IMGIMG_0001

ポケモンカードの原点・カメックス(第1弾)を使ったデッキを、今風にアレンジ!?

遅くなりましたが、先日の第5回関東旧裏オフ本戦で使用したデッキの紹介記事です。



・デッキレシピ『のろまなカメさん』
「新殿堂ランク」準拠)

ポケモン:15枚
3 ゼニガメ(イントロ)
2 カメール(イントロ)
1 カメックス(第1弾)……★★★★
2 ウパー(neo1)
2 ヌオー(neo3)
2 フリーザー(化石)
1 ラプラス(サザン)
1 コラッタ(R)
1 ブビィ(イントロneo)

トレーナー:34枚
4 オーキドはかせ
4 クルミ
3 マサキ
3 ウツギはかせ
3 ナツメの眼
3 ポケモン交換おじさん
3 夜の廃品回収
2 いいきずぐすり
2 ワープポイント
1 突風……★★
1 パソコン通信……★★
1 カスミのなみだ
1 超エネルギー回収
1 まきちらせ!ベトベトガス
1 ロケット団参上!
1 せまいジム

エネルギー:11枚
11 水エネルギー


攻撃力★★★★
耐久力★★★
速度★★★
安定性★★★★
 対応力★★★★
オリジナリティ★★★
完成度★★★★


・このデッキが生まれるまで

旧裏黎明期を象徴すると言ってもいいメジャーカード・カメックス(第1弾)。
旧裏に触れたことのある人なら一度は使ったか、使われたことがあることと思います。

IMG

そんなカメックスを使ったデッキと言えば、当時は2ターン目から「ポケモン育て屋さん」で進化させ、特殊能力「あまごい」で一気に加速して攻める『ターボカメックス』がメジャーでした。

IMG_0021
しかし現在の旧裏環境では、カメックスには殿堂4点という重い制限がかかっており、当時のように豪快に攻めることは難しくなっています。

特にカメックスを2枚入れるだけで殿堂ランクをフル消費してしまうのが辛く、「突風」や「パソコン通信」など、攻めにも守りにも使える有用な殿堂トレーナーカードが入れられなくなってしまいます。

これは単純に殿堂トレーナーが使えないという以上に、カメックス2枚を見せた時点で相手に「殿堂トレーナーが入っていないことがバレる」というのが困りもので、相手に「突風」無警戒のプレイングなどを許してしまうデメリットが生じます。


では、カメックスはどうすれば活躍できるのか。
今の環境に合わせて新しく組んでみたのが、上記のレシピです。

まず大きなポイントとして、カメックスを1枚に減らしました。
普通のカメックスデッキはカメックスを2枚入れるのがデフォですが、ここを1枚に留めることで、空いた殿堂ランクスペースに有用トレーナーを入れられるようになります。

もちろん1枚にするとサイド落ちが怖くなりますが、そこはいつもの「ロケット団参上!」+コラッタ(R)コンボでカヴァ。


そしてもうひとつ、カメックスデッキとして珍しいポイントが、「ポケモン育て屋さん」を1枚も入れていないという点。

カメックスと言えば、2ターン目に進化して速攻で攻めるのがウリのひとつなので、「育て屋」はどうしても欲しくなるもの。
しかしこのデッキの場合、2進化ポケモンがカメックス1枚しかいません。その1枚のためだけに「育て屋」にスペースを割くのが惜しく、また、余計なトレーナーが入ることでたびたび事故も誘発してしまうため、思い切って抜いてしまうことにしました。

普通にカメールを経由して進化させる場合でも、展開が1ターン遅れはしますが、カメール自体がそこそこ強く、何より「オーキドはかせ」でトラッシュしてしまっても「夜の廃品回収」で回収できるという点が非常に頼もしかったです。

特にこのデッキはカメックス1枚という都合上、一度カメックスが落とされたら後続を立てるためには「廃品回収」が必須なので、再利用できない「育て屋」はむしろ相性が悪いとさえ考えています。


