プロデューサーの高旗です。

アコースティックピアノの制作サンプルを公開しました。
娘さんのお誕生日プレゼントに曲を贈りたいというご要望で制作したもので、依頼主様の許可を得て、制作例として公開させていただいています。 

今回、初の試みとして、ピアノの録音にはDAWを使わず、DSDレコーダーに直接DSDフォーマットで収録する方法で録音してみたのですが、まさに生ピアノが目の前にあるような存在感のある音が録れました。あのリアル感はPCM録音とは比べ物にならないものでしたね。比較対象として24bit / 192KHzでも収録してみたのですが、この高解像度なフォーマットをもってしても、DSDでのリアル感には遠く及ばない感じで、正直びっくりしましたw

公開したサンプルは、CDフォーマットにダウンコンバートした上で、mp3にエンコードしているので、残念ながら収録したクオリティをそのまま聴いていただけるわけではないのですが、それでも素性の良さは十分に感じていただけるのではないかと思います。

残念ながら今の弊社の環境では、DSDの録音ではパンチイン、パンチアウト等、便利な編集などは一切できないので、まるでアナログ時代を思わせるような千本ノックレコーディングになってしまいますが、生ピアノや生ギターなどのソロ作品の収録をお考えの方は、機会があればぜひ挑戦してみてください。今、流行りのハイレゾ音源としてリリースすることも可能ですよ!







Kei Takahata / Producer
sound creative studio AQUA CUBE