2008年07月

2008年07月28日

なぜか、、

友はいった、ザクザクと砂利道を踏みしめて、、、、
から始まる言葉を思い出した。
にわかに春のおとずれに、鳴り響く春雷と共に、
特攻零機が南の島に行く、、という、、、特攻兵士の日記、、、

今は夏なので、熱雷であるがw、、、、

ぼんやり、窓の外になり響く、夏の雷を聞いています。
さっきから、突然の雷と共に、
月末の伝票処理途中に電源が!、
パソコンが一瞬、まばたき”をしたと思うや、切れた、、
すぐに自動で再起動した、モニターには、
もう、開いていた表計算ソフトはなかったw  汗)

しばらくして、2度目の電源のまばたき”に、、、
もう、ちょっと作業はやめて、、、これを打っているW

これなら、切れても、さほど影響はないがw
補助電源回路がほしいか、、と思うが、、
まー、こんな、雷と雨は、久々、
そんなに、しょっちゅう来るわけでもなし、w

熱い日が続いていて、、、、
なんと、気持のいい、一時、、
窓を全開にして、雨しぶきと、気持のいい風と、
天空に響く、雷鳴に、、

今ひったっているのです、

消えたデーターは再度入力しなくてはならないが、、

あなたの、街では、今、熱雷は?


arajinman_s at 13:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月26日

Gyaoは楽しい! 

ギャオは、無料で映画が見られるので、
とてもうれしい、
http://www.gyao.jp/
今夜も、いつものシリーズ、
雀鬼シリーズV15が公開となり、
熱い日々、夜の映画観賞で寝るのも遅くなってしまうw

今日も楽しく、雀鬼シリーズV15を鑑賞させていただいたのだが、
パソコンすきすき人間にとっては、プロローグの新宿風景のシーンに
引っ掛かり?を感じて、ついつい繰り返し見てしまったのです。

雀鬼シリーズは、1970年代を背景にして、
桜井章一プロの無敗の物語を元に描かれているが、、
当時の新宿には、あったらおかしい?

と思える看板が左側に映し出された。
それは、”インターネット”という看板である。
ちょっと、気がつかなければ見過ごす、速さなのだが、


アメリカで1964年、ポール・バランの電信システムから、
インターネットの元となったARPANETと
名づけられたものが始まりだが、

国内でのインターネットは、もっとずーと後で
1988年に慶應義塾大学の村井純教授らが中心になって設立された
インターネットに関する研究プロジェクト。
WIDEが、現在のインターネットと呼ばれる先駆者となっている、

その前は、パソコン通信というものはあったが、
インターネットカフェなど、一般にお店として存在するわけもない。

まー撮影は数年前の、新宿だと思うがw
雀鬼シリーズファンのパソコンすきすき人間にとっては、
出来れば、”インターネット”の看板はCG処理で消して、
インターネットの代わりに、”インベーダーゲーム”にしておいて
ほしかった。

まーその、右側に、“バイアグラ”と大きな看板も見受けられるが、
これの発売は1999年3月だったりするのだがw
これは、パソコンすきすき人間には、どうでもいい事でw

しかし、ストーリーは、ますます迫真を帯びて、
次回の作品も楽しみだ。

皆さんも興味があれば、観てみよう!w


arajinman_s at 03:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月22日

魍魎の匣

しかし、暑い!
今から、こんなに暑いと、8月は、どうなんだ、、、なんて
考えてしまう。
この暑い中、パソコンのスイッチを入れると、
まさに、暑い中に、電気温風器を回しているような感じがする。

ここで、クーラーを入れると、温風器とクーラーを狭い部屋に
つけて、電気代を多く払っているようで悔しい、
どうせなら、全部消して、何もせず、じっとしているのも、
パソコンすきすき人間にとってはさらに悔しい。

で、暑い中、パソコンをつけ、
ケースのサイドカバーにつけたFANから、噴出す、
もやもやとした生暖かい風をほほに感じながら
パソコンに向かう、まさに魍魎の匣だな、、これは、
”えたいの知れない箱だから”、、、笑)、、それもありか、、、

もはや、この暑さに、化け物でも登場させねば、
気も安らぐことはない、w

あなたの、魍魎の匣は、いかがでしょうか、
こんな時は、
みなさんもCPUの体温も確認しておきましょう。
むむ〜いつもより5℃は高い、、、汗
http://www.almico.com/sfdownload.php


arajinman_s at 14:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月10日

B-CAS

地上デジタル放送が、あと数年にせまり、現在の
地上デジタル放送のコンテンツ保護技術であるB-CASについて、
コピーワンズやコピーテンなどの話題と同様に、世間で注目されているが、

なんと、この企業の実態が”なぞ”というではないか!驚き!

