日本ハムファイターズ

今季初のファイターズ戦観戦!!! 清宮選手雰囲気たっぷりでした!!!

次世代のスター 清宮幸太郎クン 頑張ってましたよ!!!

昨日 今季初 札幌ドームで 日本ハムファイターズの試合を観戦してきました。ゴールデンウィークにまともなところへ家族を連れて行っていないので罪滅ぼしみたいなもんです。試合はみなさんご承知の通り 千葉ロッテマリーンズに逆転負けで敗戦。大田選手のホームランくらいしか盛り上がるポイントがない試合でした。

P1100155

観客は28,000人くらい。ゴールデンウィークにしてはさみしい客の入り。それでも清宮幸太郎クンの登場時には大歓声が巻き起こっていました。

P1100125
 
今回は 中田選手をおしのけてファーストの守備を行ってましたよ。無難にこなしていたと思います。

P1100127

バッティングはなかなか雰囲気ありますねー。二打席連続三振はいただけないが、最後の打席でヒットを放った模様。(8回裏終了時点で帰路についたため見てない)

P1100142

堂々と落ち着いている感じもよかった。

P1100151

3打席目はファーストのエラーがついたみたいだったけど、ヒットでもよかったくらい。

P1100137

五回表の守備の長いこと。打者一巡の猛攻にさらされ吉井コーチが登場したのでパチリ。

P1100156

前日逆転満塁ホームランを放った清水優心選手。この日は打ちそうな雰囲気はなかった。

P1100159

清宮選手がファーストに入ったため レフトにはいった大将 中田翔選手。初回からバンバン飛んできて忙しそうでした。なんでもないフライをキャッチして大歓声を浴びてましたね。

P1100163

ドラフト2位の 西村投手。遠くから見ていて「うぉぉめっちゃ球早いじゃん」ってバックスクリーンの表示をみたら138kmのスライダーだった模様。ちょっと恥ずかしかった。遠くからはよくわからないんですよ。

ちなみに 初回アルシア選手が盗塁を試みたときに危険なプレーがあったみたいだけど、場内なんのリプレーも見ることができずいきなりアウトになってかなり白けてた。たぶん球場的に これやばいやつかもなって忖度したんだろうと思うけど、ちゃんと流してよって感じ。8回にアルシア選手がデッドボールをうけたんだけど、あれは報復ですね。間違いなく。

まぁたっぷりと酒を飲めたので楽しかったです。

ちなみに 僕が清田区区長だったら、これを機に清田区のキャラクターである「きよっち」のデザインを清宮幸太郎にちょっとずつ寄せていきますね。目の下にほくろをちゃっかりつけちゃったり目をもうちょっと垂れ目っぽくして…いつの間にかきよっちの帽子をファイターズの帽子に変えていって、清宮選手が大ブレイクしたあたりで

あれ?似てない? リアル きよっちじゃない? みたいな感じにもっていきますね。間違いなく。

dome1

こちらが現在の きよっち です。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。


style="display:inline-block;width:468px;height:60px"
data-ad-client="ca-pub-9226848515956680"
data-ad-slot="7111617645">


世界一の選手へはばたけ!!! 大谷翔平選手公開記者会見 札幌ドームにて!!!

冒頭の長嶋美奈さんがナレーションした動画でいきなり泣けた!!!

我が家の上の娘が異常なほどの大谷翔平ファンでして、部屋の中には大谷翔平選手のポスターやらグッズやら、挙句の果てにはぬいぐるみにも「しょうへい」と名前をつけるくらい大好きらしい。
すべて、日本ハムファイターズ大好きなわたくしの影響も多分にあるのですが(汗)

先日、ネットか何かで「25日に大谷翔平選手が札幌にやってきて公開で記者会見やるみたいだよー」とちらっと娘に伝えたところ(テレビ番組をはしごするんじゃないかと思っていったのだが)「いきたいいきたいいきたいいきたい」と手に負えなくなった。
その場は「仕事優先だから無理だと思うけど、行けたら行ってあげよう」と変な約束をしてしまった。

