グルメ 江別 北広島 方面

野幌の名店「中国料理 明珠酒家」さんにて激辛だけどうますぎるモチモチ食感の刀削麺!!!

もう辛くて辛くて時折咳き込むほど。でもうまい!!!

久しぶりに野幌へ仕事で行った。
ランチタイムもほんのり過ぎた13時20分頃となったので、野幌でランチを食べることにした。
最近はなかなか野幌へ来る機会も少なくなっていろいろとランチの幅を広げたい気持ちはあるのだが、あそこに行かないわけにはいかない。

道道46号線沿いにある野幌の中華の名店「中国料理 明珠酒家」さんだ。
ここの激辛刀削麺は食べるたびに後悔するほど辛いのだが、なんともうまくて癖になってる。
初めてお伺いした時の衝撃はもう忘れられなくて、その時よりは若干マイルドになっているので食べやすくなった感はある。

野幌「中国料理 明珠酒家」さんで中国山西省生まれの麺料理 激辛の刀削麺を喰らうの巻!!!
(2014.10.1の記事)

当時の記事を見てもらったらわかると思うが、表面はすべてトウガラシでおおわれており、出てきた時には内側からブクブクととろみのついた赤いスープが煮えたぎっていてさながらマグマのようなビジュアルに恐れおののいたものだ。

明珠酒家 (3)

1年ぶりにお伺いしたら、外観がすっきりと中華料理屋さんらしくなっていていい感じになってた。
13時過ぎだから結構空いているだろうと思って行ったんだけど、並ぶほどではないがほぼすべての席が埋まっている状況。
正直こんな場所なのに…こんなにお客さんがついているのはすげぇなと思った次第。

明珠酒家 (4)

滅多に来ないから刀削麺以外に目を移すこともないのだが、改めてメニューをじっくりと見てみると、どれもうまそう。
近くに住んでたら結構な頻度で通っていると思う。
ライスもお替り自由だしね。

明珠酒家 (2)

外の看板に大きくフィーチャーされていたのが、こちらのツートップ。
豚丼と刀削麺。
正直豚丼をこんなに推しているとは全く気が付かなかったし、周りをみまわしても刀削麺を食べている方は多いが、豚丼を食べている人は見受けられなかった。
ただ、中華豚丼と周りの豚丼とは差別化をはかっているのでちょっと食べてみたい気もするが、果たして食べられる日は来るのか?

ということで、色々見たが自分の決意は揺るがない。
スタッフの女性に声をかけて「刀削麺をお願いします!」ときっぱり。
すると「辛さはどうする?辛いのにする?」と聞かれた。
その瞬間トーンダウンですよ。「あ…いえ…普通でお願いします」ともごもごしながら答えるという。

10分くらいで出てきたのがこちら。

明珠酒家 (1)
 
こちら 普通の辛さの刀削麺 880円。

確かに以前食べた辛い刀削麺とは違って表面をカプサイシンが覆っているわけではなく、ところどころに刀削麺や豚肉が見え隠れしている。
ただ、そうはいっても、手前にある唐辛子の量のすごいこと。
これまた軽くブクブクっと空気があがってきて軽いマグマ状態。

普段のラーメンならまずはいきなりスープから飲み始めるのだが、あまりにもデンジャラスなので、唐辛子がついていない刀削麺のくずれた部分をひとつまみし、口に入れる。
ぷにっとした食感がやはりうまい。でも、辛い。

意を決して天地返しをしてぐるぐるにかき混ぜる。
そして軽くスープを飲んでみると…

予想通り ゲッホゲホですわ。

辛い…とにかく辛い。
でも、慣れてくるとこれがまたうまい。
痺れるような辛さじゃないから慣れると全然いける。
(時折のどにささってゲホることはあり)

スープは辛うまなんだけど、なによりここは刀削麺の食感がすばらしい。
幅も広くて厚みがあってプニプニした食感がもうたまりません。
さらに、豚肉もたっぷりとはいっているので、辛さ・食感・肉のうまみが合わさるとうまいんだよねぇ。

