June 17, 2005

キャンプだホイ♪ その1

週末にかけてキャンプに行ってきたのだけれど、その時の写真なんかをバックデートしてアップしてみます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Charlton Recreational Area
リトルロックのDoc&Washyさんに誘われて(正確に言うと、誘ってくれるようにオネダリして)Hot Springsのそばの「Charlton Recreation Area」というところにあるキャンプ場に行った。金曜日の仕事を終えてからの出発だし、Yahoo! Mapで調べたらまわりに何にもなさそうなところなので、「暗くなってからでも見つかるかな」って心配していたのだけれど、あまりにまわりに何もなさすぎてすぐに見つかった。



借家僕らはキャンプ道具をほとんど何も持っていないので(寝袋とマグライトくらい)、何もかもDoc&Washyさんに借りた。今回寝泊りするのにお借りしたこのEureka!社のテントはお二人が結婚祝にもらったものだそうだ。イカしたギフトだと思う(それにしてもこのテントはアメリカと日本の間を何度往復しているのだろう?)。中はすごく広くてクイーンサイズのエアーマットレスが楽々入ってしまう。このテントとエアーマットレスのおかげで自分の家とほとんど同じ快適さで眠ることができた(睡眠時間は普段より全然多かった)。僕らのようなヘナチョコキャンパーには持ってこい、なのである。



オームゲストに母屋を取られてしまったお二人が寝泊りしていたのがこのREIのテント。ナウシカのオームか臨海線の駅舎みたいな形をしていてサイズはずーっと小さい。山登りをする時に持っていけるようにすごく軽くてコンパクトにたためるそうだ。とはいえ、僕ら夫婦がこのテのテントをかついで山に登るようなことはないだろう(ヘナチョコなので)。お二人の山登りやキャンプの話を聞いていると、「僕には到底ムリ」なものがいっぱいあった。タフな方々なのだ。




本部そして雨男の僕が参加することを考慮してDocさんが購入しておいてくれた「秘密兵器」がこのEureka!の巨大スクリーンハウス。運動会なんかでおエライさんが座っていて忘れ物や迷子の時に放送をかけるような「本部」のテントみたいなサイズだった。でけえ。隣にあるクイーンサイズ楽々テントが2個くらいスッポリ入ってしまうようなサイズだった。Docさんの準備周到さもあって、今回のキャンプ(2泊3日)はずーーーーっと天気が良くて清々しい気候だった。




夕食にハヤシライスをご馳走になり、蛍の光を眺めながらお酒を飲んだ。途中、すぐそばでガサっていう音がしたのでライトを当てたらアライグマが「なによ?!」みたいな顔してこっちを見ていた。スポットライトを当てつづけたらしょうがなく森に帰っていった。

Posted by ar_72801 at 23:59│Comments(0)TrackBack(0) 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ar_72801/25909923

コメントする

名前
URL
 
  絵文字