ハートスタッフBlog

個性派3人が書く、怖いもの知らずの本音トーク!

もう1便確定

欠品するかどうかヒヤヒヤしていたデジペーハーも
入ってくる模様です。危なかった 今月間に合えば嬉しい
けどコンティニュアムと重なりそうです。
デジペーハー

そしてFUKUROWコントローラー。もう数えるほどしか残っていません。
コントローラー
危なーい。ナイスタイミングです。

そしてそして。交換を促しておきながら実は在庫が不十分だったFUKUROW
のエレクトロード。pHモニターもコントローラーも同じエレクトロードを使います。
エレクトロード
エレクトロードのストックが十分ないと売っていて怖くなります。
何度か検品済みの本体から抜いて出したりしていました。足りないから。

CO2添加システムFirstのレギュレーターも入荷予定に載って
いました。これでしばらくは安心です。数百台の在庫になります。


ふー。具合悪いぞ。
どうなっちゃってるんだ?城田でした。



アメリカからCA準備完了

このタイミングなら雪の話題を出すところですが
熱が出てまいりました。38.5℃もありやんの。ついてない城田です。

コンティニュアムアクアティクスから準備ができたと連絡が入りました。
という事は急いでAIRの手配をして月内に納品が間に合うのでしょうか。
CA
普通に考えるなら2月初旬の納品が濃厚。
ただ間に合うか間に合わないかでまた数字が変わって来ます。
ただ今、ボコボコに欠品していますからね。早く来て欲しい。

KHバッファー
KHバッファーだけを50~60本買うお店があります。
絶対にアクアリウムで使っていないな。どんなお客さんに
売っているんだろう。

ルゴール
ルゴールEXも入ってくる予定です。

入荷予定の商品をまとめて書いておきます。
パープルCX250ml
パープルCX500ml
ズーブラスト
フィトブラスト
EXポーション
マイクロブラスト
バイオビタミン
オメガ3サプリ
キャプティブフォスFe


カルシウム
ストロンチウム
マグネシウム
エレメントT
KHバッファー
ルゴールEX
トリプルアイオダイン
ポタシウム


以上です。



朝の電車通勤の罠!

北海道育ちの私、関東の大雪警報をなめていました・・・はい、小田島です。
昨日は夕方で仕事を切り上げるも、帰宅にいつもの3倍の時間が掛かりました。
溝の減ってきた夏タイヤは、予想以上にてこずらせてくれました。
いつもは感じないくらいのほんのわずかな上り勾配でも発進に戸惑い、何度かUターンしてひたすら平坦な道を探してやっと帰宅しました。

で、さらに雪が積もった今朝は人生初の電車通勤!
3本の電車を乗り継いでの長旅です。
そんな乗り換え時の出来事です。
ホームに降りる階段で電車が既に到着しているのを発見した時に発車の合図が。
急いで電車に飛び乗ると、何か違和感が・・・
あれ?女の人が随分と乗ってるなあ、ってか、良く見たら全員女性じゃん!
慌てて飛び降りて電車を見ると、はい。



yjimage

女性専用車両
あぶない、あぶない・・・この時間はあるんだった、男が乗ってはいけない車両が。
朝の電車通勤って怖いですね。
すぐ降りたけど、すごく睨まれました。。スミマセンデシタ。

IMG_1820

弊社前の道路もご覧のとおりですから、夏タイヤしかない車での通勤は無理ですね。
5センチの積雪で交通機関がマヒするという雪に脆弱な関東、明らかに10センチは積もっています。
昨日出荷分から、発送荷物の到着が遅れますこと、ご了承願います。
さてと、雪かきでもするか~!



大雪警報

ど~も矢野です。



今日は一日中雪が降り続いております。

帰宅困難になる前に会社は早仕舞いしてしまいましたので、
あらかじめご了承ください。


どこの雪国ですかー!!
..ってくらい積もり始めてきました。
180122_162203
180122_163125

明日の出勤はやばいかもしれません。

出荷した荷物の遅延も当然考えられます。


重ねてご了承願います。



パレットタワー!