いやー最高でした。
なんだかんだでスープも食べ終えるころにはかなりなくなっていたなぁ。

最後にセルフのコーヒーコーナーでホットコーヒーを軽く一杯。
<宮田屋>とコーヒーメーカーのところにPOPが貼られていた。
一般的な中華料理屋さんで飲むコーヒーはただただ黒いお湯っていうことがおおいのに、その辺の業務コーヒー豆を使わないどころか 宮田屋さんの高級そうな豆をつかったコーヒーをセルフで出すなんてすごいねって感心しながらいただいた。

でも…
辛くて口の中が麻痺してて 味 全然わからんかったです。

札幌市内にも刀削麺の名店が多くあるけど、僕的には「明珠酒家」さんの刀削麺が一番口に合うかな。
辛いもの好きな方も是非。遠征する価値はありますよ。

「中国料理 明珠酒家」

住所 江別市西野幌106 野幌食の村105
TEL 011-389-7385
営業時間 [月]11:00~17:00[火~日・祝]11:00~22:00
定休日 無休

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。



安価だがうまい中華がすごいボリュームで食べられるお店!!! R275沿い北広島「中国料理 同福堂」さんで広東麺と炒飯のセット!!!

2度目の北広島「中国料理 同福堂」!!! その圧倒的なボリューム感と安さは庶民の味方です!!!

ユニ東武ゴルフ倶楽部で1ラウンド楽しんだ我々。
ラウンド終了が11時45分だったので、風呂に入ってもまだ12時過ぎ。
ちょうどおなかもすいたので、クラブハウスを離れ帰り間際のあのコスパ抜群のお店へ。
国道275号線沿いにある北広島の「中国料理 同福堂」さん。
去年の10月にいただいたのだが、その圧倒的なボリュームと低価格に唸ったお店。

北広島「中国料理 同福堂」さんで青椒肉絲定食!!! 野菜が多めでうまい!!!
(2018.10.8の記事)

GW期間中ということもあって、営業をしているかどうか不安だったが、しっかりと営業中。
いつも通り、100%男性客でこの日も大繁盛だった。

中国料理 同福堂 (5)

前回も書いたが、駐車場は3台くらいしかないのだが、皆さん重ねながら駐車しているから6台くらいは停められる。
店内は昔ながらの中華料理屋さんで座席数は25席くらい。
ただ、この日はたくさんお客さんもいたので、完全にキャパオーバーになっており、正直全然料理がでてこなかった。
まぁ時間があったから全然問題ないけど。

中国料理同福堂 (1)

定食はこんな感じ。
500円から850円くらいまでがボリューム帯。

中国料理同福堂 (2)
 
炒飯はワンコインの500円。
若者は皆+100円の大盛を頼んでいた。

中国料理同福堂 (3)

麺類はこんな感じ。
広東麺はまず他ではお目にかかれないワンコインの500円。
さらに、ラーメン(味噌、塩、醤油、広東麺)+炒飯で750円というプランがあって、前回青椒肉絲定食を頼んだので、今回は麺類で攻めてみた。
広東麺+炒飯 750円。

友人二人は 青椒肉絲定食(大盛り)と ニンニクの芽定食をオーダー。

中国料理 同福堂 (2)

前回も紹介したけど、大盛の盛りっぷりはまさに日本昔話の盛りっぷり。
いやぁ…すげぇわ。
このご飯の盛りに負けないくらい青椒肉絲もたっぷり。

中国料理 同福堂 (3)

こちらは ニンニクの芽を炒めた定食。
一口いただいたのだが、醤油ベースの味付けで、こちらもめちゃうまかった。
これもいいねー。

中国料理 同福堂 (4)