すると、3日くらい前からプレッシャーがすごくて…。
結局 なんとか都合をつけて娘を連れて行ってあげることにしました。
仕事を16時くらいにあがって家へ迎えに行き、車で札幌ドームへ。
到着したのは17時過ぎ。
一時間以上前なのに見える範囲のところはかなり席が埋まっていました。

P1090173

ガラガラに見えますが、ダルビッシュ選手の時よりも多い 13,000人が駆け付けたようです。

P1090174

内野席もこんな風に開放していたので、グラウンドまで降りて人工芝を走ってきました。

定刻通り登場するかと思いきや、まずは画面をご覧下さいと。
画面には入団の時からの大谷君の活躍ぶりを動画で流しながら、長島美奈さんが 「君は~だったね」みたいな感じでナレーションをしながら丁寧にふりかえるのをみていきなり泣けてきた。
この5年間は 彼の一挙手一投足を追いかけて一喜一憂してきたんだなぁって。
本物のスーパースターですよ。彼は。

P1090191

そして 栗山監督と 大谷選手が登場。
遠目でみるともう一人 あれだれ?みたいな人がちょこんと座っていたのですが…

第一声が

Long time no see.

と英語で自己紹介。これには笑ったwww
いたずらっぽく、笑った。つかみは完璧だ。大谷が一声で、約1万3000人のファンを魅了した。飛び出したのは、流ちょうな英語。度肝を抜かれた場内は、大爆笑に包まれた。「今日はお別れということではなく、楽しい時間を共有したい」。5年間の感謝を伝えるために、自ら望んだ公開記者会見の場。プロ初勝利、165キロの最速記録、数々の激闘を繰り広げてきた札幌ドームには、ラストにふさわしい和やかな空気が広がった。

 揺るがない信念で、世間の常識を変えてきた。投打二刀流に人々は酔いしれた。その証しが、ぎっしりと埋まったスタンドにあった。「僕が入団したときにはない後押し。これだけ多くの人に背中を押していただけるのは、僕にとって大きなことだと実感しています」。1度は日本球界を経ずに、直接メジャーに挑戦することを公表したこともある。日本ハムで成長し、海を渡る今、あのときにはいなかった心強い仲間たちが、夢の続きを応援してくれている。 日刊スポーツより転載
特に まっすぐメジャーリーグへ行かずに、日本ハムファイターズを経験したのは良かった!と言い切ってくれたのはうれしかったですね。
応援してきたかいがありました。

その後、報道陣からの似たり寄ったりなつまらない質疑応答を経て、マウンドへ。
アナハイムエンゼルス 17番のユニホームに着替えて、栗山監督と最後のキャッチボール。



こちらが日本のマウンドで投げる最後の一球となりました。

P1090220

栗山監督からはピッチャープレートをプレゼント。

P1090221

そこには 
「世界一の選手になると信じています」
という熱いメッセージが。

P1090225

さらに対面して 熱いメッセージをつたえたところ、おもむろに大谷選手がユニフォームを脱いで背番号のところにサイン。
そして、栗山監督へ渡しました。
いいなぁ…しみじみ素晴らしい師弟関係だなぁ…と感動していたら いきなり 栗山監督 エンゼルスのユニホームにそでを通した!!!

くりさん 着るんかーいwwwwww

ってみんな突っ込んでましたよ。

仲間たちからのアツくて笑えるメッセージを見終わった後 中島選手、鍵谷選手、近藤選手が花束贈呈。

P1090243

近藤健介選手の競輪選手のような太ももの太さに 来年の彼は大活躍するという希望を見出しました。
最後はぐるりと一周回ってファンへ手を振ってくれました。

正味45分間でしたが、なんか最後に大谷選手と同じ空間にいれたことはすごくよかったなぁと思いましたね。最初は全然行く気なかったんですが…。
プロ野球に入団した時から 二刀流に対して反対の声も大きく、「プロ野球をなめているんじゃない」なんて大御所が言っていたこともありましたが、監督を含めて日本ハムファイターズという球団がその可能性を信じて大切に育ててきた。
その結果、まだまだ粗削りだった才能を飛躍的に開花させてメジャーリーグからも二刀流でオファーがくる選手になったことは本当に一ファンとして誇らしい。

