競馬STORY

JRA競馬について、全重賞を中心に私的予想をしていきます。

このレースのポイントは・・・

☑ 土曜日の馬場は内は荒れているものの前&内で立ち回った馬が残っている
☑ 決着時計は速いが上がりのかかるタフ馬場
☑ 断然人気のイクイノックスの位置取り

といったところでしょうか。

ペースは外からユニコーンライオン、ドゥラエレーデが前に行き、アスクビクターモア、ディープボンド、カラテ、ダノンザキッド、ジャスティンパレス、ブレークアップ、ボッケリーニと先行意識が高い馬がそれなりに多く、前半はそれなりに流れそう。
肝心のイクイノックスもスタート次第ではある程度の位置は取りそうだが、8〜10番手くらいになりそう。
決着時計が速く時計がかかるというのは殴り合いの先行争いを制することができるパワーとスタミナが問われるということ。そうなると弱い先行馬が残れるような馬場ではないので1年以内に4角5番手以内でG気任旅チ歴がある馬(アスクビクターモア、ディープボンド、ダノンザキッド、ジャスティンパレス、ドゥラエレーデ)が馬券候補。

問題はこの馬たちの序列だが、枠の並びや臨戦過程を鑑みて以下の通りとします。
ディープボンド・・・・・状態かなり良い。上がり勝負苦手だが調教では上がり時計向上。
アスクビクターモア・・・近2走凡走も敗因明確。持続型ディープ。高速決着向き。
ダノンザキッド・・・・・阪神超得意で[1-1-2-0]と馬力勝負向き。近走安定。内枠。
ジャスティンパレス・・・上がり勝負得意でやや適性外れる。近2走の激走。乗り替わり。
吋疋ゥ薀┘譟璽如ΑΑΑΑΕ蹇璽篤罅D感吉慣欧納己ベスト更新しまくり。大外枠。53圈


ゥぅイノックスにも海外帰り初戦・初阪神・初58kg栗東滞在による調整過程の変更等といった不安点がありますが、かなり良い状態に仕上がっており馬券圏外は考えにくそう。ただ位置取り的にやや後ろになることと前が止まらない馬場で包まれるシーンがあれば2〜3着の可能性はあり得るのでそういった券種も買いたいです。

後方からの差し馬は今回はそこまで高い評価はしませんが、近2走度外視でいるのに人気急落の┘凜Д薀▲此璽襪帆袷強かったΕ好蝓璽札屮鵐掘璽困裡夏は少しだけ買い目にいれます。


◎:ゥぅイノックス
〇:ディープボンド
▲:アスクビクターモア
☆:ダノンザキッド
△:ジャスティンパレス
△:吋疋ゥ薀┘譟璽
△:┘凜Д薀▲此璽
△:Ε好蝓璽札屮鵐掘璽

このレースのポイントは・・・

☑ 馬場は6/4当日7時現在でやや重(クッション値8.7)まで回復しており良馬場で開催できそう
☑ 土曜日は不良馬場の中で競馬が行われており、馬場の内側は掘られており外に比べると悪い
☑ 目立つソダシや作戦が決まったというジャックドール、快速暴走馬メイケイエール等が前に
  行くと考えると極端なHペースはないもののある程度ペースが上がりそう。
☑ 馬場と展開を見ると逃げ・先行馬に穴は厳しく穴なら差し馬。

といったところでしょうか。

差し優勢の安田記念の傾向を見ても、人気馬も穴馬も差し馬を狙うべきとみています。
先行勢で残りそうなのはゥ愁瀬靴らい。

◎:シュネルマイスター
前走マイラーズCで久々の復活。栗東滞在を施し馬体もきっちり絞っての勝利だったのでそこからの上積みが心配でしたが、1週前で大きく増えた馬体を絞って万全の最終追切を見せてくれたようにここにきて馬が一段階上がったように見えます。このコースで無類の強さを誇るルメール騎手が継続というのも心強い。海外帰りの昨年よりも明らかに調子はよく、馬場状態も向くのであればこの馬の久々の戴冠に期待したいです。

〇:殴愁鵐哀薀ぅ
当初もう少し評価は下だったのですが、攻めまくった調教を見て評価を見直しました。
昨年の安田記念の勝ち馬で、前走VMでは見事なインからの差し切り勝ち。とにかく前が開けば長くいい脚を使える東京向きの馬で東京マイル【4-1-0-1】という驚異的な馬。ここにきて明らかに馬のレベルが一段階上がらないと出来ないような調整を施しているのでここは素直に信頼しようと思いました。

