C4XtbbRUEAA3P0m

C4XtcqeVMAAmt1A
旧裏最弱カードの逆襲!!
あのウツボットが最高に輝く大会、「ウツボット杯」に行ってきました!



・~プロローグ~

皆さんはウツボットというカードをご存じですか?
1997年発売のポケモンカード第2弾「ポケモンジャングル」に収録された、初のウツボット。

1進化のウツドンがこれ。当時の1進化にしてはまあまあのスペック。

IMG_0003

そして最終進化のウツボットがこれ。

IMG_0004

初めて見た瞬間、誰もが思ったことでしょう。


ウツドンより弱くない??


2進化でHP80という当時にしても相当低い耐久力。
マダツボミ、ウツドンは姫野かげまる先生の素晴らしいイラストなのに、こいつだけいきなり手抜きの公式絵。
そして何より、とても2進化とは思えない絶望的なワザの弱さが、こいつの"旧裏最弱"の地位をほしいままにしていました。

旧裏当時はまだインターネットによる情報交換もほとんどなく、小学生が少ないお小遣いをやりくりして適当なデッキでのほほんと遊んでいるような時代でしたが、そんな時代においてさえ、少なくとも僕の知る限りでは、友達同士の野良バトル、ジムオフィシャル、店舗大会などなど、あらゆる場面において、こいつが使われている場面は一度も見たことはありませんでした。

そんな旧裏屈指の不遇カード、ウツボット……


それでも、当時発見されなかった何かしらの使い道がこのカードにはあるのではないか。
その思いから、旧裏ブームが再来してからというもの、数々の挑戦者たちがウツボットの活用法を研究してきました。

しかし、決まって辿り着くのが、「○○のほうが強い」「ウツドンのままでいいじゃん」という無慈悲な事実。


いや、ダメなんだ……

ウツボットじゃないとダメなんだ!

ウツボットを何とかして輝かせたい!!


そのとき、一人の男が立ち上がった。

旧裏界隈きってのトリックスター、または旧裏芸人、その名もネコアルツ氏。

yfGrIE1T
「皆さんにはこれから楽しいゲームをしてもらいます」


旧裏史上、前代未聞の†闇のゲーム†が幕を開ける……!


・ウツボット杯とは?

ネコアルツ氏プレゼンツ、何としてでもウツボットを使わざるを得ない究極のゲーム、それが"ウツボット杯"
具体的にはこんな感じのルールになっています。↓


1.デッキはウツボット(ジャングル)を最低2体場に出せるようなカード配分にすること(試合中に実際に場に出す必要はない)。

・マダツボミ×2-ウツドン×2-ウツボット×2
・マダツボミ×2-ポケモン育て屋さん×2-ウツボット×2
・タケシのロコン×2-タケシのキュウコン×2-ウツボット×2
・マダツボミ×2-タケシのロコン×2-ウツドン×1-ポケモン育て屋さん×1-タケシのキュウコン×2-ウツボット×4

2.デッキに入れた「場に出せるウツボット」1枚につき、デッキで使用できる殿堂ランクが2点ぶん増える(元々が8点なので最大16点まで使用可能)。
※基本的な殿堂ランクルールはレインボージム改訂版準拠

3.炎ポケモンのカードはすべて殿堂ランク1点がプラスされる。タケシのロコン&タケシのキュウコンも含む。ブビィ(neo1)など、元々殿堂ランクが付いているポケモンも1点プラス。炎エネルギーは殿堂なし。

ウツボットの苦手な炎ポケモンは使いづらく、ウツボットがのびのびと戦える環境に。
さらにウツボットを入れることにより、使える殿堂ランクが増えて、より幅広い戦略が取れる!

ウツボットを思う存分戦わせるか、「パソコン通信」などで速やかに捨てて普通のデッキとして回していくか。明らかに後者が強そうだというのはおいといて、なるほどこれはウツボットが活躍できそうなルールですな!!(白目

さらに今回、ポケモンカードのオフ会として異彩を放っているのが参加費と賞品。

なんと参加費3000円!

ポケモンカード歴史研究家なにものかさんによると、これは過去20年のポケモンカード自主大会の最高額だそうです(笑)



なぜこんなにも参加費が高いのか? それは賞品が豪華だから!




