2006年02月27日

WXtoImgを使用したNOAA APTの受信 受信編

順番が逆になりましたが今回は受信編をお送りします。


WXtoImg受信中まず、受信中は左のような画面になります。南下する衛星では上から下、北上する衛星では下から上に、徐々に画像が表示されます。JMHの画像のつもりでいると中心線がずれているように見えることもありますが受信終了後に自動補正されるので気楽な受信です。



WXtoImgステータスバー受信中は左記画像のステータスバーに注意してください。緑の部分が入力レベルになりますが、ここが緑になるように受信機側のボリュームを調整します。また、今回はマニュアルスタートにしたので表示されていませんが、通常はエレベーションとアジマス角などの数字も表示され、刻々と変化します。また水色のレベルは何%受信完了したかを表示しています。

ar5000a at 07:52│Comments(0)TrackBack(0) 気象関連 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
歴代閲覧者総数
Profile

AR5000A

AOR AR5000A+3、JRC NRD-545、YAESU FT-100D、FT-900、FT-3700、FT-4700、FT-290+FL-2010、FT-729、FT-51、FT-41、FRG-965、Vertex standard VR-160、KENWOOD TM-741、TM-732、TH-7、TW-4100、STANDARD C-5600、C5200、ICOM IC-2600、ALINCO DJ-X7、DJ-X11、SONY ICF-SW1S、ICF-SW100S、GRUNDIG G100、Microtelecom PERSEUS、SANYO ICR-RS110MFなどを使って日々ゼネカバ受信に精を出しています。

Recent Comments
記事検索
NJ Tool