血液検査の注射器の針が自分の腕の血管に刺される瞬間を見ていられる、強心臓小田島です。
私は血管が太くて浮き出ているため看護婦さんも針を刺しやすいのか、ほとんど痛い思いをしたことがありません。


さて、先週弊社倉庫の大掃除をしました。本当なら年末にしたかったのですが、全員作業になるために時間的余裕ができませんでした。今回の大掃除の最大のテーマが、各所に散らばった木製パレットの集積です。

輸入時に商品が積まれてくる木製のパレットは処分が面倒で長い事放置されていました。さすがに倉庫が狭くなってきたので処分をしようと様々な業者を当たりやっと格安処理業者を見つけたのですが、見積もりをしてもらうにもパレットの枚数が把握できませんでした。

そこで、老体3人身体にムチを打ちながら・・・
って、ほとんどフォークリフトで運んだのですが。
じゃ~ん!
IMG_1813


パレットタワー!
さらにどーん!
IMG_1815


90枚以上ありました。
今月中には引き取られ、弊社倉庫はバトミントンが出来るくらいのスペースができるはずです。
ふう、安全通路確保よし!


信じられん

昨日のお休みに大慌てである作業に取む羽目になりました城田です。

去年生まれたミヤマクワガタの幼虫を金魚すくいなどで使う舟
(舟で良いんだろうか)にケースごと入れて水を7cmほど張って
使っています。これにより室内でも秋、冬は15度をキープできます。

観察していると透明なはずの水が少し濁っています。
こういうのは徹底的にやらないといけないので全部洗ってやりました。
ベランダに何回出た事か。少し時間が経って3つあるうちのひとつの
ケースから茶色い水が滴っています。まさかと思いながらケースを綺麗
に洗って水を張ると
1516588472372
漏れてる!
 つうか穴あいてるし!


犯人はこいつです。
幼虫
ケースは食べちゃダメって習わなかったのでしょうか。
それにしてもどこにそんな力が。やって欲しくはありませんでしたが
幼虫のクセにすごいポテンシャルです。

成虫
大人になればこんなにカッコイイのに。
専用プラケースに穴をあける・・・やってくれます。


お昼にパシャリ。
雪だ。もうダメだ。雪国の方に鼻で笑われそうですが
関東での積雪は交通機能の麻痺を意味します。3cmも積もれば
超深刻です。今日帰れるのかなー。明日来れるのかなー。
IMG_0171
んで、風邪ひきました。



潟リウムへの道 其の13~トビハゼは水が嫌いな訳ではない~

ど~も矢野です。



潟リウムにトビハゼを入れてからというもの、
一気に賑やかな雰囲気になった感じです。(色は地味ですが..)
diy_tank70

やっぱりよく動くものが居るほうが、楽しい水槽になるのを実感できます。


特に泥の上のトビハゼは生き生きとしており、
自然そのままの動きを見せてくれます。


それに、水槽で飼育してみる事で新たに知ることも多いですね。



結論を先に言うと..

やっぱりトビハゼを入れるのは早すぎた!!



めちゃくちゃ泥を喰うんですよこの子達..。

基本的に泥の上の餌を探して食べて、満潮時は隠れて休んでいるのかな?
と思ってたんですけど、
水中でも活発に餌を探して食べるんですね..。

トビハゼを入れる前は、水槽に水が満ちると種泥に潜んでいたヨコエビや
小さなイサザアミなんかが活動しだして地味に面白かったんですが、
トビハゼは、満潮時でもベントス食ハゼと同じように、
口に泥を含んで濾して食べる魚に変化。

寝るとき意外は常に食べ続け、
あっという間に食い尽くされました


トビハゼは、水の中が嫌いなように見えますが、
どうやらそれは水の上から見た感じだけで受ける印象だったようです。


もうちょっと泥中の生物がたくさん湧いて、
干潟の生態系をしっかり観察したかったんですけどね..。




まぁ代わりに面白いことも起こります。

ある日、水槽から定期的に噴煙のように泥が吹き上がっていました。
シジミも時折「バフッ!」ってやりますけど、
それと比べても大噴火すぎます。
diy_tank71a
diy_tank71b
diy_tank71c


何かな?・・と思ってたんですけど、

暫くして犯人が顔を出しました。

diy_tank71d

たぶんカニの穴を拡張工事して巣穴にしたかったんでしょうか?

