[マレーの猫]と呼ばれたい

子供達に海外で学ばせるため、マレーシア・ジョホールバルに海外移住(母子留学)した家族のブログ

学生・保護者ビザ MM2Hなど

ビザというものは.....

BlogPaint 

























 今月に入ってからブログ読者のからから質問が増えてます。

 現地視察希望の方が圧倒的に多いですが、その前に移住

 するための情報収集されているかたも大勢いらっしゃります。

 
 その中でも特に、このビザに関しての質問が多いですね。

 以前から私はジョホールバル親子移住には学生ビザとガー

 ディアンビザの組み合わせをお勧めしてますが、では一体

 どのタイミングでビザの取得をするのでしょうか?

 日本にある留学エージェントのほとんどは、このビザ取得に

 関する知識が不確かな場合が多く、私たち家族も翻弄されました

 が、実際自分たちが経験して分かったことは”ビザは現地に滞在

 しながら取得する”ということでした。

  確かにビザ取得に必要な書類は事前に日本で用意しなければ

 なりませんが、マレーシアの場合観光ビザで入国しても連続90日

 、年間180日の滞在が許可されていますから、現地で生活の用意

 をしながらでも十分ビザ取得が間に合います。

  さらに、日本などと違って入国事務所など政府機関の対応もしっか

 りしていないので、現地でじっくりとああでもないこうでもないと時間を

 かけてやっていかないとスムーズにはいきません。

  他国のように入国することに滞在ビザが必要なわけではないので、

 その点を知っておいて下さい。

 ※今回、新しい情報を仕入れました。

  未就学児の滞在ビザも学生ビザに付属させることができるようです。

  つまり学生ビザ一つに対して、ガーディアンビザ・未就学児ビザの

  両方が発給されるということですね。

sisatu_compressed  

 

 






ほんとうに困ってます
     クリック協力お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

FACEBOOKもおろもいで
FACEBOOK 友達申請待ってます
https://facebook.com/takashi.araki.5667/

無犯罪証明書に記載されない犯歴とは

001



































 最近、所要でシンガポールやらクアラルンプール

にとバタバタしておりましたので、ブログ更新が疎か

になってました。

 その代わりにと言っては何ですが、ブログのネタは

すぐに書き切れないほど仕入れましたので、順次書いて

いこうと思います。


 今日はシンガポール滞在中に読ませて頂いた安田修さん

の「日本を脱出する本(ダイヤモンド社)」にとても有益な

情報を見つけましたので紹介したいと思います。

 ちょっとその前に
 ランキングに参加しております
 クリック協力、よろしくお願い致します
 
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

 001




































 マレーシアに限らず海外の長期滞在ビザや

永住ビザ申請をする際に必要な”無犯罪証明書”

についてです。

 以前から過去に大きな交通事故を起こしてしまった

履歴などは影響するのか、というご質問などを頂いて

おりましたが、自己開封は厳禁の書類ですので何が

影響して何は影響しないかが分かりにくい書類でした。

 しかし、明確な線引きが判明しましたので列記します。

『無犯罪証明書に記載されない犯歴』

・各種行政処分
青切符の交通違反、免許停止と取り消しなど

・5年を経過した罰金刑
赤切符による交通違反などの刑事罰で、罰金納付から5年間を経ると記載されない

・執行猶予終了の刑事罰
執行猶予が終了した時点で犯歴はなくなり記載されない

・10年を経過した懲役刑、禁固刑
刑期が満了してから10年を経たものについては記載されない

・その他
逮捕されても裁判で無罪となった犯罪、無効となった有罪判決、恩赦は記載されない


 以上が無犯罪証明書に関する詳細です。

 取得は都道府県警察本部で申請し、約3週間ほどかかります。

 上記を参考にして各種ビザ申請をしてみてください。

FACEBOOKも書いてます
皆様からの友達申請まってます
facebook https://www.facebook.com/takashi.araki.5667/


※友人の現地旅行会社社長が主催する現地視察ツアーのお知らせです
マレーシア・ジョホールバル インタースクール視察ツアー

MM2Hの詳細要件について(訂正版)

 先日アップした「MM2Hの詳細要件」の

中に私が明記した内容の誤りを読者の

方にご指摘頂きましたので、訂正追記

いたします。


 
MM2Hビザの有効期間がパスポート

有効期間とリンクする、
という箇所ですが

正しくは、
MM2Hビザの有効期間は10

年間でパスポート期限が10年ない場合

はパスポート有効期限より1か月前まで

のビザが貰える。

 パスポートを新しくした際にMM2Hセ

ンターに行けば、残存期間分のビザが

貰える、
が正しい情報です。


 大変申し訳ございませんでした。

 以後、このような誤記がないよう精進

いたします。

            マレーの猫

※友人の現地旅行会社社長が主催する現地視察ツアーのお知らせです
マレーシア・ジョホールバル インタースクール視察ツアー

MM2Hの詳細要件について


 前回ブログでも書きましたが、

マレーシアから日本へのメールが送れません。

 みなさんにご指導をお願いしたのですが、

返答があったのは一件、バンコクに住んで

いる私の師匠から、

「現地のプロバイダーに聞け」という至極全う

なご意見を頂いたのみです。

 師匠には何ですが、同じ東南アジアに住んで

いる身として、現地業者がいかに役に立たないか

をご存じではございませんでしょうか...(笑)

