競馬STORY

JRA競馬について、全重賞を中心に私的予想をしていきます。

このレースのポイントは・・・
☑️香港馬の東京への適性
☑️変わり行く天気で有利になる馬
☑️脚質は差し有利

といったところでしょう。

まず香港馬の2頭の馬場適性ですが極端に馬場が悪化しない限りそこまで適性はないと見ています。走法をみてもパワータイプで瞬発力が必要な東京向きではないと見ています。能力だけでということもありえますが、ここまで人気しているならば軽視が正解でしょう。

雨は刻々と変化しており、今は一旦小康状態も15時過ぎからやや激しくなる可能性があります。ただそれでも稍重くらいの馬場とみています。

そうなってきた場合にどの馬に有利に働くと考えるとやはり中〜外枠から差せる馬。安田記念は元々差し優勢ですが馬場が悪化するとその傾向は強まります。
今回は外国馬2騎もおり展開的にもスローは考えにくく、それにこの雨となると差し優位は揺るがないと見ています。



本命はセリフォス。前走マイラーズCを仕上がりきってない状態で2着と好走し、ここに向けて順調に上向いて来ました。高速馬場の方が向くのではとの声もありますがダイワメジャー産駒は稍重得意です。また内が少しごちゃつきそうなので、この馬が一番馬場や展開の恩恵を受けられると見ました。

対抗はソウルラッシュ。今が充実期と内容でここに参戦。馬場悪化はこの馬には向くし、枠も良いところに入れました。ただこの馬は休み明け初戦が一番パフォーマンスがよく、その後少し落ちる傾向があるので、その分少し評価を落としました。

3番手はステラヴェローチェ。前走大阪杯では前有利の中、外から追い込んであわやの4着と能力を見せました。枠もよく距離短縮ローテでちょうどよい位置につけられそうなのもプラス。馬場悪化も問題なく、今回がG1制覇の最大のチャンスでしょう。

4番手はガイアフォース。昨年は初マイルのマイラーズCでシュネルマイスターの2着。続く安田記念記念でも強敵相手に4着とマイル路線上位陣と遜色のないレースを見せてくれました。今回は枠が少しマイナスなのでその分割引きましたが、骨折明けでも状態は問題なく昨年くらい走れればここでも十分に通用します。


◎:吋札螢侫ス
○:ソウルラッシュ
▲:ステラヴェローチェ
☆:▲イアフォース

このレースのポイントは・・・

☑ 馬場はやや高速だが内外はフラットで展開読みが大事
☑ メイショウタバルの回避により逃げ馬不在でスロー〜ミドルペースとなり内前が有利に
☑ 差し馬勢はある程度位置がとるか、インでじっとできる馬がよい

といったところでしょうか。


展開が一気に読みにくくなりましたが、ペースが速くなる可能性は低く道中はスロー〜ミドル。ペースが上がるとしてもコスモキュランダの捲りと見るが、そこまでは淡々と流れるので、大外一気が厳しく差し馬はある程度前に行くか、インでじっと経済コースを走れるかのいずれかでしょう。


本命は▲譽レイラ。前走は乗り替わりでスタート挟まれて直線追い出せずにかなり外を回る騎乗で上がり最速の6着。展開も向かずレースとしても最悪の流れの中では能力を示したといえるでしょう。
今回は鞍上も戻り状態も一変。枠も好枠となりました。スタートが決められれば確勝だがまだそこに関しては未知数。ただこの枠ならばルメール騎手は狙ってくるでしょう。仮に出遅れてもこの枠で行く気がない.汽鵐薀ぅ坤◆璽垢気┯鬚錣擦譴丕夏分スペースのあるダービーコースなのである程度望む位置が取れます。ルメール騎手が能力のある馬でこの枠から何もできずということは考えにくいので大きな出遅れさえなければここは十分に勝負になるとみています。

対抗はダノンエアズロック。東京コース3勝で前に行けて上がりもしっかりと使える馬。追い出してから反応が鈍いところがあるが、伸び始めたら長くいい脚を使うので東京コースはかなり向いています。状態も前走7-8分といっていた通り、しっかりと上昇していきました。アイビーSではレガレイラを瞬発力勝負で突き放したように能力は高いです。

