2011年03月08日

ヒドリガモの糞 3/9ペリット!?

2/26の記事に3/4ポンチさんからコメントをいただきました。

「私も荒川のサイクリングロードを走り回ったりしているのですが、いきなりその道の上に50個ほど。2〜3センチほどのカリントウのようなものが落ちているのに出会ったりします。たくさん散らばっていると、1〜2匹の小動物ではなく、大型の鳥の群れかなァ・・・と。
最近あまり見かけなくなりましたが、寒い間、群れでたむろしていた『ユリカモメ』の奴の仕業かなァ?なんて思ったり・・・。まったくシロウトの意見なのでおそらく見当はずれ、眉つばですが。」

ということで、どんなものか写真を送っていただきました。1月の撮影だそうです。

河川敷道路の落し物




















糞1糞2










糞3糞4










複数の鳥仲間に見ていただいたところ
・ユリカモメの糞はわかりませんが、カモメ系はびしゃっという感じの糞だと思います。
・銚子などで見るカモメの糞は固形物が残らないような糞が多い感じがします。

それで「ユリカモメの糞」で検索すると、面白い記事を発見しました。
犬がそれを好んで食べるので困るそうです。冬に多いものらしい。


このブログの内容をM会長に話すと、それはユリカモメではなく、ヒドリガモの糞だそうです。ヒドリガモは陸にあがって草を食べ、緑がかった黒い糞をするそうです。また、犬は胸やけがする時に草を食べて治すそうです。だから、草を食べたヒドリガモの糞を食べたがるのは道理に合っているとか。思わぬ展開に、なんだか嬉しくなってしまいました。

その電話での話を近くにいて聞いていた夫も(毎朝河川敷道路をジョギングしている)、そういうのよく見る、カモの糞だと思っていたと言うのです。古い糞は自転車に轢かれてつぶれているのが多く、朝には新しい糞があるそうです。

このブログ記事は2006.11.29の古いものですが、ホントに面白いですね。
冬に多いのですからヒドリガモでもピッタリ!ヒドリガモも昼間に陸に上がって草を食べている光景をたまには見ますが、一般の人はユリカモメの方を多く見ることでしょう。ユリカモメだと思ってしまったのも頷けます。インターネット時代ならではの情報を得て、謎が解決して、私も嬉しいです。

写真を見てからのM会長のメールもご紹介しておきます。

写真は全てヒドリガモの糞です。
通常は緑の草の中に糞は落としているので目立ちませんが、アスファルトの上ですので目立ってしまったのでしょう。
おそらく胸やけをした犬は青草の代わりに食べるのでしょう。
なお申せば、ドッグフードと同じ食感で胸やけが治れば、こんな有りがたい事は有りません。
現代に育った犬ならではないでしょうか。
ただ鳥インフルエンザウィルス(弱毒性)が入っていると言われております。他にもどんなウィルスが混じっているか分かりません、食べさせない方がよいと思います。

私の邪推と見解です。
でも 面白いですね。 
またお話を聞かせてください。


ここまで書いて投稿しようかと思ったら、ポンチさんからまたメールいただきました。

実は、今日荒川の河川敷を走ったのですが、以前撮影したのは1月の終わり。
ところが、今日も意外なところに転がっていました。
 
千住新橋から河口へ向かって左岸。
東武線の陸橋を越えたあたりかな。
少し古びてというか、乾燥していたり、すでに踏みつぶされたものも多かったのですが、同じものがありました。
 
気にしてみると、他でも少量ならばある感じ。
 
ただ、なにしろこういうものを撮影するというのもねェ。
今日は大きさがわかるように、10円玉と共に・・・。

8河川敷道路8ヒドリガモの糞









《 3/9 追記 》Wikipediaにヒドリガモのペリットの写真がでていました。
(ポンチさんが見つけてくれました)
そっくりですね。荒川河川敷道路のものも糞ではなくペリットでしょうか。

M会長に確認したところ、「瞬間は見ていない」そうです。グループでどんどん前に進みながら草を食べている状態は見たことがあり、その後には緑色のものがたくさん落ちている。糞だと思ったそうです。

そもそもは、何かの時に講師の方から「ヒドリガモは緑色の糞をする」と聞き、その後気をつけて見ていて、確かにそうだと認識していたようです。また、ヒドリガモの姿を見ていない時も、緑の糞がたくさんある所を見ると、ああ夕べヒドリガモが上がっていたのだなと思っていたそうです。

Wikipediaの画像を見たM会長は「同じだねぇ!ウーン、ペリットか・・・。それじゃヒドリガモの糞はどういうもの?下を向いてどんどん草を食べて行くからね、ヒドリガモがペリットを出すようなしぐさには気が付いてないけどなぁ。いやぁ、わかんないねぇ・・・」と半信半疑みたいでした。

先日のS先生も「糞とペリットの見分け方は難しい」と言っていたようです。
その瞬間をこの目で見たいものです。
 



10円玉の直径は2.3cmです。
ということは直径9mmくらい、長さ2〜3cmくらいでしょうか?
これからカモも減っていくので、どんどん少なくなっていくでしょうね。

