競馬STORY

JRA競馬について、全重賞を中心に私的予想をしていきます。

このレースのポイントは・・・

☑ 将来的に長距離で好走しそうな馬が好走しやすい
☑ イン・前が圧倒的有利

といったところでしょうか。

ここは前に行けてある程度距離が持ちそうな馬を中心に。


◎:フェーングロッテン
〇:ぅウケンボルト
▲:▲曠Εウノーサイド
☆:Ε棔璽鵐妊スウェイ
△:ベジャール
△:ソネットフレーズ
△:グランディア
△:.汽肇離悒螢ス

このレースのポイントは・・・

☑ 小倉開幕週で前が止まらない馬場状態

この1点に尽きると思います。
土曜の結果を見ても前に行かないと勝負にならないのでここは先行できる馬を中心に。


◎:ゥ謄ぅ┘爛好僉璽
〇:▲▲優乾魯
▲:スティクス
☆:吋侫.好肇侫ース
△:┘織ぅ札ぅ咼献腑
△:ロードベイリーフ
△:スマートリアン
△:モントライゼ

いよいよ春のG1シリーズ最終戦。
この舞台に相応しい豪華メンバーが揃いました。

このレースのポイントは・・・

☑️開幕2週目の阪神で内・前有利
☑️前にいく馬が揃ったので展開利は差し
☑️有力馬の状態面は一長一短

といったところでしょうか。


◎ヒシイグアス
◯デアリングタクト
▲ディープボンド
☆タイトルホルダー
△アリーヴォ
△パンサラッサ
△オーソリティ
△エフフォーリア

馬場は前有利だが展開的にはある程度きつい流れとなるので地力があって長く良い脚が使えるタイプを中心に。

このレースのポイントは・・・

☑ グランアレグリア・インディチャンプの引退でマイル王者不在の大混戦
☑ 土曜の競馬から例年通り馬場は速く、1分31秒〜32秒台の決着が濃厚
☑ 土曜の結果を見ると差し優勢だが、逃げも2レースで馬券になっているように前が全く残れない馬場ではない
    4R:中団差し⇒内先行⇒外追い込み★
    5R:好位差し⇒逃げ⇒外差し★
    7R:中追い込み⇒逃げ★⇒外先行
    9R:外差し⇒外差し⇒外差し
    10R:外差し⇒外差し⇒外差し
   ただし、インから3頭分は伸びず、逃げ・先行馬もそこが避けられる中〜外枠から前に行ける馬がよい
☑ 逃げ・先行馬が少なく、有力馬が差し・追い込みと考えると穴は逃げ・先行馬

といったところでしょうか。

------------------------------------------------
◎:セリフォス
〇:哀譽轡好謄鵐轡
▲:ゥ曠Εウアマゾン
☆:Д侫.ぅ鵐襦璽献
------------------------------------------------
△:┘ぅ襦璽轡凜僖鵐機
△:ソウルラッシュ
△:殴淵薀鵐侫譽
△:ソングライン
------------------------------------------------
△:シュネルマイスター
△:ロータスランド
△:吋汽螢ス
------------------------------------------------

◎はセリフォスで枠・斤量・展開・ローテと抜群。乗り替わりで人気がそこそこに落ち着いていますが、今回はそこまで難しいことが求められる流れにもならなそうなので鞍上不安を差し引いてもプラス材料のほうが多いとみています。

〇は距離不安が囁かれて人気急落のレシステンシア。阪神JF1着・桜花賞2着・NHKマイルC2着・ヴィクトリアマイル3着とマイルG気任靴辰りと結果を残しています。今回はこの馬が得意な高速決着で展開利も見込めるのでここは狙い目と見ます。

▲は前走マイラーズC1番人気2着と結果を残しているにもかかわらず、東京で結果が残せていないことから人気急落のホウオウアマゾン。輸送でテンションが上がって前日輸送だと現地で落ち着かないということが原因とのことで、今回は初の金曜輸送で現地入りと対策をしています。関西圏では3-4-1-2と安定した力が東京でも発揮できれば、絶好枠を引き当てた今回は激走も期待できそうです。

