2013年02月16日

ビートルズのアナログ・レコードを聴く

【前々回のつづき】

前回の「憧れの団塊」を読んでくれた30代の友人の女性が面白い感想を聞かせてくれました。
彼女曰く、「荒木さんの世代にとって団塊の世代がうっとおしく見えるように、私の世代から見ると荒木さんの世代がうっとおしく見えるよ。だってね、私が小学生の頃に荒木さんたちは大学生だったんだけど、バブルまっただ中で青田買いとかトレンディードラマみたいな恋とか、30になったらやれアラサーだの、40になったら今度はアラフォーだのなにかと言えば大騒ぎして、本当に目障りな人たちだな−、って映ってたよ(笑)」 と。(笑

なるほど・・、彼女の言う大騒ぎ感はたしかに思い当たる節もないわけではありません。
で、この話しを私の上の娘(中1)にしてみたのです。
すると娘はさらに面白い感想を聞かせてくれました。
「私たちから見ると今の社会人1年生くらいの人たちがうっとおしく見えるよ。だってさ、やれ就職難だの未来のない社会に巣立っていくだの、まるで自分たちだけが世の中の不幸を一身に背負ってるみたいな騒ぎ方してるけど、あんた達に未来が無いなら私たちにはもっと無いんだよ!って言ってやりたくなるもん」 と。(苦笑

どうです? 面白いですよね。
つまり、時代を超えて人間には自分が小学生くらいの時期の大学生くらいの世代を快く思わない習性があるのですね。
0.7世代間の不幸、すれ違いとでも申しましょうか。
地道な調査によって私はとんでもない大発見をしてしまったようです。すごいでしょ?ヽ(´▽`)ノ


さて、ここからが前回の続きなのですが、最近私がハマっているのがビートルズのレコードです。
CDではありません。アナログ・レコードです。(デジタルリマスターレコードでもありません)
遅まきながら(半世紀近く遅い)この年になってビートルズの超魅力に気付きました!。
実のところビートルズは前回も書いた通り興味がないを通り越して敬遠すらしてました。
これに関しては人のせいにするわけじゃないんですが、もうひとつ言えることは、編曲されたものばかりを先に知ってしまったことも結果的に不幸だったような気もします。
オーケストラ版のヘイ・ジュードやイエローサブマリとか、弦楽四重奏やチェロアンサンブルに編曲されたイエスタデーとか・・、仕事で何十回弾いたことか・・・・
さすがにゲンナリして一生懸命演奏するのですが、ちょっと多すぎるかな〜、とか思ってなかなか原曲にたどり着きませんでした。
それら編曲物が悪いと言うつもりはけしてないのですが、今にして思えば原曲を知らずに編曲を先に聴いてしまう(弾いてしまう)ことは必ずしも良いことではない気がします。
私は1965年生まれなので現役でビートルズを知っている世代ではありません。なので、ものごころ付いた頃は世の中は既に編曲された(あるいはカバーされた)ビートルズで溢れかえっていました。

で、ここ数年クラシックのアナログレコードの原典盤、とでも言うんでしょうか、再リリースされたものではなく原産国で最初にプレスされた版を集めていて、例えばグラモフォンでも発売当時にドイツで売られた物と日本版では音が違うし、その後レゾナンスなど廉価版になったものはさらに音が違うし、デジタル化されて再発売されたCDに至ってはもうかなり違って聴こえます。
少なくとも私の耳には原典盤の音がもっともクリアで生々しく立体的に聴こえます。
こうしたアナログ・レコートを真空管アンプ&真空管フォノイコライザー&SPUカートリッジで聴くとそれはそれはクリアで素晴らしい音に聴こえます。
私はオーディオだけにはハマるまいと昔から固く誓っていたので、オーディオ・マニアではないのですが、自分で良い音と思える音で聴けるのは一種の快感を覚えます。

あ、ちなみに真空管を通した音はクリアに聴こえます。
真空管の話しをするとよく「ああ、真空管のボワーッとした暖かい音はいいですよね」と言う人がいますが、あなたホントは真空管の音聴いたこと無いでしょ?と思います。
真空管はボワーッと暖かい音なんてしません。クールでシャキっとした音がします。
ボワーッとした音ならむしろトランジスタの方がそういう音像のボケたブーミーな音がします。

