンの中までソフトがぎっしり。
しかも濃厚で甘さもしっかりあってうまい。

結構 感動した。

「月形温泉 レストラン にれの木」

住所 北海道樺戸郡月形町81-10 月形温泉ホテル
TEL 0126-37-2188
営業時間 11:30~14:00 17:00~20:30
定休日 不定休

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。



デカ盛りでも有名なお店!!! 美唄「ふぁみりーれすとらん 仙中里」!!!

仙中里と書いてセンチュリーと呼ぶそうです。

2週連続の美唄訪問。
前回は美唄の料亭「寿楽」さんでおそばをいただいたので、今回はデカ盛りでも有名な美唄の名店「ふぁみりーれすとらん 仙中里」さんにお伺いしてきました。
コアびばいの向かいにあるお店で、僕の中で美唄でランチといえば…というお店です。
とはいえ、10年以上前に一度しかお伺いしたことがないですけどね。

仙中里 (3)

お店に入ると、小便小僧がお出迎え。
店内は昔ながらの洋食店といった内装なんですが、ちょうど節分が近いからでしょうか?
無料で配布されてそうな鬼のお面がいたるところに貼られていました。

仙中里 (4)

寿楽さんと同様、こちら仙中里さんはふぁみりーれすとらんですから大概のメニューが揃います。
きtんとおこさまランチまで用意されていますからね。
丼物に、カレー、スパゲティ、チャーハン、ステーキなどもありますよ。

仙中里 (1)

女性に人気という五目あんかけ焼きそばのビッグサイズを頼もうとスタッフさんを呼ぼうとしたところ、隣の卓の方が、とにかくすごいボリュームとメニューにも書かれているカツスパゲティが配膳されたのをみて、ビッグサイズはあきらめました。
いやあれほどの量のスパカツ胃袋に入るんだろうか?と心配になるレベルの量でしたから。

ということで、ビッグサイズはあきらめて普通のサイズの五目あんかけ焼きそばを今回はオーダー。

ビッグサイズではないとはいえ、どれだけのものが来るんだろう…と不安半分、ドキドキ半分で待っていたのですが…

でてきたのがこちら。

仙中里 (2)
 
お皿はジャンボなんだけど、普通サイズはいたって普通のサイズの五目あんかけ焼きそばでした。

量に関しては正直期待外れだったんですが、たくさん具材もはいっているし、おいしそう。
ということで、食べてみると、これがまたいい塩梅なんですよ。
とろみの感じもちょうどよくて、さらに味つけがほんと僕好み。
うまいなぁ。
だけど、微妙に量が少ないのが物足りなさを感じます。
女性にはちょっと多いくらいでちょうどいいのかもしれませんね。

次来るときは、体調を整えて、おもいっきりお腹をすかせて、ボリューム満点のスパカツ挑戦してみようと思います。

「ふぁみりーれすとらん 仙中里」

住所 美唄市西2条南2丁目4-26
TEL 0126-62-5456
営業時間 11:00~21:00(L.O.20:40)
定休日 月曜

人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。




お寿司からパスタまで何でもそろう美唄の老舗料亭「寿楽」さんでかしわそば!!!

お蕎麦屋さんかな?と思いながら入ったら、なかなか高級そうな老舗料亭でした!!!

つい先日南区は雪が少なくてやっほーなんて記事を書いたのだが、その日から一気に積もった。
特に昨日から今日にかけてはまじでやばくて、50cmくらい積もっていた。
一気に平年並みの状況になった。
今朝の除雪作業だけでも1時間以上かかったし、汗だくになった。

その後、すぐに仕事の都合で美唄へ。
ランチは仕事仲間と。
仕事先の近くでどこかないかと探していったところがこちら。

寿楽 (4)

寿楽さんというなかなか立派なお店。
お蕎麦屋さんかな…なんて思いながらお店へ入ったので、外観と比べて内装の立派さにはちょっとびっくり。
奥のほうはよくわからなかったけど、立派な座敷等がある感じで、地元の方に後から聞いたら老舗料亭なんだそう。

入り口に入って左側の個室へ案内された。
メニューがこちら。

寿楽 (1)

「今日は僕のおごりだから定食でもなんでも食べてよ」なんて調子に乗っていたら、思いのほか定食の値段が高くて怖気づきました。
唐揚げ定食とかそういうのないの~???
安くて1280円から…。

そのほかお寿司や どんぶりもあったり…

寿楽 (2)
 
パスタにおそばまで。
なんでもありますねー。

カツ丼とまよったのですが、今回はおそばをチョイス。
美唄だからもつそばとかないのかなーと思ったんだけど、高級そうなお店ですからね。
温かいおそばから かしわそば 730円。

寿楽 (3)

更科系の細い均一なお蕎麦に鶏肉がごろりと何個か。
そばつゆはほどよくて出汁もいい感じで結構美味しい。
ただ、お蕎麦が細いので温かいお蕎麦にすると、緩くなりすぎる気がするので、どちらかというと冷たいお蕎麦のほうが合うかもしれないな。

店内が落ち着く雰囲気なので、ゆったりできるところはよかった。
ちなみに 後から地元の方に聞いたら、「あそこのカツどんがうまいんだよ」とのこと。
そっちにしとけばよかったかなー?

福よし

帰り際に、近くにある コア美唄で やきとり 福よしさんの焼鳥を購入。
5本入って550円ですからねー。
真空パックのやつはしょっぱいんだけど、白いトレーに入っているのはほんと旨いんだ。

「寿楽」

住所 美唄市西2条南2丁目2-1
TEL 0126-62-6671
営業時間 11:00~21:00
定休日 月曜日

人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。



岩見沢といえば ご当地名物 元祖もつそば「手打蕎麦 希林」さんでおいしいもつそば!!!

