2006年07月30日

(イメージ)

インスタントラーメンの袋の写真。
湯気が立ち登るラーメンの上に盛りつけられた肉汁の滴るチャーシュー、茹でたて卵、ほうれんそう、ナルトにシナチク。
食欲をそそる写真の下に遠慮がちに書かれた小さな文字・・(写真は盛りつけ例でありイメージです)

分譲マンションの広告。
フローリングに白い壁。モダンなタイルの対面キッチン。大画面液晶TVを見ながら高級家具でくつろぐ幸せそうな家族。窓の外には一面の夜景。
ここにも写真の下に遠慮がちに書かれた小さな文字・・(写真はイメージです)

もうお分かりであろう。
今日のお題は 【(イメージ)】かっこいめーじ である。

例えば、「写真は真実ですが私たちのイメージとは異なります」と言うなら分かる。
あるいは、「上のイメージは真実とは異なる合成写真、あるいはねつ造です」でも分かる。
しかし、「写真はイメージです」という言葉は明らかに矛盾している。

この「写真はイメージです」と言う単なる”アリバイ作り”が世間公認となってしまっているのはいかがなものか。
「写真と違うじゃないか!」とクレームを付けたところで、「ですから、これはあくまでイメージであって実際とは異なります。ここに”イメージです”と書いてあるじゃないですか」という言い訳が成立するということだ。
端的に言うと「”これ”は”これ”じゃない」という言い訳が成立するということだ。

ラーメンと分譲マンションの例で見られるこうしたありがちな広告は、商品説明であり消費者が通常唯一取得できる商品情報である。にも関らず「”これ”は”これ”じゃない」という言い訳がオッケーなら、例えば妻女に浮気現場に踏み込まれても「今ここにいるのは俺じゃない!」という落語の様な言い訳がオッケーという事になる。

とは言うものの、弱い私たちの志向がこの(イメージ)に大きく影響を受け、実際は有り得ないと知りつつも、ついつい(イメージ)を追いかけてしまいがちな事も否めない。
・買ったはいいが読んだことの無い文学全集。(イメージ)
・実際はゲロまみれ、うんこまみれ、アンド寝不足の子育て。(イメージ)
・一緒に映画に行こうね、旅行もしようね・・、仲睦ましい夫婦生活(イメージ)
・最近買ったヴァイオリン、休日は仲間とモーツァルトを演奏(イメージ)
・家を新築、大きく開いた天窓。実際は暑くていられない(イメージ)
・ちょっとしたパーティー用に買ったドレス。で?ちょっとしたパーティーって?(イメージ)
・デパートの食堂。ボクはお子様ランチ、ママはナポリタン、パパはステーキ(イメージ)
・「あなた、お帰りなさい。ご飯にする?、お風呂にする?」(イメージ)
・「わたし・・、課長のことなら何でも知ってるんですよ」(イメージ)
・海水浴場でジンギスカン、口の中が砂だらけ・・(イメージ)
・スポーツカーの似合う年下の彼 (イメージ)
・’70年代フォークソングに出てくる様な、貧乏でも幸せだったあの頃(イメージ)
・パイプを燻らしながらギターを弾く(イメージ)
・ハンモックでウトウト・・、快適なキャンプ(イメージ)

枚挙に暇がないとはこの事だ・・・。

ところで、毎年巡ってくる野外演奏会。
芝生に寝転びビール片手にクラシック音楽。木漏れ日と心地よいそよ風が頬を撫でる。
時折聞こえる木々のせせらぎと鳥のさえずりが不思議と音楽に調和する。
「そうか・・、自然と音楽は一体なんだな・・・。」とつぶやいてみる。(イメージ)

え? それがなんで(イメージ)なのかって?
来れば分かりますよ。


田村










(写真はイメージです。本文とは関係ありません)  

Posted by arakihitoshi at 01:12Comments(8) │ │雑感 

2006年07月22日

ネットゲーム『オーケストラ・マネージャー』

演奏会プログラムを考えるゲームがあったら、
例えばこんなネットゲームがあったら面白いと思います。

名付けて『オーケストラ・マネージャー』!!(そのまんま)
プレイヤーはオーケストラのマネージャーになり演奏会プログラムを考えます。
曲目や指揮者、ソリストを入力して「決定」を押すと場合によっては次のような表示が出てなかなかうまくいきません。

