育児

娘が作ってくれたハンバーグがうますぎてうれしい!!!

ふわふわな食感の美味しいハンバーグとスープを娘が作ってくれました!!!

先日の朝 朝食をもりもり食べる娘が朝食を食べていなかった。
「お…どうしたどうした? 体調でも悪いのか?」と尋ねると、
「本日 朝から家庭科の調理実習の授業でハンバーグを作って食べるからやめとく」とのこと。
まぁ僕ならそれはそれで関係なく食べちゃいますけどね。
で、帰ってきて「ハンバーグどうだった?うまくできたかー?」と聞くと、
「めちゃめちゃうまくできて作って食べさせてあげたいから明日の朝材料を買ってきてもらうよ」とのこと。
あんまり期待していなかったんだけど…

翌日仕事から帰ってきたらハンバーグが用意されていた。
しかも、下の娘と二人で協力して一から作り上げたらしい。
下の娘はたいして役に立っていないと思うが、やたらと<自分が手伝った>ことをアピールしていた。
そういうところも可愛いんだけどね。

用意されていたのがこちら。

1544086867236

ちょっと小ぶりなハンバーグ。
スープも作ってくれたそうだ。
ハンバーグにはニンジン、インゲン、コーンが添えられていた。
なかなか本格的。

早速食べてみて、驚いた。
食感がふわっふわでものすごくいい味。
生パン粉の量が…的なことを言っていたが、自分では作るつもりは一切ないので全く頭には入ってこなかったので覚えていない。
でも、間違いなくこのハンバーグは美味しい。
こんな料理を作れるようになったかと思うと…なんか感激ですね。

このブログを始めたころはまだまだよちよち歩いていた彼女が…ねぇ。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。





子どものアートスクール「まほうの絵ふで」のプログラムの表紙に娘の描いたちょうちょが!!!



<こどものアートスクール まほうの絵ふで>のプログラムの表紙にわが娘の作品が!!! これは宝物です!!!

本人よりも妻のほうが喜んで見せてくれました。
通い始めて三年かかって初めてみる光景。作品は<ちょうちょ>。

DSC04163

おそらく 紙と紙の間に絵の具を挟み込んで上から圧力をかける<デカルコマニー>で作られた作品だと思うのですが、発色が鮮やかで偶然の中にもしっかりとした形が出てきていていい作品だと思います。

早速100円均一ショップでフレームを買ってきて、きちんと保存し壁にかかげたら、すごくそれっぽい作品に見えてきました。我が家の娘はとにかく習い事の中でこの「まほうの絵ふで」が大好き。様々なロードアートがあったり、イベントがあるので我々も楽しませてもらっています。先日もウフルーモマタージュ美術館を開催し、みんなの力作を鑑賞してきました。ほんとここいいですよ。

円山から世界初公開!!! ウフルーモマタージュ美術館展は素晴らしい名画の数々!!!

こどものアートスクール まほうの絵ふで HPは>>>こちら

人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。


円山から世界初公開!!! ウフルーモマタージュ美術館展は素晴らしい名画の数々!!!



まさかの円山のビルの二階で世界的絵画の数々をみることができるとは!!! って感じです。

下の娘が「はい これ」と言いながらもってきた一枚のフライヤー。

ウフルーモマタージュ美術館展??? なんだそりゃ?

どうせ、小学校の授業終わりに配られた芸術の森かどこかでやっているものだろうと思いながら、「いや いそがしいから…」と突き返そうとすると、「よくみてよ。私が描いた絵がのっているんだよ」という。よーく目を凝らしてみると…

なにこれ? Kちゃんが描いたの?みたいな。

下の娘が幼稚園の頃から通っている子どものアートスクール「まほうの絵ふで」。ここは本当に面白いアートスクールで毎回いろいろな作品を作ってもってくる。彼女はその習い事が楽しくて仕方がないらしい。年に二度あるロードアートなどのイベントも本当に面白い。その 「まほうの絵ふで」の教室の中で数々の名画をそれぞれが選んで描いたものが展示会として並べられているとのこと。これは…行かねば。

DSC04027

聞いたことのない不思議な美術館の名前は…

DSC04028
ウフィッツィー、ルーブル、MOMA、エルミタージュ、TATO、東京国立博物館……。
世界にはいろんな美術館があって、そうした美術館で見られる作品もあれば、
閉ざされた洞窟にあって今は見られない作品もあります。
アルタミラの洞窟壁画やモナリザや富嶽三十六景やゲルニカなどなど。
紀元前から現代まで約180点の作品を、
札幌のアートスクール「まほうの絵ふで」に通う4歳から17歳のこどもたちが模写。
うわっ、あの絵がこんな絵に!?
驚きに満ちた作品がD&DEPARTMENT HOKKAIDO ギャラリーいっぱいに並びます。
ゴールデンウィークの期間だけ開館する「ウフルーモマタージュ」美術館へ、
どうぞおこしください。
ウフィッツィー
ルーブル
モマ
エルミタージュ

この数々の有名な美術館のお名前が合わさってできた新しい美術館だったんですね♪

でも、一歩足を踏み入れると その完成度の高さに本当にびっくりしました。

DSC04030

DSC04031

このクリムトの「接吻」の完成度の高さにはびっくり。そしてそして…

DSC04032

いいところに飾ってもらっているではないですか。時間がなくて全部は描ききれなかったのかなぁと思うくらい若干ひまわりの数が足りないような気もしないわけではないですけど…

これは ヴィンセント・ヴァン・ゴッホのひまわりに 違いないです!!! 素晴らしい!!!