「あまねく誰もが視聴する無料の基幹放送である地デジに、
技術と契約のコンテンツ保護方式が導入されていることで、
ストなどの負担がかかっている。この仕組みを続けていくことは問題ではないか」
という事は、当然のことで、
まじかに迫った今、なにをちんたらやっているかと、、、

いやはや、お金儲けの上手な処は、このようにして
儲けるか、という見本のような話で、

昔、500円札の顔にもなった板垣が公家の地位を
利用して、家で賭場を開いていたと話を聞いたが、

いやはや、まさに幕末動乱を感じさせる、TV界では
大きな時代の変化となる予感、、大げさかw)

まー、こんな方法で利益が上がるのは、
高速道路の料金と同じで、
早く改正してもらわねば、と思うのだが、

http://news.livedoor.com/article/detail/3722031/

http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20080624/1005467/

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080625_bcas/


arajinman_s at 11:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月08日

1-2-3

今日は、パソコンのクリーンインストールに、
再度、LOTUS1-2-3(
いまだに表計算 仕事用にはこれを、)を
インストールしようと、
いつもの本棚を探したが、、
見つからず、半日かけてさっきから、
引出から押入れまで、隅々汗だくで探したのですが、、

もう諦めて、最初の本棚を見たら、10Cmずれた場所に
向きを逆に置いてあった。とほほ、、
やけくそで、さっきから、数枚バックアップCDを作成、
もう、老眼鏡のように、どこにいても、(100円めがね)
あるようにとw

でもまー、一度インストールしてしまえば、
当分いらないんだが、、

もう、長いことインストールしていないCDは、
探すのが大変ですわ、、w汗)

arajinman_s at 17:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月03日

ワードの入力

昨日、知人に尋ねられた内容だが、

大概、文章入力はテキスト文章で済ましている私にとって、
ワードの入力方法なんて、全く興味もない。(まーあまり詳しくないのも事実だがW)

ちょっとした、テキストのみの文章ですら、
ワードを使って送ってきたりする人がいるもので、
大きなボストンバックに書類を一枚いれて、
持ち運ぶような感覚にさせられ、憂鬱になる事も時折ではない。
また、それを、初心者対象に、教室まで開いて、
教える学校も少なくはない。

文章入力など、専門的に使う人以外は、
単行本一冊、最初から入力していけば、最終ページに
着いた頃には、自己流でも、そこそこ早く打てるようになっているものだが、
文章を数打たずして覚えるなど、いきなり初めて自転車に乗るようなものではないか
と、W(ちょっとへんかw)

また、以前DOSの時代、いや、旧98(NEC)日本語入力FEPにて、
頻繁にIME変換になる前から、文章を入力していた人にとっては、
以前の方法で入力ができない状態(機能)は、他人が意識するよりも、
苦痛には違いない。


で、最近の文書入力で、”上書き入力が出来ない”
事が、気に障るようで、以前のように"INSERTキー”
を入力して上書き入力が出来ないワードにいらだち
を感じているようである。
「なぜ、できんのか?」歳を重ねるごとに、頑固さも
増す。W

私には、修正する箇所を、範囲指定しておき、入力すれば、
別段、上書き入力と変わらん、と思うのだが、そうはいかないらしい、

まー、ワードはver2002から、そのように設計を変更
してしまったのだから、仕方がない。
テキストサービスと入力言語のシステムの構成で 
”詳細なテキストサービス”をオフにする方法で、
設定するしかないのでしょうが、、、

で、どの機能が、”詳細なテキストサービス”って?
まー”サービス”っていうんだから、大したことないいんでは(笑)


arajinman_s at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
ギャラリー
  • エラー?
  • 画面の切り取りには、
  • なんで、こうなるの?
  • なんで、こうなるの?
  • ようやく、完了か、、
  • ようやく、完了か、、
記事検索
月別アーカイブ
Amazonライブリンク