栗山監督じゃないですが、ファンの思いはひとつ。

二刀流で世界を驚かす選手に成長してほしい。

ただそれだけじゃないでしょうか。アメリカでも、二刀流に対して懐疑的な話は多々あると思うし、一本に絞ったほうがインパクトが与えられるという声もあるみたいだけど、二刀流をつらぬいて成績を残すことにこそ彼の意味があるように思う。
投打で活躍したらWAR(選手の貢献度をはかる指標)の数値がどえらいことになるのでは?と今からワクワクしています。

北海道から世界へ 大きく羽ばたいてほしいですねー。

頑張れ翔平!!!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。




今季初の札幌ドームで 日本ハムファイターズ戦を初観戦!!! 新戦力大田泰示の粘りは一筋の光明!!!


今季初観戦のプロ野球 日本ハムファイターズ戦でした。勝てなかったけど。

前年の日本一からの連覇を期待された今シーズンですが、4月ですでに優勝をあきらめなければいけないほどの成績だとは このチケットを取った時には思ってもいませんでした。前日田中賢介選手の劇的なサヨナラタイムリーヒットがあったので、今回こそはと期待したんですけどね。正直 やりたい野球をすべて楽天にやられているといった感じはありました。

P1070144

守備は安定しているけど、打撃にはいまだに精彩を欠いている中田翔選手。

P1070147

たまにホームランは打つけど、ひどい低打率のレアード。この成績なら下位打線のはずなんだけどなぜかクリーンアップ。

P1070171

レベルアップを目指しているんだろうけど、粘れずヒットも打てず長打もない 魅力のない選手になってしまった中島卓也選手。長打はなくてもいいんだけど、.280くらいは打ってくれないと。今回は2番打者でした。

P1070173

メンドーサは打たれまくってましたけど、なんとか抑えている感じ。それが特徴なんだろうけど。

P1070183

去年までのネバネバ卓ちゃんに戻ってほしい。

P1070191

4番がこれでは勝てない。ていうかクリーンアップが近藤健介以外 打てる気配がないから相手ピッチャーがスイスイ投げている気がする。逆に自軍のピッチャーは打撃陣に期待できないからなんとか抑えようとしてくさいところをついてカウント悪くしてフォアボールだらけ。リズムもひどいね。去年までの日ハムの戦いぶりを相手にやられている感じがした。

P1070167

そんな中一筋の光明が 巨人から新戦力としてトレードされた 大田泰示選手。最初の二打席は岸投手の前に全くボールに当たらない感じだったけど、三打席目に粘りに粘って外角低めの難しい変化球をライト前へタイムリーヒット。気持ちが入っていた感じがひしひしと伝わってきて、これからブレイクしそうだなぁと感じさせてくれるものでした。

結果は大累選手のタイムリーエラーで痛恨の負け。なんとかひとつひとつ勝ち越しを決めて夏までに五割を目指していってほしい。頑張れ 日本ハムファイターズ!!!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。



北海道日本ハムファイターズ 日本シリーズ優勝おめでとうございます!!! サイコーの試合でした!!!


激闘を制し10年ぶりの日本一!!! 歴史に残る好ゲーム連発の日本シリーズを我が日本ハムファイターズが制しました!!! 優勝おめでとう!!!

終わってみれば4勝2敗。第一戦、第二戦の広島スタジアムで連敗スタート。広島のホームゲームだけに完全に雰囲気に飲み込まれた選手たちが本当の力を発揮しはじめたのは第3戦目の札幌ドーム 対黒田投手との試合からでした。

もはやレジェンドとなった黒田投手を打ち崩すことができなかったものの、大谷敬遠からの中田のタイムリーと大谷のボール球を打ってのさよならタイムリー。4戦目は高梨が奮闘し、レアードのホームランで突き放すものの、9回の攻防で岡大海の超美技に満塁で宮西が丸を空振り三振に切って取る。5戦目は加藤投手の始球式からのメンドーサの好投と西川遥輝のサヨナラ満塁ホームラン。

