August 30, 2017

グアムのダイビングショップ物語2143―今日のグアムと、今度こそ夏休み最後の子供たちだ

guam830hahadiver1さあ、いよいよ夏休みも終わりとなって今年の夏最後の子供たちのダイビングかな。
明日からはレックスペシャルも始まるし、自分的には最後になりそうだ。
確かメールでかなり詳しく遣り取りをしていたと思うファミリーなんだけどお母さんがダイバーなんて一言も言っていなかったなあ。
ダイビングを始める段階になっても「ダイビングやったことがあ
guam830hahadiver2る」という言い回しで決してダイバーであるとは言わない。
でもねプロは騙せるもんじゃないんだよね。
自分も昔バリで体験ダイビングの内容を知りたいと思って「一回だけ経験がある」という建前で参加したことがあるんだけど、バリの体験ダイビングはヤバくて、オーストラリアの真似なのかクイックシルバー的な大型ボートで沖まで行って、そこでボンツーンに乗り換えて潜る。
厳密にはボートダイビングじゃないけどポンツーンが動かないだけで、そのステップからエントリーすれば水深は5mの垂直潜降となるし、沖だから流れがあるんだよね。
インストラクター一人で日本人女子2名、イギリス人男一人に自分。
イギリス人は男のくせに全く使えないし、インストラクターは女子2名の手を持ってるし、これで自分もダメダメ男になるとヤバいんだもん。
フィンを使うとばれるから必死に手を使って泳いだけど、正直そんなチョロい流れじゃないから仕方なくフィンも使うしかないんだけど、あれはバレバレだったよなあ・・・。

guam830hahadiver3今回が初めてのダイビングっていうお父さんかなり説明通りで上手にスタート。
子供たちも上手にやってる。
そして一番遅れて後から付いて来るのがお母さんだけど、浮きかけては潜って降りて来るのを繰り返して苦しいんじゃないかと思って見守るんだけど平気そうに追いついて来る。
ここだね。
ダイバーじゃなければもう息苦しくて水面に顔出してるはずのところを平気そうに付いて来てる。この時点で半分無視することにした。
だってペースが一人だけ遅れてて、前のみんなのペースを落とせばバランスが崩れそうなんだもん。
ダイバーに初心者のペースに合わせて貰うしかない。(笑)

guam830hahadiver4ダイビングの合間にお父さんが「ちょっと〜みんなの足を引っ張らないでねえ〜」とか言っちゃってるし、このまま行っちゃえ〜(笑)
先頭集団は男チーム。
お父さんと息子ペアだ。
最初お母さんが心配で子供用コースに行ってみたけど、そこでお母さんがダイバーだなってことがわかったし、子供たちは耳抜きも問題なくダイビングは順調なので予定よりも深いところまで遠出することもできた。

guam830hahadiver5しかしどの写真見てみてもお母さんが後にいるなあ。
後半はお母さんも調子が上がってさすがにダイバーって言う風に見えて来たんだけど、きっとダイバーとして後からみんなを見守ってくれてたんだな。



guam830hahadiver6今年の夏休みも大勢の子供たちとダイビングを楽しみました。
インストラクターが楽しめたってことはきっとみなさんもグアムのダイビングを楽しんでもらうことができたと信じてます。
次は冬休みになるかな。
また子供たちとダイビングを楽しむことができそうだ。
とりあえず夏休みが終了だ。

Posted by aquaacademy at 17:44│Comments(0)