最後に、カメックスだけでは戦力不足なので、サブアタッカーとしてヌオー(neo3)を採用しました。
IMG_0001
単純に雷弱点の相性補完ができるというのもありますが、「うずしお」のリムーブ効果により、今の環境で猛威を振るっている鋼エネルギーや、少しずつ使用率が増しているレインボーエネルギー、マルマイン(第1弾)を対策できるのがウリです。わぁいうずしお、ヌオーうずしお大好き。


デッキ名は、「育て屋」を抜いてゆっくり攻めるカメックスデッキになったことから。一応ヌオーものろまですし(


・カード個別解説
・ゼニガメ(イントロ)×3

IMG_0010
ゼニガメの中でHP50と高く、一番安定感のある(イントロ)を採用。
しかし、絶望的な状況でもマヒで粘れる可能性を生み出せる(第1弾)も、なくはないかもという気もしています。


・カメール(イントロ)×2
IMG_0014
これまた総合的なスペックが一番高い(イントロ)を採用。
ただ、カメールの中ではにげるコストが若干多いのが欠点で、軽さを求めるなら(サザン)、軽さと打点を両立させたいなら(第1弾)もアリだと思います。


・カメックス(第1弾)×1
1枚しかないので慎重に扱いたいカード。
できるだけバトル場に出さず、ベンチでエネ加速係として温存したい場面も多いです。
また、攻撃するときもすぐに水エネルギー5枚貼ってしまうのではなく、相手のHPを見て打点を調整し、3~4枚に留めておくことも重要。5枚目は「プラスパワー」を使うくらいの感覚で貼るのがコツです。


・ウパー(neo1)×2
IMG
地味に高いスペックを持つ進化前たねポケモン。
1エネで「ドわすれ」を使えるのが偉く、初手でピカチュウ(WHFプロモ)やホウオウ(neo3)のエネ加速を止めるなど出鼻を挫くのはもちろん、中盤以降も時間稼ぎとして使えることがしばしばあります。特に旧裏環境の特殊能力持ちはみんなワザが1個なので、逃げられない限りは縛り続けることが可能。
また、キングドラ(neo3)やコダック(化石)など実質的に1個しかワザを使わないポケモンにも有効です。


・ヌオー(neo3)×2
雷抵抗なのでカメックスとの相性は抜群。
闘エネルギーが入っていない都合上、「どろかけ」は使えず、HP70で実質4エネスタートとかなり重いポケモンですが、そこはカメックスの「あまごい」でサポート。
ウパーの「ドわすれ」が優秀なので、普通に粘りながら4エネ貼れちゃうこともありますが……w
草ポケモンやキングドラ(neo3)※など苦手な相手も多いので、出番がなさそうならウパーごと場に出さないでおくのが吉。

※キングドラは「うずしお」2発で落とせず、リサイクルエネルギーを貼られるとリムーブ効果も無効、向こうは「プラスパワー」込みで2発で落としてくるという非常に厄介な存在。フリーザー辺りに任せましょう。


・フリーザー(化石)×2
IMG_0006
カメックスデッキにおける万能アタッカー。
ギャラドス(第1弾)やジュゴン(第1弾)等1進化相当のスペックをたねポケモンで補えてしまえるのは驚異の一言。
普通のカメックスデッキなら1枚採用に留めることも多いですが、このデッキはカメックス1枚でアタッカー不足が懸念されるので、強気の2枚採用です。
カメックスは倒されたときの損失が大きいので、基本的にアタッカー役はたねのこいつに任せたいところ。

単純な火力の高さはもちろんのこと、特に弱点がないというのが優秀で、以前はこの枠にスイクン(neo3)を入れるのもアリかなーとか考えていたんですが、やはり弱点の有無という一点だけでもフリーザーに軍配が上がりますね。


・ラプラス(サザン)×1
IMG_0010
僕が水デッキを組むといつも入ってくるド安定ポケモン。
時間稼ぎとしても優秀ですし、この手のシンプルなデッキで落とし穴になりがちなバリヤード(ジャングル)を対策できるのも大きいです。


