狸小路6丁目

狸小路6丁目「お刺身居酒屋瑠玖&魚平」さんで本日の日替わり定食 マグロとサーモンと鯛の三種丼!!!

丼のまぐろはなかなか大きく、オッってなったけどちょっと筋のところだったなぁ。

来週数日だが京都へ。
5年ほど前に大阪へ出張に行ったときに一日だけ京都へ行ってまるっと一日中遊んだ記憶があるが、今回は夏休みの娘たちを連れての小旅行。
娘たちの行きたいところはほぼ前回自分がまわったところだから同じようなところをまわりそう。
ちなみに明日からの京都は気温が35度以上と地獄のような天気予報だった。

そのときの旅行記はすでにたくさんの記事の中で埋もれてしまっているので、もし興味がある方はこちらからどうぞ。











たった一日しかいなかったのに、記事5個書きましたからね。
大作です。
なかでも、 お味噌の 山利商店 さんの記事は当時よく読まれていた記憶がある。

ちょっと離れるので会社で引きこもって仕事をしていて(ゴルフをやりすぎているという噂もある)、ランチは近場で済ませることになった。
行ったのはいつもの「お刺身居酒屋瑠玖&魚平」さん。
お蕎麦だけなら300円からいただける街中ではかなりリーズナブルな居酒屋さんだ。
もちろん当ブログではしょっちゅう登場している。

お刺身居酒屋瑠玖 (1)

二階のエアコンのよく効く場所に陣取って、メニューを拝見。

お刺身居酒屋瑠玖 (2)

スタッフさんに「本日の日替わりはなんですか?」と聞くと、「まぐろとサーモンと鯛の三種丼にお蕎麦がついたものです。おいしいですよ」とおっしゃっていたので、そちらをオーダー。
税抜き 650円。

お刺身居酒屋瑠玖
 
出てきたのがこちら。

比率的にはまぐろ6サーモン3鯛1くらいの比率。
まぐろは分厚くて一枚一枚が大きいので見た瞬間 おぅ ってなった。
一応サービスのあら汁を付けていざ実食。

酢飯にのったサーモンも鯛もかなり切り身が大きくてうまい。
ただ、まぐろは結構筋張っていて食べづらかった。
とろけるような味わいではなかった。
おそばはちょっとコメントは差し控えさせていただきたい。

とはいえ、税抜き650円でこれだけの丼が街中で食べられるのは相当リーズナブルといっていいのではないか?
全体的には十分うまかったです。ごちそうさまでした。

「お刺身居酒屋 瑠玖&魚平」

住所 札幌市中央区南2条西6丁目7-1 パストラルビル
TEL 011-221-0138
営業時間 11:00~23:00(L.O 22:00)
定休日 なし

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。


狸小路6丁目横「博多一風堂」札幌狸小路店さんで 本日より発売!夏季限定!夏野菜たっぷりの冷やし担々麺!!!

夏本番が突然訪れた札幌だったが、涼しさを感じる一杯だった!!!

朝から湿度の高さが際立っていた本日。
会社へ向かうときからもわっとした空気を感じていたのだが、室内に入っても前日と打って変わって風もなく蒸し暑い一日だった。
気温も30度近くまで上がったうえに札幌には珍しく蒸していたこともあり社内はキンキンに冷房をきかせていた。

ただちょっと冷房の設定温度が低すぎたのかもしれない。
外はアツいが、なんとなく温かいものを食べたい気になって、3か月ぶりに「博多一風堂」さんへいってお得なランチセットでも…と思い向かった。

扉の上の博多一風堂と書かれた木彫りのロゴもなく、ちょうちんもぶら下がっていなかったから一瞬営業していないのかと思ったが、普通に営業はしていた。
おそらく、傷みがはげしくなったのでいろいろと新しくなるのかもしれない。

博多一風堂 (2)

夜はいつも混んでいると思うが、ランチタイムはそれほど混んでいるわけではなかった。
まぁお店も広いから入っていないように見えて結構人はいたけど。
カウンターに案内されて いつものランチセットを頼もうと思ったら、夏季限定の「冷やし担々麺」なる商品が本日より期間限定で売り出されることを知る。