別の穴にも繋がっていたみたいで、そこから噴出していたみたいです。


↓元の持ち主。
diy_tank72


結構水の中でも精力的に活動するトビハゼなんですが、
大きくなっても変化しないのかは今後観察していきたいと思います。



ちなみに干潮時のトビハゼの餌は、まだ小さいので赤虫を食べれず、
孵化したブラインを継続して与えているんですが、
汽水なのでブラインの塩分を洗い流したりしなくていいので、
光を当ててブラインを集め、湧かした海水ごとスポイトで吸い取って、
泥の上に撒けばいいため給餌は楽です。

加えて「オメガ3サプリ」を1滴ブラインに垂らし栄養強化して、
珪藻主体のサンゴ用フード「フィトブラスト」を混ぜています。
diy_tank73

フィトブラストはカニとシジミのために混ぜています。


塩分濃度計は今回の水槽では特に重宝しており、
水槽用の汽水を作るときだけでなく、ブラインを湧かすための水を
用意するときにも使っています。
(ブラインの孵化に適した塩分濃度は20‰、産地によって違う場合もあります。)

汽水を扱うときには絶対持っておきたい器具ですね。




つづく。


てこずるFirst

疲れ果てました城田です。

販売店様も売りやすいのか比較的コンスタントにご注文を頂けます。
First

そりゃそうです。
CO2
チューブ2ヶ所をつないでボンベの締め込みだけですぐに使えます。
ややこしい事は全てハートトレードが行ないます。カウンターにブルーの
チューブがささっていると思います。50個分もやると指も手のひらも痛い痛い。

でもやる。
数が出る
こうやってタワーにして安心していられるのも半月程度。
月に2回は検品しています。

もうダメだ。
明日は休み。体力戻るかなー。
猫
帰りの電車で爆睡確実。それでは皆さんおやすみなさい。



FUKUROWの大群旅立つ

昨日、野暮用を済ませた後に150台を超える
pHモニターFUKUROWを矢野と検品して来ました城田です。

本日はFUKUROWの出荷が目立ち・・・というかほとんどこれでした
IMG_0169
1箱目。下からぎっしり4段。

IMG_0167
2箱目。こちらも4段。

IMG_0170
入りきらなかったので3箱目突入。

24時間連続測定ができるpHモニターは数字が変化して面白いようです。
見ていない時にサボる機能があったら面白いですよね。完全に無駄ですけど。



潟リウムへの道 其の12~トビハゼを入れてみる~

ど~も矢野です。




今回は制作した潟リウムにトビハゼを入れます。

tobihaze09


まだ生体を導入してから日が浅かったので、どうかとも思ったんですが、
12月を前に日ごと寒くなるので、
用意していたトビハゼ達に負担が増すのではないかと、
ちょっと心配だったんです。

トビハゼは、10月に珪藻水を作るための泥を採取に行ったときに、
ちょうど子供のトビハゼがたくさん海から戻ってきていたので、
その中から3匹連れて帰りました。

tobihaze10

メダカサイズなんですけど、形も模様も大人と変わりません。

チビのうちは捕獲も簡単なんですけど、絶滅危惧種なので配慮は必要です。
葦原にいるトビハゼには手を出さないで、
そこから離れた普段トビハゼがいないところに上陸してしまっている子達を連れてきました。
鳥に食べられてしまうくらいなら育ててみようと思ったんです。
(当初は売っているミナミトビハゼを考えていました。)


プラケースにミニ干潟を作って、孵化したブラインを与えてました。
とても丈夫な魚で、メダカサイズから1カ月間心配なく育てることができ、
一回り大きくなりましたが、
冬眠シーズンに入ってしまう前に保温した環境に移す必要がありました。


↓ここからは水槽のトビハゼ。
diy_tank62


3匹のうち1匹は特に小さい遅生まれの子なんです。
diy_tank63



なるべく干潟環境を模したので、すぐに水槽に馴染んでくれましたよ

diy_tank65
diy_tank64

かわいい...