・夜の廃品回収×3
IMG_0005
普通のデッキよりちょっと多めの採用。上にも書きましたが、カメックスが落ちた場合の損失が大きいので、すぐに戻せるように3枚積んでいます。
以前なら「ポケモン再転送」を入れていたところですが、あちらは進化カードしか戻せないという汎用性の低さで腐りやすく、たねやエネルギーも戻せる「廃品回収」のほうがやはり優秀でした。
特にこのデッキはエネルギーの消費も激しい(=1体にエネルギー3~4枚集中するので、1体落ちたときの損失が大きい)ので、エネルギーを戻す手段は多すぎるくらいでいいと思います。

「再転送」と違って戻した後シャッフルしてしまう点については、これまた多めに積んだ「ポケモン交換おじさん」でカヴァ。


・いいきずぐすり×2
s-IMG_0006
カメックスデッキには定番の回復ソース。
エネルギーをトラッシュするリスクも「あまごい」で補えます。カメックス1枚だとなおさら大切に扱わないといけないので、回復手段はより重要。


・突風×1
IMG_0020
今回カメックス1枚構築にした一番の理由がこれ。"「突風」が使えるカメックス"はやっぱり強かった。
特に今の環境では、カメックスデッキはカメ2枚投入が普通なので、「突風」は警戒されないことが多く、普通のデッキ以上に刺さった感じがします(今紹介しちゃったのでもう通用しませんが……w

その万能っぷりは今更説明するまでもないでしょう。
「ポケモンぎゃくしめい」を2枚入れるパターンも考えましたが、一番の仮想敵が「あまごい」ロックしてくるベトベトン(化石)だったので、「あまごい」の使えない状態での「ぎゃくしめい」は使いにくいだろうということで、素直に「突風」にしました。


・パソコン通信×1
IMG_0007
万能サーチカード。メインのカメックスのほかにも全体的に1積みのカードが多いため、何でも引いてこられるこのカードは、さすが殿堂ランクに見合う優秀さでした。

ただ、せっかくカメックスの枚数を減らしてまで入れるのだから、もっと盤面に直接影響を与えられる攻撃的な殿堂トレーナーを入れても良かったかなという気はしています。例えば「エネルギー・リムーブ」や「ミニスカート」、2枚目の「突風」など。
関東旧裏オフ本戦のときは1回も負けられないルールの都合上、どうしても安定性を求めて「パソコン通信」を採ってしまったのですが……(ちなみに今は「ミニスカート」に変更しています)。


・超エネルギー回収×1
IMG_0002
カメックスと相性の良い回収カード。このデッキは3~4エネ要求するアタッカーが多く、しかもエネルギーが11枚しか入っていないため、普通に戦うと3体倒された時点でエネルギーが尽きてしまいます。
その点、このカードがあれば、1体倒されたあとに損失分のエネルギーをまとめて回収し、「あまごい」で即座に再展開できるため、カメックスデッキには必須と言っても過言ではありません。

人によっては2枚入れる場合もあるようですが、今回は「廃品回収」も3枚入っているので、さすがに1枚に留めました。
ちなみに、「エネルギースタジアム」が入っていないのは、ヌオーのリムーブ効果とマイナスシナジーになってしまうためです。


・まきちらせ!ベトベトガス×1
IMG_0006
カメックスは決してスペックの低いカードではありませんが、現在の旧裏環境に跋扈する有力デッキと戦う場合は、どうしてもパワー負けしてしまうことが多く、それらの強力な特殊能力を止められるこのカードは、入れておくと何かと重宝します。本来有利なはずのバクフーン(neo1)も、ちょっと隙を与えると「ファイヤーリチャージ」で思わぬ逆転をされてしまうことがありますが、これがあれば安心して封殺可能。