1~3位に贈られるのが、ひかるリザードン! リザードン☆!
どちらもオークションでは2万円前後で取引されるのが当たり前の超レアカード!!
えっ、何か変なのが写ってるって? そ、そうですね……

4位以下にも未開封パックや限定スリーヴ、キラカードだらけのオリパなど、参加費の元が取れる超豪華グッズが目白押し。
ネコアルツさん曰く"完全に赤字"だそうです。それなのになぜこんな大会を開くのか。

yfGrIE1T
「だって、みんながウツボットを使う姿が見たいから……」

なんというウツボット愛……!


・当日のレポート

というわけで、かつてない異様な旧裏大会が始まりました。
しかし会場はいつもの関西旧裏オフで使っている、大阪の味生公民館。先月に引き続き今年2回目の来訪。もはや実家のような安心感すら漂っています。そんなここも、今日は魑魅魍魎跋扈する地獄変と化すのか……(謎

当日は降雪によるバスや電車の遅延、さらにはインフルエンザ流行疑惑まであって参加者全員揃うのか怪しい状況でしたが、多少の遅刻はありつつも、なんとかひとりも欠くことなく10時過ぎにウツボット杯スタート!

C4XtbbRUEAA3P0m
プロ漫画家、あの佐々岡先生によるメインイラスト!

C4WG1xuUYAA_ixp
参加者全員獲得のチャンスがある、豪華賞品の数々!

C4WG1xtVYAA5XFG
さらにネッシュさんからは参加賞のウツボットバッジ! これを買ったときの店員の反応が気になる……(笑)

今回の参加者はなんと12名+観戦2名!
旧裏オフお馴染みの熟練旧裏プレイヤーから、最近旧裏を始めたばかりの現行勢まで、層は様々。関東からの参加者も複数いらっしゃいました。
こんな酔狂な大会にここまで人が集まるなんて、さすがはネコアルツさんのゴリ押……人望の成せる業ですね(

しかしそんな強豪たちとの戦いをくぐり抜けて、果たして勝利をつかみ取ることができるのか!?
大丈夫。僕には708さんと15時間のテストプレイで作り上げた最強の結論デッキ†があるのだ!


【ポケモンカード旧裏】デッキ紹介『けつろんのウツボット(笑)デッキ』(ウツボット杯ルール)http://blog.livedoor.jp/aqwsderft/archives/49470846.html

環境のトップが『鋼ラッキー』であることを即座に見抜き、さらにそれを完封できる結論ポケモン、イノムー(neo3)。これでもう負けるわけがない!!
今回参加されないにも関わらず、完成まで徹底的に付き合ってくださった708さんにはただただ感謝しかありません。

s-107

~2日前の情報操作~

WS000000

よし、これで"""圧"""をかけられたはず……!


~そして同日~

sc0003


s-113

茶番終了。

(最近対戦中に茶番を挟むのにマンネリを感じてきたので、デッキ紹介やこういう前置きの場面で変化球的に茶番を仕込んだりと試行錯誤しているスイカ氏。何が彼をここまで茶番へと駆り立てるのか)


第1戦 VSネッシュさん

最初のお相手は最近精力的に旧裏オフに参加されているネッシュさん。ずっとレインボージムメンバーだとばかり思っていましたが、実は直接的な関係はなく、旧裏当時も、他の某有名ジムに所属されていたのだとか。
有名プレイヤーとの面識も多く、旧裏界隈きっての事情通であるネッシュさん、果たして使用されるデッキは……

お相手の先攻で、初手は相手マダツボミ(ジャングル)VSこちらイワーク(Red)。
IMG_1064
一見相性的には不利な対面ですが、このルールはどんなデッキでもマダツボミ半強制投入なので、これだけでは何の情報にもならない(笑)

お相手は「つるのムチ」で殴るだけで終了。こちらはウツドン(ジャングル)の「はっぱカッター」を警戒してバトル場にエネを貼らず、ベンチで2体目のイワークを育てていきます。

次のターン、ネッシュさんはいきなり「オーキドはかせ」で手札全トラッシュ。その手札がこちら↓(笑)