博多一風堂 (1)

大体三か月に一度くらいのペースで来店するので次に来るのは10月頃になりそう。
この商品は7/25~9/23までの限定商品なので、この機会を逃したら食べられないし、なによりも発売日に食べられるというのがまた運命の赤い糸的な感じがあっていいじゃないですか。

「あたたかいものが食べたい」と一風堂に来店した動機はあっという間に消え、気が付いたら「冷やし担々麺」(890円税別)をいつの間にか頼んでいた。
よくよく考えたら ラーメンに税込みで961円も払うのも高すぎる気もしたけど。
まぁいいや。

オーダー時に女性スタッフが「麺の固さはどうしましょう?」と聞くので「え?じゃ…じゃぁ、固めで」って答えたんだけど、しばらくして厨房のほうから「冷やし担々麺に麺の固さとかないんですけどいいすか?」って言われてもね(笑)
聞かれたから答えただけで固さにそれほどこだわりないんで(笑)
まだ、スタッフさんがオーダー慣れしていないところがまたいいっすね。

博多一風堂 (3)

通常のとんこつラーメンとは違って、おもいのほかゆったりと出てきたのがこちら。
夏季限定「冷やし担々麺」。

カルボナーラを思わせるようなめちゃめちゃクリーミィなスープにラー油がたっぷりとかけられて見た目刺激的。
さらに角切りされたトマト、きゅうり、玉ねぎの夏野菜もたっぷりはいって、パクチー少々、ゆで卵、ピリ辛の肉味噌が真ん中に載せられてヴィジュアルばっちり!!!
さっそくスープからいただいてみると…

ゴマの風味が濃厚ですごいスープがうまい(´∀`*)

とはいえ全然くどくなくて夏野菜がさっぱり感を演出している。
で、麺が普段食べる一風堂の細麺ではなくて中くらいの太さの麺でコシがあって食べごたえもある。
肉味噌の存在感はよくわからなかったが、食べ進めていくうちに辛さが増していった。
たぶん、底のほうに溶けきれずにたまってしまったのだろう。
最後のほうは結構辛さも刺激的でめちゃくちゃうまい一杯だった。
最後はスープも飲み干して完飲完食。
思っていた以上に量もあって大満足。

高いので何度も何度も食べられるものでもないが、もう一回くらいクソ暑い日に食べたい一杯でしたね。

「博多一風堂 札幌狸小路店」

住所 札幌市中央区南3条西6丁目
TEL 011-252-5505
営業時間 月~木/11:00~翌3:00 金土・祝前日/11:00~翌4:00 日祝/11:00~翌3:00

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。



狸小路6丁目「お刺身居酒屋 瑠玖&魚平」さんで本日の日替わり定食 カレイの中華甘酢あんかけ定食!!!

カレイは身が薄かったが、思いのほか野菜もたっぷり入っていて結構うまかった!!!

どこかで何かを食べたいという欲求がないときにとりあえず「今日の日替わりは何かしら?」と店先のショーケースを確認させてもらっている狸小路6丁目の「お刺身居酒屋瑠玖&魚平」さん。
この日は 普段あまりランチでは出てこなそうなメニューだったこともありお邪魔させてもらった。

お刺身居酒屋瑠玖魚平 (2)

いつものように二階へ向かうと、お知り合いがいたので、そちらの席に合流させてもらった。
一人で食べるランチとまた違って楽しい♪
この日は日替わり定食が人気だったからなのかはよくわからないが、一階も二階もほぼ満席状態。

お刺身居酒屋瑠玖魚平 (1)

日替わりをお願いしてからしばらくしてやってきたお客さんが日替わりを頼んだら、珍しくもう品切れだといわれていたので、相当混んでいたのだろう。
予想通りといってはアレだが、出てくるのもえらい時間がかかったからお刺身定食にしたらよかったかなと軽く後悔。

出てきた日替わり定食 カレイの中華風甘酢あんかけ定食がこちら。税抜き650円。

お刺身居酒屋瑠玖魚平 (1)

いつものようにあら汁はセルフサービス。
どんぶり飯とメインのカレイの中華風甘酢あんかけが出てきた。

お刺身居酒屋瑠玖魚平 (2)