ご当地名物 元祖もつそば のお店はここです。って書いてあるけど 岩見沢でほかにもつそば出しているお店があるのかどうかよくわからない…。ネットで調べてもここしか出てこないので。

朝一番の一人予約でゴルフを一ラウンドしてきたのですが、12時前に終わってしまい、まだ14時栗沢町のお仕事の予定にはまだ時間がある。
多分混んでいるだろうなぁ…と思いながらも2時間近くあればいけるのでは?と思って思い切って 「手打蕎麦 希林」へ向かった。

93b2f86e-s

もちろん ご当地名物といわれる 元祖もつそばをいただくためだ。
お店へ向かうと思った通り5人くらい並んでいた。
普段ならその時点であきらめてしまう自分がいるのだが、今回は時間もあったのでじっくり待つことにした。とはいえ思いのほか10分くらいで座ることができたのですが。

IMG_20180630_130207

いつも元祖もつそばしか目に入っていないのでそれしか注文していなかったのですが、改めてメニューをみてみるといろいろなそばがあることに気づく。
さらに鶏もつが通常の2倍入っているというWもつそばというメニューもかなり魅力があふれてる。
そのうち食べてみたい。
今回はいつもの元祖もつそばを田舎そばで。800円。

IMG_20180630_123619

何がいいって 頼んでから出てくるまで5分くらいで出てくるんですよ。
このスピード感が回転を速くしている理由なのかもしれないですね。
Wもつそばじゃないのにこの鶏もつの量。
キンカンもはいっていてうれしい。早速食べてみると…

やっぱり 激ウマ…(´∀`*)

ほんとここのとりもつそばは好き。
鶏もつの美味しさが染み渡ったスープがとにかく旨みがでまくっていて美味しい。
そしてとりもつは柔らかくてどれもうまい。
さらに太目の田舎そばがまた歯応えがいいんですよ。
これまたサイコー。
あっという間に完食でした。
大満足でしたよ。
やっぱり岩見沢に行ったら希林いっちゃいますねー。

「手打蕎麦 希林」

住所 北海道岩見沢市大和一条7-3-3
TEL 0126-25-6969
営業時間 11:30~15:00(LO.14:30) 17:30〜21:00(そばが無くなり次第終了)
定休日 火曜日

人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。




岩見沢 「ラーメン専門店 らい久」味の幸福を売る店で 盛りがすごい味噌ラーメン!!!

これはもう大盛りですよ!!! この値段でこの盛りっぷりは半端ない!!!

お仕事の都合で岩見沢へ。岩見沢といえば、もつそば「希林」さん。
お仕事はまぁいいんですけど、希林のもつそばのことだけ考えて向かったのですが…近づいていくとランチタイムなのに駐車場が誰も止まっていない…。
まさか…とは思ったけど、定休日にぶつかってしまっていました。

まじかまじかまじか。

違う日に岩見沢に来るべきだった…と後悔。

ショックを抱えながら、知り合いのお店に立ち寄って 希林が定休日でした... と落胆していたら、すぐ近くに岩見沢で一番有名なラーメン屋さんがあるけどそこに行って来たら?と教えてくれた。
歩いても3分くらいだから…とおススメいただいたので、行ってきました。

IMG_20180619_123806

ラーメン専門店 味の幸福を売る店 らい久 さん。
お店に入ると、混んではいなかったですが、入れ替わりたち替りお客さんが入ってきます。
店内はカウンターと大きなテーブルがあって、20人くらいは座れそう。
とにかくレトロな感じのお店でした。

メニューは写真を撮ってくるのを失念しており写真がないのですが、味噌塩醤油ラーメンが650円。
そのほか野菜らーめんやバターらーめんなどがあった。なによりもびっくりなのが、ラーメン(中)250gが650円なのに、特大(二玉)が700円。
特製というのが1100円であったんだけど、どんだけーwww

IMG_20180619_123938

店内には昔有名だった人たちのサインがいっぱい。
もう亡くなっている人もいたように思う。
テレビの中継などもはいっていたみたいでいろいろと飾られていたけど、パック2とかですからね。古いです
。パック2には自分 幼稚園の園児の時に出演したらしいというほのかな記憶があるくらいですからwww

今回は普通の味噌ラーメン 650円をチョイス。

IMG_20180619_124119

でてきたのがこちら。

一瞬、うわー辛そう…と思うくらいの真っ赤なラーメンが出てきてビビったのですが…スープを飲んでみると全然辛くない上に、結構味噌味薄め。
は…下のほうで溶けてないラーメンだろうと、下からひっくり返そうとしましたが、丼のなかは麺でギッチギチ。
いやーこれは相当な量かもしれないとそのとき感じた。
具材は分厚いチャーシューが二枚と、しゃきしゃきのもやしがたっぷりと 色合いがおいしそうにはみえない麩。(これがなかなか汁を吸わないんだw)

固めで頼んだ麺は歯ごたえしっかり。
スープは麺をひっくり返しつつ攪拌してみたけど、やっぱり味噌は薄い感じ。
でも、まぁこれはこれで食べやすい感じですが、今風ではないです。
チャーシューは濃い味付けでこのスープにはマッチしている。
脂っこくてうまかった。
それにしても普通盛でもすごい量でした。
食べ終わったころにはほんと満腹。

ごちそうさまでした。

「らい久 本店」

住所 岩見沢市5条西2丁目2
TEL 0126-22-2864
営業時間 10:30~15:30
定休日 無休

人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。




プロフィール

日々おいしいものと楽しいことを探しています。
ほぼ毎日更新していきますので、よろしくお願いします。メールはrubisafmad☆gmail.com(☆を@に変換してください)へどうぞ。

Twitter
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
楽天市場
楽天トラベル
Amazon
スポンサードリンク
スポンサードリンク