IMG_1065
す、スリーカード!?(違

なるほどウツボットをたくさん入れて殿堂ランクの重いプクリン(ジャングル)を使うデッキの模様。
マダツボミ(ジャングル)の「なかまをよぶ」もなんか噛み合ってますな……そしてここでゴミを早々に処分できたのは大きい。

こちらは順調にハガネールを立てて、抵抗力と鋼エネを盾にガンガン攻撃。草抵抗相手にこれは圧倒的。でもできればもうちょっとコイン表出してほしい……((
IMG_1066
プクリンが立って殴り始めるも、こちらもベンチで温めていたイノムー(neo3)出撃。「もうとっしん」で一撃で葬り去ります。よしよし、プクリンは予想外だったがイノムーもかなり刺さってるぞ。

お相手はここでウツボットをバトル場へ。いくら草ポケモンとはいえ、そんな貧弱なボディでイノムーに敵うのか?
僕(これ「さそうかおり」でこっちのウツボット呼ばれ続けたらめんどくさいな……(((

IMG_1067
するとネッシュさん、「突風」を使用。こちらの手負いのイワークを呼び出し、「ようかいえき」で倒してきました。

ウツボットにサイドを引かれる……だと……?

何たる屈辱……

しかしこちらはその後一方的にイノムーが大暴れ。特にウツドン2枚サイド落ちが響いたようで、後続もそこまで立てられることなく、「もうとっしん」連打でサイド6-1の勝利!

IMG_1068
ちなみにお相手のデッキにはウツボットが4枚入っており、殿堂ランク16点ぶん使えたそうです。何と前のめりな……((


ここでいったん昼食休憩。いつものファミレスBig Boy摂津店さん(宣伝)に押し寄せ、午後からの熱戦に備えるべく栄養補給。
普段はお得な日替わりランチメニューがあるのですが、この日は土曜と祝日が重なっており、通常メニューしかなかったのが若干残念。

日頃から未開封パックや未開封グッズの収集に血眼になっている旧裏コレクターたち、メニューのベビーフードにある「未開封」の文字列に食いついていく……!

IMG_1069
生後7か月ごろから離乳期中期向けとありますが、旧裏ジャンキーたちの脳みそは生後4か月程度まで退化しているので注文できません。残念ですね^^

あとネコアルツさんが注文時に「スイカさん何注文するんですか? 僕も同じの頼みますよ?」とやたらとすり寄ってきてちょっと気持ち悪かったです^^^^^;;;


第2戦 VS将棋さん

さて昼食休憩も無事に終了し(?)、午後から再開。次のお相手は将棋さん。
将棋さんと言えば『リザバク』のイメージが強いですが、さすがに炎に殿堂がかかっている今回は使われないはず。そうなると以前関東オフで使っていた『鋼ラッキー+カスミ』かなあ、なんて考えたり。ラッキーならまさにカモなのですが……

こちら先攻で初手の対面はイワーク(Red)VSラプラス(サザン)。
水デッキか? ラプラスは一応水デッキ以外にも入る可能性のあるカードですが……

よくわからないので、とりあえず普通に展開し終了。
するとお相手はドローカードを使ってベンチにゼニガメ(イントロ)を展開。

IMG_1070
そうかカメックスデッキ……!
ウツボットのおかげで殿堂ランクが増えるので、普段殿堂が重くてなかなか使えないカメックスを活かすのは、なるほど理に適っています。

しかしこちらのデッキにはカメックス(第1弾)の天敵ベトベトン(化石)が入っている。
「かがくへんかガス」で「あまごい」を止めてしまえば怖くもなんとも……

(「ポケモン交換おじさん」で山札を探す)

怖くも……なんとも……

(ベ ト ベ ト ン が な い)

サイド落ち……

カメックスこえええええええええええええ

いや待て落ち着け。いくらカメックスと言えど、ハガネールに鋼エネを付けてしまえば互角以上に殴り合えるはず。
(とか言いながらここで「クルミ」を使ったときに戻すカードと残すカードを間違えて、「オーキド」で大事なレインボーエネを切ってしまうという初心者でもやらないアホミスをやらかしてしまう辺り、滅茶苦茶動揺していました((((((

