2011年02月07日

カニの脱皮

前回の川あるきの時に、荒川ビジターセンターでは新芝川で見つけた大きなモクズガニを展示飼育していると聞きました。昨日の川あるきの前にその写真を撮っておこうと少し早目に行くと、ナント一昨日、脱皮に失敗して死んでしまったそうです。

解説員の話では、一昨日の朝見るとカニが2匹になっているのでビックリしたそうですが、脱皮した抜け殻と、失敗して死んでしまったカニでした。

モクズガニの抜け殻脱皮に失敗して死んだモクズガニ










以前Kenさんが「今日の発見」で紹介してくれたあのタカアシガニの脱皮の動画を思い出しました。(クリックしてぜひ見てください)あの時はただただビックリ、とても感動しましたが、やはり脱皮は命がけなんですね。

図書館の児童書コーナーで借りてきた「カニの観察辞典」文・小田英智 写真・桜井淳史によると、カニの脱皮は水の中で行われます。「甲皮をかたくしているカルシウム分が体内に吸収され、まもなく脱皮が始まります。まず、最初に甲羅の後ろ側の縁がさけ、柔らかな新しい甲皮をまとったカニが、お尻から後ずさりするようにして、殻をぬぎ始めます。・・・すっかり古い殻をぬいだカニは、水の中で水分を吸吸し、まだ柔らかな体を伸ばします。体の形が整うと体内に吸収されていたカルシウム分が甲皮に送られ、かたい甲羅や脚をつくります。体がすっかりかたくなるまでには、脱皮から5~6日かかります。」

死んでいるカニの甲羅はまだ柔らかいと言っていました(私は触れなかったけど)。センターでもう半年以上も飼っていたんですって。関心がないというのはコワイことで、私は全然見えてなかった。脱皮の時にどんなアクシデントがあったのでしょうね。ご冥福をお祈りします。


ついでに、展示飼育中のベンケイガニやクロベンケイガニの写真もどうぞ。
赤いのがベンケイガニ、黒いのがクロベンケイガニです。

ベンケイガニクロベンケイガニ









ベンケイガニの♂♂と♀の見分け方を教えてもらいました。まず、お腹を見て、△お結び型をしているのが♂です。
下が♀で、幅が広く大きい。たくさんの卵を抱き抱えるためだそうです。

今は冬ですが、カニはどこにいるのでしょうか?カニは変温動物なので、深い穴や岩の隙間などで仮死状態で眠っているそうです。完全な冬眠ではなく、暖かければ動けるとか。



クロベンケイガニの♀昨日の川あるきではカニはむろん見られませんでした。でも、「陸生のカニは冬には普通見られない」ということも初めて知りました。
(海に棲むカニには、乾燥もひどい寒さも関係ない)

今年初めて河川敷のカニを見る日はいつでしょうか、また楽しみが増えました。



★2/6の川あるきに参加された方へ

これは何でしょう?←あの時わからなかった植物ですが、虚酔さんにお聞きすると、マメグンバンナズナのようです。

にゃはさんはアブラナ科だとは思いますが、葉っぱがどうも…。自信はあまりないけどコショウソウ(ガーデンクレス)はどうでしょう?」

コショウソウ(ガーデンクレス)というのは、初めて知りましたが、やはりマメグンバイナズナ属の植物のようです。


1マメグンバイナズナは花や実はよく見るけれど、葉はあまり多くついてなくて、こういう状態では見てないような気がします。

それで、今日もう一度河川敷に行って、その場所を探してみました。

確かに軍配の形に似た実が出来ていました。
ちょっと大きい気がしたので、グンバイナズナはどうだろうか?とお聞きしました。

23










虚酔さんは「グンバイナズナは全体にもっと大きく、果実もかなりの大きさです。」

にゃはさんはグンバイナズナの実の長さは12mm、マメグンバイナズナは3mm、ガーデンクレスは6mm、翼は先のほうだけということらしいですが」

ガーデンクレス6mm!? あの実は6mmくらいあったと思うなぁ。でも、ガーデンクレスというのは野外にも進出しているものなのでしょうか?河川敷にたくさんあったので、マメグンバイナズナが無難だと思ったのですが。