☆はファインルージュ。前走ヴィクトリアマイルでは不利もあっても2着もまとめたように芝1600mでは1-2-1-0と完ぺきな戦績で状態さえ問題なければここでも大きく崩れることはなさそう。

△は外枠を中心に少しいつもより手広く抑えたいです。

このレースのポイントは・・・

☑️皐月賞組は強い
☑️末脚能力が求められる
☑️穴なら前残り

といったところでしょうか。

皐月賞上位馬は普通に強く軽視は禁物で連は4強でほぼ決まりと見ています。
穴は前に行けそうな馬と実力とオッズが見合っていない馬でしょう。


◎ダノンベルーガ
◯ジオグリフ
▲イクイノックス
☆ドウデュース
△アスクビクターモア
△ジャスティンロック
△ジャスティンパレス
△ロードレゼル
△アスクワイルドモア
△キラーアビリティ


荒れるなら3着とみて!

このレースのポイントは・・・

☑ 桜花賞は10着まで0.3秒差と展開一つで着順がかわるような大混戦だった 
☑ 東京競馬場の内の馬場が悪くなってきており、外差しが決まりそう。
☑ 桜花賞上位馬(スターズオンアース・ウォーターナビレラ・サークルオブライフ)と
  桜花賞上位人気馬(ナミュール・サークルオブライフ・ウォーターナビレラ・プレサージュリフト)は軽視禁物
☑ 上がり上位馬の成績がよい
☑ 別路線組はかなり高いパフォーマンスを見せた馬のみ

といったところでしょうか。


狙いは桜花賞で負けた組で末脚が使えるタイプ。



◎:┘淵潺紂璽
◯:哀廛譽機璽献絅螢侫
▲:Ε機璽ルオブライフ
☆:殴好拭璽坤ンアース
☆:▲好織縫鵐哀蹇璽
☆:ベルクレスタ
△:.Εーターナビレラ
△:ぅ襦璽献絅┘凜.ぅ

このレースのポイントは・・・

☑ レースの開催時期から高速決着になりやすい
☑ 上がり32〜33秒台を発揮できる末脚が求められる 
☑ 土曜は回復する馬場の中で内が掘られて日曜には土曜より外差しが決まる

といったところでしょうか。


好メンバーがそろった一戦ですが、アーモンドアイやグランアレグリアのような絶対的存在はおらず、穴馬が入り込める余地は十分にありそうです。

展開面を見ても、ローザノワール・ソダシ・レシステンシア・アンドヴァラナウトあたりが前にいきますが、ソダシ・レシステンシアあたりは瞬発力勝負にはしたくないことから、4角である程度早めに仕掛ける展開が考えられます。そこがレースの動き出しのタイミングでレイパパレ・ファインルージュ・ソングライン・デアリングタクトといった人気馬が一気に前を追いかけていきます。
直線の長さと馬場・展開面を考えると、外差しが決まる流れが高いとみています。

決着時計を見ても良馬場である程度早くはなるものの、ノームコアやアーモンドアイが勝ったような超高速馬場まではいかず、1分31秒台の決着とみます。勝ち馬のポジションは8-10番手くらいから33秒台前半の脚を出せる馬でしょう。


◎:哀妊璽
〇:.妊▲螢鵐哀織ト
▲:レイパパレ
☆:ぅ泪献奪キャッスル
△:Д譽轡好謄鵐轡
△:Ε妊ヴィーナ
△:ファインルージュ
△:殴謄襯張Д奪


本命は今回すべての条件がマッチしており1発あけてくれそうな哀妊璽襦昨年のヴィクトリアマイルは8着と負けていますが2着マジックキャッスルからは0.2秒差。しかも昨年は賞金が足らず年明け4戦目での参戦とお釣りがなかったが、今年は年明け3戦目で中間の気配も抜群とここへ向けてしっかりと仕上げられてきました。前走の阪神牝馬Sも最後追い込んでもっとも強い競馬をしていますが、乗り替わりが嫌われてか人気を落としています。今回が絶好の狙い目でしょう。


