2017年03月20日

雑記52

2月の下旬から色々あって、長年膠着状態だった問題に少し変化があったような気がします。



最近、アニメ映画が増えましたね。

先月に3作品、今週に2作品見に行ってきました。

先月は『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール』、『LUPIN THE RD 血煙の石川五ェ門』、『劇場版 黒執事 Book of the Atlantic』を1日で見たので、結構疲れましたが、3作品とも大満足の内容でした。

今週は『結城友奈は勇者である 鷲尾須美の章』と『劇場版 トリニティセブン 悠久図書館と錬金術少女』を先の3作品に比べると満足度は低かったですが、それなりに面白かったです。

『血煙の石川五ェ門』は五ェ門がまだルパンの敵だった頃の設定なのが、懐かしかったです。

『黒執事』は予告編でリジーがどうなってしまうのかが気になって見に行ったら、驚きの展開でした。

シエルの伴侶はリジーしかいないと思わされました。

『結城友奈は勇者である』はアニメ1期に繋がる物語だとわかっていて見ると、園子ちゃんが元気に動き回っているだけで涙腺が緩みます。

銀ちゃんは友奈ちゃんと夏凜ちゃんを足したような印象のいい子でしたが、いい子だけに2章か3章で待っているであろう将来を考えると悲しくなりますね。

鷲尾須美の章では悲しい結末は避けられないでしょうが、只々無慈悲ではなく、少しでも優しさや希望がある内容になればと思います。



今日、Amazonビデオで『万能文化猫娘 OVA版』を見ましたが、1998年の作品かと思うとすごいですね。

設定に一貫性がないのは愛嬌ですね。

脇役のはずのメカ作画にクリエイター側の情熱を感じました。

作中では動かない部位についても、全体を動かす為に必要な部位なんだろうなと思わせる説得力が感じられました。

最近のリアル系ロボアニメに足りないのはこういったところではないかと思います。


aquamarineeyes at 19:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 | アニメ・漫画・小説

2017年01月08日

雑記51

何だかんだで初詣に行っていない今日この頃、『傷物語 稽箏貶』と『ポッピンQ』を観てきました。

両作品ともそれなりに良かったのですが、もやもやが残りました。

傷物語は悪くはなかったのですが、3篇に分けずに1回でまとめてしまって、せめて終物語の放送よりも早く放映していたら、もっと楽しめた気がします。

ポッピンQは一流選手を寄せ集めたチームみたいな作品という印象でした。

ダンスのCGはプリキュアで培ったであろう技術が全開に披露されていましたし、2D作画も終始高レベルで黒星紅白さんのキャラデザインが活きていました。

特に戦闘シーンでの合気の技の動きは感動しました。

それに登場キャラクターも魅力的でした。
あさひちゃん可愛い可愛い。

そんな作品だっただけに物語部分が残念でなりません。

この作品を見た人達が散々言っていることかと思いますが、誰をターゲットにしているのかがわからなかったです。

男性オタ向けっぽさもあれば、一般向けっぽさも女子中高生向けっぽさも女児向けっぽさもあり、そのせいでいまいち突き抜けた感じがなかった。

主要メンバー5人それぞれに卒業すべき自分像とそれを形成した背景がちゃんとあるのに、それを掘り下げる尺がなかった為にカタルシスが小さくなってしまったのも残念でした。

放映時期の運も悪かったですね。

『君の名は』の放映前なら世間の評価ももっとマシだったのではないでしょうか。

aquamarineeyes at 00:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 | アニメ・漫画・小説

2017年01月03日

雑記50

おもむろにtwitterで過去の自分のツイートを読み返したら、まるで他人のようだった。

前の会社辞めてから徐々にツイート数が減って、2015年から2016年の9月までは全くツイートしてなかったけど、それ以前はそれなりにツイートしていた。

この頃はまだ社会にも人にも絶望していなかった、嫌悪に染まっていなかった。

一度黒く染まってしまった以上、あの頃のようには戻れないだろうけど、このまま黒を深めずにしないと。

別にそうしなければならない義務もそうしたいという明確な気持ちもないのだけれども、日向の暖かな方向に自分を騙して誘導すれば、偽りの先で暖かな色に染まるだろうか。

aquamarineeyes at 01:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2017年01月01日

2017年幕開け

年明け早々、実家の愛猫を愛でてきました。

確か今、14歳のはずだけど、変わらず元気で可愛らしい姿を見せてくれることに感謝。

この子が生きている間は私も生きてなきゃ駄目だなと思った。

生後数ヶ月の子猫の時からの仲で、妹や娘のような存在なので、まだまだ永く一緒の時を過ごしていきたいな。


aquamarineeyes at 22:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2016年12月31日

2016年締め括り

2016年は公私共に気の滅入る一年でした。

無気力と悲観が常態化していて、ただでさえ更新頻度が低いのに、気付いたら4月以降まったく更新していないという始末。

今年に入って3回しか更新していない状態は、続けているというには憚られますね。

2017年はせめて月1回以上は更新できればと思います。

前回の記事投稿から3クールが過ぎて、沢山のアニメが放映されました。

2ndクールは三者三葉とコンクリート・レボルティオが比較的印象に残っていますね。

3rdクールは食戟のソーマとNEW GAME!ですね。

4thクールは結構良作が多かった気がします。

ViVid Strike!、競女!!!!!!!!、週末のイゼッタ、響け!ユーフォニアム2、夏目友人帳 伍は特に楽しめました。

aquamarineeyes at 22:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 | アニメ・漫画・小説
訪問者数

累計訪問者数:

現在の閲覧者数:

記事検索