みんなが食べ終わったころに出てきたのがこちら 広東麺と炒飯のセット。
500円の広東麺は量が少ないのでは?と勝手に思っていたけど、全然普通の量でびっくり。
値段が値段だけに、動物性たんぱく質はやや少なめで、たっぷりの野菜があんになっているのが特徴。
ちょっと味が薄めだったので、塩をお願いして調整しながら食べたら、ほんといい味だった。
これでワンコインは庶民の味方過ぎる。

セットになっていた炒飯は逆に値段のわりに量が少ない気がした。
ハーフ炒飯のイメージなのだろうが、普通盛りの炒飯は食べたことはないけど、こんなに少ないはずがないと思う。
若干割高に感じてしまってごめんなさい。
実際、食べてみると、中華料理屋さんの炒飯っぽくない味わい。
卵がね…なんか甘い気がするんだよね。
これは…正直あまりお勧めできる味わいとは言えなかった。

ただ、全体的には大満足です。
量も多いし、安いしうまい。
食べている間に、ほかのテーブルにどんどん大盛りメニューが運ばれてくるのを見ているじゃないですか。
その圧巻の盛りっぷりにため息が出るのとともに、思わずみんなで目を合わせて「あれ?なんのメニューだ?」なんて言いながらひとつひとつ確かめるのも楽しい。
隣の学生が頼んでいた中華飯の大盛なんて、皿からあんかけのあんがダラダラ滝のように垂れていましたからね…。
思わず自分の靴に垂れているのでは?と心配してしまいましたよ。

まぁそんなドキドキ感も味わえるので 同福堂さんおススメです。
近くへ寄ったときは是非是非。

「中国料理 同福堂」

住所 北広島市西の里北1丁目1-28
TEL 011-375-4495
営業時間 11:30~22:00
定休日 月曜日

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。


江別「蔦屋書店」江別店内 食の棟フードコート 「175°DENO担々麺」江別店さんにて 痺れない汁なし担々麺!!!

普段<汁有担々麺>しか食べないから久々に<汁無担々麺>食べたら結構イケた!!!

江別蔦屋書店篇 三本目の記事。
フードコートの食べ物屋さんで食事を食べた話の続き。
下の娘と連れ立って江別蔦屋書店に入ってフードコートへ。
娘はおにぎりを食べたいということで「Hakodate Omusubi 函太郎」さんで筋子と牛しぐれのおにぎりを購入。
さすがにおにぎり二個でも十分だったのだが、汁ものがあるといいかと思って、見回したら「175°DENO担々麺」さんくらいしかなかった。

「175°DENO担々麺」さんは大好きだけど、会社のすぐそばに本店があるので今まで何度も通ってきたからあえてここじゃなくてもよかったんだけど、ここしか汁物を販売していなかったので 仕方なく列に並んだ。

たぶんフードコート内では一番人気だったのではないだろうか?

前に五人くらい待っている人がいたので列の後ろでずーっと待っていたけど5分くらい待っても列が全く進まない。

あまりの進まなさにさすがに「どーなってるんだ?」と思ったけど、前の人がすすまないことにはどうしようもないからねぇ…。
5分くらい待っていると、先頭の人が「あ 券売機で食券買うんだ!」と買い始めたらスムーズに流れ始めた。
一体何を待っていたんだろう?

さらにいうとお店の人はどーして『食券機で券を買ってください』って一言 言えなかったんだろう。

いざ 買う順番が回ってきて普通に<汁有担々麺>のチケットを購入しようかと思っていたのだが、『いやもしかしたら娘も食べたいっていうかもしれないな』と思い直して、<汁無担々麺>を痺れないで購入。

蔦屋書店 (5)

ポケベルを渡されて、待つこと10分くらい。
ようやく完成したのがこちら。

ちなみにだいぶ昔ですが、175°DENOさんで一度食べた汁無担々麺の記事がこちら
「175°DENO~坦々麺~」で痺れる汁無坦々麺!!!(2013.6.7)

蔦屋書店 (7)

なんか…乱雑…。こんなんでしたっけ?

