バットマン

バットマン


Batman-66-Logo


アラ還世代としては、映画よりこっちの方がシックリきます

スチール_テンプレ



んで、とっくにネタバレですが

バイク大好きオジサンとしては

やっぱ、こっちのバットマン

P2200001


ホンダのCL250(K3)

夏頃でしたか、プチツーで立ち寄った道の駅の駐車場で見かけました。
色も写真と同じ、キャンディートパーズオレンジ

バイク小僧だった頃は、ナナハンに夢中であまり興味を惹かれませんでしたが
数十年ぶりに見た実車は、クロームのアップマフラーが艶かしくて超カッコいい
もう、完全に一目惚れ(笑)

それからは寝ても覚めてもCL、CL、CL

色々調べてみると、パーツの供給もまずまず
もちろん国内で買える純正部品は、消耗品やショートパーツの類ですが
ナナハン同様、大量に輸出されてますんで、海外からNOSパーツが調達出来ます。
輸出されたのは350ccが多かったのでしょうが、ほとんどのパーツが250ccと共通です。

バイク弄りの禁断症状もそろそろ限界
これはもう買うっきゃない
そう決心したものの、これが全くタマがありません。
某オクは無論、実店舗にも在庫なし
CB系(エクスポート&セニア)でさえ希少なのに、CL、それも250ccとなると皆無。
これ以上車検付のバイクが増えたら手が回りません
たまに出品されても、350ccのエンジンに換装されていたり…

そんなある日、ようやくお目当ての一台が某オクに出品されました。

フレームNOやエンジンNOから間違いなくバットマンカラーのK3、正規の250ccです。
しかもカタログや、先日見かけたCLと同じキャンディートパーズオレンジ
走行距離は27,000kmと結構走ってますが、どのみちメーター表示はアテになりません。
2年前まで走っていたそうですが、まあ、普通に動いたらラッキーってレベルでしょう
外装は紫外線による退色が進み、年式相応にヤレているようですが
このバイクの「顔」となるエキパイ&マフラーは良品に交換してあるようです。
何よりも、ほぼほぼオリジナルを保っているのが素晴らしい
そう言えばダックスもこんな感じでしたね

正直、四十数年前の250ccとしてはビックリするようなお値段
数年前なら10諭吉も出せば買えたでしょうが、もはや選択の余地はありません。
ブログを始める時に、旧車ブームに警鐘を鳴らすとか言っておきながら
しっかり旧車ブームに乗せられて、お恥ずかしい限りです(汗)

んで、幸か不幸かライバルと競り合うことも無く、無事落札。

そして、本日、ようやくご対面となりました。

IMG_0074


IMG_0076


まあ、画像だと綺麗に見えるのは毎度のこと
許容範囲と言うか、商品説明に偽りはありませんでした

この日は忘年会の予定もあり、早々にカバーを掛けて店仕舞い
細部の状態は、後日じっくり確認していきます

鍵は純正(TEC)が2本とコピーが1本
てか、純正はピカピカで多分未使用

このバイク、いったいどんな人生?を歩んできたんでしょうね
楽しみです♪

IMG_0078



新プロジェクト始動?②

ぼちぼちと新しいプロジェクト?の準備も進めていますが…


いきなり出鼻を挫かれてしまいました

IMG_0060


まあ、想定の範囲内ではありますが
税抜の66,000円って、どうせならエンジンのOHに使いたかった(涙)


新プロジェクトの準備は、取り敢えず最低限必要となる消耗品を手当てしていきます

奥の段ボールはエアクリーナー
出るだけマシですが、左右で14,000円弱!
まあ、凝った作りではありますが、定期的に交換出来る値段じゃありませんね

IMG_0062


ポイント単体は出るんですがね
ハーネスも傷んでるでしょうし、どうせならベースごと交換したいところ
国内では社外品でも入手困難

ってことで、海の向こうから調達

DAIICHI製です
CBでも問題なく使ってました
送料入れても、国内で純正のポイント2個買うより安価

IMG_0065

これも純正は出ません
N〇Kとかのロゴ入りは趣味じゃありませんので、ポイントAssyと一緒にお買い上げ

IMG_0067

てか、肝心のイグニッションコイルが手に入りません
しかも、このコイルがこの車種のウイークポイントらしい(汗)


まあ、現車が来てから考えましょう(笑)




故障(泣)

故障と言っても、バイクではありません

腕時計です

ある朝、ふと腕時計を見ると、とんでもない時間を指してます
止まってる?
まあ、自動巻きなんで、良くあること
ゼンマイを巻けば…

巻けば…

巻いても動かない(汗)

何度やっても同じこと
どうやら壊れちゃったみたいです

某有名ブランドの時計
私の持ち物(除く車・バイク)では、一番高価な代物
20年程前、管理職になったお祝いにカミさんが買ってくれた物です。


IMG_0010


買い替えるつもりも余裕もありませんので、修理します。
実は10年程前にも同じ症状が出て、修理に出しました。

これはその時の修理明細書です。

IMG_0026

IMG_0027

メーカーは、5年毎のオーバーホールを推奨してますが
さすがにこの金額だと…

今回もメーカーのサービスセンターに直送して修理してもらいます。
地元の特約店に修理を依頼しても、結局メーカーに送りますんで
幾許かは、費用と時間の節約になります。

サービスセンターに電話すると、発送用の梱包キットを送ってくれます。

IMG_0011


付属のスポンジを丸めて、時計を挟み込みます

IMG_0018

次に、薄いフィルムの貼られた箱で時計をサンドイッチします。

IMG_0022

これで時計はしっかり、且つソフトに固定されます。
スーパーのお肉や魚をラップするのと同じ要領ですね

IMG_0023

サービス申込書を記入して箱に同封
宅急便でサービスセンターに送ります
残念ながら送料は元払いです(笑)


IMG_0025


この後、サービスセンターから修理見積りが来て
OKならば修理に取り掛かってくれます
前回はケースやガラスの研磨もお願いしました。
新品同様になりますが、研磨で僅かですがケースが痩せることになりますんで
今回は修理&オーバーホールだけお願いするつもりです。

10年前があの金額ですから、今回幾らになるのか、見積りを見るのが怖いです

てか、新プロジェクトで物入りになのに、痛い出費です(涙)




ギャラリー
  • バットマン
  • バットマン
  • バットマン
  • バットマン
  • バットマン
  • バットマン
  • 新プロジェクト始動?②
  • 新プロジェクト始動?②
  • 新プロジェクト始動?②