大丈夫。このデッキは†結論デッキ†なのだ。カメックス如きに負けるはずが……

テールクラッシュ→裏

ハイドロポンプ→30ダメージ

テールクラッシュ→表

いいきずぐすりで回復&ハイドロポンプ→20ダメージ

テールクラッシュ→裏

ハイドロポンプ→30ダメージ


IMG_1072
じ、ジリ貧……!
(圧倒的に不利というわけでもない微妙な状況で、正直どう書けばいいのか迷いの見える書き方)
こちらはさすがに鋼3枚貼ったハガネールを簡単に落とされるわけにはいかないので、いったんベンチに避難させ、鋼1枚付きの2体目のハガネールを出陣。
「ふぶき」の自傷ダメージを狙ったりいろいろ頑張ったのですが、「テールクラッシュ」は裏だわベイビィ判定も裏だわ、相手の「フリーズドライ」は表だわで散々なまま、ハガネール撃沈。

IMG_1074
そこからはどんどん状況が悪くなっていき、1体目のハガネールでフリーザーを落とそうとするも、「テールクラッシュ」裏で落としきれず、2体目のカメックスに入れ替えられ、「ハイドロポンプ」できぜつ。

グライガーで毒を狙うが当然コイン裏。ププリンで粘ろうにもベイビィ判定も一発で表。
果てにはイノムーやベトベター(化石)の「ベトベト」で粘るというお粗末すぎる展開に……

何か、何か打開策はないのか……!?

待てよ……?

相手のベンチには逃げてエネ0枚になっている手負いのカメックス。
他のエネルギーはだいたいフリーザーともう1体のカメックスに付いている様子。将棋さんのデッキも殿堂16点使っているという狂気のウツボット4枚構築なので、エネルギーにそこまで枚数は割いていないはず。多分あっても残りせいぜい1~2枚。
これはつまり、エネなしカメックスを引きずり出せば、相手は逃げられなくなって山切れで詰むのでは!?

「ワープポイント」などで逃げられる危険もあるが、ウツボットのスペース的に入っていない可能性も充分ある。というかもう勝ち筋はこれしかない。カメックスを呼び出そう。「突風」はまだ使っていない。では「突風」を引いて……

「 突 風 」 も サ イ ド 落 ち !!

IMG_1079
(↑対戦終了後に確認した際の画像)

どんだけサイドに重要カード落ちまくっているんだ……

いや待て。思い出せ。この大会の名前を。この大会は何だ。ウツボット杯だろう。今、僕のベンチにはウツボットがいる。ウツボットのワザは何だ。「さそうかおり」だ。突風効果の1エネワザ。……レインボーエネルギーを貼れば撃てるじゃないか!

>(とか言いながらここで「クルミ」を使ったときに戻すカードと残すカードを間違えて、「オーキド」で大事なレインボーエネを切ってしまうという初心者でもやらないアホミスをやらかしてしまう辺り、滅茶苦茶動揺していました((((((

>「オーキド」で大事なレインボーエネを切ってしまうという初心者でもやらないアホミスをやらかしてしまう

>レインボーエネを切ってしまう


レインボー切ってたああああああああああああああああああああ
しかも自分自身のアホすぎるプレイングミスのせいで……ああああもうううう悔やんでも悔やみきれねえ……

まあ結果論を言うと、将棋さんのデッキには「ワープポイント」が2枚入っており、それでカメックスを逃がした後、エネ付きのフリーザーとカメックスを適当に逃がしてトラッシュにエネを落とし、「エネルギースタジアム」で逃げる用のエネを確保しながら戦われると普通に負けていたので、結局どう足掻いても無理なものは無理なのでした。

というわけでサイドカードを1枚も取れず、0-6という最悪の形で敗北してしまったのでした。結論とは……((((((


最大の敗因は言うまでもなくベトベトンのサイド落ちでしたが、そもそもそんな重要カードを1枚積みにしているくせに「ロケット団参上!」もコラッタ(R)も入れていない辺り、舐めているとしか言いようがありませんでした。
あれだけ普段から「参上コラッタ最高!」と言っておきながら肝心なところで入れないんだもん、そりゃあコラッタ神もお怒りになられますわな(意味不明