にゃはさん「帰化植物の図鑑に載っているくらいですから。スプラウト用に種が売られてるようです。わたしは見たことないです。」

ということで、たぶんマメグンバイナズナが一般的ですが、コショウソウ(ガーデンクレス)というものもあるということを頭に入れて、今後また観察していきたいと思います。 → 2/8 新タイトルで追記しました


arakawasanpo at 21:52コメント(6)トラックバック(0)川あるき | 生物 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ぷらっとくん   2011年02月07日 21:21
足立区にモズクガニがいるんですね。
それよりも脱皮は日常的なものと思っていたので
脱皮に失敗して死んだと書かれていたので驚きました。
一度甲羅になったカルシウムが脱皮の時に体内に再び
取り込まれる仕組みにもびっくりです。
2. Posted by sanpo   2011年02月07日 22:09
ぷらっとくんへ
私も「モズクガニ」と思って検索したら、よく言われるが、それは間違いで「モクズガニ」が正しいのだそうです。
これは新芝川でとれたらしいけど、荒川にもいるそうです。
脱皮は成功する方が普通でしょうが、セミや蝶でも羽化の失敗はあるでしょう。いつ何があるかわからない命ははかないものだと思います。
3. Posted by aya   2011年02月07日 23:25
sanpoさん、こんばんわ!
タイトルの「カニの脱皮」から、すぐに脱皮の動画のことを思いだしました。まるで手品のようでしたよね。
脱皮ってこういう仕組みなんですねぇ。
蝶も蛹の時は殻が硬いはずなのに、羽化のときには中身が見えるほど薄くなっている。きっと同じような仕組みなのでしょうね。
かつてお世話になったネイチャーガイドさんのブログには、時折脱皮に失敗した昆虫の写真が載ります。
やはり、自然は厳しいんですね。
4. Posted by sanpo   2011年02月07日 23:58
ayaさん こんばんは
私もあのタカアシガニの脱皮の動画を見ていなかったら、こんなに関心を持たなかったと思います。このモクズガニも頑張って、かなりのところまで成功したのに、最後の方でハサミの方がうまく出られなかったようで、かわいそうでした。
カニは大人になるまでに何度も脱皮するようですから、大変です。
もっとも自然界では危険は常にあるのでしょうから、一日一日を生き延びることが全てなのでしょうね。
5. Posted by とりこ   2011年02月08日 09:25
カニは、食用しか、見えて無くて、、、
脱皮前のカニは美味しくないから、食べるのを止めとくとか〜
でも脱皮後、甲羅などの硬さが戻るまで5〜6日もかかるとは、
その間 敵にも襲われそうだし、ホントに命がけですね。

荒川河川敷で見たクロベンケイガニは、どこか石の間などで冬眠中
ジッと春を待ってるのかなあ?

話が違いますが、浅草寺ソバの電線にでハクビシンがいたのが見つかったそうです。
カラスに威嚇されて逃げたそうで、街中なのに、不思議と思いました。
6. Posted by sanpo   2011年02月08日 10:41
とりこさん おはようございます。
カニのふるさとは海。世界には約6000種のカニがいて、日本産のものだけでも1000種近くいるそうです。そしてそのほとんどが海の底で暮らしています。陸上へ進出してきたのは、そのほんの一部。全ての陸に暮らす生きものの最大の試練が冬の寒さと乾燥とか・・・、いろいろ面白いです。
カニのことも今までほとんど関心がなかったけれど、荒川周辺にいる動植物の全てを、少しずつ勉強していきたいと思っています。
ハクビシンもそのうち出会う機会がありそうですね。心の準備は完了です!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最新コメント
記事検索
Archives
livedoor プロフィール

arakawasanpo

TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