・・・おっと、いかん。またオーディオについて熱く語るところだった。
これではまるでオーディオマニアじゃないか・・。

さて、そういうことがあって、昨年の夏頃に弟(オーディオ・マニア)がビートルズの「アビイ・ロード」のレコードを持って我が家に遊びに来たのです。
それはデジタル・リマスターされて最近再発売されたものだったのですが、聴いているうちに二人とも「こんなもんじゃないはずだよね?」という感想を持ったのです。
そして発売当時のレコードを買えないものかとネットで調べると、これはもう凄まじく広大で深淵なビートルズ・レコード・マニアの世界がこれでもかというレベルで広がっていたのです。パンドラの箱を開けてしまったかも知れないと一瞬後悔したほどです。
この辺りの事情は素人の私が話すことはなにもありませんが、一応掻い摘んで説明すると、
ビートルズが1963年当時最初に録音したレーベルは「パーロフォン」という会社です。このレーベルはレコードでは黒地に黄色の文字で"PARLOFON"と印字されています。これはイエローパーロフォンと呼ばれていて、中古市場ではY/Bと表記されています。
そして、70年代に入ってから同じパーロフォンでもレーベルのデザインが変わります。黒字に銀色の文字で"EMI"と"PARLOFON"の文字が縦にならびます(EMIはもともとパーロフォンの親会社でした)。これはシルバーパーロフォンと呼ばれており、70年代以降はこのレーベルで各アルバムが再リリースされます。
そして現在流通しているアップルレーベルに関しては私はハッキリ言ってお手上げです。68年にリリースされた"THE BEATLES"が最初のアップル作品ですが、その後有名な裁判などでこのレーベルは使われなくなり、しかし世界各国ではアップル・レーベルで各アルバムが再リリースされ、90年頃から正式に復活したんでしょうか・・?。よく分かりません。リンゴのマークもおびただしい数が存在してわけが分かりません。

もっとも、わたしはマニアではないので、その辺りの事情はあまり詳しく調べていません。

ともかく、原典主義の私としては英国でリリース当時のレーベルを探せば良いわけです。
早速ネットでイエローパーロフォンのUK盤(イギリス盤)を探しました。
で、これがまた凄いことになっていて、当時はステレオとモノラルが両方リリースされていました。
そしてまた、同じUK、Y/B でも何番目の金型でプレスされたものか(マト1とかマト2とかで表記される)、同じマト(正式にはマトリクスというらしい)でも何番目にプレスされたかで価値が変わってくるのです(笑。ネットでは盤面を見てそれを解読する方法まで紹介されています。

spu

イエロー・パーロフォンをオルトフォンSPUで聴く


しかしまあ、そこまでのこだわりはディープなマニア様たちにお任せするとして、私は UK Y/B で状態の良い物を探せばそれで良いことにしました。
アルバムによって違いますが、上の条件を満たしたものはだいたい1万円以下で買えればラッキーかな、という感じです。
しかし、非常に価値のある例えばオリジナルのABBEY ROADで状態の良いものなんて30万円とか値段付いているのも見ます。
一方、例えば日本で再リリースされたアップルレーベルのレコードはどんなに保存状態が良くて人気のアルバムも数百円から千円くらいで手に入ります。

というわけで、たまたま私が最初に買ったのアナログ盤が最傑作の誉れ高い「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」だったのも良かったかもしれません。
すっかりビートルズファンになって毎日ビートルズを聴いてます。
ビートルズのサウンドにはなんとも言い難い中毒性のようなものがある気がします。ビートルズは現代の442Hzより少し低いピッチで音を作っています。心地良い安堵感を感じるのはそういうことも影響しているのかもしれません。もちろん楽曲と演奏の素晴らしさが一番の理由であることは言うまでもありませんが。
それからというもの、夜な夜なネットの中古レコード市場でUK Y/B を探しまくり、ほぼ全てのアルバムを集めてしまいました。
ステレオとモノラルが両方あると書きましたが、ステレオも良いですがやはり当時ビートルズが実際にモニターで音作りしていたモノラルが聴き応えがあります。モノラルカートリッジに付け替えて聴くと本当によい音色で鳴ってくれます。
ただ私はけしてマニアではないので、同じアルバムをステレオ・モノラル、各国盤、レーベルごと、マトリクスごとにズラーッと集めたり、そういうことだけはしないように厳に自分を戒めているところです。
ジャケット


しかしまあ、アナログ・ビートルズ・マニアが血眼になって中古盤を探すわけが少し分かりました。
最初に弟が持ってきたデジタル・リマスター盤とは全く音のクオリティーが違うように私には聴こえます。
それにしても、ビートルズに限らず古いレコードを再リリースする際になんでせっかくアナログのマスターが存在するのにデジタル・リマスターなんていう余計な処理を施してしまうのでしょうか。売れるからでしょうか。
近年はCDとレコードの同時発売というのもポピュラー音楽では珍しくないですが、マスターをデジタルで録音している以上、いくらメディアを塩ビレコードにしたところで意味がないと思うのですが。まあ、レコードの雰囲気だけでも楽しむということなのでしょうか・・。
まあ、マニアではない私はそれほどではないですが、マニアの方達はこうしたレコード業界の暴挙に怒っているのではないでしょうか。
世の中からはやくデジタル神話がなくなればいいと思います。

ちなみに、昨年11月にビートルズのアナログレコードが再リリースされて現在市場に出回っています。
当たり前ですが定価で買えます。
私も何枚か買いましたがちゃんとアナログでした。
レコードプレイヤー持っている人は是非聴いてみて下さい。

というわけで、今日はここまでにしたいと思います。
あ、私はあくまで素人ですのでマニアの方からのツッコミはご遠慮申し上げます(w 。

そんじゃ、読み終わったら押しといてね。 ほんじゃらな!(。・_・。)ノ
人気ブログランキングへ

  

