2011年02月26日

今度はペリットに1票追加!

しつこくて恐縮ですが、また例の荒川河川敷の落し物の追加情報です。
ひょんなことからミルフィーユさん経由で、東京環境工科専門学校の哺乳類担当のS先生のご意見を伺うことができました。以下ミルフィーユさんからのメールです。

S先生が写真を見た第一声は、「ペリットだな。」 と言っていました。
私が、糞の可能性はないかと聞いたら、糞だったらイタチの可能性はあると言っていました。
ハクビシンの可能性はないかといったところ、ハクビシンの糞は、もっと太いから違うと言っていました。

ペリットと糞の見分けは、結構難しいそうですが、落し物が近くに大量にある写真を見て、やっぱりペリットの可能性の方が高いと言っていました。
ペリットの主は断定できないと言っていました
また、ペリットか糞かを断言するには、現場を直接見ないと難しいとのことでした。

ウーン、これまでの意見を整理すると、鳥のペリット、イタチの糞、ハクビシンの糞あたりに絞られてきました。でも、現場で目撃しない限り、確定は難しそうですね。
今回のことで一番感じたのは、限られた情報では専門家でもこれだけ意見が違うということ。自然観察は奥が深い!少ない資料では断定できない、分からないこともいっぱいあるということですね。でも、少しずつ絞り込めるように体験・知識を深めていきたいです。


さて、おまけです。ayaさんがギンモクセイの実を紹介してくれました。そういえば、すっかり忘れていましたが、去年、近所にギンモクセイかウスギモクセイかという木を見つけて、実を確認しなければいけなかったことを思い出しました。さっそく見に行くと、ああ、実ができています!

ウスギモクセイの実




















ウスギモクセイの実2
去年調べた時には、ギンモクセイは日本には雄株だけなので実ができない、ウスギモクセイは雌株があり実ができると本には書いてありました。
葉に鋸歯もないし(ギンモクセイの葉には鋸歯がある)、この木はウスギモクセイかなと思います。

ayaさんのは「ギンモクセイ」という名札がありますが、どうなんでしょうね?


落ちていた実を3個だけ持ち帰ったのですが、中の種を出そうと実を割ったけど汚くなって失敗。横斜めに切ったものがコレ、中に種は1個のようです。
今はまだ緑色ですが、5月頃に黒褐色に熟すようです。

ウスギモクセイの実3ウスギモクセイの実&種











《 2月27日 追記 》 
ヒイラギも実ができ始めていました。
ケーキでおなじみの赤い実ができるのはセイヨウヒイラギだそうです。

ヒイラギの実


arakawasanpo at 22:25コメント(10)トラックバック(0)生物 | 植物 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by aya   2011年02月27日 17:11
sanpoさん、こんにちわ!
またまた、ネットワークが広がってますね。
知れば知るほど、謎は深まるばかり。
でも、そうやって、それらの情報を集積、分析し、動植物の生態などが解明されてきたのでしょうね。

sanpoさんが見られたウスギモクセイには、実ができてましたね。
私が見ているのも同じ種類でしょうか?
たまたま、昨日、ヒイラギモクセイを確認した所を通りましたので、よく見ましたが、できていないようです。
もう、うす暗くなっていましたが、かなりの本数がある所ですし、気にしているので、あれば気がつくと思うのですが。

2. Posted by sanpo   2011年02月27日 20:00
去年の10〜11月、ギンモクセイから始まってウスギモクセイやヒイラギモクセイを初めて知って盛り上がりましたね。その時に次は実を見ようと思っていたのに、すっかり忘れていました。ayaさんのおかげで、思い出して見に行けて良かったです。
ギンモクセイの実の写真はウスギモクセイと混同されているのか、ギンモクセイは雄株だけと言われているけど、雌株もあるのか、私にはちょっと分かりません。(ayaさんのギンモクセイは葉の鋸歯を確認しておいた方がいいようにも思います。)
今日、ヒイラギの木があるところを通りましたので、実を見てみました。花の時期が少し遅い分、実はまだでき始めで小さかったです。実ができている木と、ない木がありましたので、雌株と雄株なのでしょうね。
3. Posted by aya   2011年02月27日 21:18
ブログアップしたギンモクセイは鋸歯がありません。
ギンモクセイの名札は、キンモクセイorギンモクセイのレベルで付いていると理解しています。
ヒイラギモクセイに実がついてましたか。
私は、うす暗い中では見つからなかったかもしれないですね。
次回通る時は昼間になると思いますから、もう一度見てみます。
4. Posted by sanpo   2011年02月27日 21:50
ayaさんへ
今日見たのはただのヒイラギです。写真も追加しておきすね。
私がヒイラギモクセイを見たところは、水元公園へ行く途中の道でしたから遠い。今、それだけの確認にいくのはちょっと無理。実がついている期間は長そうですから、また機会があれば見てみます。
5. Posted by ぷらっとくん   2011年02月27日 23:13
ペリットとの差異は、素人には口から吐き出すものなので
簡単に見分けられると思いましたが、そうでもないようで
意外と奥が深いと思いました。
キンモクセイやギンモクセイは日本では雄株だけとのこと
ですが、雌株を持ち込む人や思いもかけず日本に入ってき
てもよさそうだと思いました。雌株がないのが不思議な気
がしました。
6. Posted by sanpo   2011年02月28日 10:20
ぷらっとくんへ
今回は小鳥もペリットを出すと知ったことが収穫でしたし、同じものを見ても専門家ですら、意見が様々だということに驚きました。奥が深すぎですが、それこそが楽しいのかもしれません。