最終戦は広島に舞台を移してからの、8回2アウトランナーなしからの 中田の押し出しにバースのタイムリー、レアードの満塁弾で決まりました。とにかくどの試合も点差以上に白熱した試合で監督を含めたベンチワークがこれほど試合結果に影響を受けるものかと野球の面白さを堪能したシリーズでしたね。

P1000523

勝敗を分けたのは最終的に 広島カープが本来の力を発揮できなかったのではなく、広島カープに本来の力を発揮させなかった日本ハムの臨機応変な試合運びにあったのではないかと思います。

日本ハムの今年の戦いぶりがいかんなく発揮されたシリーズだったかなと。相手の先発陣を真綿で締め上げるかのようにジリジリと球数を投げさせることによって消耗させてヒットが打てないまでも四球を出させて足を絡めた全員野球で崩していくという戦法。第6戦の8回の攻撃に凝縮されていたと思う。

以前ラジオを聞いていた時に 新谷博さんが 西川が単独スチールをすることはいくらでもできるんだけど、それをやってしまうと1点しか入らない野球になってしまう と語っていました。彼が一塁にいるときにどれだけ相手ピッチャーにプレッシャーをかけられるか、それができれば大量得点につなげることができるとラジオで語っていた時があります。

その時には その意味がよく分からなかったけど、8回の攻撃ではまさにその言葉を具現化するような攻撃が見られましたよね。走って1点をとる野球ができたかもしれないけど、走るふりをし続けて ジャクソンがしきりに牽制。最後は中島への球が甘くなってセンター返し。最終的に2アウトランナーなしから6点を取るビッグイニングへ。すごい攻撃でした。

足を使った攻撃ができることで、鉄壁の守備をほこる広島カープも焦りからエラーを連発していましたし、抑えていた先発陣も早い段階でマウンドをひきずりおろすことが出来たので、自分たちのペースで戦えていたのでは?広島には菊池選手や丸選手、鈴木誠也選手などいい選手が多かったけど、怖さでいうとレギュラーシーズンのホークスのほうが怖かった印象があります。広島は悲しいかな、レギュラーシーズンをぶっちぎりで優勝したこともあり負けたら終わりの戦いをしてこなかったのも結果に表れてしまったのかもしれない。日ハムは7月からずーっと負けたら終わりみたいな試合を勝ち抜いてきたので...。

P1000506

MVPは 最終戦で特上大トロ4貫寿司を握ったレアード選手が受賞。これはこれで仕方ないけど、自分的には3勝、打率10割1打点のバースにあげたかったな。クライマックスシリーズから バースが投げると勝ち越して勝ちに結び付けられるシリーズ男の雰囲気がプンプン漂っていた。

P1000524

優勝が決まって大泣きしていた陽 岱鋼選手。来年は同じチームで戦えない涙だったかな?

長いペナントレースで強いホークスに11.5ゲーム差をつけられたところからまくって優勝し、その勢いでクライマックスシリーズを勝ち抜き、圧倒的な力でセリーグを制した強い広島カープを打ち破った日ハムの戦いは北海道民にとって本当に誇らしいものでした。幻の第7戦で レジェンド黒田 VS 二刀流 大谷の壮絶な投げ合いを観たい気持ちもありましたが...。

とにかく 優勝おめでとうございます。

今年一年お疲れ様でした。ただただ...プロ野球のない日曜日がさみしくてしょうがない...です。来年も二連覇目指して頑張りましょう。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。



日本シリーズ初観戦!!! 西川遥輝の劇的サヨナラグランドスラムに胸が震えた!!!



なんだろう...こんな劇的な日本シリーズに立ち会えるなんて...感激を通り越して胸が震えました!!!