3番手は┘◆璽丱鵐轡奪。皐月賞では差し損ねての4着とダービー巻き返しが期待できる負け方でした。百日草特別のレースを見ても、東京コースのほうが走りがスムーズなので左回りのほうが得意と見ます。この馬も出遅れ癖があるので全幅の信頼は置けないですが、末脚はかなりしっかりしているので内で脚が溜められれば面白い存在。

4番手はジャスティンミラノ。皐月賞が超高速決着となったので反動を心配しましたが、今のところ問題なさそう。ただこの馬で絶対かと言われると能力的に圧倒的とは言えないとみているので軽視しようかとも思いましたが、メイショウタバルの回避で最も恩恵がある位置が取れる可能性があるのでこのくらい評価にしました。

3列目は少し手広く、ぁΝァΝΑΝ・・・院Ν欧△燭蠅鮨えてみます。


◎:▲譽レイラ
〇:ダノンエアズロック
▲:┘◆璽丱鵐轡奪
☆:ジャスティンミラノ
△:ぅ咼汽鵐船鵐疋蝓璽燹Νゥ瀬離鵐妊汽ぅ襦ΝΕ灰好皀ュランダ・シックスペンス
  シンエンペラー・ゴンバデカーブース・吋轡腑Ε淵鵐薀廛鵐拭Ν殴┘灰蹈凜.襯

このレースのポイントは・・・

☑️桜花賞組をまずは軸に考えるべき
☑️桜花賞組だけでは決まらない
☑️別路線組の評価

といったところでしょう。


基本的には桜花賞を軸に考えます。
距離が伸びていいのは、ステレンボッシュ、クイーンズウォーク、チェルヴィニアの3頭。折り合いに課題のあるライトバック、使いすぎのスウィープフィートは今回は軽視。またクイーンズウォークも膝の腫れがあり調教を控え目にしており、今回は順調さを欠くため見送り。
桜花賞組はステレンボッシュとチェルヴィニアのみ。

別路線組はフローラSはレベルが低く、フラワーCもオークスに繋がる内容には見えなかった。忘れな草賞のタガノエルピーダは強かったが、前走がメイチでここへの上積みが疑問。

前走強くてここへの上積みがある別路線組はコガネノソラ、エセルフリーダの2頭くらいしか見当たりません。
特にコガネノソラの前走はかなり強く、歴代最速タイムで勝ち長くいい脚が使えることを証明しました。桜花賞組にもひけをとらない内容で逆転までありえます。
エセルフリーダは上がりの脚がやや足りないですが、ここを目標に入念に仕上げられており、一発の魅力はあります。
あとは枠こそ微妙も距離が伸びて力が発揮できそうなサフィラと前走はモレイラに馬が変わったと評されていたランスオブクイーンまで。


◎:ゥ灰ネノソラ
○:チェルヴィニア
▲:Д好謄譽鵐椒奪轡
☆:エセルフリーダ
△:サフィラ
△:殴薀鵐好ブクイーン

このレースのポイントは・・・

☑️Bコース替わりだが、土曜の競馬を見ると外からも伸びている
☑️東京らしく瞬発力が求められる
☑️阪神牝馬Sの上位3頭の評価はさほど変わらない

といったところでしょうか。


Bコースになって極端な内・前残り馬場ならば穴から狙おうと思いましたが、今の馬場ならば上位馬はそれなりに力を発揮しやすいと見ています。

2強に関してはオッズがさほど変わらないならばナミュールを上にとるべき。覚醒期に入り肉体面・精神面でも成長し、確実に能力を発揮できるようになりました。

阪神牝馬S組は上位3頭さほど変わらない評価ですが、斤量を考えるとウンブライルは少し落として人気が落ちているモリアーナを上位にとりたい。マスクトディーヴァも軽視は出来ないが、ナミュールと双璧の人気と考えるとやや疑問が残る。

別路線組では先行してしぶとい脚を使えるハーパー。近2走は牡馬相手に結果が出ていないが、どちらもこの馬が苦手としている小回りコース。広い競馬場でのびのび走れれば本来の力は発揮できるはず。人気急落の今回が狙い目でしょう。

◎:ナミュール
○:モリアーナ
▲:Ε泪好トディーヴァ
☆:Д蓮璽僉

このレースのポイントは・・・

☑ 上位の上がりが使えること
☑ クラシック転籍組が強い
☑ 土曜の芝は高速決着。スローからの瞬発力勝負ばかりだったがやはり後方一気は厳しい馬場。
☑ ダイワメジャー産駒やロードカナロア産駒が好成績

