2017年12月30日

ペン粒のフォアハンド

先日、お試しで卓球のプライベートコーチを受けたときのこと。
ペン粒のフォアは、ドライブ気味ではなく表のように叩くようにまっすぐ打つように指導されました。
自分は、安定させるために粒フォアハンドはドライブ気味に打っていました。
もともと、ペンドライブをしていたという影響もあると思います。
叩くように打ってみたのですが、確かにナックル気味になって決定力は上がるのですが、いまいち安定性に欠けるように思いました。
自分は、ペン粒のフォアはやはり少しドライブ気味に打つほうが安定感があり良いのではと考えています。
小島選手や田辺選手の動画を実際に見てみても、下から上気味のスイングでボールを安定させているように思います。
基本下から上気味のスイングで状況に応じて、叩く割合を増やすことは簡単なのですが、最初から上から下のスイングでスマッシュ気味にするとドライブと両立することが難しいように思います。
そもそも、粒のフォアハンド自体が不安定な打法なので、基本は安定重視にしたほうがよいのかなと思っています。
田辺選手の決めに行く粒のフォアハンドは、ほぼ水平スイングですが、イメージとしてはスピードドライブを打つような打ち方で、ペン表のはじくような打ち方とは違う印象です。
やはり、僕はペン粒の粒のフォアハンドの基本は気持ちドライブ気味に打つことかなと考えています。



aquarius_blockman at 13:16|PermalinkComments(0)

幻守+陳の組み合わせは抜群

久しぶりに練習しました。
もともとは、TSPのアウォードオールラウンドという柔らかめの5枚合板オールラウンドラケットを愛用していました。
粒高は、今は亡きフラストレーションというホールマークの固めの粒で、裏ソフトはTSPのトリプルスピン薄を愛用していました。

先日、WRM高田馬場を訪れたときに、前から気になっていたWRMの幻守を手に取ってみたところ、相当に感触が良くて衝動買いしてしまいました。
ラバーもWRMでそろえて、粒は陳、裏ソフトはボンバード薄。店員さんに勧めてもらいました。
先日は某東京の大手卓球教室で大人数の教室に参加しました。

もともと、使っていたラケットはオールラウンドタイプなので結構弾んだんだなというのが正直な感想でした。
幻守は7枚合板にも関わらず、アウォードよりも弾みが控えめで、むしろコントロールがしやすかったです。

もっとも、感覚が違うのはプッシュでした。
アウォードは柔らかめのオールラウンドラケットで球を持つ感覚が強く、バックプッシュの時はドライブ気味に打つと回転がかかるホップするプッシュが打ちやすかったです。
一方、幻守は球離れが比較的早く固めなので、プッシュがナックル気味になるのが特徴でした。

では、幻守がだめかというとむしろ好印象でした。
7枚合板のわりに板が薄くしなるので、コントロールのしやすさと球離れの速さを生かした回転の鈍感さと反転性能が両立していていました。
陳とボンバード薄との相性もかなり、よいと感じました。

ブロックの時にその性能が顕著に表れていました。
コントロールがしやすい割に回転に影響されにくく、切ろうと思ったら切れるといういいとこづくめの印象でした。

また粒高のフォアの攻撃も慣れれば非常にやり易く、カウンター気味に打つことも可能で、下回転に対するドライブも打ちやすかったです。
現役のときよりも強くなったと錯覚するような性能でした笑
幻守はGrass専用ラケットという印象でしたが、むしろ粒全般において相性が良く、とくに陳との相性が最高によいと感じました。

幻守と陳の組み合わせは、初心者から上級者までお勧めできるのではないかと思います。



aquarius_blockman at 13:15|PermalinkComments(0)

2017年09月09日

ペン粒の分類について

本当に久しぶりに少しだけ復活を。
卓球はしてないのですが、卓球の動画をyoutubeで見ることは多いので。
自分が現役の時に比べて、ペン粒の動画がとても増えました。
なので、改めてペン粒を分類してみようと思います。



主に粒高だけでプレーするか、粒高と他のラバーを混ぜてプレーするかの2種類にペン粒は大別されます。
前者を粒主戦型、後者を粒補助型と命名します。

[骸臉鏃
粒高は裏ソフトや表ソフトの補助としての役割が大きいと言われていますが、個人的には少し疑問を覚えています。
粒高だけでもミスを少なく質の高い球を常に出し続けることには相当な集中力と練習が必要であり、裏ソフトや表ソフトを併用しながら使用すると、当然粒高面の質が下がります。
逆に言うと、粒高のみに集中して練習すればより効率よく粒高の技量を上げることが出来ます
とはいえ、粒高主戦型はただ「当てている」だけでは勝ち目がなく、なんらかの工夫が必要です。
粒主戦型も攻撃型か守備型に分類出来ると思います。
今日は、粒主戦攻撃型をメインで話します。


