白球たずねて三千里

まだ見ぬドラフト候補を求めて。 静岡を中心に、アマチュア野球を見た・撮った雑感をつづります。

ギリギリ新年(?)の挨拶

 遅ればせながらあけましておめでとうございます。センバツ出場校も決定し、もうすぐプロ野球のキャンプも始まります。今年のオフシーズンはブログも全く更新せず、のんびりしてしまったわけですが…。

 センバツではやはり花巻東の大谷翔平が気になります。昨夏も甲子園には出場しましたが、彼の実力はあんなものではありません。万全の状態を甲子園の大観衆にぜひ見てほしいですね。
 また、大阪桐蔭の藤浪晋太郎も気になる選手。大谷と同様、190センチを超える長身右腕ですが、迫力は大谷以上です。

 大谷も藤浪も、長身で150キロ近いボールを持つ速球派ながら、制球も悪くないのがすごいところ。
 長身で制球がよいといえば、静清から今春、三菱重工横浜に入社する野村亮介。私が今年注目していきたい投手の一人です。体力はまだこれからだと思いますが、187センチの長身から140キロを超えるボールを低めに集めることができるので、1年目から出番がありそう。のんびりした穏やかな性格なので、社会人野球という厳しい世界で心身ともに成長していってほしいです。

 昨年の静岡ではその野村が飛び抜けた存在でしたが、今年は野村ほどの選手が今のところ見当たりません。ただ、高校生の成長は侮れません。この冬を越して、各選手がどう伸びてきたのか、早くチェックしたくてしょうがないです。
kisyo 春の大化けに期待している選手は何人かいますが、一番期待したいのが岩本喜照(常葉学園菊川)。常葉学園菊川は昨秋、県大会2回戦で敗退し、その後の練習試合でも散々な結果だったそう。
 岩本はエースながら、昨春、昨夏と大事な試合の前に故障で登板回避することが続き、秋もあまりいい状態だとは感じませんでした。身長が急に伸びたこともあり、(1年夏には183センチだったのが、2年秋には189センチに)まだ体全体をうまく使うことができないのかとも思います。ただ、1年生の時のキレを取り戻し、さらにそのストレートに角度もつけば、静岡では抜きんでた投手になるでしょうし、常葉学園菊川の復権の足がかりにもなるでしょう。逆にいうと、岩本の復活なしに、常葉学園菊川の復活もないと思います。冬の成長如何で、とびきりの起爆剤になれる選手です。
 1年時から注目されてきた投手ですが、最後の1年も見守っていきたいです。

 とりとめのない話をつらつら書き連ねてきましたが、3月からは通常のブログを更新します…するつもりです。
 今年もよろしくお願いします。

<写真>岩本喜照(常葉学園菊川)
CD-RWの調子が悪かったので、使いまわしの写真です…。

豊作祈願! 静岡高校野球勝手に注目選手~西部編

 ちょっと間があいてしまいましたが、その間、東海大会などに行っていました。静岡勢は1週目で全滅してしまい、残念でした。来年、また静岡を盛り上げて欲しい選手たちを紹介します。(今秋、実際に見た選手だけなので、本当はもっと色々な選手がいます!)

asakura
kisyo
shota
moriguchi
 今回は西部編(菊川・磐田・浜松付近)。

 西部でまず推したいのは、浜松工の朝倉陽輔(2年)。この選手は、今回の秋季大会で一番印象に残っている選手です。159cmと本当に小柄ですが、その小柄さが投手にとっては非常に投げづらそう。四球で塁に出そうものなら、足でプレッシャーをかけることがこれまた上手です。客席で見ているだけでイラついてくるのがすごい。中堅122m両翼99.1mと広い浜松球場の中段に放り込むパンチ力も秘め、勝負強さも◎。夏には捕手を務めるなど、野球センスの塊のような選手で、打席に入ると、目が離せなくなります。

 常葉学園菊川のエース・岩本喜照(2年)は県大会のパンフレットで「188センチ」と書かれていることにビックリ。確かに、大きくなったとは思っていましたが、そんなにあるとは。その身長を生かした角度ある投球を春には期待したいです。1年生の時に、夏の県大会で見せた好投、伸びのあるストレートはすばらしかっただけに、今年の投球は歯がゆく感じるところも。この冬、一番大化けしてほしい選手かもしれません。
  同じく常葉学園菊川では、甘い球は見逃さない川村優太(2年)、1年生ながらシュアな打撃でレギュラーを獲得した遠藤康平も注目したい選手。