痺れないを頼んだからなのか、ラー油が少なくてビジュアルが<映え>ってない。
汁なしは汁がないんだけど、もうちょっと汁がないとつらいところ。
「よくかき混ぜてください」って言われたけど、いろいろな具材が汁を吸うのでちょっとせつない。
なんとかいろいろとまぜこぜして食べたら、麺はもちもちして悪くない味わいだった。

娘にはちょっと辛いかな?って思ったけど、問題なく食べていた上に「はじめてこういうの食べたけど結構美味しいね♪」と喜んでいたので汁が少なかったのもちょうど良かったのかな?なんて思ったり。
たまに食べると 汁無しも悪くはないかなと思うけど、やっぱり汁有担々麺のほうが好き。

次は本店で汁有担々麺を<痺れる>で。

「175°DENO 担々麺 江別蔦屋書店」

住所 北海道江別市牧場町14-1 江別蔦屋書店内
TEL 011-887-7017
営業時間 11:00~21:00
定休日 なし

人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。



江別「蔦屋書店」江別店内 食の棟フードコート「Hakodate Omusubi 函太郎」さんのふわふわおむすび!!!

アツアツでふわふわなおむすび うまかった!!!

江別にある「蔦屋書店」江別店へ行ったときのつづき。
ぐるーっと下の娘と二人で建物内を探索した我々。
ランチタイムもちょっと過ぎたくらいの時間だったので、混んでるの覚悟で「食の棟」へ向かった。
実際に入ってみると時間が時間だけに食の棟はダントツで一番人気のフロア。
なかなか席が空かなくて途方に暮れた…。

見渡してみると、イオンなどの大型ショッピングモールでは見かけないこだわりのお店選びがすごくセンスがいいと思った。
どこの大型ショッピングモールに行っても丸亀製麺にリンガーハットにマクドナルドに…みたいなお店が入っていて結構げんなりすることが多いのだが、ちょっと高いけど、こだわっていますみたいなお店が多くてなかなかいい。

あらためて現在入っていたお店をおさらい

nodo(イタリアンレストラン)/ODD BAKERY(ベーカリー)/カルディコーヒーファーム(コーヒー豆・輸入食品)/円山ジェラート(ジェラート)/175°DENO(担々麺)/増田おはぎ(おはぎ・出汁)/clock(カレー)/江別さいもん(点心・クラフトビール)/BETWEEN THE BREAD Ebetsu(バーガー)/Hakodate Omusubi 函太郎(おにぎり)/Une Clerd Oz(ベーコン・燻製)/USAGIYA(お茶)

おぉぉ…って思ったのは円山西町のカレーの名店 clock さん。
こういうところにお店を出すのは初めてなのでは?(調べてませんが)

ひとしきりまわって値段を見て総合的に判断した結果、娘がおにぎりを食べたいというので、ハンバーガーでもないしカレーはちょっと値段高いし、点心というのもおなかが満足しなそうだから、担々麺を食べることになった。
175°DENOさんは会社のすぐそばに本店があるのでいつでも食べられるので違うのにしたかったのだが。
この並びだったらちょっと汁物がすくないから、増田おはぎさんは増田うどんのほうがよかったのでは?と勝手に想像してしまった。

おにぎりは <ありんこ>じゃなくてまさかの<函館函太郎>。
函太郎さんは何度か現地で回転寿司を食べてるけどほんと美味しいんだ。

(2014.1.17の記事)

店舗のカウンターに置かれた食券機で食券を購入。
娘はすじこと牛しぐれのおにぎりが食べたいというので購入。
どちらも1個230円。
大きなおにぎりにも+50円でできるみたいだったけど大きさがわからないので今回は止めておいた。
ちなみに函太郎海鮮むすびというのがあってそちらは一個450円。
強気の値段設定だけどどんなもんなのかちょっと食べてみたい。

蔦屋書店 (6)

