小型欧州車・国産車・趣味車 スタイルカーズ

店長の今日の仕事。大公開!!

黒いフィアットパンダCLX、リア廻りから整備開始。
DSC_0180[3496]

ショックアブソーバー、トレーリングアーム、マフラーサポートゴム交換。
DSC_0181[3495]

アルファロメオ159 2.2JTSは車検で入庫。
DSC_0175[3483]

ブレーキ、足廻り良し。油脂類交換のみでOKかと思ったら見つけてしまった、エアコンホースからのガス漏れ。
DSC_0174[3484]

車検検査には問題無いけど、修理するかオーナーさんと相談。

昨日の続き、タイミングベルト、ウォーターポンプ類交換。
オイル漏れしそうなシール類も交換。
DSC_0170


今日の摘出部品。
DSC_0171[3479]

タイミングベルト、テンショナー、ウォーターポンプ、カムシール、カムエンドシール、ウォーターパイプOリング、ドライブベルト、バッテリー、タペットカバーパッキン、プラグ、エンジンオイル、オイルエレメント、ミッションオイル、ブレーキフルード、冷却水。以上交換。

コレから冬だから、コレは欠かせない。
DSC_0172[3480]

昨日からのアドリアテックブルーのフィアット・パンダ。
今日はフロント部分の整備。
DSC_0168

本日の摘出部品。
DSC_0169

ショックアブソーバー、ストラット・アッパー、アブソーバーブーツ、バンプラバー、ロアアーム、テンションロッドブッシュ、ナックルボールジョイントブーツ、エンジンマウント、ミッションマウント上下、以上交換。
明日はタイミングベルトなどのエンジン廻りの整備。

車検・登録へ向けて整備が始まりました。アドリアテックブルーのパンダ。
DSC_0167[3471]

まず、排気漏れのマフラー中間パイプ。錆で固着しているマフラーはバーナーで炙ってブッ叩く!
っと、簡単に抜け外れます。
DSC_0168[3470]

錆穴だらけの中間パイプ。
DSC_0169

リア廻りはショックアブソーバーにトレーリングアーム、マフラーサポートゴム、ブレーキホイールシリンダーを新品に交換。
DSC_0170[3468]

昨日車検が済んだフィアット500はお返しまでに油脂類の交換を。
DSC_0167[3428]

エンジンとミッションオイル、ブレーキフルードの交換。冷却水はそろそろタイミングベルトの交換時期になるのであえて今回は無し。

車検で入庫しているルノーカングーは車検に向けての整備。
油脂類の交換。特に3速固定の症状のオートマは、フルードの交換を落として入れての作業を2回。
DSC_0170

交換後、15分ほどの試乗では不具合の症状は出ず。明日の松本までの検査への道で症状出るか確認を。
もう一つ、ステアリングラックブーツの交換で整備終了。
DSC_0171[2932]

車検で入庫は2台、フィアット500とルノーカングー。
DSC_0168[2928]

DSC_0169[2929]

500はとりあえずリフトで上げて、足廻りやマフラーに問題無いので、検査だけ先に通してその後に整備。
カングーはオートマの警告が時々出るとの事なので、油脂類交換など整備を先に行って、松本までの道のり様子診ながら検査へ。
2台同時進行は要領良くやるのがカギ♪
今週はアドリアブルーのパンダ整備も有るし忙しい…年末らしくなってきた

フィアット500Sはルームミラーのレバーがプラプラになり、防眩切り替えが出来ないとの事で交換を。
DSC_0171[2925]

昔から良くある壊れ方、最新車でも同じ作りってのも学習されてない…
DSC_0170[2926]

ついでに今流行りのドライブレコーダーの取付けも。
配線見えてるとカッコ悪いから、なるべく隠して取付け。
DSC_0167

このページのトップヘ