あと地味に戦犯なのがハガネール。こいつは期待値30以上出して初めて強いポケモンなのに、やたらとコイン裏が出て30しか与えない場面が多すぎて、計算が狂いに狂って本当に大変でした。
下手にコイン表を見積もりに入れて戦うと毎回酷い目に遭うので、やっぱり自分のコインはすべて裏前提で動いたほうがいいのだなと再確認しました。

自分のことばっかり書いてますが、もちろん将棋さんのカメックスデッキも脱帽の強さでした。
ウツボットを4枚入れる構築は明らかに弱いと思っていたのですが、実際はダブついたウツボットを「パソコン通信」や「超エネルギー回収」のコストにするなど見事に使いこなしておられ(見事に使いこなしておられ!)、殿堂16点ぶんの暴力をまざまざと見せつけられた形でした。

正直カメックスはほとんど考慮外だったので(ルール公開直後に一瞬検討してすぐ諦めた)、対応を詰め切れていなかったというのもありますが、それを踏まえても強力なデッキだったと思います。


さて残るは1戦。この時点でとっておきの自信作だった†結論デッキ†が虚しくも敗れ、しかもサイド0-6の完敗だったためにサイド取得数も稼げず、2位以下の上位入賞すら危ういという状況。完全に意気消沈しちゃってますが、だがさすがにこれ以上は負けられない。
今回は人数の関係で3戦しかしないとのことなので、次がもう最終戦。そのお相手は……旧裏界のフィクサー、ソラさん! 最後の最後でこの方と当たるとは……!


第3戦 VSソラさん

ソラさんとの対戦はかなり久しぶりで、実は昨年5月の"大阪公式旧裏大会"以来。
最近のソラさんは完全にトレードの民と化しており、正直対戦にそんなに力を入れてないっぽいから割とあっさり勝てちゃうんじゃ……なんて油断が一切許されないのがソラさんのソラさんたる所以(激何

ソラさんの先攻で、初手の対面はこちらイワーク(Red)VSあちらイワーク(サザン)のイワークミラー。
これはソラさんも間違いなくハガネールデッキでしょう。どちらもトップメタのイワーク(neo1)をあえて外している辺りが何とも不穏な雰囲気。

普通に殴るとこちらが後攻のぶん不利であり、さらにハガネールに対してはイノムーで行くと決めていたため、イワークは捨ててイノムーの育成にかかります。

するとソラさん、ここでイワークに炎エネルギーを貼る。……炎エネルギー???
さらにベンチにヒトカゲ(R)登場。ヒトカゲ???
まさか鋼対策にリザードンを入れているのか!? その場合、鋼エネを付けても戦えるリザードン(第1弾)が有力か。だがそれなら「エナジーバーン」をこちらのベトベトン(化石)で止めてしまえば……

ソラさん「「ポケモン交換おじさん」でベトベトン(化石)戻します」

そっちもベトベトン??? ますますわからんぞ。じゃあリザードン(PF2)で普通に炎4枚100点とか狙ってるのか……?

とりあえず放っといたら不味いことになりそうなので、「ワープポイント」でヒトカゲを呼び出し、イノムーで撃破。するとすぐにもう1体のヒトカゲが出てきますが、こちらも「突風」で速やかに排除。
IMG_1080
さすがに殿堂ランク的にヒトカゲ3枚はないだろうから、これでひとまず安心か。あとは残ったハガネールをイノムーでじっくり倒していくのみ。

……と思ったらソラさん、「夜の廃品回収」でヒトカゲ回収。からの再展開。そして……

IMG_1081

g6660858
わるいリザードン?????

