2011年01月26日

食べたのはだあれ?

ノイバラの実




















ノイバラの実を食べたのは誰でしょうか?
1/9の「川あるき」で糞の様なものを見つけ、「それはペリットだ」ということで収まっていました。
でも、つなさんは「奥日光でよく見かけるテンの糞に似ている」ことを確認したくて、日光自然博物館に問い合わせたそうです。

すると、日光自然博物館 業務部 Muさんから回答が届きました。

  写真拝見させていただきました。
  戦場ヶ原の木道にもよく落ちています。
 
  大きさや様子などから考えて、テン(大きさによってはイタチ)のフンかと思います。 
  ズミの実を食べて赤っぽくなったり種がたくさん入っていたりもします。
  ネズミなどを食べたあとは、骨や毛が含まれます。
 
  写真だけなので、100%とはいえませんが、可能性は高いです。
  ご参考になればと思います。

つなさんは「足立区にテンはいないと思いますので、イタチの糞の可能性もあるのではないかと思いました。」と言います。

それで、荒川ビジターセンターに河川敷でイタチやフェレット(イタチに似たぺットで、最近野生化している)を見かけたという情報はあるか、問い合わせました。すると、イタチやフェレットはないけれどハクビシンの目撃情報はあると言うことでした。

ハクビシンは果物が好きだというし、それらも含めてもう一度M.Mさんにお聞きしました。

この間のお写真のブツでしたら、糞には思えません。
私も日光には良く行き、テンの糞は良く見ますが、基本的には色は黒です。
また、ハクビシンらしい糞は何度か六義園で見つけて、一度は動物の専門家に見てもらいましたが、決定することはできませんでした。
これも木の実は入っていましたが、黒かったです。
ほ乳類の身体を一度、通ることで、胆汁や消化液が混じって、黒や茶色になると思います。もちろん、人でもイヌでも見ればわかると思います。
ペリットは、消化液が混じることは少ないので、かなり原型をとどめて出てくるものと思います。
ただ、例外などどの程度あるのか、わかりませんので、確定的なことは言えませんが。 

とても説得力のある説明のように思いました。胆汁や消化液が混じって糞は黒や茶色になる。

ところが、また別筋からも情報が。荒川ビジターセンターのスタッフが友人の
葛西臨海公園の鳥類園の解説員をしている鳥博士Naさんに聞いたところ、

少なくとも鳥のものではないとのこと、
大きさ、食草の関係からするとハクビシンあたりかなぁ、とのことでした。

北千住あたりでハクビシンの目撃情報所幾つかあるようですし、あながちあえりえないことではないかもしれませんね。
あくまで可能性の一つとして、情報提供です。

鳥の糞は完全に消えたのですが、「哺乳類の糞派」と、「ペリット派」に分かれて、もう混沌としてきました。私にはさっぱり分かりません。それで、今日もう一度、ワンド広場に行って現場検証。ノイバラの下を見て歩きました。サッと見た時は何もないようですが、よくよく見ると、結構たくさん落ちています。 

ノイバラAノイバラB











落とし物1落とし物2落とし物3 







一つ一つはかなり小さいものです。直径7~8mm、長さ2cmくらい。たくさんある所もありました。


多くあった場所




















落ちていたノイバラの実を割ってみると、種がいっぱい。食べる果肉などあまりなさそうですが。
落ちたオオカマキリの卵鞘の近くにもあったので、大きさの参考に撮ってみました。 

ノイバラの実と種大きさ(近くにオオカマキリの卵鞘)











アチコチのノイバラの下を見ていくと、小さいので目立ちませんが、よく見れば、どこにも少しずつあるようです。(かがみこんで写真を撮っていると、散歩の人によく話しかけられました。何をしているのか不審に思って当然ですね)

ノイバラC落とし物5










ノイバラD落とし物7











かなりバラけやすいもので、ちょっと小枝でつつくと壊れ、すぐにほぐれます。
さて、これは何か哺乳類の糞でしょうか?鳥のペリットでしょうか?
謎は深まるばかり・・・現行犯で見つけないとどちらも納得しないでしょうね。

落とし物9落とし物9を分解
 










長くなって恐縮ですが、大事なおまけをもう一つ。

梅の木 1月26日例の切られた梅の木が、丁寧に頑丈に補修されていました。
「首の皮一枚でつながる」といいますが、ほんの数cmで幹がつながっているだけです。無事に生き返るでしょうか?
とにかく今は花も元気に咲いています!