カレイはカラッと揚げられていて、その上にたっぷりと野菜が入ったあんかけがかかっていた。
玉ねぎだけでなく、パプリカ、しいたけ、ニンジンなどがあんかけに入っていて、たっぷりの唐辛子がのった一品。
これが…なかなかいい味。
中華料理店に負けないレベルのあんかけでこれは結構意外だった。
カレイは決して身が厚いものではなかったが、悪くなかった。

お刺身居酒屋瑠玖&魚平さんの定番メニューもいいけど、日替わり定食もバラエティーあふれていてなかなかいいよ。

「お刺身居酒屋 瑠玖&魚平」

住所 札幌市中央区南2条西6丁目7-1 パストラルビル
TEL 011-221-0138
営業時間 11:00~23:00(L.O 22:00)
定休日 なし

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。



祝25周年!!! 狸小路6丁目「ラーメン 喜来登」さんでネギだくしょうゆラーメン!!!

芸能人御用達のお店「ラーメン喜来登」さん 25周年おめでとうございます!!!

気温は6℃くらいあったのだが、もう身体が慣れてきているのか日差しが少なかくて寒さを感じたこの日。
朝の情報番組で「餃子の王将」の五目あんかけ焼きそばだったか中華飯が無料であんを大盛りにできる「あんだく」という頼み方があるというのをやっていて「それもいいねぇ」と思いながら狸小路を東に向かって進んだ。
気持ち的には中華料理だったんだけど、喜来登さんの横を通ったら珍しくカウンターが空いていたのが確認できて、反射的にそちらへ入ってしまった。

喜来登 (2)

最近はお店に入ろうとすると、店の中で待っている人が多かったから足が遠のいていたのだが、こんなに空いているのは珍しい。
とはいえ、食べている途中からじゃんじゃんお客さん入ってきて最終的には混んでいたんですけどね。

喜来登

カウンターに陣取って どちらにするか迷う。
自分的には「喜来登」さんはしょうゆラーメンかしおラーメンのどちらかだ。
味噌はデフォで頼むとハンパないねぎがついてくるのでラーメンの温度がさめるし、下のほうにあるお味噌をとかないといい味にならないという食べ方がちょっとね…っていうこともあって最近は頼んだことがない。
というよりも、<しょうゆ>と<しお>がどちらもめちゃくちゃうまいのである。
5秒迷った結果、今回は久々にしょうゆラーメンを頼むことにした。
(以前のエントリーを改めて読んだらそのときもしょうゆラーメンをたのんでた...)
税込み 800円。
高くなったものだ。

喜来登 (1)

味噌ほどではないけど、安定のねぎマウンテンハイ!!!
しおラーメンはこれよりもうちょっとねぎは少なめ。

ねぎをひとまずスープの中に沈めて早速いただいてみる。
まずはスープを一口。

やっぱりおいしい。

ガツんとくる味わいではないけど、やわらかい味わいの中にしっかりとしたしょうゆ味。
固めんでお願いした麺のかたさがちょうどよい。
いつもより分厚くきられたチャーシューは食べごたえがあってこちらもいい味だった。
やさしい味わいだから毎日でもたべられそうな気がしてくる。

ということで美味しかった。ごちそうさま。
会計を済ませていつもの飴ちゃんをくれるのかと思いきや…

25周年でお餅さしあげていますんで、また来てくださいとのこと。

喜来登 (4)

25年間場所を変えながらも続けてこられるのは本当にすごいと思う。
おめでとうございます。

25年間営業を続けてきた成果として、店内には置き切れないほどの芸能人の方々のサインや写真が飾られてある。
藤井フミヤさんは札幌に来たら必ず寄っているのではないか?
特にミュージシャンの方々が目につくよね。

喜来登 (3)

箱を開けると 新倉屋の くるみ餅だった。
お隣さんだからね。
帰ってきておなかいっぱいなのに早速いただきました。
こちらもうまかったです。

「喜来登」

住所 札幌市中央区南2条西6丁目3-2
TEL 011-242-6070
営業時間 11:00-22:00
定休日 木曜日

人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。







狸小路6丁目 味噌ラーメン専門店「THE MISO(ザミソ)」さんで辛味噌ラーメン!!!