 A 粒主戦攻撃型
粒高のブロックでつなぎつつ、プッシュでチャンスメイクをして、最後は粒高のフォアで決定打を放つタイプです。
現役時代の自分もこれに近いスタイルでした。
代表的な選手は、田辺和也選手と斎藤康順選手です。
お二人の動画を見るのは個人的には楽しいです。

斎藤康順選手
https://www.youtube.com/watch?v=cgD1MuJlrmM
斎藤選手は粒主戦攻撃型のお手本のようなスタイルです。
ペン粒の基本であるカットブロックとプッシュの質が高く、ミスが少なくさらにチャンスボールは積極的にフォアハンドで仕留めています。
斎藤選手のフォアハンドはスマッシュではなく、基本的にドライブだと思ったほうが良いです。
打ち方も下から上に振っています。ようは、下から上に振ることで粒高を倒してドライブ回転を若干欠けることで安定感を出しているのです。
粒高でフォアを振らなくても裏ソフトに反転すれば良いと思う方もいるかもしれませんが、ラリーのランダムな状況でとっさに反転することはかなり難しく、むしろ粒高でフォアドライブを打つほうがより打つ機会が増えると感じます。
ツッツキを粒高でドライブをする練習も良いですが、個人的には台から離れた場所から粒高でフォアドライブを打つ練習がお薦めです。



田辺和也選手の動画は最近見ることが出来たのですが、現役時代にみれたらなと思いました。
https://rallys.online/movie/tanabe-nishizawa/
田辺選手のプレーの特徴はブロックと粒高のフォアハンドです。
基本的にペン粒のブロックはカット気味に上から下にラケットを動かすのが基本だと考えていました。
しかし田辺選手はドライブに対しても基本的に下から上の動きでブロックをしています。
裏ソフトのブロックもドライブ回転を殺すために下から上にラケットを動かします。
つまり、裏ソフトと同じような感覚でブロックをしています。
確かに、カットブロックは難易度が高い割に高く浮けば一瞬で決められてしまうリスクがあるので、粒高でも下から上の動きでブロックをするほうが安定感がある気がします。
またフォアに関しては、下から上の動きを発展させ必殺の粒高カウンターをしています。
おそらくフォアブロックを発展させ、肩から先の手打ちに近い感じで膝で体全体を沈め、カウンターをしているのだと思います。
またツッツキに対するフォアハンドが独特でコンパクトながら非常に回転がかかっています。
この打ち方が謎で、良くわからないのですが、粒を倒し切る感覚が非常に優れているのだと思います。
実際に相当にドライブがかかっているようでミスをしたりブロックが浮いたりして、その後粒高のスマッシュに繋げることが出来ています。
また粒高のプッシュの質も非常に高くて決定打にもなりえます。

つまりまとめると、粒高のカウンター気味のブロック、質の高いプッシュ、粒高のドライブでチャンスメイクをして粒高のフォアスマッシュで決めるというシステムが完成されています。

使っているラケットは弾まない柔らかいラケットで、粒も普通の日本産の粒高です。
攻撃時は自分の力で打ち、ブロックはラケットで止めるというスタイルだと思います。
個人的には柔らかい板に硬めの粒高という組み合わせが鉄板の組み合わせかな考えています。


粒主戦攻撃型は、指導者が粒高でフォアハンドは打てないという固定概念があるため、あまり広がっていないスタイルだと思います。
しかし粒高でフォアハンドを打つと慣れないボールなので決定打になりえます。
とくに、あまり弾まないラケットで体を使って振り切った粒高のフォアは決定打になりえます。
従来の粒高のフォアは表ソフトのように球離れの早い板でコンパクトにカツーンと打つというのが基本でしたが、それだと決定打になりえません。
多少ドライブ気味に打てば安定感も出てきます。
以前書いたブログも参考になると思います。
http://blog.livedoor.jp/aquarius_blockman/archives/610527.html

お試しあれ







aquarius_blockman at 09:01|PermalinkComments(1)


楽天市場
記事検索
日本ブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログへ
なかのひと