といったところでしょうか。

牡馬牝馬の2歳王者の参戦で面白くなってきた1戦。

本命はアスコリピチェーノ。
前走桜花賞こそステレンボッシュに屈したものの強い競馬を見せての2着。そこからさらに状態も上向きで今の高速馬場も望むところ。安定して崩れずに力を発揮するタイプでここは信頼できるでしょう。

対抗はゥ椒鵐疋ール。
こちらも高速決着に強いダイワメジャー産駒。前走NZTでは久々の競馬ながら見せ場十分の2着。そこからの上積みも見込めるし、何より有力馬の中では絶好枠。2強を逆転する可能性もあります。

3番手は殴▲襯札福璽襦
前走クイーンCでは4角で不利を受けながらもしっかり伸びてきての2着を確保。勝ったクイーンズウォークはかなり強い競馬でそれと0.1秒差ならば重賞でも十分に通用します。大外枠がマイナスだが、まだまだ上がり目がある馬でここまで人気が落ちるようならば狙いたいです。

4番手はアレンジャー。
前走アーリントンCでは超スローの流れを先行して上がり32.9秒で2着と大穴を演出。あそこまでのスローは見込めないものの道中5番手以内で馬券圏内に残ったのはこの馬だけと結構しぶとい脚があります。前走がフロックされて人気はありませんが、今の状態と高速馬場を味方につけることができればもう一発があっても驚けないでしょう。



◎:アスコリピチェーノ
〇:ゥ椒鵐疋ール
▲:殴▲襯札福璽
☆:アレンジャー


人気のジャンタルマンタルも高速決着向きで距離短縮もプラスですが、前走の超レコード決着の影響かそこまで状態が上がってきている感じもせず、枠も16番と外になり、17番にはユキノロイヤルがいることから位置取りも悪くなり馬券圏内を外す可能性もあるとみて、△以下に落として勝負をかけてみます。

このレースのポイントは・・・

☑️メンバー的にスローの瞬発力戦の可能性が高い
☑️上がり性能と長くいい脚が求められる
☑️枠は内の方がよい

といったところでしょう。

持久力戦になれば2強で決まると思っているので、今回は京都らしい瞬発力戦にかけてみます。

本命は、瞬発力なら現役屈指のサリエラ。上手く噛み合わずここまで重賞に手が届いていないが、秘めたる能力はG1級。幸い隣の枠も回避したので位置も取りやすくなりました。インでじっと脚を溜めて自慢の末脚を爆発してくれるでしょう。

対抗は、まだ底を見せていないドゥレッツァ。前走の敗戦は斤量や適性の差が大きいのでそこまで
気にする必要はなく、むしろ前哨戦としてはいい形でした。長距離の瞬発力勝負ならこの馬向きで乗り替わりの影響がなければ順当に来るでしょう。

3番手はチャックネイト。前走AJCCでは見事な勝利で能力を見せました。ハーツクライ産駒で距離は持ちそうだし能力の割に人気もほどほど。枠の分だけ割り引いたが瞬発力があり、長距離得意な鮫島騎手なら狙う価値は十分にありそう。

4番手はテーオーロイヤル。持久力戦ならこの馬で決まりと思いましたが、メンバー的にそこまで速くならなそうなので瞬発力の分だけ何かに差されると見てこの評価。

3列目としては調教抜群で上積みが期待できそうなシルヴァーソニック、距離問題なくハナをきって前残りが期待できるマテンロウレオ、瞬発力戦なら一発が期待できるスカーフェイス。


◎:.汽螢┘
○:ドゥレッツァ
▲:哀船礇奪ネイト
☆:テーオーロイヤル
△:シルヴァーソニック、マテンロウレオ、スカーフェイス

このレースのポイントは・・・

☑️前哨戦は超スローからの上がり勝負で直結しづらい
☑️馬場はややイン有利の傾向
☑️土曜は前残りが多かったがスローばかりで結果を鵜呑みにするのは危険
☑️先行馬や捲りをする馬が多くペースが落ち着くことは考えにくい

といったところでしょうか。

前哨戦がスローの前残りが多かったこともあって先行馬が多くそれらが揃ったのでペースが上がる可能性が高いです。またコスモキュランダやサンライズアースのように捲りが出来る馬に外国人騎手が乗ることからペースが遅くなったとしても向こう正面からペースが上がることは避けられなさそうです。