 聖隷クリストファーはフォームがきれいな鈴木翔太(1年)が注目。今はとにかく体が細く、ストレートにキレはあるものの、当たれば飛んでしまうボールです。体ができてきて、ボールに力がついてくれば、ぐっと伸びてきそう。
 同じく聖隷クリストファーの捕手・亀山裕輝(2年)は飛ばす能力や俊足を生かした走塁が魅力。ただ、今秋は特に体の突っ込みが気になりました。中堅手の鈴木寛也(2年)、三塁手の鈴木大輝(2年)も打撃、スピードが光るプレーヤーです。

 磐田東の森口壽樹(2年)は185cm90kgと非常に大柄な左腕。投球よりも打撃の魅力が勝り、打席での迫力がすごい選手です。今後、マークが厳しくなる中で、どれだけ力を発揮できるかが気になります。
 浜松市立の和久田友輝(2年)はオーソドックスな投手に見えて、球速表示より速く見えるストレートの持ち主。練習試合では、東海大相模の強打線を相手に、気持ちを切らさず丁寧に投げて9回2失点でした。
 浜松商の岡野了(2年)はスイングが鋭く、対応力のある打者。守備での動きもいいです。
 

 西部は浜名が見られなかったのが残念でした。菊川南稜も見たかったですね。

<写真>上から朝倉陽輔(浜松工)、岩本喜照(常葉学園菊川)、鈴木翔太(聖隷クリストファー)、森口壽樹(磐田東)

豊作祈願! 静岡高校野球勝手に注目選手~中部編

 静岡県の秋季大会を、地区大会から県大会まで見る機会が多かったので、印象に残った選手を地区ごとにざらっと紹介します。(今秋、実際に見た選手だけなので、本当はもっと色々な選手がいます!)
 今回は中部編(清水、静岡、藤枝、島田付近)。

kidomiyazaki
ariga
ohtomo
 中部では常葉学園橘のエース・宮崎悟。1年生の時に、甲子園で見て以来、1年ぶりぐらいに見ました。感想は…失礼ながら、こんなにいい投手だったっけ? 腕が振れていて、テンポがよく、今秋の好調さを感じさせる投球。身長もあるので、本格派右腕として、今後は球速の伸びにも期待したいところ。宮崎といえばコレ! という個性も出てくれば面白そうです。
 そのボールを受ける城戸健太朗(2年)は、1年生4番として昨夏注目を集めた選手。強打はもちろんのこと、常葉学園橘中時代から宮崎のボールを受け続けているだけに、今秋は捕手としての活躍も目立ちました。今秋、宮崎が21イニング無失点を続けたのも城戸の好リードがあってこそ。
 常葉学園橘では、先日ご紹介した(この秋、一番見たかった常葉学園橘をチェック)、青島勢奈(1年)と道場嵩慈(1年)も好選手。秋季大会で怪我をしてしまった左腕・高橋遥人(1年)も、春には治してマウンドに帰ってきてほしい投手です。

 静岡商の有賀純(2年)はマウンドでは力のあるストレートを投げますが、本領は打席で発揮。迫力のあるたたずまいで、軽くスイングしているように見えて、打球はグンと伸びていきます。
 エースの中本聖エリヤ(2年)もバッティングがうまい選手。フィールディングなどもよく、運動神経やセンスを感じさせます。投球では、調子が悪くても粘れる精神力にエースの矜持を感じました。

 静岡の中澤彰太(2年)は打球の強さが魅力。身長は174cmですが、それよりも大きく見える、しっかりとした体つきです。夏までは三塁を守っていましたが、秋からは中堅へ。肩は強いのですが、三塁では少し怖い場面もあっただけに、中堅は中澤の良さがもっと発揮できそうです。
 バッティングでは中澤に負けていないのが小野慶典(2年)。飛ばす選手ですが、今夏、甲子園では堅く、全く持ち味を出せませんでした。大きな舞台でも力を出せるように、まずは東海大会での活躍に期待したいです。

 島田樟誠の大友伸久(2年)は、この冬の伸びに期待したい遊撃手。スイングが鋭く、打球にスピードがあります。その打球の勢い、反応のいい遊撃守備から、最初に見た時に抱いた印象は、「花嶋修平(磐田東)っぽい」。走攻守がバランスよく揃っているだけに、もう一回り、二回り育ってほしいです。
 同じく島田樟誠では動きがいい捕手の高木裕太(2年)も楽しみです。