対抗は5番人気で買えるのが最後になりそうな.妊▲螢鵐哀織ト。1年以上の休み明けで状態面がどうかと思いましたが、中間の状況や直前の追切を見ていると始動戦に向けてうまく調整できたと見ます。もちろん久々の実践となるので精神的な面とか不安点はありますが、それは十分に人気の盛り込まれているので気にしないことにします。力さえ出せればここでは1枚上の存在。それがこの人気ならばやはり上位評価としたい。


3番手はレイパパレ。2000mがギリギリというタイプなのでマイルへの距離短縮がはまる可能性があります。位置取りはいつもより少し下げそうですが、それがむしろハマる可能性もあるので。

4番手はぅ泪献奪キャッスル。近走不振ですが馬体増が原因。やっと絞れた前走阪神牝馬Sで上がり2位の末脚で5着に追い込んできたようにやっと走れる体制が整いました。リピーターレースでもありますのでここは穴で期待します。

すみません。本日は簡易版です。

東京マイル向きの馬を中心に。

◎プルパレイ
◯セリフォス
▲インダストリア
☆ソリタリオ

このレースのポイントは・・・

☑ かなりタフな条件の阪神3200m
☑ 人気馬2頭が比較的に早めに前に行くタイプ
☑ 金曜と日曜の雨の影響でよりタフな馬場に

といったところでしょうか。


コース✕馬場✕展開と全てがタフな条件になりますので、力のない馬では正直厳しく、特に前に行く馬は人気馬2頭の作り出す流れにもろに巻き込まれる可能性が高いので割り引いたほうが良さそう。

人気馬2頭の序列ですが、タイトルホルダーは初コース・初距離・初斤量と乗り越えるべき課題が多く、展開的にもマークされる立場となるので、今回は割引が必要と見ています。続く人気のテーオーロイヤルもダイヤモンドS組のレベルがやや疑問なのと初斤量がやはり不安なのでこの人気ならばばっさり切ります。

◎:殴妊ープボンド
◯:タガノディアマンテ
▲:ゥ泪オンドール
☆:.▲ぅ▲鵐丱蹇璽
△:吋織ぅ肇襯曠襯澄
△:ぅ罅璽ャンスマイル
△:吋轡襯凜 璽愁縫奪
△:ヒートオンビート

このレースのポイントは・・・

☑ 未対決の馬が多いためどのレースを上位評価と見るか
☑ 重→やや重→良と回復しているが馬場が内から乾いてくるので前有利になりやすい
☑ デシエルト、ビーアストニッシドが逃げる展開である程度持久力が問われる

といったところでしょうか。

ある程度持久力とスピードが問われる形になりそうなので基本的には総合力をベースに考えつつ、ある程度の器用さも求められると見てます。

レースレベルは、ホープフルS≧共同通信杯>朝日杯FS>弥生賞>若葉S>スプリングSと見ています。
※東京スポーツ杯2歳Sはイクイノックスが抜けていましたがレースレベルはいまいち。

総合力という点では、ダノンベルーガ、イクイノックス、キラーアビリティ、ジオグリフの4頭を上位評価。

展開面は前がやや有利と見るので、本命はある程度前で立ち回れて機動力もあり末脚も確実なジオグリフから入りたいと思います。

対抗はここに来て人気急落のぅラーアビリティが先行力とパワーを兼備しており、絶好枠に入ったのである程度前で競馬をしてくれればある程度堅実に走ってくれるでしょう。

3番手はジャスティンパレス。こちらも相対的に人気を落としていますが、ホープフルSではまだフラフラしている感じでいながらも2着とかなり強い競馬。そこから牧場長の話ではかなり成長しているとのことですので、ノーザンファームの育成力を信じてここでも上位評価します。

4番手は.瀬離鵐戰襦璽。能力上位は確実ですがこの枠をどう捌くかがポイント。インが有利な馬場状態なのでインでじっくり脚をためることが出来れば能力的には最後伸びてきそう。


◎:ジオグリフ
◯:ぅラーアビリティ
▲:ジャスティンパレス
☆:.瀬離鵐戰襦璽
△:ドウデュース
△:サトノヘリオス
△:Ε献礇好謄ンロック
△:▲▲好ビクターモア

このページのトップヘ