ベトベトン(化石)、プテラ(化石)、バリヤード(ジャングル)など、何だかんだで面倒くさいロック系の能力も、ある程度抑止できます。
もちろんカメックス自身にも効果が及んでしまうので、使うのは進化させる前か(進化させると効果は解除)、エネルギーを付け終わった後で。


・ロケット団参上!×1
IMG_0023
この手のデッキには最近「参上!」2積みすることが多い僕ですが、今回は、スペースが厳しい点、「パソコン通信」でサーチできる点、最悪カメックスがサイド落ちしていてもそれなりに戦える点、そして最近は他のデッキにも「参上!」の採用が多く相手が使ってくれることも期待できる点などを考慮して、1枚に留めました。でもやっぱり2枚入れたいなあ……w


・せまいジム×1
IMG_0003
上述の通り、「エネルギースタジアム」は入らないものの、やはりスタジアムは1枚くらい欲しいということで、これを採用。
あまりベンチを展開するデッキではないので、邪魔になりませんし、何よりベンチ5体の時点で使うと実質「スーパーポケモン回収」のように機能するという点が優秀。
特にこのデッキはエネルギー事情がカツカツなので、手負いのフリーザーやカメックスなどを戻して他のポケモンにエネルギーを貼り直すというテクニックも有効です。


・実際に使ってみて―――問題点
カメックス1枚というのは不安が大きいかもしれませんが、実際に使ってみると、サーチ手段も多く、場に出すことはそんなに難しくありません。

ただ、1体戦っている間に後続を用意できないという点はネックで、1試合の間にカメックスが倒される→「廃品回収」で戻して再展開という流れが最低1回は必要、という感じでした。
その合間をいかに他のアタッカーで補っていくか、もしくはいかにカメックスがベンチ役に徹するか、というのがプレイングの見せ所でしょうか。


「育て屋さん」がないという点については、最初から「速攻はできない」と割り切っているのであまり気になりません。
むしろ「育て屋さん」があると、速攻するために序盤ターボドローして結局上手く展開できず、それが後に響いて終盤ジリ貧になってしまう……という場面が多かったくらいで、ないほうが堅実なプレイングができるという側面もあるのかもしれません。

実際、今の旧裏環境は速攻で攻めるというよりは、長期戦を見据えてじっくりボードコントロールを狙っていくという色合いが強いので、そういう意味では今の環境にマッチしているとも言えます。
(というか、生半可な速攻では受け流されてしまうことが多く、あんまり通用しない)


デッキの相性についても、多くのデッキと互角に渡り合っていけるスペックは有していると思います。
……ただひとつのデッキを除いて。

それが最悪の天敵・『スライ』。
IMG_0003IMG_0004

ライチュウ(neo3)とマルマイン(第1弾)の速攻デッキです。先ほど今の旧裏環境は速攻よりも長期戦狙いと書いたばかりですが、このデッキの速攻っぷりは半端ではありません。

単純にカメックスラインが弱点を突かれるのはもちろん、ウパーも「らいげき」のエネトラッシュで抵抗力込みでも一撃突破、ヌオーも「プラスパワー」2枚追加でやはり一撃圏内。
抵抗力で雷対策をしていたつもりですが、この速攻&高火力の前では全然対策になっていません。

まあライチュウだけならまだ何とかなるんですが、先日の関東旧裏オフ本戦で当たったKGさんの『スライ』にはR団のストライク(ジム拡張1)が入っており、これに関しては完全に無理でした。まったく勝てるヴィジョンが見えません。
s-IMG
(『スライ』にはウィンディ(第1弾)を入れるアーキタイプもあり、そっちなら逆にカモなんですが……)

その対戦の後もいろいろ考えてみたのですが、正直カメックスを使う限り、R団のストライク入りの『スライ』を対策することはほぼ不可能だと思います。
無理矢理対策しようとすればするほど、「それカメックスいらないよね」ってなっちゃいます。
誰か良い方法があれば教えてください(((


そんなわけで、相性の有利・不利はありますが、一応今の旧裏環境の第一線に食い込めるくらいのスペックは持っているデッキだと思います。