何だその意味不明ポケモンは……
というか、こちらは必死に「ほのおのうず」一発で落ちないようにイノムーの鋼エネ枚数調整していたのに、ナチュラルに100ダメージ以上飛ばしてくるポケモンを出されるとか予想外にも程がある。

ソラさん「わるいリザードンとか、スイカさん絶対読めないでしょ?」

読めるかそんなもん!!(笑&怒)

ていうか真面目な話、わるいリザードンにエネルギーを貯められて「れんぞくファイヤーボール」を撃たれると非常に不味い。一応ソラさんのデッキにはそこまで炎エネは入っていないようで、ハガネールにも既に何枚か付いているため、極端に膨大な枚数にはならなさそうですが、それでも早く目の前のハガネールを倒してわるいリザードンを攻撃しなければ。
そして地味にこちらの山札の枚数も危ない。……あと2枚か。「夜の廃品回収」と「ウツギはかせ」を握っているとはいえ、あまり悠長なことはできない場面……

ソラさん「あと山札2枚ですね? 「カツラのクイズその2」を使います」

IMG_1082

b44e30c6
……読めるかそんなもん!!!(吐血)

え、ちょっと、マジですか……?
一応説明しておくと、「カツラのクイズその2」は手札を1枚裏にして伏せて、相手にそれが「ポケモン・トレーナー・エネルギー」のいずれかを答えさせるカード。それが正解なら相手が2枚ドロー。不正解なら自分が2枚ドロー。
普通に考えると劣化「マサキ」上等のカードなのですが、このカードの肝は正解された場合、相手に強制的にドローさせるという点。旧裏において相手への強制ドロー効果カードは、実はこの手のクイズ系(正確には「ポケモン性格判定」も)しかなく、そして今まさに、このクイズカードが最高の輝きを放っている場面なのです。

要するに僕がここで正解してしまったら、2枚強制ドローで、そのまま「ウツギはかせ」も使うことなくライブラリーアウト。

……読めるかそんなもん!!!!(3回目)


普通に考えれば正解は1/3の確率。不正解のほうが2倍も高いとはいえ、これでもし外したら即敗北。嫌だ。もう負けたくない。僕が使っているのは†結論デッキ†なんだぞ!((

ソラさん、軽やかな手つきで手札をシャッフルしつつ、「好きなところでストップと言ってください」と余裕の表情。
スイカ氏、青ざめながらも絞り出すような声で「ストップ」を宣言。

止まった箇所から引き抜かれ、場に伏せられるカード。

いったいこれは何だ。ポケモンか、トレーナーか、エネルギーか……?
愚直に2/3に賭けたくはない。考えろ。考えるんだ……

逡巡の末、スイカ氏、「エネルギー」を宣言。結果は……

IMG_1084
マダツボミ! ポケモン! 不正解!
ふうううーーーー、なんとか一命をとりとめる。


実を言うと今の状況、ソラさんの場には既にエネルギーが10枚貯められていました。デッキに普通に入るエネルギーはせいぜい10~12枚程度。残り山札とサイドにあるぶんを考えると、手札にはもうエネルギーはほぼ残されていない可能性が濃厚。つまり今ソラさんが伏せたカードがエネルギーである公算はかなり低いと見ていい。
そういう推理から、エネルギー選択したのでした。いやあ、危なかった……!

まったく生きた心地がしないまま、とりあえずイノムーでハガネールを突破。
しかしここでやってくるのが第2の壁、わるいリザードン。ここはイノムーが一発耐えてくれないと、非常に不味いことになる……

イノムーには鋼エネが2枚付きで、残りHP80。「れんぞくファイヤーボール」が2枚以上表が出れば落ちてしまう。「エネルギースタジアム」に失敗し、炎エネ3枚付きでワザ使用。確率的にはちょうど五分五分……

結果は……1枚表! あぶねー!

イノムーは次の番「もうとっしん」が使えず、このまま落とされると一気に不利になるため、「ふうせんのみ」でいったんベンチに退き、ハガネールと交替。ここはしっかり「テールクラッシュ」表。

次の「れんぞくファイヤーボール」は3枚中2枚表でハガネールは落とされるものの、返しのイノムーの「もうとっしん」でわるいリザードン撃破! なんと心臓に悪い勝負……!

IMG_1085
この辺りでソラさんの山札もだいぶ薄くなってきており、山札切れが視野に入ってきました。
こちらは一応まだ「廃品回収」も「ウツギはかせ」も握っており、こちらの山札が先に切れる心配はまずなさそう。
だが僕は2戦目でサイドをまったく引けなかったので、できればこの試合はしっかり6枚取って勝ちたいところ。早く決着を付けなければ……!