さて、ポンチさんの今日の本命はヤドリギの雄花の撮影だったそうです。

ヤドリギの雄花



















ヤドリギ



















ヤドリギの実は知っていましたが、は見たことがりません。
雄株と雌株があるようですね。今度気をつけて見てみたいです。


arakawasanpo at 20:17コメント(10)トラックバック(0)野鳥  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ポンチ   2011年03月08日 22:57
こんばんは。

ヒドリガモと教えていただいて、その名前で検索していたら、Wikipediaの「ヒドリガモ」の項目に「ヒドリガモのペリット」の写真がちゃんと出ていました。
3センチほどのカリントウ状。
この糞に見えるものにそっくり。
ということは、これも『ヒドリガモ』の「ペリット」ということになるのかもしれませんね。
糞との見分けは難しそうです。
2. Posted by sanpo   2011年03月08日 23:42
ポンチさん こんばんは
ヒェ〜、これもペリットですか!?
M会長はヒドリガモが歩きながら、ボトボト落としていくというようなことを言っていましたが・・・。もう一度明日にでも確認してみます。
写真には白いものが混じっていたし、私も糞だと思ってしまいました。
でも、本当に私たちは見ているようで、詳しく見てない、分かってないことはいっぱいありそうですね。
3. Posted by ポンチ   2011年03月09日 00:07
うまく貼り付けられるかな?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Pellet_Eurasian_Wigeon_2011feb05.png
Wikipediaの写真、検索すればすぐに出ますが。
4. Posted by sanpo   2011年03月09日 09:00
ポンチさん おはようございます。
私のコメントの書き方がまずかったですね。
もちろんすぐにWikipediaの「ヒドリガモ」のところの写真を見ました。
確かにそっくり!これがペリットなら私たちのもペリット!?とは思ったのですが、M会長の話ぶりからすると、もしかしたら糞もペリットも似ているのかもと思ったのです。それで、糞をしている瞬間を見たのかどうか確認したいと思った次第です。

それで、今朝お伺いした結果は「瞬間は見ていない」そうです。グループでどんどん前に進みながら草を食べている状態は見たことがあり、その後には緑色のものがたくさん落ちている。糞だと思ったそうです。

そもそもは、何かの時に講師の方から「ヒドリガモは緑色の糞をする」と聞き、その後気をつけて見ていて、確かにそうだと認識していたようです。ヒドリガモがペリットを出すようなしぐさには気が付いていないけどなぁ・・・と半信半疑みたいでした。

先日のS先生も「糞とペリットの見分け方は難しい」と言っていたようです。
5. Posted by ぷらっとくん   2011年03月10日 22:51
昨年の探鳥会では、バン、オオバン、カイツブリを
教わり、今年はハシビロガモがみれましたので
足立の野鳥図鑑では鴨類はコガモを見つけるだけとなりました。
今週の水元公園では鴨はほとんどヒドリガモだけで、昨年多かったオナガガモは、ほんの少数で、キンクロハジロも1羽だけでした。
6. Posted by sanpo   2011年03月11日 20:38
ぷらっとくん こんばんは
コガモまだ見ていませんか?
先日の舎人公園にもいたと思いますが・・・。
3月も中旬に入り、カモも減っていますね。
冬鳥はどんどんいなくなります。
ツグミがGW頃まで見られるので、一番遅くまでいるでしょうか。
7. Posted by ぷらっとくん   2011年03月13日 23:22
Livedoorブログの写真の名称表示の件
私もPCを新規にしたら表示されなくなったので少し調べてみました。
PCのOSと各サイトの組み合わせで表示が出来たりできなくなったりしていました。OSはXPとW7を比較しましたがビスタは調べていません。
詳細はこちら
http://blog.livedoor.jp/sansaki/archives/1387940.html
8. Posted by kenharu   2011年03月25日 21:17
去年、浦和の大原サッカー場がヒドリガモのフン害に悩まされました。すぐそばに見沼田んぼがありますからね。
毎日掃除しても追いつかず、選手がフンまみれ。とうとう最後には鷹匠を招くという騒ぎになりました。
9. Posted by sanpo   2011年03月30日 19:40
ぷらっとくんへ
ずいぶん遅いRESで恐縮です。
ずっと前に読んだのだけれど、私はビスタでイマイチよく分からないし、「ま、いいか」と流していました。
パソコン新しくなったのですね。W7快調ですか?
私などはまた新しくなった時にはアレコレ戸惑うことでしょうね。
10. Posted by sanpo   2011年03月30日 19:52
kenharuさんへ
やっぱりヒドリガモの糞でしょうか。
amaさんも以前に琵琶湖のほとりであちこちに散らばったものを見て、聞いたらヒドリガモの糞だと言われたそうです。
Wikipediaの写真はどうなんでしょうね。あれはペリットで、こちらは糞?
扇大橋手前で見られるものも、白いものが混じっていて、私には糞の様に見えました。
ペリットについては、トリ屋さんもあまり詳しく知らないというのも事実ですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最新コメント
記事検索
Archives
livedoor プロフィール

arakawasanpo

TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