▲:レッドモンレーヴ
とにかく抜群の末脚を持つ馬で東京マイル【2-1-0-0】とこの舞台も得意。枠も絶好で前哨戦勝ち馬にもかからず超豪華メンバーに押されて一気に人気急落。前走京王杯SCはインの馬場がよくスローで前にいる馬が残れる展開で外を回して差し切ったように見た目以上に強い競馬。

☆:ナミュール
前走VMでは期待したが、スタート直後に立ち上がるくらいの大きな不利&直線で蓋をされて追い出せなかったという不完全燃焼の競馬。中2週の間隔が気になるものの、今までこれだけ人気をしてきた馬がベストの東京マイルで10番人気前後ならば積極的に買い目に入れるべきでしょう。

☆:ゥ愁瀬
先行馬で残るとすればここにきて万全の仕上げをしているこの馬でしょう。東京マイルはベストである程度荒れた馬場も走れる馬なのである程度の評価は必要。

△:ぅ札螢侫ス
昨年の本命馬。正直レーン騎手なら馬券内は確実だったと今振り返っても思います。前走ドバイターフは大外分回しの雑な競馬でラスト200mで脚が止まっており距離が敗因と考えてよさそう。末脚も確実なタイプなので適性的には向きそうだが、ここにきて気性が前向きになって抑えが効かないような調教になっており、レーン騎手もダービーと違って調教に乗ってきていないし、枠も内枠と歓迎できない材料が多くあります。そう考えると抑えまでが妥当かと。

△:イルーシヴパンサー
前走中山記念は進路が詰まって8着。末脚の能力ならばかなりの力がある馬。ただ陣営が少し前に行くことを示唆しており、前に行くと武器の末脚が鈍るとみているので鞍上含めて少し割引が必要とみてこのくらいの評価に。

△:ソウルラッシュ
前走マイラーズCは明確なたたき台でここに向けて万全に仕上げてきました。ローテや調教といった臨戦過程は抜群によく馬単体を見てもある程度期待はできる馬ですが、重馬場を想定されて人気が上がっているのも嫌な材料ですし、良馬場だったら切れ負けする馬なので上位にはこれるものの突き抜けるイメージがわかないので抑えまで。

このレースのポイントは・・・

☑️Cコース替わりで更にイン・前が有利に
☑️東京らしく末脚が必要
☑️人気馬が二頭は差し馬なので穴なら前
☑️適正の異なる皐月賞が重馬場で行われたので破れた馬の巻き返しが起こり得る可能性が例年より高い

と言ったところでしょうか。

ソールオリエンスは前走強かったが特殊な馬場への適性が問われたのも確か。
皐月賞組で適性で力を発揮できなかった馬の巻き返しを軸に馬券を組み立てたいと思います。

◎ファントムシーフ
○ソールオリエンス
▲ベラジオオペラ
☆シャザーン
△スキルヴィング
△サトノグランツ
△トップナイフ
△タスティエーラ

このレースのポイントは・・・

☑️今の東京は内・前有利
☑️オークスは先行馬がよく絡む
☑️内に先行勢が少ない
☑️桜花賞組は上がり上位馬が巻き返す

といったところでしょうか。

馬場・展開を考えると前有利は濃厚で差し馬はしっかりとした末脚が必要。

◎ハーパー
○リバティアイランド
▲ゴールデンハインド
☆シンリョクカ
△ペリファーニア
△キタウイング

このレースのポイントは・・・

☑ Bコース替わりだが土曜の馬場は外差し
☑ 日曜は雨がレース中にも降り続ける予報で内有利にはならなそう
☑ 1200m組からの臨戦過程は不利

といったところでしょうか。


今年のヴィクトリアマイルはナミュールと決めていて状態もかなりよく、差しが決まる馬場状態もプラス。半年ぶりのソダシや久々のマイルのスターズオンアースは付け入るスキはあるとみています。
とんでもない不良馬場なら厳しいかもしれないが、今の降雨量なら問題ないでしょう。

相手はブエナビスタとそっくりとみているかなり能力の高いスターズオンアース。

3番手は雨で少しタフな外差し馬場になれば1年ぶりの復活からの更なる好走も期待できるステラリア。

ナミュールが勝つとみて、相手は少し手広く狙ってみたいです。


◎:ナミュール
〇:▲好拭璽坤ンアース
▲:ステラリア
☆:哀愁瀬
△:ルージュスティリア
△:┘薀薀リスティーヌ
△:Дぅ坤献隋璽離セキ
△:Ε愁鵐哀薀ぅ
△:サウンドビバーチェ