試合開始1時間半前、一本の電話が入る。取引先の方から「日本シリーズ行かない?二枚もらったんだけど?」と。行きたいけど、娘を迎えに行く約束しているし、妻とは連絡取れないし...あきらめかけた試合開始1時間前に妻から連絡が入り、日本シリーズに行けることになった。もちろん初体験。もしかしたら、最初で最後かも。

札幌ドームへ向かうタクシーの車内で「今日の先発加藤貴之ですよね。1回もつかな...2回からメンドーサ出てくるかもしれませんね。相手は沢村賞のジョンソン投手だし、そうなったら 相当きついですよね...」なんて話をしながら。最後はタクシーの運転手に「応援頑張ってください」と送り出していただきましたwww

P1000511

試合序盤は予想通り過ぎる展開...orz クライマックスの加藤投手の登板がデジャビューな感じであっという間に先制点を奪われる。2回も満塁として降板。予想通りメンドーサ投手が2回から登板。なんとか大ピンチを切り抜けてくれた。

P1000515

その後はシーズン中のメンドーサからは考えられないスーパーピッチング。試合を引き締めてくれました。

P1000512

ライトスタンドの広島の応援はすごかったですねぇ。ロッテの応援よりもすごかった。そしてわかりやすくてこれはハマっちゃうかもって思いました。日ハムの応援のほうが10倍以上多かったけど、ダントツで声がでてたな。

P1000516

イニング間のYMCAのダンスではスライリーも登場。

7回に浅い犠牲フライでなんとか同点に追いつき9回へ。バース投手が9回表に登板した時になんとなくサヨナラへのロードマップが一気に開けたような。

9回裏 先頭の田中賢介選手がよくボールを見て四球。8番市川が今日3度目の犠牲バントで2塁へ進める。続く中島卓也選手の打球はぼてぼてのピッチャーゴロ。これが内野安打になって一死1塁3塁。ここで岡大海への初球にいきなりデッドボール。

P1000525

双方のベンチから一触即発の雰囲気が漂ったけど、遠くからでも中田翔選手のメンチ切りが中崎投手へ影響を与えたのは間違いなし。

P1000496

満塁となって日本シリーズ不振の西川遥輝。

2球目...打った瞬間に札幌ドームが総立ちの一撃。しびれました。いや...心が震えました。
日本ハム・西川が劇的サヨナラ満塁弾! 3連勝で日本一へ王手! 

SMBC日本シリーズ第5戦(日本ハム5x-1広島、日本ハム3勝2敗、27日、札幌D)日本ハムが西川遥輝内野手(24)の満塁弾でサヨナラ勝ち。3連勝で10年ぶり3度目(東映時代を含む)の日本一に王手をかけた。第6戦は戦いの場を広島に移し、29日に行われる。

 1-1の九回、一死から田中賢が四球で出塁。市川が送りバントを決め二死二塁に。中島の内野安打と岡の死球で二死満塁とチャンスを広げた。ここで打席には西川。広島の守護神中崎の投じた2球目を捉えると、打球はライトスタンドへ飛び込む、サヨナラ満塁弾となった。

 先発の加藤は制球が定まらず、わずか1回1/3で降板。しかし、2番手のメンドーサが5回2/3を1安打無失点と好投し、チームに流れを引き寄せた。

 ヒーローインタビューで西川は「何が起こったか、分からないぐらい興奮しています。(打球が)頼むから(スタンドに)行ってくれと思いました」と振り返った。最後は大歓声のファンに向かって「全員で広島にいくぞ~」と声を張り上げた。(サンケイスポーツこちらより転載)
P1000527

日本シリーズという大舞台で この劇的な幕切れ。周りの知らないおじさんおばさんたちとハイタッチで大喜びっしちゃいました。こっちがのど枯れるっちゅうねん。

P1000528

すごい試合過ぎましたね。これで日本一へ王手。たぶん、明後日 大谷投手が快刀乱麻のピッチングで決めてくれるでしょう。そのくらい勢いを感じるすごい試合でした。観に行けて本当によかったです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。



プロフィール

日々おいしいものと楽しいことを探しています。
ほぼ毎日更新していきますので、よろしくお願いします。メールはrubisafmad☆gmail.com(☆を@に変換してください)へどうぞ。

Twitter
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
楽天市場
楽天トラベル
Amazon
スポンサードリンク
スポンサードリンク