April 12, 2021

ダイビングショップ物語2900―ビール瓶のラベルから歴史を読む

スクリーンショット 2021-04-12 20.20.36https://www.youtube.com/watch?v=hRuvy-h6w6s

ほとんどのビール瓶のラベルは、水中で溶けたり剥がれたりして残っていることはないので、ビール瓶に刻印されている文字が頼りとなり、チュークの博物館には、確かにビール瓶と同じサイズで同じ茶色をしているものが並んで展示されているのだが、瓶の刻印にはフマキラーだったりする。
南の島には殺虫剤が必需品だったわけだ。

しかし中にはビール瓶が木箱に入れられているものがあったりするらしく、その瓶にはラベルが残っているのだそうだ。
おそらく日本国民の知るところではない、軍のお偉いさんのための特別なビールなのだろうと想像できるが、見てみたい!

そんな風にビール瓶のラベルはビールの歴史を語る上で欠かせない情報源なのである。  
Posted by aquaacademy at 20:28Comments(0)レック

April 11, 2021

ダイビングショップ物語2899―外航航路の整備と大陸進出

スクリーンショット 2021-04-12 13.03.50https://www.youtube.com/watch?v=6OL7pdo2_nQ

日清戦争後、日本郵船は日本政府の援助を受けながら外航航路に進出。
大阪商船も大連航路を開設し、時代は外航航路へと進んで行く。
それに伴い大型船の建造も三菱重工長崎造船所で始まり、船舶の建造・運用ともに国内で対応できる時代となっていったのだ。  
Posted by aquaacademy at 13:18Comments(0)レック

April 10, 2021

ダイビングショップ物語2898―引き揚げられた紫電改

スクリーンショット 2021-04-11 11.41.00https://www.youtube.com/watch?v=ovHJtsJRD8c

紫電改を引き揚げるときに集まったご家族。
また同じ343航空隊で戦った仲間たち。
皆それぞれ感無量だったに違いない。

ご家族もさることながら、同じ紫電改に乗って命をかけて戦った仲間たち。
ある者は未帰還となりある者はその引き揚げに立ち会っているのだ。
そしてその機体を見たとき、おそらく全員が何かを悟ったことだろう。

自分はレックダイバーとして、その実物を見に行きたいと思ったし、その機体がどのようにして海中に沈むことになり、どなたが乗っていたのだろうということを調べたいと思った。

紫電改展示館の館長と数分立ち話をする機会があり、彼もどなたが乗っていたのかについて彼なりの答えがあるようだったが、みなさんそれは言うべきではないと話しているので言わないというお話をしていたが、館長の言うべきではないという言葉の重みと343航空隊の仲間たちの言葉とは全く違うと思う。
特に今年になってすぐ亡くなられた笠井智一氏の言葉だ。
直接お会いしたわけではないが、彼のお話はYouTubeで見ることができる。
その笠井さんの「私は墓場まで持って行く」と言われた言葉は胸に突き刺さってくるものだった。

しかしあの時代の彼らの命をかけた戦いがあって、今の我々が幸せな生活を送っているのであるという歴史については語り継いで行きたい。
自分としてはダイビングをしていて、レックダイビングが好きである以上、一般の方よりも伝えることができる立場にあると思うので、これからも続けて行きたいと考えています。

  
Posted by aquaacademy at 12:20Comments(0)レック

April 09, 2021

ダイビングショップ物語2897―沈んだ紫電改

スクリーンショット 2021-04-09 12.51.53https://www.youtube.com/watch?v=bKqoCpBfMl8

76年前の今頃、アメリカ軍は沖縄に侵攻し、沖縄本土では激しい戦闘が繰り広げられ、そんな沖縄に集結するアメリカの機動部隊には九州各地の航空隊基地から特攻機が出撃。
その特攻機を護衛して一緒に出撃していた343航空隊。
国内やフィリピンに残っていた経験豊富なパイロットたちを集め、当時最新鋭であり最強の戦闘機・紫電改を優先的に配備するという、日本海軍最後の最強部隊。
それが343航空隊だ。

しかし本来の目的はミクロネシアのサイパンなどから日本本土へ攻撃して来る、アメリカの爆撃機・B-29の迎撃作戦。
大東亜戦争を通して活躍した零戦とは違い、長距離を飛ぶ作戦はなく、九州・沖縄地区の防衛のためだけの局地戦闘機である紫電改は、アメリカの主力戦闘機F6Fに匹敵するパワーと防御を備え、B-29の搭乗員たちの脅威となった。

戦後3機の紫電改が調査のためアメリカに持ち帰られ、現在全てが博物館に展示されているが、それ以外は全て廃棄されてしまい、現在日本では愛媛県愛南町の久良湾で引き揚げられた機体が、343航空隊で7月24日に出撃し、未帰還となった6機の内の1機であると言われ、その地の紫電改展示館で見ることができるだけとなっている。