 中部は今回あまり見られなかったので、月末に静岡市内大会を見て補完する予定です。

<写真>宮崎悟と城戸健太郎(ともに常葉学園橘)、有賀純(静岡商)、大友伸久(島田樟誠)

豊作祈願! 静岡高校野球勝手に注目選手~東部編

 ご無沙汰してました。ブログもほったらかしで、何をしていたかというと、主に静岡県の高校野球を見ていました。私のイチオシだった常葉学園橘は静岡県大会の3位決定戦で負けてしまい、東海大会出場は叶いませんでしたが、静岡県からは静岡商、富士市立、静岡の3校が東海大会に出場します。
 地区大会から県大会まで見る機会が多かったので、印象に残った選手を地区ごとにざらっと紹介します。(今秋、実際に見た選手だけなので、本当はもっと色々な選手がいます!)
 今回は東部編(三島、沼津、富士、伊豆半島の付近)。

穂満04
DSC_4012
DSC_4543
DSC_2304

 東部では静岡県大会準優勝を果たした富士市立の捕手・穂満勇斗(2年)が一番インパクトがありました。171cmと小柄ですが、運動神経がよさそうなキレのあるプレー。チームを引っ張る中心選手で、野球に対して真摯な姿勢は応援したくなります。打撃は二塁打、三塁打を量産。スイングがシャープで大きな弱点がなく、甘いボールは見逃さずにしっかりミートできます。今秋は特に打ちまくったので、これから東海大会での活躍にも期待したいです。
 富士市立では、なぜか打てないエース・塚本智(2年)も外せません。出所が見づらい、穂満のリードがいいなど、打てない理由はいくつかあるのですが、どれも決定的に打てない理由ではないような…。「なんで打てないんだろう?」と打者が思っているうちに、アウトを積み重ねて勝利へ。この不思議な投球が東海大会で通用するのか、確認したい選手です。

 伊東商の竹安大知(2年)はこの冬、グンと伸びてきそうな投手。転校による出場できない期間が終了し、満を持して今秋静岡県デビューを果たしました。初登板の時は、たまに来る低めに伸びるストレートや、体が反応しているようなバッティングに素質を感じたものの、まだ投手として歩き始めたばかりという印象。しかし、その一カ月後に見た時には、マウンドでの所作、プレースタイルが一気に垢ぬけ、投手らしい雰囲気に。バント処理などとっさの判断力が必要な場面で、選択を間違わないところは持ち前のセンスでしょうか。制球や体力など、まだまだ課題は多いのですが、原石が少しずつ実戦で磨かれているのを実感しました。

 イキがよかったのは、日大三島の今村拓(1年)。キレのあるストレートにはのびしろを感じました。この選手の兄である今村亮(市立沼津2年)は130キロ後半を記録する速球派投手。注目の兄弟です。(市立沼津は今秋見られませんでしたが、小林弘郁という注目左腕もいます!)
 韮山の左翼手・尾崎資樹(2年)は、隙を見せるとどんどん次の塁を奪っていく機動力が魅力。1年時からエースとして投げ続ける杉山将一(2年)は、今秋は制球を乱す場面が目立ちました。チームの柱として、冬の間に調子を立て直してほしいです。
 下田の鈴木勇人(2年)は、少しレトロさを感じる投球スタイルが印象的。下田は選手個々がしっかり力を出していて、新チームというより夏のチームの雰囲気がありました。
 御殿場西は三塁手の岩間勇平(1年)が169cm88kgの体型で目立っていました。ただ、動きはなかなかよく、送球も正確。打撃では対応力がほしいところ。エース・小澤凌(2年)は鋭いスイングの打撃がよかったです。
 飛龍の佐々木純(2年)は捕手らしい捕手。パワーがあり、滞空時間の長い打球にも魅力あり。

 地区大会で敗退してしまった選手の中では三島の梁瀬知(1年)、吉山拳汰郎(2年)らもセンスを感じさせる選手たち。三島は一度しか見る機会がなかったのですが、目立つ選手が多かったので、早いうちにまた見たいチームです。
 伊東の遊撃手・前島賢人(2年)は今年からは投手としての出番が多くなりそうですが、遊撃で映える選手。ぱっと見で目を引くシルエットで、身体能力も高そうです。

 本文中にも書きましたが、今秋見られなかった選手、まだ見ていない選手にも楽しみな選手がいっぱいいます(加藤学園、誠恵、御殿場あたり見たかった…)。また、確認しがてら、このブログでご紹介したいと思います。