ここの値段がインバウンド向けのプレミアム価格なのか普通の値段なのかよくわからなかった!!!

記録的な寒さが続く北海道。
日中も気温がプラスにならないいわゆる<真冬日>が2月13日現在で9日連続とのこと。
9日連続とは...記録ではないか?と思っていたんだけど、2013年には19日間連続という記録があるらしい。

結構…最近…。

流石に、事務所もなかなか気温が上がらなかったこともあり、やはり寒い日にはラーメンよね…ということで、狸小路6丁目にある「喜来登」さんへ向かったところ、この日は残念ながら定休日。
でも、もうランチはラーメンと決めていたので、昨年12月にオープンした 味噌ラーメン専門店「THE MISO」(ザミソ)さんへ。

味噌のみ提供しているところといい、THE MISO というネーミングといい、個人的にはインバウンド狙いのお店なのでは…と思っていたのであまり興味がなかったのですが、満を持してお伺いしてみました。

この場所は知り合いがラーメン屋さんを始めてから何軒ものラーメン屋さんがチャレンジしては撤退を繰り返すなかなか興味深いお店なんだけど、今度のお店はどうなるでしょうか…。

THEMISO (1)

お店に入るとすぐ左手に券売機。

THEMISO (2)

券売機には 
☆味噌ラーメン
☆辛味噌ラーメン
☆チャーシューメン
☆和牛炙りラーメン
とある。

チャーシューメンと和牛炙りラーメンはおそらくチャーシューの違いだと思われるので 味噌ラーメンか辛味噌ラーメンかという二択のお店だ。
デフォの味噌ラーメンが850円とこのあたりではちょっと高めの値段設定。
しかもランチタイムのサービスもないので非常に高く感じる。
レモンサワーが560円とは強気の値段設定だ。頼む人がいるんだろうか?

とはいえ、今回は辛味噌ラーメン 900円を購入してみた。

店内はカウンターに6名くらい、テーブルが4人掛けが一卓あるのみなので、最大でも10名くらいしか入れない。
お客さんが入ってくると寒風が店内を駆け抜けるので一番入り口から遠いカウンター席に陣取った。
結果的に足元は冷え冷えなうえに、エアコンの温風が至近距離から直撃で目がカサカサという厳しい場所ではあったが…。

THEMISO (3)

出てきたのはこちら。

木耳が大量に入っていて、チャーシュー一枚、あとはネギですかね。
大量の一味唐辛子がかけられていて 辛さはビンビンビジュアルから伝わってきます。
スープにはにんにくのチップがぷかぷか浮いています。

早速スープをひとくちいただいてみると…

結構軽い口当たりのスープですね。
札幌の味噌ラーメンといえば、濃厚なスープを想像していたので、正直なところ肩透かしをくらったというか…。
正統派の札幌ラーメンがフルボディだとすると、こちらのスープはライトボディ。
辛さが結構たっているので、スープのライトな感じが余計に気になるといいますか…。
チャーシューは結構やわらかくて歯ごたえもよく悪くない。
食べ進めていくと、結構ゴロゴロとひき肉が出てきた。
なんていうのかな…スキー場で食べるラーメンを美味しくした感じ。

悪くはないんですけどね、高いです。

実際 この値段は日本人を想定したものなのか、インバウンドを想定したものなのかは僕にはよくわかりません。
どちらかというと、ちょっとインバウンド寄りの価格設定なんだろうなという感じを抱いて店を出た。

「THE MISO」

住所 札幌市中央区南三条西6-9 T6西ビル 1F
TEL 050-5596-6804
営業時間 11:00~15:00 18:00~21:00
定休日 月曜日

人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
一日1クリック!! (≧∇≦)ъ ポチポチッとお願いします。




プロフィール

日々おいしいものと楽しいことを探しています。
ほぼ毎日更新していきますので、よろしくお願いします。メールはrubisafmad☆gmail.com(☆を@に変換してください)へどうぞ。

Twitter
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
楽天市場
楽天トラベル
Amazon
スポンサードリンク
スポンサードリンク