今回はその紫電改を実際に見に行き、どなたが搭乗していた機体なのかを解明してみたいと思って調べた話を動画にしてみました。

でも、それに関わる方たちのお話などを知るうち、自分としては最後まで調べてみようという気持ちに変わりはないが、それを他言することはするべきではないという気持ちに。
そんな話の後編も続けて公開の予定なので、是非合わせてご覧いただけましたらと思います。

ちなみに、今回の動画は100本目となり、コロナ騒動の中かなりのペースで作ってきて、特に初期は拙いものが多いですが、最近はだいぶ改善されてきていると思っています。
是非ご視聴よろしくお願いします。

  
Posted by aquaacademy at 13:33Comments(0)レック

April 08, 2021

ダイビングショップ物語2896―戦争・海軍と商船

スクリーンショット 2021-04-09 8.16.29https://www.youtube.com/watch?v=csSg7Ga6TC4

戦争のたびに民間船が徴用され、それでも不足を補うために外国から中古船を購入。
経済は活発化するが、戦争が終わると景気が低迷するのを繰り返す。
しかし島国・日本には海軍が活躍し、そのためには船が必要であることが間違いなく、商船業界は海軍とは切っても切れない密な関係であった。  
Posted by aquaacademy at 08:38Comments(0)レック

April 07, 2021

ダイビングショップ物語2895―鉄船から鋼船へ

スクリーンショット 2021-04-07 12.42.29https://www.youtube.com/watch?v=NMnqdRcvlCA

日本人からすると鉄から鋼に変わって行くという歴史はよく知らない。
ちょうどその時代が日本の歴史からは飛んでしまっているのが理由かもしれない。

木造から鉄に変わり、そして鋼の船へとそれぞれ経験して発展していった欧米に対して、圧倒的に技術の差を見せつけられていたはずの日本だったのだが、鉄の時代をワープしたことで、大きく欧米に追いつきかけたのかもしれない。  
Posted by aquaacademy at 12:49Comments(0)レック

April 05, 2021

ダイビングショップ物語2894―グアムから日本に行く場合

スクリーンショット 2021-04-05 18.37.56https://www.youtube.com/watch?v=YpGm8p9RrQw

今の日本の状況では入国して欲しいとは思わないんだろうが、日本への入国は厳しそうだ。
こんな時期にも旅慣れてしまっている人にはどってことないのだろうが、どんな書類が必要で何を記入すればいいのか、かなり難関のように思う。
それなのにビジネスという理由の場合、日本はその出入国を認めているのが納得できないと言える。

また必要書類なども変更になることもあるようで、この情報も3月19日から有効になっているもののようだ。
もし日本に行く用事がある場合は参考にしてもらえたら幸いと思ってます。
自分も夏くらいには日本に行く用事があるのだが、その頃にはどうなっているのだろう。  

April 04, 2021

ダイビングショップ物語2893―グアムの夕暮れどき

スクリーンショット 2021-04-05 13.03.24https://www.youtube.com/watch?v=CXNuJc5aokk

東海丸が魚雷攻撃されたとき、17分間沈没を食い止める作業を試みたが全員退去命令が出された。
乗員たちは2名負傷者が出て海軍病院に運ばれているが、全員無事に脱出。
それから20分後に沈没をするまで、タグボートはエンジン全開で東海丸を引き続け、そして運命を共にすることになった。
そんな状況を示す、ピーンと張り詰めたロープが今も東海丸の船外へと続いているのが残っている。
ロープは途中で切れて失われていて、タグボート側もロープがあった船尾から沈没したため損傷が大きく、その形跡は残っていないが興味深いレックである。

尚、まだ未確認だが、東海丸を引っ張っていたタグボートはもう1隻あるはずである。  
Posted by aquaacademy at 13:17Comments(0)レック

April 03, 2021

ダイビングショップ物語2892―グアムの夕暮れどき

スクリーンショット 2021-04-03 16.32.42
https://www.youtube.com/watch?v=8GAcsF3hjvo

日本の桜に負けないグアムの夕暮れどき。
夕暮れは毎日訪れてくれる。  

April 02, 2021

ダイビングショップ物語2891―4月のグアムのホテルの様子

スクリーンショット 2021-04-02 19.39.33https://www.youtube.com/watch?v=M4CZEWVvxeA

今日は4月2日になってるが、本当にホテル街の人気はない。
ないからマックも閉まってる。
残念ながら閉店することになった店もある。
ホテルも人の手に渡ったところがあるらしい。
・・・と寂しい話ばかりになってしまうが、新しいホテルもできていたり、海が最高といういつものグアムらしさもよく残っている。

そんなグアムにいつみんな帰ってきてくれるのか!?

グアムに詳しくない方には色々なホテルの玄関を回っているので、ホテル選びの参考にしてもらえるかもしれません。  

April 01, 2021

ダイビングショップ物語2890―血圧測定選手権

スクリーンショット 2021-04-01 20.18.16https://www.youtube.com/watch?v=3AUBVfXHb_Q

単純に笑える!
蘊蓄必要なし!  

