北海道

年末恒例の温泉旅行!!! 今年もまた「定山渓万世閣ホテルミリオーネ」でゆったりほっこり1年の疲れを癒す…の巻!!!

1年の疲れを癒す温泉旅行!!! 今年もゆったりと!!!

毎年年末恒例の温泉旅行 今年も義父母に連れて行っていただいた。
もちろん家族は全員参加。
特に娘たち二人は毎年この旅行を楽しみにしていて、一泊旅行なのに前日からスーツケースにいろいろなものを詰め込んでいた。
紙袋一つあればいいんじゃないかな…。

チェックインは15時からだったが、仕事の最終日だったので義父母に娘たち二人を連れて行ってもらい、妻と自分は16時過ぎに向かう。
ほとんど雪のない南区だったのだが、小金湯温泉を超えたあたりから前が見えないほどの降雪。
「毎年この時期 この辺りはすごい雪だねぇ」と目を細めながらなんとか前の車に食らいつきながら運転していった。
それでも約1時間くらいで 札幌の奥座敷 定山渓万世閣 ホテルミリオーネ へ到着。

ホテルミリオーネ (1)

義父母と娘たちはすでに一度入浴を済ませており、我々が着いたころにはすでにほっこりモード。
ご両親に先日ポイントで購入した日本酒をプレゼント。

ホテルミリオーネ (2)

滋賀県 喜多酒造の夢現人(むげんびと)という純米吟醸のお酒。
フルーティーで米の麹の味わいが口いっぱいに広がるおいしいお酒だと喜んでいただきました。
普段日本酒を飲まない自分でもおいしく味わえる素敵な日本酒だった。

日本酒は飲むと倒れてしまうので、義理の父が持参してくれた ビールを一缶早速いただいた。
久々のビールであっという間に軽くほろ酔い。
その状態のまま、夕食前に早速温泉へ。

245

ホテルミリオーネさんの温泉は暗いけど5つの内風呂は広くて幻想的。
かなり清潔な感じがあってすごくいいお湯。
温度もちょうどいい。
露天風呂へ行くと、湯けむりが全身を包み込む。
マイナス10度の冷たい風がまた心地いい。
あっという間に身体の内側からポカポカしてきて、あっという間に酔いが回った。

1時間くらいかけてゆっくり温泉を楽しんで帰ってくると、娘たちはすでに夕食へ向かった模様。
早速地下1階の ライブビュッフェへ。

ホテルミリオーネ (3)

和洋中 80種類もあるメニューと 目の前でつくってくれる ステーキや石窯焼きピッツァ、お寿司の握りや天ぷらなども食べ放題。
もう、どれもおいしそうで目移りしてしまう。

ホテルミリオーネ (6)

結局、ちょっとずついっぱい取ってしまった(汗)。
どれもうまかった。
去年もたくさん食べた エイジングビーフのステーキも相変わらずうまかったけど、今年は石窯焼きピッツァを何度も食べてしまった。

ホテルミリオーネ (5)

普段夕食なんて全然食べてないんだけど、これだけいろいろな種類があると食べさる(北海道弁で)。
最後は野菜ゴロゴロキーマカレーでフィニッシュ。

部屋に戻ってからは、義父さんとお酒を酌み交わし、だいぶ飲んでからまた温泉へ。
もう贅沢過ぎてたまらん。
最後は我々の部屋へ戻って、家族全員でテレビを見ながら就寝。

翌朝 温泉ホテルの朝は忙しい。
ビジネスホテルなら起きてささっと朝食を食べて準備をするだけなので、起きてから1時間もかからずチェックアウトできるのだが、温泉ホテルの場合は、起きてまずお風呂へ行くところからはじまるから。
温泉でゆったりした後は、朝食のビュッフェ会場へ。

ホテルミリオーネ (4)
 
昨晩のビュッフェほどヘビーなものはなくライトな朝食。
ベーコンとお粥が最高でした。
朝からこんなに食べていいのかなー(笑)。

朝食を食べた後はもう一度温泉に入浴してフィニッシュ。
今年もいっぱい温泉を堪能した。
ホテルミリオーネ 最高です。

ということで、温泉に連れて行ってもらった上に、美味しい食事までいただけてほんとうにいい思い出になりました。
来年もぜひ よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。



南平岸 天神山緑地にて 樹齢200年を超える北海道で一番古い藤「天神藤」を鑑賞!!!

樹齢200年を超えるという「天神藤」これは素晴らしい!!!

滝のすずらん丘陵公園で約3時間自転車で楽しんだ僕ら。
帰ってくると、自衛隊駅前にでてきたので、足を延ばして 南平岸にある「天神山緑地」へ行ってきた。
実は先日 twitter でフォロワーさんがきれいな「天神藤」をアップしていたのをたまたま見ていて、そんな素敵なスポットがあるんだーと思っていたところだったこともあり早速伺ってきた。
以前、天神山緑地には来たことがあると思うんだけど、山だという以外何も覚えがないw

天神山緑地 (5)

無料の駐車場へとめて、とりあえず山を登り始めた。
30度越えの気温の中だから 暑い。とにかく暑い。
滝のすずらん丘陵公園と違って街中は汗が噴き出てくるほどだ。

天神山緑地 (14)

新緑のはずが色とりどりの木々に囲まれているのはちょっと不思議な感じがある。

天神山緑地 (2)

山を登り切ると、日本庭園があった。
美しい日本庭園とはちょっと言えないかな。

天神山緑地 (1)

日本庭園の横には さっぽろ天神山アートスタジオというところがあった。
涼を求めて入ってみたけど、なにをするところかよくわからないところだった。
だれかが持ち込んできた本や漫画がおいてあり、アートな感じはあまりなかったのだが。

天神山緑地 (3)