DSC04034

でも本当にみんな上手だわ。

DSC04035

DSC04036

ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」とかすごくきれい。もらって飾りたいくらい。

DSC04037

一点一点すごく個性が出ていて楽しめますよ。期間限定入場無料。ぜひ子どもたちの名画の数々見てあげてください。

DSC04038

会期:2016年4月30日(土)〜 5月8日(日)12:00-20:00
*5月2日(月)のみ休館
会場:D&DEPARTMENT HOKKAIDO GALLERY
住所:札幌市中央区大通西17丁目1-7
入場:無料

子どものアートスクール まほうの絵ふで さんの HPは>>>こちら 超おススメです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。



子どもが買ってきたジグソーパズルに父ちゃんと母ちゃん…ハマる…の巻!!!



久々すぎるジグソーパズル 投げ出した娘に代わって父ちゃんと母ちゃん 頑張りました!!!

コーチャンフォーに行ったときに突然娘がジグソーパズルを買いたいとお小遣いをはたいて買ってきた。シンデレラのきれいなジグソーパズル。

ジグソーパズル (5)

正直こういうのはあんまり性に合わないので初めのうちは遠くから見ていたのですが、難しい難しいというのでちょっと手伝ってみると…あまりの難しさに無性に血が騒ぎだすんですかね(汗) ハマっちゃいました。

ジグソーパズル (2)

まずは枠をつくってわかりやすいところから始めたんだけど…

ジグソーパズル (4)

これが本当に難しい。途中で放り出した娘に代わって必死にはめ込んでいく父ちゃんと母ちゃんwww

ジグソーパズル (3)

ようやく全体がそろってきたんですけど、最後がね。本当に難しい。

ジグソーパズル (1)

形でいれていくか、適当にはめ込んでいくしかないっすね。

ジグソーパズル (6)

5時間くらいかけて完成できたのがこちら。遠かったよ シンデレラ。でも本当にきれいだよ シンデレラ。

かなーり楽しめました。今では娘のベッド脇に美しく飾られています。たま~に真剣にジグソーパズルをしてみるのもいいもんですね♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。



札幌芸術の森美術館 子どもあとりえワークショップ 「ふたりで彫刻」で夏休みの自由研究づくり!!!



子どもの作品だから手を出すまい…と思いながら見ていたんだけど…やっぱり出ちゃった…。

先日札幌芸術の森美術館にスターウォーズ展を観に行ったときのこと(スターウォーズ展の記事はこちら)、ついでに寄った野外美術館でトイレを借りようと立ち寄った佐藤忠良子どもアトリエの中で粘土をつかったワークショップがあることを知った。

お話を伺ってみると ほぼ毎日行っており、1,000円で1kgの粘土を渡されその場でつくるとのこと。小学校では5年生が授業の一環として行うみたいで夏休みの自由研究を何も考えていない小学四年生の上の娘の自由研究のひとつになればいいかなぁって。

IMG_0276

正直、先日野外美術館はおおかたまわったので、子どもアトリエでワークショップだけ行いたいと受付に告げると通行証をいただくことができます。

IMG_0278

このような通行証を渡されるので子どもアトリエまで無料で入ることができます。簡単な動物をつくったりする粘土で彫刻というのは300円からできますが、今回は二人で彫刻というブロンズ粘土を1kg使ってふたりでお互いの顔をつくるというワークショップに参加。朝一番で伺ったこともあり、やさしいお姉さんがつきっきりで作成の方法や手直し等を手伝ってくれました。

IMG_0286

こちらの料金にはブロンズ粘土と木製の台がついてきますので、かなりお得な気がします。

IMG_0287

まずは輪郭づくりから。すでにこの時点からもうちょっとこうしなよ! 的な感覚が強くなってきて手をだしそうになりますが、我慢我慢。

IMG_0288

このようにきちんとした説明書きに沿って作っていくのです。

IMG_0291

小学生が授業の一環で作成した作品はどれも個性的。上手な子もいますねー。

そしてついに…

IMG_0292

手が出てしまいました!!! 

荒れた部分や凹んでいる部分をちょっとずつ手直し。手だけでなく口も出始めると「うるさいからだまってて!」ときつい一言をいただきました。トホホ。

IMG_0299

かれこれ1時間以上かかったでしょうか。出来上がった作品がこちらです。左が下の娘がつくったもので、右が上の娘がつくったもの。目が完全に少女漫画チックなのがきになります。どちらもびっくりするほど目が大きく鼻が高いのは願望の表れか。

約2週間ほど置いておくとちょうどいい感じに乾燥して、銅像のような青銅色にかわるようです。下の娘ももう一度作り直したいといってましたが、それよりもなによりも我が家のアーティストである奥様がかなりうずうずしてました。もしかしたら、ある日突然芸術の森へ向かって作っているかもしれませんよ。いずれにしても子どもたちは初めての本格的な粘土での顔づくり 大変楽しかったようでなにより。毎月いろいろなワークショップをやっているのはいいんだけど、いちいち駐車場代が500円かかるのが難点かも。

札幌芸術の森 ワークショップのHPは>>>こちら

人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。



プロフィール

日々おいしいものと楽しいことを探しています。
ほぼ毎日更新していきますので、よろしくお願いします。メールはrubisafmad☆gmail.com(☆を@に変換してください)へどうぞ。

Twitter
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
楽天市場
楽天トラベル
Amazon
スポンサードリンク
スポンサードリンク