トビハゼを入れる前に、
水槽には少々手を加えております。

干潮時には、水槽の水が全部抜けるようにしていましたが、
それだとトビハゼが水分補給できないので、(カニは平気)
給排水口のエルボの上にハンダゴテで穴を開けて、
エルボの高さまでは水が残るように仕様変更しました。
diy_tank66

右下に少し水が残っているのが判りますでしょうか?


それから、地温計の奥隣に、お猪口サイズのセトモノを埋め込んで、
潮が引いても少し水が残るようにしました。
diy_tank67

カニの後ろにあるのがそれです。
非常用の水溜りといった具合です。

ただ、結果としてこの水溜りはあまり利用してくれず、
息苦しくなったら右の崖下へダイブ!
そして一生懸命岩やガラスをよじ登り、
泥場に戻ってくることを繰り返しています。

なぜ、あえて苦行を選ぶんだ!
なかなかトビハゼはストイックな性格のようです(笑)


diy_tank69
diy_tank68

春までに無事大きく育ったら、川に返してあげたいと考えています。




それでは。





QFIカルシウム買占め

出荷も終わって見積もりを提出して一息つけた城田です。

高濃度でイオンバランスを崩さない事が売り。ドイツ製添加剤のQFI
本日ある1件のお客様の爆買いにより1000ml全部と500mlを2本残して
すべて買い占められました。次はQFIの発注をしなければならないタイミング
ではありましたが、数ヶ月分の在庫が一気に消えてなくなりました
カルシウムプラス
でもカルシウムばかり買ってどうする気なのでしょう。
間違えて買ったとか?カルシウムだけ必要な水槽なんてあるはずないし。



たまの本音

何だか関東に暗いNEWSが流れてしまいましたが、
たまには本気で書いてみようと思います。城田です。

実は以前から思っていたことがあります。販売店である以上、
お店のカラーが必ず出ます。そのカラーは雰囲気であり生体であり
お勧めする器具である事は言うまでもありません。
sitirigahama
そのカラーを迷走して変えて行ったところが消えて貫いたところが
残っているように見えます。流行り廃りはありますが根本部分の話です。

他社商品にはなりますが弥富の丸照養魚場さんがブログに書いていました。
古くたって良いものは良いと。その通りです。メーカーが次から次へと既存の
商品を廃盤にして新しい物を出して行ったら購入したお客様はどうなるのでしょう。
アフターフォローは?廃盤だから知りませんとか通用するの?
建長寺
ハートはその辺が頑固で一度出した商品は簡単には下げません。
もちろん仕入先がダメになった場合(過去にありました)や商品改良は別
ですがそれでも相当な勢いで喰らいつきます。

難しいバランスなのでしょうけどお店やメーカーが変わってしまったら
特に日本人のように繊細な人種は少なからず苦手意識を持ちます。前は
こういうお店、メーカーじゃなかったのに。こう思われては人気もなくなるでしょう。
富士

ちょっとそれますが先日、某量販店お偉いさんの話を耳にしました。
生体を仕入れるとロスが出るから と話したそうです。もう倒れそう。
生き物ですから事実ロスは出ますけどその前に設備や管理の見直しは?
これがダメダメ
器材メーカーでもハッキリ言えるのは誰が生体が少ない販売店に買いに
行くんだ?って話です。どう考えたって生体ありきでしょう。たくさん仕入れる
から販売店は売らなければいけない。その必死さが必ずにじみ出る。商売です
から仕入れにビビッてたら売上なんて上がりませんよ。ねー、奥さん。
そもそもカラーがないからフラフラするんです。