梅の花 1月26日










梅の木 保護梅の木 保護2

















梅の木 新B
そして、切った枝を植えたのでしょうか、近くに2本新しく植えられています。
3本の木がどうかうまく育ちますように!

梅の木 新A                   


arakawasanpo at 22:19コメント(8)トラックバック(0)生物  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by とりこ   2011年01月27日 07:51
おはようございます
糞は、前回スルーして読みましたが、
犯人は鳥なのか、獣なのか、、面白そうな展開になりましたね
そこが観察眼と言うか、興味の視点がsanpoさんは私とは違うところでいつも驚きです。
テンとか、ハクビシンがいるかもしれない
荒川もスゴイ場所なんですね

梅の木の続編があって良かったです
誤って切ってしまったようですね
再生できると良いですが、、、
2. Posted by sanpo   2011年01月27日 08:22
とりこさん おはようございます。
いろいろな人にお聞きしてしまい、大騒動になって恐縮しています。
自然界にはふだん気にしていないものがいっぱい存在しているのですね。
不思議ワールド、退屈する心配だけはありません。
梅の木は良かったでしょう?見つけた時は驚きました。
皆さんホッとしたのではないでしょうか。

それにしても、本文の下に自動的につく広告。
テーマに関連した広告にすぐ変わるのがスゴイですね。
3. Posted by ぷらっとくん   2011年01月27日 14:56
皆で謎解き楽しそうな感じがしました。
お腹の中を通り消化液によって消化され栄養分を吸い取られた後の鑑定大変ですね。
切られた梅の木、誤って切ってしまって大変だという感じが伝わってくる処置内容でした。
4. Posted by sanpo   2011年01月27日 21:59
ぷらっとくんへ
小動物のお腹の中を通って出てきたもの(糞)か、鳥の前胃で消化されなかったものを口から吐き出したもの(ペリット)かの論争です。あまりキレイなものではないので、散歩の人に聞かれるたびに、ちょっと恥ずかしかったです。
梅の木は本当に丁寧にしっかり処置されていますね。
花が枯れずにキレイに咲いているので、幹もなんとか頑張っているのでしょうね。
5. Posted by aya   2011年01月27日 22:29
sanpoさん、こんばんわ!
大論争?になってますね。
それにしても、すごい人脈、ネットワーク!

野イバラノの実と種に分けた写真を見てブツを見ると、ただ口の中でクチャクチャと噛んで出した状態のようにも見えますね。でも、細長い糞のような形状だし…。

いろいろ想像したり、考えたり、sanpoさんの頭脳の中は不思議がいっぱいで、休まる暇がないんじゃないですか?
でも、いつか、ミノムシのように、ピタッと回答が出たら嬉しいですね。

先日の川歩きの時に、河川敷には基本的に樹木は植えないと教えていただきました。
ならば、この梅の木も、どこかから流れてきた種から育ったのかしら。
人の指も、怪我をし、皮一枚で繋がっていても、処置が良ければ元通りちゃんと動くようになるようです。
きっと、この梅も再生してくれるような気がします。

6. Posted by sanpo   2011年01月28日 08:18
ayaさん おはようございます。
「河川敷には基本的に樹木は植えない」・・・元々は洪水などの時に流されると危ないので、樹木は植えてはいけない規則だったようですが、憩いの場となった今では考え方も変わり、植栽された木も増えています。特にワンド広場その他は植栽の木も多いです。
でも、この梅の木はたぶん自然に生えたものでしょうね。
鳥の(獣も!)糞や川から流れ着いたものや、自然に生える木があるのは楽しいです。そんな木は植栽されたものより、生命力は強いのではないでしょうか?頑張ってほしいです。
7. Posted by ぶんぶん丸   2011年02月04日 23:36
このお話だったのですね〜♪
私は実物のハクビシンに会ったのは初めてでした。
私が見たのは多摩川の河川敷でしたよ。
河川敷の前に大きなマンションが建っていて、そのまわりの木にしがみついていました。
きっと荒川にもいるかもですね。
8. Posted by sanpo   2011年02月05日 07:44
ぶんぶん丸さん ようこそ!
注目のハクビシンの写真が出ていて、思わずコメントを書いてしまいました。
荒川周辺でも目撃情報はあるそうです。
あのトラフズクが多摩川なので、河川敷が好きなのかなと思いました。
この落し物、ハクビシンの糞に落ちつきそうです。
また近いうちに続続編を書かなければ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最新コメント
記事検索
Archives
livedoor プロフィール

arakawasanpo

TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