ところが、相手のハガネールに鋼エネが3枚も付いているのと、イノムーが2ターンに1回しか攻撃できないのも合わさって、なかなか攻めきれない……
そうしているうちにソラさんは「廃品回収」でヒトカゲラインを戻し、2体目のわるいリザードンを立てようとしてきます。さ、さすがに2体目は勘弁してほしい……((

IMG_1087
ただ、ソラさん側は「ウツギはかせ」がサイド落ちしていたということで、山札が回復できなくなり、わるいリザードンが殴り始めようというところで試合終了。
サイドカード4-2でこちらの勝利!


にしても「カツラのクイズ」といい、わるいリザードンといい、危なっかしい場面が多すぎました(笑)

振り返ってみると、1戦目・2戦目は共にウツボット4枚入りデッキ、3戦目は地雷デッキと、とんでもない相手ばっかり当たってしまったわけで。
そんなデッキ対策してるわけないだろ! いい加減にしろ!!!111

BbhKatQCYAAOavi

しかもせっかくベトベトン入れたのに、1戦目・3戦目は一切刺さらず、一番必要な2戦目でサイドに落ちてしまうという……あーもうもうもうもう!(cv.小澤亜李

†結論デッキ†とは何だったのか……


あとひとついいですか。


『鋼ラッキー』いねええええええええええええええええ

20111019-12-thumbnail2

最後に参加者12名のデッキ紹介タイムがありましたが、そこにはラッキーのラの字すらありませんでした。
というかイノムーもポリゴンもいねえ……

それどころか『わるマタ』もいないし、『わるラフポルター』も『No Water』もひとりずつしか……
なんだよわるいリザードンって! なんだよカメベトンって!↓

IMG_1097
(将棋さん以外にもカメックス使いがいたのだ……だがなんだこの組み合わせ!?)
2013061200493623d

まだまだメタゲームの読みが甘かったようです。
(ていうかこの環境にメタゲームなんてあったのか……?)


さてさて、結果発表。
栄えある1位は『ネルトプス』を使いこなし見事全勝を遂げた首領さん!
2位は『わるラフポルター』でロックを決めてこれまた全勝の白音紅さん!
3位は、最終戦で首領さんに敗れたものの、サイドカード大量取得で登り詰めた『ターボカメックス』の将棋さん!
皆さんおめでとうございます!!


以下、御三方が実際に使用されたデッキを軽く紹介。

IMG_1094
『ネルトプス』は普通にエネルギーを貼って殴るというシンプルなデッキですが、それゆえに一度攻め込まれると対処が難しく、何が来るかわからない混沌とした環境で安定した活躍を見せたのだと思います。

IMG_1096
『わるラフポルター』も、ププリンなど対策カードをしっかり入れていないと一方的にロックを決められてしまうため、非常に強力なデッキでした(というか先攻を取られるとププリンを入れていても危ない)。
ただ勝つ場合は相手にろくに展開させずに勝つため、サイド取得数を稼ぎにくいというのがスイスドロー形式においては欠点といえば欠点かなという気もします。

IMG_1095
『ターボカメックス』は何といってもカメックスの爆発力ですね。
最終戦の将棋さんVS首領さん戦は、将棋さんがプテラ(neo3)の存在を失念していたのが敗因だったそうなので、そこ次第では結果が変わっていたかもしれない……と考えると、カメックスのポテンシャルもまだまだ捨てたものではないと思わされます。


ちなみにスイカさんはというと、やはり2戦目・3戦目のサイド取得数が響いてしまい、5位に。
4位のかかしさんが、なんとウツボットラインを1枚ずつしか入れていなかったというレギュ違反が最後の最後に発覚したので、繰り上がり……というわけにはいきませんねはい(見苦しい

そしてもっともウツボットを活かしたデッキを作った方に贈られる「デッキ賞」は、投票の結果、ネッシュさんに決定!
IMG_1101
ウツボットを4枚フル投入し、プクリンと合わせて実現させた、文字通り"ウツボットフレンズ"はインパクト抜群でした。
個人的にはウツボットのイラストが描かれている「たたきつけろ!挑戦状」まで採用されていたのがポイント高かったです(しかもこの「挑戦状」がまたプクリンと高シナジー!