これからどんな時代が来るか。
あぐらなんてかいてない。カラーも鮮明。1本筋が通っている。
そういう会社は規模の大小にかかわらず常に強いと思います。



魚はええ・・・

家の掃除、洗濯、嫌いじゃないよ。キレイ好き小田島です。

先週末、今年初めて訪問した東京サンマリンさん。
IMG_1766


移転されてからも、テレビドラマのロケが行われたり、様々なセールも企画されています。
※河野てんちょ、勝手に画像を拝借します!(笑)
o0500072014111616840


担当者が忙しそうだったので、店内をしばし徘徊していると私のお気に入りの魚たちがいたので何枚か画像を撮ってしまいました。

IMG_1768

こちらは、スイスガードバスレット。近似種のキャンディーバスレットほどのド派手さはありませんが、サンゴ水槽で飼い込むと色が濃くなって一段ときれいになる種類です。一緒に泳ぐダイダイヤッコも可愛かったです。

IMG_1767

こちらはブラックキャップバスレット。目の覚めるようなパープルに文字通りブラックの配色もすらりとしたテールのシルエットも最高です。北海道に居た頃に片道5時間かけて行った札幌のショップさんで買った時から、毎回私のサンゴ水槽には必ず泳いでいました。カメラを向けるとしばしこのポーズを決めてくれる良い子でした。

やっぱバスレットは良いよなぁ。
久しぶりに海水魚に胸キュンでした。
インターネットでポチッとすれば生体も飼えてしまう便利な世の中ですが、
予想外の美魚に出会うロマンを求めショップ巡りはやはり楽しいですね!



遅かれ早かれ分かること

埼玉県のB-BOXアクアリウム。
1515990397340
という事です。



ハートの最年少は43才

どうも。高齢化が進んでいるハートトレード城田です。

ゆっくり考えた事もなかったのですが年齢を重ねるとマジマジと
痛感します。というか若い頃に想像していたのとぜんぜん違います。
注意力がないから毎年のように骨を折り、ずっと無趣味だったのが今や
ミヤマクワガタにハマッてるし。

痛感するのはここ。
あと約6年半で50才。
うわー、怖いー 何だろう、恐怖でしかない。
富士
現時点で若い頃のエネルギーはありません。
20~30代はなぜあんなに元気だったのでしょうか。
という訳で会社にも相談しないで明るい未来計画を立ててみました。

ハートトレードに若い営業を2名入れる。
私が培ったノウハウは全部吸収してもらいます。
超攻撃型営業ができたら数字も伸びちゃいますね。
もちろん私は仕事は好きなので営業を続けます。もう1回
書いておきます。仕事が好きなので です。

総監督やろ。
営業以外を教えることはできませんが営業職ならば大丈夫。
すごく優秀な営業が2名もそろったらどうしよーv( ̄∇ ̄)v
ハートの未来明るいじゃん。

6~8月はなるべくその2名に死ぬ気で働いてもらいます。
そして私は山に行く。待ってろミヤマ。未来明るいじゃーん。



直添セットを組む

今日はバジル直添セットの在庫がなくなったので三人で
パーツをかき集めて組んでいました。最近疲れが抜けない。
老化を感じる城田です。
3人
あーじゃねーこーじゃねー話しながら。これが会議の代わり。

セット
右角が以前のパッケージ。
絶対今の方が良い。素材もよくなっています。

そもそも拡散筒からポツポツ出て綺麗に見えたCO2。
お店でこのCO2って空気中に出て行ってるの?と聞いたのが懐かしい。
何割が無駄に消耗されているんだろう。ならば究極の話、泡は見えなくていい。
でも効率よく溶解させるシステムがあればの話。
IMG_1383
それがコレ
日本で型を起こしたものだからロットが凄まじかった。
でももうとっくにその便はありません。綺麗さっぱり売れましたー。



