2011年01月21日

松山のヒレンジャク

��������潟�吾�c��

18~20日、松山に帰省していました。
19日の昼頃に南堀端のホテル前に若い女性数人がいて、その中の一人の手に1羽の鳥が抱かれています。見ればヒレンジャク!栄養剤ドリンクをビンの蓋に入れて飲ませていました。ホテル裏の道で弱っている鳥を見つけたそうです。

「昨日も6羽ほどいたらしいから、寒さで参っているのかな。動物病院に行ったけど、そこでは預かれないと言われたそうで、市役所には連絡したらしい」と言っていました。

実は私も昨日(18日)ショッキングな場面を目撃していました。
このホテルのすぐ近くの街路樹の根元に死体が並んでいたのです。

��������潟�吾�c��鐚�臂純��罩私��

見つけた時はビックリしました。散らばっていたのを誰かが並べたのでしょうね。
ビックリしたけど、そうだ、携帯、カメラ、カメラ・・・と、まず証拠写真を撮りました。1羽だけちょっと離れて、テッシュ(トイレットペーパー?)で巻かれていました。シャッターの音で、ちょっと目を動かしたような気がしたので、まだ生きていたのかもしれません。

ヒレンジャク5羽の死体2ヒレンジャク1羽まだ生きてる?

どうしたらいいのかなぁ・・・と思ったけれど、今は時節柄、鳥インフルエンザも怖いし、先に発見者がいることだし・・・と思って、そのまま素通りしました。その日は遅くまで用があったので、翌朝、もう一度見に行きましたが、もう何もありませんでした。

19日、20日の愛媛新聞にはそれに関する記事は何も出てなかったようですが、一体ヒレンジャクに何があったのでしょうか?

ヒレンジャクをこんなに近くで見たのは初めて。キレンジャクは中部以北に多く、ヒレンジャクは西日本に多いと聞いていましたが、やっぱり松山はヒレンジャクなんだなぁと思いました。

(ちなみに、19日の朝は少し時間があったので、久しぶりにお城山で鳥見。ルリビタキ・ジョウビタキ・イカル・シメ・ヤマガラ・ウグイス・クロジ・シロハラ、その他17種でした。)






arakawasanpo at 20:37コメント(7)トラックバック(0)番外編 | 野鳥 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ぷらっとくん   2011年01月21日 21:16
ヒレンジャク何のことかわかりませんでした。
鳥の名前だったのですが、まだ本当にポピュラーな鳥しか知らず、
名前も写真をみたのも初めてでした。
野鳥の小鳥が人の手に静かに乗っているのは、よほど弱っているのでしょうね。5~6羽のヒレンジャクの死んでいる写真、私も鳥インフルエンザが一瞬頭をよぎりました。
同じ日に一度に死ぬのは見る方もショッキングですね。
携帯でこれだけの写真が撮れ、いざという時に十分役立ちますね。
2. Posted by aya   2011年01月21日 22:23
sanpoさん、こんばんわ!
今、検索してみました。2009年3月にヒレンジャクを載せられましたね。

その直後、白馬の自然観察会で、ヤドリギとヒレンジャクの話を聞き、講師にこのページを紹介しました。
翌年お会いした時に「よくあんなシーンが撮影できましたね」と感心されていました。

歌舞伎役者のような派手な面立ちと、そのエピソードで印象的な鳥ですが、まだ見たことはありません。
でも、こんな出会いだったら悲しいですね。
ヒレンジャクに、いったい何がおこったのでしょう。
3. Posted by とりこ   2011年01月21日 23:37
こんばんわ
ちょっとショッキングな出来事ですね
そしてどうしてなのかも分からなくて。。。
トップは、良くできたおもちゃかと思いました。
ヒレンジャクなんて初めてでしたから、、

ブログ友の近く福島で、ヒドリガモのインフルエンザで大騒ぎのニュースを聞いたばかりです。

松山での鳥観察…ため息の出るほど種類多いですね
やはり自然の多い地域ならではでしょね。。
4. Posted by sanpo   2011年01月22日 11:02
ぷらっとくんへ
ほんとに携帯が役に立ちました。
また、携帯の画像をパソコンに取り込むと良いこともぷらっとくんが教えてくれましたし、とりこさんからSDカードへの変換アダプタを買えばいいと聞きましたから、このブログへのアップも簡単にできました。お二人のおかげ、ありがとうございました。
5. Posted by sanpo   2011年01月22日 11:06
ayaさんへ
そうそう、そんなこともありましたっけ。あの貴重な画像はKenさんのものですけどね。秋ヶ瀬に見に行ったのでした。関東周辺でもヒレンジャクを見ることの方が多く、キレンジャクの方が少ないのでしたね。
6. Posted by sanpo   2011年01月22日 11:23
とりこさんへ
レンジャクは(ヒでもキでも)見ると嬉しい鳥です。でも、こういう状態はやはり歓迎できません。
本当の鳥好きは死体でも貴重で、丁寧に良く観察するのでしょうが、私はダメですね。今は鳥インフルエンザが問題の時ですから、よけいに触れませんでしたけど、そうでなくても私は死体を見る(写真に撮る)だけで、精いっぱいでした。

鳥見で17種類なんて少ない方ですよ(短い時間でしたし、ここは水辺の鳥がいない所だし)。
探鳥会ではふつう30種前後。多い場所では(昨年は3回)45種以上ですよ。たくさんの目で見るからで、全員が全部見られるわけではありませんけど。
7. Posted by とりこ   2011年01月22日 12:30
ほんとに携帯のカメラだったんですね
これだけ撮れれば、中途半端なカメラは要らないくらいですね
どんどん進化して、いざと言う時に役立つ、良いなあ〜
私の携帯、今ではほとんど写真撮らなくなって器具も不要状態です。

あ、それから前回の数独は、sanpoさんから連絡の辿る線が本命に近いかと、訂正しました。
お知らせのきっかけが無くて、あれは今でも完璧では無くて投げてます。 
まあ、埋まったから良いかと。。。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最新コメント
記事検索
Archives
livedoor プロフィール

arakawasanpo

TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