山奥には札幌平岸林檎園記念歌碑として 石川啄木の歌が刻まれていた。
園内を探してようやく「天神藤」さまにたどり着いた。
駐車場のすぐそばだったがw

天神山緑地 (6)

藤の花が咲き誇っていて圧巻!!!
これは…素晴らしい。

天神山緑地 (7)

これが樹齢200年といわれる 天神藤の巨木。
自重でささえきれないのか、丁寧に支えを付けられているのがよくわかる。

天神山緑地 (11)

中に入ると暗いし、外から撮ってもなかなか上手に撮れなかった。
それにしても藤の下にたつと花の濃厚な香りに360度囲まれる感じがすごい。

天神山緑地 (12)

6月10日までは開放しているとのこと。

天神山緑地 (13)

たぶん、ここ数日が一番ふさふさしていると思うので、行ってみたい方は早めにどうぞ。

帰ってきて暑かったので、また焼鳥屋さんやっちゃいました。

yakitori
 
ハイボール すすむわー。
暑い中、キンキンに冷やしたハイボールとアツアツの焼鳥最高ですなぁ。

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。



全国一気温がホットな北海道で清涼感を求めて滝のすずらん丘陵公園で滝巡り!!! マイナスイオンたっぷり!!!

森林浴でマイナスイオン浴びまくり 気持ちよかった!!!

まさか北海道の道東で今年度の最高気温を記録したとある日曜日。
札幌も30度越えの予想がある中、家にいてもただただ暑いだけかな…ということで、下の娘と二人で滝のすずらん丘陵公園へいくことになった。

先日新しい折り畳み自転車を購入してあげたのだが、我が家の周りは急坂なのであまり乗れないのもかわいそうだったので、新しい自転車と以前乗っていたブレーキ周りがあやしい折り畳み自転車を二台車に載せて。

滝のの駐車場入り口で410円お支払いして渓流口のパーキングに停車。
皆さんBBQをしにきているのかいっぱいの荷物をリヤカーに積載して移動しているのが印象的だった。
自転車をこぎこぎしながらゆっくりとアシリベツの滝のほうへ。

滝のすずらん丘陵公園 (1)

駐車場あたりの気温は29度くらいだったが、奥へ進んでいくと24度くらいに一気に気温がダウン。
とてもすごしやすい気温でほとんど汗もでないほど。
途中で自転車を降り、アシリベツの滝へ。

滝のすずらん丘陵公園 (2)

札幌でも最大級という27mのダイナミックな滝。
「日本の滝百選」にも選ばれているとのこと。
右側の大きな滝と左側の小さな滝の水量の違いが面白い。
やはり新緑の季節はいい。
遠いけど、なんとなくマイナスイオンがふんだんにこのあたりを支配しているような気になる。

滝のすずらん丘陵公園 (3)

アシリベツの滝から戻る途中の厚別川の流れもゆるやか。

滝のすずらん丘陵公園 (4)

意外と訪れる人も少なく静か。
一度戻りつつ、次の滝へ。

滝のすずらん丘陵公園 (8)

「白帆の滝」へ向かうには自転車で急な坂道を登って行かなければいけないから、ますます誰もいなかった。

滝のすずらん丘陵公園 (6)

高さ10mという 白帆の滝。
アシリベツの滝を見た後だと流石に迫力はない。
冬場は凍るとのこと。

滝のすずらん丘陵公園 (7)

こんなにちょこちょこと食べるところがあるとは思っていなかったので二人で握って行ったおかかのおにぎりを途中でレジャーシートを敷いていただいた。
新緑に包まれながら、たべるおにぎりはいいよね。うまい。

滝のすずらん丘陵公園 (5)

今回の愛車二台。
滝のすずらん丘陵公園にはレンタルサイクルもあるので結構みんな借りていた。
娘の新しい自転車は20インチの折り畳み自転車。
6段変速つきでサスペンション付き。
これがなかなかかっこいいんだ。前にすすまないけどw

ということで、最後に鱒見の滝へ向かう。
鱒見の滝へむかうと鱒見口の駐車場のそばに鱒見口炊事コーナーがあるんだけど、駐車場から圧倒的に近いからこちらのほうはBBQの人々でいっぱいだった。
これまたいい匂いさせてるんだよ。
そりゃ熊もきちゃうでしょw

鱒見口から700mほどいったところにある鱒見の滝。

滝のすずらん丘陵公園 (9)

高さは18mと高くはないけど、幅広く穏やかに水が流れ落ちていくので見ていると、心が落ち着く気になる。
女性的な滝といわれる所以なのかもしれない。

滝のすずらん丘陵公園 (10)

鱒見の滝からの帰り道に 弘法寺奥之院 というところに立ち寄った。
いろいろな仏像がまつられている場所だった。

滝のすずらん丘陵公園 (11)

結局 3時間くらい公園にいたみたいだ。
14時近くになると 公園の渓流口駐車場付近の気温もついに30度を超えてきた。
確かにもわっとする暑さでリュックを背負っていた背中は汗だく。

それでもいい運動になったし、マイナスイオンがとにかく体にも心にも心地よかった。
今まで 滝のすずらん丘陵公園には何度も来ているけど、滝巡りは初体験。
今回は自転車で廻ったが、歩いてもかなりいい運動になる距離。
さらに、冬にはスノーシューを借りて滝を目指すのも面白いかもしれない。

国営滝のすずらん丘陵公園のHPは>>>こちら

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。



プロフィール

日々おいしいものと楽しいことを探しています。
ほぼ毎日更新していきますので、よろしくお願いします。メールはrubisafmad☆gmail.com(☆を@に変換してください)へどうぞ。

Twitter
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
Youtube登録
楽天市場
楽天トラベル
Amazon
スポンサードリンク
スポンサードリンク