FUKUROW在庫十分

潟リウミャー矢野の暴走が止まりません。城田です。

さて、1年を通してまた欠品しているの?と突っ込まれ続けた
pHモニターFUKUROWですがいやいやいやいや。Ⅱ
只今の在庫、435台 ある時にはあるんです。おいでませ。
実は液晶を青のLEDに換えて欲しいと指示を出したらロットが510台まで
膨れ上がりました。売れば良いんでしょ?という事で510台で仕入れています。

3546cecd
FUKUROWⅡって。校正がボタンでできるようになっただけ。それでⅡ。
今はこんなにあるのになくなるから怖い。435台だって多くはないのです。

以前に新規のお店に行って名刺を渡したら「ああ、あのフクロウの会社でしょ」
と言われた事があります。フクロウの会社ではないと思うのですが知名度がある
のは良い事。そうしときます。




潟リウムへの道 其の11~使用している管理用品~

ど~も矢野です。



めざせ人工干潟!潟リウムへの道。
今年もよろしくお願いしまーす
kawau





さて、一応見た目がそれらしくなってきた潟リウムですが、
今回は水槽に設置した追加器具をご紹介します。
diy_tank50




水槽の上部はこんな感じです。
diy_tank51

メインの照明は、以前ご紹介した「サンライト REX70」爬虫類用メタハラです。


その隣の黄色い円盤(写真奥)は爬虫類用セラミックヒーターで、
遠赤外線で空間を暖めるものです。
昼間はメタハラからの熱と事務所の暖房で大丈夫ですが、
夜間は水上空間が冷えてしまいますので、こういった保温器具が必要になります。

使用したのはビバリアさんの「エミートNEOフラット100W」とその灯具。
本来は爬虫類ケースの内部に設置して使うものですが、
水を張るうえに空間も狭いので、網蓋上部に設置しました。

めちゃくちゃ熱くなるので、落ちたりしないようしっかり固定しました。


手前の丸型電球は、60W形LED昼白色電球です。
サンライトの光が少し緑っぽいので補完する目的と、
別タイマーでメタハラより前後1時間多く点灯させて、
生体への明暗ショックを和らげる2つの役割を持たせています。




こちらは水槽横のコンセントまわりに取り付けたタイマー群。
司令塔です。
diy_tank52

先ほどのメタハラとヒーターはビバリアさんの「LCDペットサーモ」(左)で、
コントロールしています。
これは1系統の照明タイマーと1系統の保温球用サーモの設定ができるもので、
これによって、メタハラは9~18時まで9時間点灯。
ヒーターは空間温度が24℃以下になったら点灯するように設定しました。


右側の白いタイマーは、濾過槽のポンプ用です。
6時間ごとにON、OFFを繰り返すようになっていて、
午前午後共に10~4時が干潮モード(OFF)、
4~10時が満潮モード(ON)になるようにしてあります。