キンモクセイ・ギンモクセイについては同感です。どこかで雌株が入ってきていても良さそうです。たとえ禁止されていても、故意または偶然に入ってくるのが普通の様な気がします。なにしろ試験会場から携帯メールで解答を教えてもらう時代ですもの。
7. Posted by ポンチ   2011年03月04日 17:09
はじめまして。
こちらの河川敷の落し物の情報、興味深く拝見させていただいています。

私も荒川のサイクリングロードを走り回ったりしているのですが、いきなりその道の上に20個ほど。
2〜3センチほどのカリントウのようなものが落ちているのに出会ったりします。
もちろんこちらに掲載されているような赤い粒々入りのものとは違うのですが、これも正体が不明。
最近あまり見かけなくなりましたが、寒い間、群れでたむろしていた『ユリカモメ』の奴の仕業かなァ?なんて思ったり・・・。
ところが「ユリカモメ」・「糞」なんていうワードで検索してみても、はっきりそれと言うものがでてきません。

こちらの不明なものもたくさん落ちていたのならば、群れをなす鳥というのも考えられないのでしょうか?
まったくシロウトの意見なのでおそらく見当はずれなのだと思いますが、なんだか不思議なものですね。
ユリカモメの糞て、どれくらいの大きさなのか???
まァ、あてにならないお話です。
8. Posted by sanpo   2011年03月06日 00:02
ポンチさん 初めまして
今日まで帰省していて、拝見するのが遅くなりました。
見ていただいて、コメントも、ありがとうございます。
荒川のサイクリングロード上にそういうものがあったりするのですか!?
ユリカモメもペリットをだすでしょうね。糞はどんなのか・・・?
改めて、これまで詳しくよく見ていなかったことに気づきます。
ノイバラの下の落し物がペリットだとすると、鳥ならヒヨドリとかムクドリの可能性が高いのかなと、個人的には思っているのですが。
分からないことがいっぱいで、だからこそ自然は面白いのでしょうね。
9. Posted by ポンチ   2011年03月06日 06:34
おはようございます。
あくまで私が見たものなのですが、サイクリングロード3メートルほどにわたってたくさんの「糞」らしきものが散らばっていたのですが、見たのが1月で、丁度その時期。
ユリカモメの群れが日向ぼっこをしているのに出会っていたので結びつけたと言うだけの話です。
色も黒っぽいカリントウ状のもので、あいつらの仕業かなァ?と。
普通小さな鳥たちの「糞」はべちゃっとした白いのが落ちているというイメージなのですが、明らかに小動物のようなしっかりした形がありました。

こちらには写真を貼りつけることができないので、こういうことをしていいのかどうかわかりませんが、荒川ビジターセンターにメールで送ってみましたので、その場でわかるかどうかわかりませんが、問い合わせてみてください。
たくさん散らばっていると、1〜2匹の小動物ではなく、大型の鳥の群れかなァ・・・と。
まったくわからないものの意見なので、眉つばで。
10. Posted by sanpo   2011年03月06日 07:54
ポンチさん おはようございます。
荒川ビジターセンターに写真を送ってくださったとか、ありがとうございます。
今日はあしだちの探鳥会で舎人公園ですから、午後にでも問い合わせてみます。
また、このブログのリンク欄に「足立自然にふれあう会」があります。そのHPの表紙に「ご意見・ご感想を・・・」というポストマークがありますので、そこからメールしていただくと、私のところに届きます。もし良かったら、私にも写真を送ってくださいませんか?
とにかく私の仲間以外にも、そういうふうに興味を持ってこのブログを見てくれている人がいるとは、感激です。今後ともよろしくお願いいたします。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最新コメント
記事検索
Archives
livedoor プロフィール

arakawasanpo

TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