さあ、そして運命の瞬間。賞品の贈呈式に。

C4XtcqeVMAAmt1A
1~3位の入賞者に贈られる超豪華賞品、ひかるリザードン、リザードン☆、ウツボット。
大入袋に入れられたそれらを3人がランダムに選ぶわけですが……リスク高いなおい。

IMG_1102b
結果、まず将棋さんがリザードン☆を獲得! アドーラ!

そして白音紅さんがウツボットを引き当てる。Oh...
誰もが落胆しかけた中、あれ、首領さんもウツボット……?
なんと白音紅さんの大入り袋にはひかるリザードンが隠れておりました。ネコアルツめ、ニクい演出を!


つまり首領さん、優勝にも関わらずまさかのウツボットエンド……!?

IMG_1104

kaiji13-186

と思ったらここでネコアルツさんが段ボールからさらなる賞品を取り出して……


IMG_1108IMG_1109

超豪華トロフィ!

詳しいことは知りませんが、その昔、「ポケモン電報」なるキャンペーンが行われた際に贈られたものだそうで。現在はその筋で相当な高値が付く代物だとか。これはこれでアドーラ!

さらに1~3位にはウツボット杯特製の入賞盾も贈呈!
IMG_1112b
クオリティ溢れる盾は中国の某業者Sさんが作ったとのこと。いったい何ラルダンさんなんだ……?


4位以下はくじ引きで賞品選択。
どれを引いても3000円以上のアドという凄まじいラインナップですが、中にひとつ、究極のハズレが……?

IMG_1113
ちなみに僕はソラさん提供の、未開封拡張パック束をいただきました! アドーラ!

人数的に賞品がひとつ余るため、最後に残った賞品をネコアルツさんが持ち帰ることになったのですが、参加者全員強烈な運を発揮し、ハズレのゴミ束がラストまで残る……! ネコアルツさんオイシイとこ持っていきすぎでは?


と思いきや、そのゴミ束の中にも超レアカードが入っていたというオチ。ホント粋な男ですわ。

IMG_1115

その後も公民館閉館までひたすらフリー対戦!
(トレード修羅勢はいつものように闇取引に勤しまれていましたが……)

とにかく楽しすぎて、いつもは21時に切り上げて夕食に向かうところなのですが、閉館時刻の22時ギリギリまで居座るという熱すぎる展開に。

それにしても、ウツボット杯の名の通り、今回はまさにウツボットが主役の一日でした!
ウツボットがこれほど使われる日はもう二度と来ないでしょう(笑)

こんな特殊ルールの大会でありながら、たくさんの人が来てくれて、普段の旧裏オフと変わりない、いや下手するとそれ以上に盛り上がったかもしれません。
それもこれも主催者のネコアルツさんがここまで尽力してくださったからに他なりません。

いつもはdisったり軽口を叩き合う関係ではありますが、今回ばかりはしっかりお礼を申し上げておきましょう。
ネコアルツさん、本当にありがとうございました&お疲れ様でした!

こんな赤字覚悟の豪華景品ばかりだとさすがにキツいでしょうし、もうちょっとグレード落としてもいいので、第2回開催期待しています!(次は退化スプレーかメンテナンスか、はたまたデリバードか……


最後にちょっとお知らせ。
3月4日(土)に今回のウツボット杯と同じ公民館で"旧裏交流会"を開きます!


【ポケモンカード旧裏】初心者大歓迎!「旧裏交流会in関西」開催のお知らせ : Daydream Holic Night
http://blog.livedoor.jp/aqwsderft/archives/49446104.html

今回のウツボット杯にせよ、いつもの旧裏オフにせよ、どうしても規模が大きくなると、思いっきり盛り上がるぶん、フリー対戦したりゆっくりトレードしたりする時間が少なくなってしまうわけですが、その合間を縫う形でゆるーい交流会的なものができればと思っています。

できるだけ堅苦しくなく、誰でも気軽に、何なら手ぶらでも参加できるくらいのゆるさで考えているので、お時間がある方はぜひ検討いただけると嬉しいです。それでは!