レコーディング、ボイトレ、マスタリングなら京都のstudio AQUA CUBEへ! スタッフブログ

京都の音楽制作、録音スタジオ、ミュージックスクール、AQUA CUBEのスタッフブログです。

送り火

1119791_496291203787712_1655951525_o

プロデューサーの高畑です。

8月16日は、お盆の最終日。京都では五山送り火の日でした。

近所の仏教大学で小学校教員になるためのサマースクーリングが 行われていて、そのカリキュラムにピアノがあるそうで、前日の15日、そこに通われている女性の方にピアノの個人練習でスタジオをご利用いただきました。

ご予約いただいていた2時間の練習を終えて…

お客様「明日もぜひお願いします。」 
私 「あ、明日ならちょうと送り火ですよ?ついでにうちの屋上から見て行かれますか? 」

このお客様は大阪から来られているそうで、送り火も見たことがないとのことで「ぜひ!」とのお返事をいただきました。

結局、送り火当日は、奄美大島から来られているお友達も見に来られましたw

そんなこんなで自分にとっても 、送り火の歴史や意味を説明したりと、例年とは違う観光ガイド的なw送り火の日となりましたw

まだまだ暑い日が続きそうですが、送り火が終われば京都の夏は終わり。(あくまで気分的に…ですがw)ここから秋の観光シーズンに突入する京都ですが、みなさんも待ち時間や休憩時間に京都観光を挟みつつの音楽制作なんていかがですか?


Kei Takahata / Producer
sound creative studio AQUA CUBE

 

ボディビルダーご一行様。

P8101671

プロデューサーの高畑です。

今日は、大会のパフォーマンスで使用する曲の編集のご依頼でボディービルダーの方々がスタジオに来られていました。

写真の左が川島さん、右が丸山さん。無理を言ってスタジオで写真撮影させていただきました。
ちなみに丸山さんの息子さんはアイドルグループ(?)関ジャニ∞のメンバーさんだそう。

ま、それはともかく、大会でのパフォーマンスの持ち時間は約1分。そこで使うBGMを切り貼りして1分ほどに収まるように編集するというのがおおまかな作業内容です。一言に「曲を1分に編集する」と言っても、ただ単に1分でぶつ切りにして適当にフェード処理をすればいいという簡単なものではないのです。ボディビルのパフォーマンスで使うということは、演技がより映えるように1分の中に起承転結をつけて楽曲的にドラマを演出しないといけないわけです。去年あたりから何度かご依頼いただいているのですが、これが毎回なかなかの難問。まぁ、そこらへんがこちらの音楽的センスの見せ所でもあるんですがw 今までも、あるときはドラムを足したり、あるときはギターを足したりシンセを足したり…。

そんな工夫の甲斐もあってか、写真右側の丸山さんは私の編集した曲を使ったパフォーマンスで、昨年チャンピオンになられたそうです!そういうことに陰ながら貢献できたと思うと、こちらもとても嬉しいかぎりです。ちなみに今日、編集させていただいたのは、写真左側の川島さんがパフォーマンスに使われる曲なのですが、なんと彼はフラメンコギタリストで、それもかなりの名手だとか!ぜひ今度はギターの録音もしてみたいところです。

お二人とも、この8月の末に開催される大会にうちで編集させていただいた曲で出場されます。ぜひいい結果を期待していますね!


Kei Takahata / Producer
sound creative studio AQUA CUBE






 

即興REC

プロデューサーの高畑です。

先日、弊社ボーカル講師、辻 真央のボイスサンプルをレコーディングしました。
予定していたのはStand by Meのカバーで、すでに弊社サイトのトップページなどで公開済みですが、そのときにもう一曲録音したのがこの曲。

行方 / 辻 真央 by AQUA CUBE,Inc.

「日本語の曲もサンプルであった方がいいかもね??」

「じゃ、今、即興で作ります!」

てな感じで、ものの数分で出来上がったもの。
ギターとボーカルも同時録りですw
そういえば、歌とギターを同時に録ったのって初めてかも。。

以前に弊社レーベルからリリースした下山武徳アニキのアコースティックソロアルバムも、設計図なし、クリックなし、その場でアレンジしつつ、作曲しつつ…という感じで制作しましたが、こういうライブ感溢れる制作は本当に楽しいですね☆

音楽制作の主流がDTMベースなものになって以来、こんな風に現場でどんどん変化していくような制作が以前に比べてかなり減ってきているような気がしますが、今回のような現場の空気感、ずっと大切にしていきたいと思います。だって、この感じが制作していて一番楽しい時だから。


Kei Takahata / Producer
sound creative studio AQUA CUBE


ギャラリー
  • 嬉しいお言葉。
  • ギルドのりゅういちくん、ピアノレッスン。
  • 生徒さんのレコーディング♪
  • 椎名純平さん
  • オータムチャリティコンサートのご案内
  • 青山慶彦先生
  • 送り火
  • ボディビルダーご一行様。
  • 久しぶりに新兵器投入☆
フォローで更新情報をリアルタイムで!
QRコード
QRコード
プロフィール

AQUA CUBE,Inc.