<写真>上から穂満勇斗(富士市立)、竹安大知(伊東商)、杉山将一(韮山)、前島賢人(伊東)

この秋、一番見たかった常葉学園橘をチェック

9月17日 秋季静岡県大会 常葉学園橘vs御殿場西 愛鷹球場
常葉橘211001128
御殿場西0001000×1

<スタメン>
常葉橘
1-4道場
2-6青島
3-2城戸
4-9西川
5-1宮崎
6-3荒浪
7-5荒木
8-7増田
9-8落合
御殿場西
1-8平山
2-7長田
3-1小澤
4-3勝間田
5-5岩間
6-2鹿沼
7-9土屋
8-6国生
9-4坂本

<投手リレー>
常葉橘:宮崎(6)、高橋(2)
御殿場西:小澤(6 1/3)、石井(1 2/3)

 先週の土日は愛鷹球場で秋季静岡県大会を観戦しました。天気が心配だった17日ですが、早朝まで強い雨が降ることもあったものの、試合開始2時間前には台風一過のような青空。試合中に、一度強い雨が降ったりもしましたが、中断もなく、観戦することができました。

 17日に見たかったチームは常葉学園橘。付属の常葉学園橘中が強豪校なだけに、イキのいい下級生がどんどん入ってくるチームです。
mitiba 特に注目していたのは、1番セカンド・道場嵩慈、2番ショート・青島勢奈の1年生コンビです。昨夏は、常葉学園橘中の主力として全国制覇を成し遂げた2人。私は、それまで中学野球をあまり観戦したことがなかったのですが、たまたま観戦しに行った時に見た道場の打球の鋭さ、青島の躍動感に驚き、それ以来、まめに中学野球にも足を運ぶようになりました。
 私が中学野球に深い興味を抱くきっかけとなった選手たちなので、高校野球でどれだけ通用するのかも当然気になるところです。

 道場はこの日、4打数1安打。第1打席では粘って、9球目に来た高めの真っすぐを叩き、左中間を真っ二つに割る三塁打。先制のホームも踏み、まさに核弾頭という働きを見せました。
 硬球に比べると、軟球は、インパクトの時でもそういい音はしませんし、勢いも比べることはできません。しかし、中学時代の道場の打球は、「カキーン」という濁りのない音をたて、「これが軟式?」と思うような鋭さを持っていました。ボールをしっかり捉えて、強く叩かなければああいう打球は飛ばないでしょう。まだまだ道場は伸びる選手だと思います。

sena 青島は最初の打席で四球を選ぶと、第2打席ではレフトに痛烈な打球を放ち、二塁打。その後はレフトフライ、三振でした。
 青島は中学時代、主に投手として活躍し、高校に入学後もマウンドに立っています。ただ、この日見た遊撃守備はインパクトがありました。とてもグラブさばきが目を引くのです。おおげさにプレーしているわけではありません。柔らかく、キレのあるグラブさばきで、ボールと仲良くしているようなフィールディングでした。
 172cmと小柄ですが、先輩の庄司隼人(現広島)のようにセンスと華を持つプレーヤーです。

 また、中継ぎとして登場した高橋遥人も注目の1年生左腕。思い切り腕を振ってくる投手で、179cmと身長もあるだけに、今後の成長に期待です。

 この試合の翌日に行われた浜松市立戦にも勝利した常葉学園橘。23日に行われる準々決勝では、今、県内で一番勢いがあるかもしれない飛龍と対戦します。この一戦に勝つと、東海大会も見えてくるだけに、両校にとって負けられない試合です。いい勝負が見られそうで楽しみです。


 同じく23日に、常葉学園橘中も草薙球場で全日本少年春季軟式野球大会の初戦に臨みます。現在の常葉学園橘中のレギュラーには180cmクラスがゴロゴロいて、レギュラーの平均身長でいったら、高等部よりも大きいのではないでしょうか。今後、その選手も大半が高等部に進むはず。2,3年後には常葉学園橘は県内随一の長身チームになるのかもしれません。

<写真>上が道場嵩慈、下が青島勢奈(ともに常葉学園橘)

記事検索
プロフィール

新井広美

静岡県を中心にアマチュア野球を観戦しています。今まで野球のために移動した距離は三千里をとっくに超えています…。
現在『携帯版野球小僧』で東海アマ野球レポートを書いています!
雑誌『野球小僧』の元編集部員。
好きな選手は今中慎二(元中日)、竹林俊行(元NTT西日本)などなど。
ご連絡はmittan1126@jcom.home.ne.jpまでお願いします。

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