・プログラムが長すぎます。休憩を含めて2時間以内にしてください。
・指揮者が「その曲は気が進まない」と言っています。
・特殊楽器が多すぎます。エキストラ出演料がかさむので総務と相談してください。
・練習日が足りません。労働組合に打診してください。
・ソリストの出演料が高すぎます。音楽事務所と交渉してください。
・集客が見込めません。名曲を入れたり斬新な企画考えるなどしましょう。
・プログラムがマンネリです。

指揮者やソリストのキャラクターによっては・・
・指揮者がどうしても「この曲をやりたい」と言っています。
・ドタキャンの可能性に備えてください。

入場者が減ってくると・・・
・会場でアンケートを取ってみてください。
・案内を郵送するなどしてリピーターを増やしましょう。

それでも上手くいかないと・・・
・予算が足りません
・予算が足りません
・予算が足りません

最後は
・労働組合が団交を申し入れてきました
・緊急理事会が招集されました

そしてゲームオーバー・・。(゜ロ゜;


あくまでこれは上手くいかなかった例であり(汗)、ゲームオーバーにならなければずっと続けて、あなたのオーケストラを世界一流にするのが目標なわけです。

どうです? おもしろそうでしょ。
プレイヤーは客や指揮者や楽員の声に耳をかたむけながら、収支や集客に配慮しつつ芸術性を追求し、かつエンターテイメント的要素も犠牲にしないプログラムを立案していきます。

名曲解説全集に出ているオーケストラ曲の編成と演奏時間、
主な指揮者のレパートリーと出演料(推定)、
主なソリストのレパートリーと出演料(推定)を入力して、
データを新たに登録することもできるようにしておきます。
根性さえあればかなりリアルに製作できるゲームだと思います。
今日の段階ではリアル過ぎて少し怖いくらいです(笑

ごく一部のマニアにはかなりウケると思います。
ただし、非常に難しいゲームになりそうですな〜〜〜。

誰か作ってください。  
Posted by arakihitoshi at 21:05Comments(5) │ │音楽 

2006年07月15日

ありがとう 花子

今日は円山動物園に行ってきた。
長女(小1)が、栄えある『象の花子の還暦祝いで花子の餌を運んで並べる係り』に選ばれたのだ(笑)。
妻は仕事だったので、昼間体が空いていた私が娘を連れいそいそと動物園に向かった。

円山動物園は家族とちょくちょく行くのだが、今日だけは特別待遇で貴重な体験をいくつかできた。
/Π通用門から入場できた(もちろん無料で)。
⊃Πの人たちとお話しができた(わりと内部は上下関係が厳しい?)
子供に付き添い、なんと!象の檻の中に入ることが出来た。
ね萇个了ザ舛らぶ会長と娘のツーショット写真を撮れた(親バカパワー炸裂させて)

そう、こうした貴重な体験に与れたのも、娘が栄えある『象の花子の還暦祝いで花子の餌を運んで並べる係り』に選ばれたからこそである。感謝せねばなるまい・・・。

で、札幌市内小学校から選ばれた5名の栄えある『象の花子の還暦祝いで花子の餌を運んで並べる係り』たちは、熱帯林館で象の好物である(らしい)バナナの巨大な葉を切り出し、観衆とマスコミの見守る中、象の檻舎まで2メートル以上はあるかと思われるその巨大葉を運び、象の檻の中に入り、果物などと一緒に綺麗に盛りつけを行った。

来賓挨拶で札響くらぶ会長が「ぞうさんの歌」を司会者に半ば強制的に熱唱させられていたのは少し気の毒な気がした。(微力ながら一緒に歌ってあげた) 
【おしまい】


花子1





象の檻の中から見た貴重な(?)画像。お供え状態の果物が件の餌。

花子2





問題の花子  
Posted by arakihitoshi at 23:11Comments(6) │ │雑感 

2006年07月10日

ファンタづマ

今日から武満プログラムの練習が始まりました。
明日からPMFのボンズやボンジョちゃんたちと合同です。

「波の盆」、「黒い雨」、「乱」などやり慣れた映画音楽の他に、
ソロヴァイオリンと弦楽オーケストラの曲、
そしてトロンボーン協奏曲「ファンタズマ」が演奏されます。
合同は映画音楽たちだけです。
コンチェルトの二曲は札響だけの小編成でやります。
ヴァイオリンソロの亮太郎君は今日から入ったのですが、とてもよいです。

