2018年04月28日

先生からの電話

今日、長男の担任から電話が来た

すわっ 
こないだ校長に意見を文書で出したがその件か?? 

・・と思いきや
担任が話始めた・・・

修学旅行初日
TXで東京へ向かう電車の中
生徒たちが座る車両に
脚の不自由な女性が乗り込んできて
(生徒たちはもちろん普通の座席にいたらしいが)
教員は立っていて、
座ってる目の前の生徒に目配せしていたのだが、
生徒たちは
もじもじして誰一人動かず・・・
というときに、
ちょっと離れたところにいた長男が
「この席をどうぞ!」って言って立ち上がり
女性を導いて席に座らせたらしい。
その女性はかなり感激していて、
秋葉原で降りるときも 丁寧にお礼を
行って去っていったらしい。
他の生徒が動けずにいるときに
長男の行動が、
それがあまりに自然にやっていたので
先生は、感動して、
他の生徒たちもかなり感銘を受けた様子だった
とのこと。

・・・・これ、全然普通のことですが(-_-;)
普段子供たちが電車乗るときは
私も含めいつもやってます。 苦笑

(そんな感銘を受けるようなことではなくて
普通にやるべきことだと思うのだけど・・・)

さらに
京都で能の体験のシーンで、
希望者がいない?というときに
先生が (長男が能をやってるのを知っていて)
長男にやったらと振ったら、
「いえ、僕は経験があるけれど、
これは初心者体験と書いてあります、
やったことがない人が優先して受けるべきです」
といったそうな。
”周りをよく見ていて、配慮する素晴らしい行動だと思います”
と先生。
・・・・・ただやりたくなかっただけなような( -д-)ノ
あとで長男に聞いたら
まぁ高梨先生に習っているから、
違う先生のくせみたいなのが入るのがいまいち・・ってこと
だったらしい。( ´艸`)

・・・ま、なんかよくわからないが
褒めちぎられ電話を切られた・・・
普通のことなだけに、
・・・なんか気持ち悪い。苦笑 ちょっと違和感。


・・校長に提出した文書は、
この日本全国的にも前代未聞だっていう
統合劇の後の学校であり、
めっちゃくちゃな広大学区を持つ
超特殊学校にあって、
今まで通り、型通りの対応では、全然アウトなことが多々あるので
一つ一つ指摘しつつ
こうしたらどうですか?っていう案を出す形のもの
それについては 
校長から電話ありGW明けに職員会議で対応を検討する
だそうだ。
…本気でやるかよく見守る。
結果変わらなければ、即抗議。



araarayouko at 08:57|PermalinkComments(0) 育児 

2018年04月10日

興味深い記事

https://citrus-net.jp/article/34400?utm_source=facebook&utm_medium=citrus&utm_campaign=34400

araarayouko at 16:00|PermalinkComments(0) 日常 

2018年04月01日

今日は筑波山の御座替祭でした

通年なら、
地元筑波小を通して、
地域の子供たちが御座替祭に参加していた。


今年は、(学校の統合廃校を理由に)その参加要請はない


御座替祭は、近年参加してくれる方が減って
お祭りの開催に苦労していると聞いている
だからこそ、
地元の小学校に参加要請があったのだろう

・・・筑波小が廃校になり、
地域のお祭りに参加する機会も失われ、
上筑波は、特に 新しい学校へのスクールバス通学は
とても利便性が悪く、通学が困難になるも出てきている
危機的な状態。
(それを理由に子供の入学前に引っ越しして
しまった家庭もある)
もし、このまま地域の子供たちが参加する機会が失われたなら
さらに祭りに参加する子供は激減するでしょう。

祭りは衰退

結果として地域も衰退

・・・今回のつくば市北部の小中学校統合の動きの口火となった
筑波地区の区長会の要望書には、
”地域活性のために”学校を統合してほしい と書かれている。
・・・どこが????と聞きたい。
なぜ、こんなことを。

先日地域の法要で、地元のお寺にいた。
桜がとてもきれいで、
それを見に来ていた若い夫婦が双子の赤ちゃんを連れてきていた。
法要に参加していたのは、
学校周辺地区のおじいちゃん数名とおばあちゃんたち。
ちょうどお墓での線香をあげ終わり、
降りてきたときで、
あっという間に、おばあちゃんたちが赤ちゃんと夫婦を囲んで
大騒ぎ。
「かわいいねぇ!」
「お名前はなんていうの?」
「いいねぇ!素敵ねぇ!」ときゃぴきゃぴ騒ぐおばあちゃんたち。
さっきまで、
表情も少なく、法要に参加していたのに( ´艸`)
笑顔全開で、もう大騒ぎ。

・・・そう子供って、高齢者にとっては、
結構な元気の源なんですよね。
法要の中で、いろいろ地域のおばあちゃんたちと話もして
「学校での子供たちの声が聞けなくなるのが寂しい」と
「スクールバスが早く出発で、子供たちの顔を見ることもなくなる」
…寂しい 
そういう声が沢山ありました。

今回の統合で
各地域から子供たちが根こそぎ別の地区へ
運ばれてしまうことは、死活問題だと思います。

なぜ、どうして
地域活性のために学校統合を なんて言えたのか、
私は聞きたい。
・・・でも実は答えはわかっている

実は、新しい学校の最初の図面が公開されたとき、
秀峰筑波の学校の保護者のための駐車場は”ゼロ!”だった。
なんで?どうして?
普通最低でも全児童の1割程度の駐車場が確保されているのに
なぜ、ゼロか! 
教育局の答えは、
「必要ないから」だった。怒 
運動会は?授業参観は? 文化祭は!?と聞いたら
(忘れもしない 当時の教育局学務課の課長が)
「あのねえぇ 年に数回のイベントのために駐車場なんて
いらねーの」って言いました。(連絡協議会でね!!!!) 
はぁぁ?
夏の雷の警報やら竜巻警報だって
しょっちゅう 保護者にお迎え要請ありますが?
日常的に送り迎えが必要になる怪我や不調の子たちのことは?
と食い下がっても、全然話にならず。
別方面から、異議申し立てをして、
結果として駐車場は70台分確保されることになりましたが、
この問題のとき、
実は、私当時の区長代表(北部)のところへ、
話を聞きに行ったんですよね。

駐車場も問題だけど、校庭も狭いと思ったので、
区長会で、
「地域活性のため、子供たちの教育環境向上のために」
学校を統合してくれというのだから、
こういう学校という理想をお持ちなのだろうと。
なのに、こんな図面の学校でいいんですか?って。

…結論からいうと、
区長代表さんは何も知らない 何もわからないとおっしゃっていました。
(でも、確かに校庭が狭いな、
駐車場がゼロなんておかしいな・・と行政にすぐ連絡を入れてくださいました)
・・だれかが、
北部の子供たちのために、
北部の子供たちのためになるんだから、と
この要望書にハンコ押しなさい と
中身をよく説明もせずにさせていた。のが明白でした。 
しかも出した要望書に対して
その解答とか、その後の連絡も何もないと言っていました。

区長さんたちの純粋な気持ち、
地域のためになるだろうことには賛成する 
ということを悪用したやり方でしょうね。
でも、もう少し警戒してほしかった・・・。

確実に言えるのは、
統合をきっかけに地域は活性などしない。
衰退する可能性の方が断然高い ということです。


…なにもかもがおかしい。
それが今回の統合の裏側。 

この難問を新しい市長さんや教育長は
どう解決していくのか・・・
大変な問題です。



araarayouko at 18:58|PermalinkComments(0) 日常 
livedoor 天気