March 31, 2021

ダイビングショップ物語2889―ウマタック観光と予告

スクリーンショット 2021-04-01 13.57.32






https://www.youtube.com/watch?v=NeKAoxnL0hE

スクリーンショット 2021-04-01 13.58.04






https://www.youtube.com/watch?v=0t8YM6gWi0w

特運筒.001ウマタックに沈んでいたという小型特殊潜航艇・甲標的を調べてみていたのだが、それはすでにアメリカ海軍よって取り去られていたということが判明。
実物を見ることはできなかったのだが、つい最近すごい資料が手に入った。

それはそれらの小型特殊潜航艇に搭乗していた方による説明文であり、古い写真も添えられていた。
そしてそれによると、グアムのウマタック湾に沈んでいたのは甲標的ではなく、特型運貨筒だとなっていて、グアムにやって来た経緯も書かれていたので、ウマタック湾に乗り上げた日付もわかるのだ。

それについては現在動画を作成中で近日中には公開される予定になっているので少しお待ちいただきたいのだが、当時のことを直接知っている方の貴重な資料がまさか残っているとは!  
Posted by aquaacademy at 20:21Comments(0)レック

March 29, 2021

ダイビングショップ物語2888―酒を水底に沈めてみた

スクリーンショット 2021-03-29 21.13.26https://www.youtube.com/watch?v=hyML7VvRtFw

まずはやってみたけど、水温や栓の問題などがあるらしい。
しかし数千円の酒を数万円で売ってるみたいなので、これは一攫千金になる可能性ありかも。
水温が低く抑えられるポイント、地下水が湧いているとかがグアムには必要なのかもしれないが、とにかく実験だから。
そして沈めたところが楽しいレックダイビングポイントのタグボートだから!  
Posted by aquaacademy at 21:20Comments(0)レック

March 28, 2021

ダイビングショップ物語2887―日本から自動車輸送船が着いた

スクリーンショット 2021-03-28 20.16.10https://www.youtube.com/watch?v=8Jd1JT39C8w

この船実は名古屋港で見たことあるんですよ。
定期的にグアムに自動車を運んで来ている自動車輸送船。
なんか久しぶりの日本を感じることができた。  

March 26, 2021

ダイビングショップ物語2886―アメリカンタンカーもセメントバージ

スクリーンショット 2021-03-27 9.23.49https://www.youtube.com/watch?v=oMBWn2Cudb0

前回アメリカンタンカーについては話をしたんですが、そのアメリカンタンカーと姉妹船と言える4つのセメントバージ。
その全部で5つあるコンクリート船を見比べることで、また新たな楽しみがセメントバージのダイビングに出てくるという提案でもあります。  
Posted by aquaacademy at 09:30Comments(0)レック

March 25, 2021

ダイビングショップ物語2885―グアムの国道1号線

スクリーンショット 2021-03-25 19.54.37https://www.youtube.com/watch?v=dlmb9tpaIKc

本来はもっと交通量が多かったりするのだが、これもコロナの影響で車が多くないグアムの国道1号線の様子です。
しばらくグアムに来ていない方は新しくできた建物やお店、なくなったお店をチェックできるかもです。  

March 24, 2021

ダイビングショップ物語2884―春の夕陽

スクリーンショット 2021-03-24 14.27.15https://www.youtube.com/watch?v=vS4iwhnVi3M

スコットランドの通なスコッチの飲み方を検証してみたらすごかった!  

March 23, 2021

ダイビングショップ物語2883―春の夕陽

March 22, 2021

ダイビングショップ物語2882―日本初の鉄道連絡船は琵琶湖だった

スクリーンショット 2021-03-23 14.44.47https://www.youtube.com/watch?v=o_KVDeELG3Q

西郷隆盛が西南戦争を起こす頃、大阪・京都と日本海側の一大港町、敦賀を結ぶ交通路を整備しようとしていた日本。
その前の時代から琵琶湖を水路として使い、街道はそれに合わせて発達していたわけだが、今度はその街道を鉄道に変えて、琵琶湖はそのまま使い続けるという計画が最初にスタートする。
これが日本最初の鉄道連絡船の開設である。
そしてそんな時代にグアムに沈んでいる東海丸を作った大阪商船が設立されるのである。  
Posted by aquaacademy at 14:52Comments(0)レック

March 21, 2021

ダイビングショップ物語2881―今のKマートの様子

スクリーンショット 2021-03-21 13.04.33https://www.youtube.com/watch?v=N92lIrIKyuY

丸一年。
グアムから観光客の姿が消え、ショッピングセンターは閑散とし、レストランに行くという意識も亡くなった。
幸いなことにアメリカ政府からの補助金を出してもらっているので、正直生活に困ってしまっている方たちはあまりいない。
しかし会社となると話は全く別のものであり、家賃・保険・光熱費・通信費など毎月の支出は以前と同じであるというのに、収入が1年間0では存続して行くのは難しい。

Kマートの店内の様子は衝撃的だった・・・。
ただ撮影時が平日の朝の9時30分ではあるけれども・・・。