武満はもともと好きですし、こないだカルテットもやって最近すっかり武満づいているので、今日も楽しく練習しました。
明日から合同が始まってどう展開するのか・・、期待半分、不安半分といったところ。
尾高さんは何語で練習するんだろうか・・・。
実験的で興味深い演奏会ですし、今年の目玉の一つですので是非聴きに来て下さい。

で、トロンボーン協奏曲の「ファンタズマ」
どういう意味なんでしょう・・、”ファンタズマ”
さあ、発音してみてください、
ふぁんたづま

「団地妻」じゃなくて「幼な妻」じゃなくて「ファンタづま」。
北24条駅周辺を思い出してしまうのは私だけではなかったようで、
プルトを組んだ某女史他周辺楽員とクスクス笑ってました。

本番は笑わないようにします(笑)。  
Posted by arakihitoshi at 00:46Comments(1) │ │音楽 

2006年07月04日

ネットの移ろい

こないだ久しぶりに指揮者の金聖響さんと下野竜也さんのサイトを覗いた。
お二人は年もたぶん同じくらいで仲良し二人組である。
飲みに行っても気さくでジョークも冴え渡るナイスなガイ達である。

元々は金さんのサイトに下野さんが居候する形で始まったブログ中心のサイトだったが、
久々に見たら下野さんのブログは2月で既に閉鎖(過去ログは見れる)、
金さんのブログも続いてはいるが6月からコメントが出来なくなっていた。

それぞれ閉鎖やコメント非受付けの理由が綴られていた。
特に下野さんのは閉鎖に至る心の動きが描かれており、それ自体読み応えがあった。
連載当初は軽妙な文章で、古典落語のような見事な落ち。いつも大笑いさせてくれる内容だったが
最後のほうは随分とシリアスな展開になっていたのだな・・・、と少々驚いた。

彼らほどの有名人になると、不特定多数からのコメントを受付けて、
それに対してある程度丁寧にレスを付けて行くのは相当困難な作業だったのだろうと想像がつく。
私程度の人間がやるページでさえ長年続ければ(ノ`口´)ノ^┻━┻ ちゃぶ台返し
となる書き込みやメールに接することも一度や二度では済まない。

音楽事務所やスポンサーや私の場合は楽団や、大人は背後に色々なモノを背負って
いるので、頭にくる書き込みでも 凸(`、´メ) とならずに一応大人の対応をしなくてはいけないのだ。その結果、ナイスな古典落語も最後はNHKにようになってしまいかねない。
指揮者のお二人にはご苦労様でしたと言いたい。

さて、こうやって全盛を誇ったブログにもそろそろ破綻が起きはじめたこの頃、
前回も書いたがいま流行しているのが、不特定多数を対象としないブログのmixiである。
こうした次々に現れるネット上の流行だが、思い返せば歴史は古い。

私がパソコンを電話線に繋いだ94年頃からだとだいたいこんな感じである。

94〜96年 Nifty(パソ通)のフォーラム
96〜97年 Nifty(パソ通)のパティオ
98〜99年 ネットのBBS(tea cupのレンタルBBSなど皆使ってた)
99〜02年 ネットのチャット(大ブーム。テレホタイムの11時から混みまくり)
03〜05年 MSNやYahooのメッセンジャー
05〜06年 ポータルサイトが提供するblog(大ブーム)
06年〜   mixi(大ブーム)
(※だいたいこんな感じだろ的データですので反論のメールは送らないよーに!)

こうやって見るとだいたい2年周期で流行のメディアが変わる。
そして流行しているメディアの質が、開放的なものと閉鎖的なもの交互でやってくる法則が朧げながら見えなくもない。
誰でも見れるフォーラム → クローズのパティオ → 誰でも見れるBBS・・
といった具合である。
mixiとて、限られたコミュニティーの中でのやりとりに破綻が生じるか、人々に飽きられる日が遠からず来るだろう。

そこで、私はこれらのデータを元にある予言をしようと思う。
来年の今ごろ、mixiは既に下火に転じ、

新たに登場するメディアは・・


今までにない発想の!



神をも恐れぬ究極の開放度!!







そのメディアとは!!!









【つづきは来週】  
Posted by arakihitoshi at 14:06Comments(0) │ │雑感 
#more#more#more/div#more/div