2011年01月14日

FRG-965 修理不可

バーテックススタンダードの修理担当の方より連絡を頂きましたが修理不可との事でした。


事象としては、バックアップ電池の交換なのですが電池の在庫が無いこと、同時に交換の必要がある定電流ダイオードも在庫が無いこと、代替部品を使ったとしても製品自体が古いため不具合が発生した場合は不動になってしまう可能性が高いことから修理しないで戻してもらうことになりました。

確か、バックアップ電池がなくなったのが10年前くらい。

とっとと修理しておけば良かったと思っております。ただメモリが消えるだけで受信自体には不都合はありませんので大事に使っていく予定です。

これは、他の機種も点検に出したほうが良いかもしれません。

ar5000a at 00:38│Comments(2)TrackBack(0)受信機 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Hiro   2011年01月15日 00:04
YAESUは旧機の修理に対し慎重ですね。
あっしも以前FRG-7で断られました・・・
KENWOODは比較的柔軟に対応してくれるみたいです。(ただ、修理のレベルは低かったですが・・・)
2. Posted by ゼネカバ管理人   2011年01月15日 09:19
Hiroさん

 やれるだけやってくれないかなと思いましたが上記のとおり慎重でした。

 情報を基に、KENWOOD RX-1でも探してみますかね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
歴代閲覧者総数
Profile
Recent Comments
記事検索
NJ Tool