このレースのポイントは・・・

☑️クラシックからの転籍組が強い
☑️新種牡馬の実力にはまだ疑問
☑️雨の影響をどこまでみるか

といったところでしょうか。

雨は降るものの想定より雨量が無さそうなのでやや重〜重とみます。
またクラシック別路線組が人気しているが、このレースはクラシックからの転籍組が強いので狙いはそちらに向けたい。また新種牡馬も多く人気しているが、前哨戦向きぽい種牡馬もいるので現時点ではそこまで信頼できないでしょう。

◎ウンブライル
○モリアーナ
▲ダノンタッチダウン
☆シングザットソング
△シャンパンカラー
△ナヴォーナ
△ドルチェモア

このレースのポイントは・・・

☑️新装京都で阪神よりもスピードが求められる
☑️雨の影響がどこまで残るか
☑️馬場はイン・前有利。展開は差し有利をどうみるか。

といったところでしょうか。

人気馬が比較的前にいるのでペースはやや前ががりとなります。馬場は前有利なので極端な追い込みは厳しいがそれでも末脚の重要度は高いでしょう。
好位置から末脚を発揮できる馬が狙い目。

◎ジャスティンパレス
○アスクビクターモア
▲タイトルホルダー
☆ポルドグフーシュ
△ディープモンスター
△ディープポンド

このレースのポイントは・・・

☑️未対決の馬が多くどの前哨戦が強かったかの見極め
☑️重馬場での末脚能力比較
☑️先行したい馬が多い

といったところでしょうか。

雨は上がりましたが、未明まで降り注いだ雨の影響は大きく残っており、それが午前中のレースで剥がされていくことは確実でしょう。内の方が乾きやすいとの話もありますが、今回の雨量を考えると一気に乾くことは考えにくく、内は不利な要素と見ます。

また前に行きたい馬が多く、前半のポジション争いが激しくなる可能性が高く気性難を抱えている馬もいるためそこまでペースが緩まない中でのレースになりそう。

そういった馬場やペースとなるので上がりがかかる上がり勝負になる可能性が高いのでそういった競馬が出来そうなタイプを狙いたいです。


◎:マイネルラウネア
○:ファントムシーフ
▲:ベラジオオペラ
☆:タスティエーラ
△:フリームファクシ
△:ホウオウビスケッツ

このレースのポイントは・・・

☑️内有利のトラックバイアス
☑️馬格があってスピードがあるタイプが穴
☑️リバティアイランドは差し損ねる可能性もある

といったところでしょうか。

断然人気が考えられるリバティアイランドですが、内枠有利ですが決して絶好枠ではないでしょう。
これまでのパフォーマンスから圧勝もありえますが、馬場と展開を考えると差し損ねる可能性もありそうでここは前にいける馬を中心に。

◎ドゥアイズ
○リバティアイランド
▲コナコースト
☆シングザットソング
△モズメイメイ
△ハーパー

このレースのポイントは・・・

☑️ 今の阪神は内・前が有利
☑️ 上がりよりも立ち回りが重要
☑️ 穴を空けるなら4枠より内
☑️ 能力よりも適正が重要なレース

といったところでしょうか。

今の阪神は明らかに内・前有利で馬場の恩恵をどれだけ受けられるかも鍵になりそう。

今回は枠・馬場・鞍上と全てがはまりそうなヴェルトライゼンデが本命。ある程度前目から速い脚が使えるタイプで川田騎手はそういった競馬がかなり得意でこのコースの実績もスバ抜けているため仕掛けを謝ることないでしょう。調教も絶好なのでここは悲願のG1制覇があっても驚けません。

対抗は枠・状態・展開が最高のノースブリッジ。インの絶好位がとれそうでここなら一発があっても不思議ありません。

3番手は枠と鞍上が嫌われたジェラルディーナ。スタート次第ではかなり厳しい競馬となるため少し評価を落としましたが、スタートさえ決まれば能力は上位。この枠を鞍上が活かしきれれば。

4番手はスターズオンアース。能力高くやや不器用なところがブエナビスタを彷彿させる馬。今回適正が向いているわけではないが能力で馬券圏内も十分にありそうなのでこの評価とします。

◎:Ε凜Д襯肇薀ぅ璽鵐
○:ぅ痢璽好屮螢奪
▲:.献Д薀襯妊ーナ
☆:スターズオンアース
△:ジャックドール
△:┘蕁璽哀襯
△:ヒシイグアス
△:ダノンザキッド

このページのトップヘ