タイムスケジュールを図にすると、こんな感じになります。
タイムスケジュール

ちなみに、満潮モードの水槽の感じはこんな具合です。
diy_tank54


種泥は水を張ると即座に微生物の活動が見られました。
diy_tank57

見た目にはただの泥なんですけど、
目視できない微生物をたくさん含んでいるんですね。
まさに生きた泥。

これらはメイオベントスと呼ばれる1mm未満の極小生物群です。

泥にこの生き物たちが棲みつかなければ潟リウムはたぶんうまく機能しないでしょう。


この微生物と並んで重要と考えているのは、
浄化のための二枚貝。ヤマトシジミです。
diy_tank55

こちらはサンプ内のシジミ達。

水中の混濁物を粘液で凝固させて吐き出してくれるので、
濁りの浄化の主戦力です。

初回の採取時間が限られていたので、あまり数をそろえられませんでしたが、
サンプには、とりあえず50粒くらい入れるつもりです。



サンプには、活シジミ、カキガラ濾材のほかに、
これを使用しています。
diy_tank56

園芸では根腐れ防止材としておなじみの商品ですが、
ケイ酸塩白土は、通称モンモリロナイトといえば、
エビをやっている方にはなじみ深いのではないでしょうか。

なるべく珪藻を増やしたいので、
ケイ酸塩を増やすために一掴みサンプに入れてあります。



サンプの濾過箱と水槽の底面フィルターには、
水作さんの「水心」を使っています。
diy_tank53

超静かなエアーポンプとして定番ですね。
なかなかこれを超える静かなエアーポンプは出てこない。
というか必要ないくらい、いいポンプです。

勢いよく泡を出す必要がないので、45~60cm水槽用の3S一台で、
ちょうど両方のエア量を賄えました。




まぁ、とりあえずこんな感じなんですけど、

水槽に入れたカニ達はというと...

diy_tank58

けっこー元気です

冬眠している所をほじくり返して採取したので、
どうかなと思ったんですが、大丈夫そうですね。

diy_tank59


25℃くらいで穴からけっこう出てきますが、
日差しを入れて、もっと高い30℃くらいのほうが動きが活発になります。

気温は水温よりかなり高くても大丈夫みたいですね。



こちらはコメツキガニです。
diy_tank60

チゴガニに比べ砂地が好きなカニなんですが、
たまに出てきて動き回っています。

diy_tank61

小さな泥団子はカニが食事の際にできるものなので、
泥団子の量でカニの調子がわかります。

チゴガニもコメツキガニもベントス食性なので、
普通の餌を与えても見向きもしません。


泥に含まれる先程のメイオベントスや細菌、酵母類、珪藻類を濾して食べているので、
土壌がしっかり作れれば、餌をやる必要はありません。
しかし、逆に環境づくりがしっかりしていないと飼えないとも言えるでしょう。


今後どこまで飼いきれるか始まったばかりで判りませんが、
うまくいくかな?

まぁ代用フードなんかも考えていますが、
これは後の機会にご紹介していきますね。




それでは



今日は電磁弁の検品

熱くならない電磁弁。
残念な名前です。もっと他に案はなかったのか。城田です。

先日、動作不良がすると検査依頼があった電磁弁を矢野がカチカチ
やっていました。中まで分解して分かった事はー。城田君、これ水が
入ってるよ
電磁弁②
えっ?
保証対象外です。
検査費は無料にして往復の送料をご負担いただきました。
逆流防止弁なしで使ったかつなぐ順番がおかしかったのか。
カウンターの先とかにつけちゃったり。

よーし完了。
電磁弁
在庫は137台。



宮崎県 Aqua-YoU

今日は休肝日、小田島です。
週に1日より2日休肝日を取った方がアルコールも完全に身体から抜けるので格段に効果が違いますよ、とドクターが・・・ 果たしてこの私に出来るのか??

さて、年末年始も移転作業で休みなく動き、今週プレオープンを迎えられるお店が、宮崎県にあります。
淡水魚の自家繁殖までされている原口オーナーは、実に研究熱心。魚の病気の治療や、効果的な給餌など自ら色々と試し多くのノウハウを持つ彼の元に集う常連さんも多いそうです。ブログの記事からも知識や情熱が伝わってきます。

さて、移転すると聞いてはいたのですが!
なんと新築!新年早々景気の良いお話です。
AY2 (2)


完成した外観も、内装もおしゃれです。
AY2 (1)


店内の造作は全て自分でされたそうです。
水槽台の製作や塗装、もちろん水槽周りの配管まで出来るオーナーの頼れるショップです。

明日1月11日がプレオープンです。まだ営業しながら作業をすることもあるかもしれませんが月内のグランドオープンに向けて始動するそうですので、お近くの方は是非一度足を運んで見てください。

ブログはこちらから→ https://www.aqua-you.com/

店内作業が最優先ですので、ブログ内の住所がまだ更新されていないようです。
新住所はこちら

宮崎県宮崎市清武町木原4609-1


レッツゴー

記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