その場で作り始めるので無線のポケベルを渡されて待ちます。

蔦屋書店 (1)

数分後出来上がったのがこちら。

アツアツでふわふわなおにぎり。
一口ずつちょっとだけ食べさせてもらったんだけど、なによりも海苔がうまい。
「食べるとほろほろと崩れてくるのでおはしでいただく羽目になった」と娘は愚痴をこぼしていたけど、それ以上に美味しかったと喜んでいた。
特に初めて食べたという牛しぐれのうまさには感動したご様子。

自分はコンビニ以外でおにぎりを買ったことがないので比較はできないけど、こんなにあつあつでふわふわなんですね。
ちょっとしか食べさせてもらえなかったから、自分でも一個まるごと食べてみたいなと素直に思った。

「Hakodate Omusubi 函太郎」

住所 北海道江別市牧場町14-1 江別蔦屋書店内
TEL 011-376-0785
営業時間 11:00~21:00
定休日 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。



北広島「中国料理 同福堂」さんで青椒肉絲定食!!! 野菜が多めでうまい!!!

味よし!!! 量もいっぱい!!! 値段も安い!!!

SIRル・ペタウゴルフコース でラウンドを終えた我々。
風呂もないので、駐車場へ直行し、すぐに靴を履き替えてゴルフ場をあとにした。
せっかくだからとどこか周辺でおいしいところはないかとググってみるも、あまりいい情報は得られず。
それなら…と長沼町にある「ほくほく庵」といううどん屋さんに向かってみると…残念ながら営業時間が過ぎていたみたいで入ることができず。
次のプランで 北広島にある「中国料理 同福堂」さんへ連れて行ってもらった。
友人の情報によると 値段がやすくて美味しいとのこと。

IMG_20181006_150105

駐車場は3台分くらいしかないが、みなさん重ねて停めているので、6台分くらいはいけそう。
店内に入ると、昔ながらの中華の定食屋さんっぽいつくり。
小上りとテーブル席があって、25人くらいは座れそうな感じ。
席数の割にやはりちょっと駐車場が少ない気がします。

メニューはこんな感じ。

IMG_20181006_143415

玉葱定食はワンコインの500円から。
どんな料理なんでしょうか?

IMG_20181006_143422

回鍋肉や青椒肉絲などは650円と結構お安め。

IMG_20181006_143434

1000円以下の定食が多くていいですね。
炒飯の500円も気になりました。

IMG_20181006_143441

ラーメンも500円からですからねー。
ここいいわー。

友人は回鍋肉定食 650円 ごはん大盛り(+100円)
わたくしは 青椒肉絲定食 650円をチョイス。

IMG_20181006_144451

友人の回鍋肉定食ごはん大盛り。
でたーwww 
日本昔話盛りwww
ごはんの量に負けない回鍋肉の量があるから問題なさげ。
ちょっと回鍋肉もらったけど、なかなか美味しかったなー。

IMG_20181006_144252
 
こちらはわたくしの青椒肉絲定食。

第一印象は…ピーマンすごっwwwww

圧倒的なピーマンの量でたけのことかお肉とかどこだ?って感じ。
シンプルな味付けで美味しいです。
もうちょっと肉の比率を高めてくれたら大満足なんですけど、贅沢ですかね?
量もすごい多くておなかいっぱいになりました。
ごちそうさまでした。
またチャンスがあれば来ていろいろと食べたいお店なんだけど、駐車場にとめるのが大変そうなところがなぁ…。

「中国料理 同福堂」

住所 北広島市西の里北1丁目1-28
TEL 011-375-4495
営業時間 11:30~22:00
定休日 月曜日

人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。





プロフィール

日々おいしいものと楽しいことを探しています。
ほぼ毎日更新していきますので、よろしくお願いします。メールはrubisafmad☆gmail.com(☆を@に変換してください)へどうぞ。

Twitter
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
楽天市場
楽天トラベル
Amazon
スポンサードリンク
スポンサードリンク