 引き続き「マレーの猫助け」、よろしくお願い

いたします。


 ブログランキングに参加しております
 ランキングが上がり少しでも多くの
 海外移住・親子留学希望者の方に
 体験者だからこその情報を広める
 ことが目的です。
 一日一クリック、協力願います。
 
 
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

 
 ところで、ご質問者から頂いた内容にメール

サーバーの都合で回答できないので、ここで

簡潔にご回答しようと思います。


 MM2H(長期滞在リタイヤメントビザ)の

取得条件の詳細についてでしたので、この

ビザの概要はここで割愛致します。

 で、申請者に付随して同時に申請できる範囲

ですが、配偶者・21歳未満で未婚の子供、

60歳以上の両親となっております。

 また、資産要件・収入要件に関しては夫婦合計

で計算が可能です。


 私は途中で方針変更したので、実際にはMM

2Hビザを持ってませんが、申請準備は経験が

あります。

 資産要件は証明の約3か月前、収入要件は

証明の約6か月前からの資料をエージェントから

要求されました。


 よく勘違いするのが、MM2Hビザは10年保障

ビザではありません。最長10年で期間はパスポ

ートの有効期間とリンクします。

 つまり5年有効パスポートを持っていて、残り

有効期間も5年残っていればMM2Hビザの有効

期間は5年です。

 ですので、パスポートの有効期間をよく確認して

申請しなければ損をしますよ。


 また、お子様がいらっしゃる場合、現地で学校に

通う場合は学生パス(スチューデントパス)が必要

になります。

 このパスはビザとは別物ですので、このことも

よく理解しておいて下さい。

 詳しくは専門書などでお調べください。





 FACEBOOK書いてます
 たくさんの方からの、友達申請待ってます
 facebook https://www.facebook.com/takashi.araki.5667/


※友人の現地旅行会社社長が主催する現地視察ツアーのお知らせです
マレーシア・ジョホールバル インタースクール視察ツアー


 

親子留学をお金をかけずマレーシアでする方法


 海外生活をするにあたって、まず最初に必要なものは

ビザ(査証)です。

ビザ(査証)とはパスポートを保有する者が入国する資格

があることを裏付ける書類、いわば入国許可証ですね。

 
 マレーシアに親子留学や移住をするにあたっても、

このビザが必要になってくるのですが、ビザの種類もさまざま

なのです。

 どこの国においても一般的に子供たちが海外で学ぶ環境に

おかれる場合には両親の仕事の都合で、という場合が多いの

ですが、その場合は就労先の会社などから就労ビザが簡単に

手に入るわけで、ビザに関してそんなに神経を使わないでしょう。

 ところが子どもの教育のためとか海外移住が目的である場合は

自分たちでビザを取得する必要があり、このケースにおいてマレー

シアで考えられるビザはMM2H(長期滞在ビザ)・起業型就労ビザ

・ガーディアンビザ(保護者ビザ)などが候補にあがります。

 ここで詳しくは書きませんが、今回のテーマが「お金をかけずに

マレーシアで親子留学する方法」ですので、上にあがったMM2H

ビザ・起業型就労ビザは当てはまりません。

 MM2Hビザは結局、リタイヤメントビザで預金要件や資産要件が

ありますし、起業型ビザにしても多額の資本金を出資して法人設立

する必要があります。

 ですので残ったガーディアンビザ(保護者ビザ)を取得してマレーシア

の学校に通う方法のみがお金がほとんどかからずに済む方法なのです。

 詳しい方法は......
 
 ブログランキングに参加しています。
 ランキングがあがり多くの方にこのブログを
 知ってもらうことで、インターネットや留学
 エージェントでは分からない体験者こその
 情報を海外移住・親子留学希望者の方に
 広めることが目的です。
 一日一回、クリックを協力願います

  
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

BlogPaint





















 ガーディアンビザ(保護者ビザ)は、インターナショナルスクール

への入学許可がでたあと、子供たちの学生ビザが取得でき、

18歳未満の学生の保護者として、一人の子供につき一人の

ガーディアンビザが申請可能です。

 一般の観光ビザは3ヶ月まで滞在可能ですが、ガーディアンビザ

は一年更新の毎年再申請可能で、ビザの期間は1月~12月、

 どの月に発行されても12月までに翌年一年間の更新が必要で

このビザでの就労は許可されていません。

 ビザの発行そのものは日本円で1万円~2万円程度ですが、

いきなり自分たちで申請するのは無理なので、私たち家族は申請代行

をお願いして取得しました。

 
 結構よく聞くのが、日本の留学エージェントは子供一人に対してガーデ

ィアンビザが一つ、ということを知りません。

 つまり子どもが二人いれば、母親と父親の両方にガーディアンビザは

発行されるのです。

学校によってはこのビザでの入学を認めていないところもあるようですが、

基本的には多額の費用を負担してビザ取得に頑張らなくても、マレーシア

に家族で移住は可能です。(父親はマレーシア以外で収入を確保すること

が条件ですが)  


 私たち家族も、このビザの問題には情報が錯綜していて大変困りました。

親子留学や海外移住を検討されているかたで、もっと詳しい情報が欲しい

方は、ブログ画面右側の質問メール欄からお気軽にご質問ください。


 
FACEBOOKも書いてます
 たくさんの方から、友達申請待ってます
 facebook https://www.facebook.com/takashi.araki.5667/


※友人の現地旅行会社社長が主催する現地視察ツアーのお知らせです
マレーシア・ジョホールバル インタースクール視察ツアー

livedoor プロフィール
マレーの猫に質問はこちらから