狙いはペースを味方に中団から差せる馬。

本命はレガレイラ。
ホープフルSでは牡馬換算で1垪垢ある中で大外から差しきった能力は疑いようがありません。
鞍上が急遽乗り替わりとなりましたが調教にもちゃんと乗っておりその調教で抜群の内容を見せているので心配はないでしょう。

対抗はアーバンシック。
前残りの京成杯を後方から差し込んで2着と負けて強しの競馬をしました。今回は展開も恵まれそうで上手く中団くらいにつければ上位を賑わせそう。

3番手はエコロヴァルツ。
朝日杯FSではやや距離感不足でしたが、上がり最速で追い込んでの2着。前走共同通信杯では超スローで折り合いかいての敗戦で度外視。今回ペースが流れるのでこの馬本来の力が発揮できそう。能力はあるので穴で期待です。

☆は能力的に前で残れる可能性のあるシンエンペラーとコスモキュランダ。後は想定より更にペースが上がって追い込み決着となった場合に来そうなサンライズジパング。


◎:レガレイラ
○:アーバンシック
▲:エコロヴァルツ
☆:シンエンペラー、コスモキュランダ、.汽鵐薀ぅ坤献僖鵐

このレースのポイントは・・・

☑️阪神JFから勢力図はさほど変わらない
☑️イン前有利の傾向だが、速い馬が揃ったので単純な先行決着は見込めない
☑️1400m向きやオークスを見据えた仕上げでも能力である程度はこなせる
☑️実力馬が力を発揮しやすい

といったところでしょうか。

色々と検討してみましたが、勢力図は大きく変わらないと見て、堅めの決着を予想します。

◎:ステレンボッシュ
○:アスコリピチェーノ
▲:▲イーンズウォーク
☆:┘灰薀愁鵐咫璽

このレースのポイントは・・・

☑ 有力馬&リーディング上位騎手はドバイ遠征中でメンバーが手薄
☑ 前に行きたい馬が少ないので内・前有利
  (・・・と見せかけて各陣営が色気を出して早仕掛けの可能性も視野に)
☑ 高速馬場なのでスピード&上がりは必要
☑ 延長ローテ重視、短縮ローテは割引

といったところでしょうか。


基本的には前有利とみるが、各陣営が色気を出して早仕掛けの可能性も十分にあり、差し馬が台頭してくる余地はあるとみています。

本命はソールオリエンス。
前走中山記念では馬場&展開不利の中、上がり最速の強い競馬を見せました。今回延長ローテ&ブリンカー着用でいつもより前につけて競馬をしてくれそうで早仕掛けの流れを最も活用できそうなので頭まで期待できそう。

対応はステラヴェローチェ。
前走大阪城Sでは最後までしぶとく粘っての久々の勝利。格下相手だったがまずは勝ち切ったことを評価したい。この馬の先行力としぶとい勝負根性は大阪杯向きで、状態も前走から上向いているので期待したい。

3番手はゥ献グリフ。
前走中山記念では久々にこの馬らしさを発揮して復調気配を見せました。皐月賞以降は惨敗が続いていましたが、芝2000m以下の小回りコースがこの馬に合っている舞台でそういった舞台にずっと使えていなかったので敗因は適性とみています。今回は向く条件で好枠にも入りました。上がりが見劣るのでその分評価を下げましたが、最も向くコースなので馬券圏内に入っても驚けないでしょう。

4番手は▲蹇璽轡礇爛僉璽。
ある程度位置がつけられて、上がりが使える。さらに状態やローテ、枠が問題ないと考えるとこの馬にたどり着きます。押し出された人気ではあるものの適性を考えると消しというわけにはいかないので、4番手とします。


◎:ソールオリエンス
〇:ステラヴェローチェ
▲:Ε献グリフ
☆:▲蹇璽轡礇爛僉璽

このレースのポイントは・・・

☑️重馬場適正が問われる
☑️テンの流れは速くなることは確実
☑️馬場はインが伸びる
☑️短距離なら香港馬はかなり強い

といったところでしょう。

馬場が良ければ予想は大きく変わりましたが、この馬場なら適正がかなり問われるでしょう。

◎ビクターザウィナー
○マッドクール
▲ロータスランド
☆ナムラクレア

このページのトップヘ