リーズナブルで面白いお店でした!!! しかも店を出た後もアウトドア臭が取れない!!!

函館最後の夜。昔の仕事仲間に「夜暇なんだけど…どこか食べに行かない?」と電話をしたら即答でOK。
泊っているところも湯の川温泉だったし、彼の住んでいるのも湯の川近辺だったので、とりあえず20時に湯の川にある「赤ちょうちん」前で待ち合わせ。
ただ、20時まで時間があったのでわたくしすでに旅館の部屋でストロング酎ハイ500mlを開けてから向かう。
すでに軽く酔ってる。

「赤ちょうちん」は以前行ったのでパスして どこかいいとこないかな?焼鳥とか…と聞いてみると、「なんか有名なお店ありますね。行ったことないので行ってみましょう」と向かった先は「鳥焼 とり辰」というお店。
伺ってみたけど、のれんもかかってない。残念。
なんとなく焼き鳥の気分になったので、来るときに見つけた「やきとり 坊ちゃん」というお店へ行ってみた。

IMG_20180321_212721

ガラガラーっと戸をあけると、カウンターのみのいい感じのお店。
ただ、換気があまりよくないのか、煙がなかなかすごい。
カウンターに座ってまずは乾杯。
その後手元に置いてある なにか書類の裏紙に注文するモノを頼んで渡すスタイル。
遠くに メニューと値段が書かれていたが、煙でよく見えない(嘘)。
「うちは焼き鳥全品一本100円だから」と心強いお言葉をいただいたので、いろいろと頼んでみた。

IMG_20180321_202025

鳥皮、とりせい、ぶたせい、つくね 各2本ずつ。
塩で。
焼き鳥を焼き始めるとますます煙っぽくなったんだけど、もう途中からは気にならなくなった。
実際に焼鳥はまぁまぁ美味しかったです。
あとからたれを頼んだんだけど、たれよりは塩のほうが好きですね。
これでこの値段ですから、軽く一杯やるには十分でしょう。

その後、会話も弾んで二杯ずつ飲んで、美味しかったとりせいをたれでもう一度頼んだのと、ソーセージを頼みました。
悪くなかったです。
ホルモンラーメンっていうのもおいしそうだったんだけど、それを食べるお腹が残っていませんでした。
元気のいいマスターと常連さんに囲まれて楽しいひと時でした。

2時間近くいてかなり酔ったので翌日朝早いこともあり、退散しました。
洋服のみならず、ダウンジャケットの果てまで外でバーベキューをしたあとのにおいが残りました。
あれはあれでつらかったです。

「やきとり 坊ちゃん」

住所 函館市湯川町2-23-10
TEL 0138-59-0510
営業時間
定休日

人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。