Posted by arakihitoshi at 16:30Comments(2)TrackBack(0)

2013年02月10日

燃え尽きた part8

実は燃え尽きてません。
大変なのはこれからだと思います。

1月28日に行政書士試験に合格しました。(FBでは既に報告済みですが・・)
平成20年に宅建に合格&登録し、平成21年から行政書士試験を受け今回で4回目。
正直言ってとても長かったです。
時間的にも精神的にもそろそろ限界だったので泣いても笑っても今回で最後にしようと思っていました。
行政書士試験は300点満点で6割の180点を取れば合格する絶対評価の試験です。
ただし、毎年合格率は5%〜8%くらいになるように調整されています。

以前にも書きましたが、1年目は174点を取り合格まであと6点というところで試験に落ちました。
4年間近く続けることができたのは、「実力的には合格していても「よかったはず」と悔しさをバネにできたからだと思います。
ただ、毎日数時間の勉強を仕事をしながら何年も続けるのは本当にしんどかったです。最初はブログネタにするくらいの軽い気持ちでしたが(笑)、結果的にこの勉強は私の人格にまで影響を及ぼした気がします。
「オレ、一体なにやってんだ?」という気持ちを払いのけるのにも相当な労力を要しました(w。
しかしそのおかげで10分や20分の空き時間でもスッと集中状態に入る技が身につきました。(これができないと社会人の資格勉強はままなりません)

3回あと数点のところで落ち続け4年目からはプライドを捨て勉強方法や教材を根本から変えました。
受験生もベテランになってくるとつまらないプライドが生まれてきてそれがかえって障害になったりするのです。
なので心を入れ替え基本の理解を中心にマイナー論点に嵌らないように注意し、問題は忘却曲線に沿った反復を徹底しました。
行政書士試験はハッキリ言って難しい試験だと思います。ここ最近の難化も著しいです。予備校の宣伝文句みたいな「6ヶ月で合格」とか「法学部なら受かる」とかあり得ません。最初からそういう覚悟で臨むべきでした。
そのあたりの詳しい話しは、もし根性があれば(たぶんないけど)そのうち合格体験記(月並)でも書いてみたいと思います。
で、今年は心を入れ替えた勉強法が功を奏して210点を取ることができました。
6割でよいところを7割取ったということなので燃費の悪い合格ですが、これにはとても自信がつきました。
法律に関して以前より理解を伴った知識が身についたという手応えを感じることができました。

そういうわけで、今年は得点にとても余裕があったので11月11日の試験直後にネットに掲載される資格予備校の模範解答で自己採点し合格していることが分かっていました。
なので1月28日の合格発表で、「ご・・・合格してる!、わ〜い!わ〜〜い!(涙目)」という感動はなかったのですが、それでもやはり「やっと開放された」という安堵感はひとしおでした。

さて、試験が終わってからは今まで勉強に割いていた時間をやっと余暇に使える〜!
と思ったのですが、なかなか本業の仕事も忙しく、「この忙しい中あんなに勉強してたのか・・、俺って本当に偉かったんだな」と自画自賛する有様・・。
でも寸暇を惜しんで余暇に邁進し、最近魅力を大発見したパーロフォン・レーベルのビートルズのアナログレコードを蒐集したり、1年前から始めた居合の稽古に打ち込んだりと溜めていたことを一気にしていました。

居合は、先生の大変熱心なご指導のお陰で2月3日に昇段試験を受けることができ、無事に初段を取得することができました。武道は子どのもの頃に剣道を少しやっただけでそれ以来です。曲がりなりにも武道の有段者になれたのはやはり嬉しいですね。
これで敵が理屈で攻めてきても暴力で攻めてきてもだいたい勝てるな・・・・(`▽´) うそ、ぜんぜん勝てません。
なので攻めてこないで下さい。

居合は昨年の3月ころから始めたのですが、思い切って始めて本当に良かったと思っています。
現代の日本にこういう武士道のような世界が存在しているのか・・と驚きの連続で(まず指導が無料というのが驚きます)、技を磨くだけでなく精神的にもこの年になって鍛え直して貰っている気がします。
居合道は衣と袴を付けて日本刀を振る型を極める武道なのですが、道具を扱うという面でもメンタル面でも楽器の演奏に共通する点が多く、このあたり興味深く書きたいことは沢山あるのですが長くなるので次回に譲ります。



さて、話しは行政書士に戻りますが、
合格発表の後、職場の役員に合格の報告と、今後行政書士として登録しオケの業務に支障のない範囲で行政書士としての業務も行っていきたい旨許可を貰ってきました。(私の職場の就業規則では副業は禁止されていませんが理事の許可を必要とすることになっています)
今後2月中に合格証書が届き、4月か遅くても5月には行政書士として登録できる段取りのようです。
その後は、日本でも大変珍しいプロ・オーケストラ奏者兼法律家として独自の活動をしてみたいと思っています。
なので、行政書士試験に受かっただけで登録しなくては私にとっては全く意味がないのです。

ただし、行政書士の試験に通ったからといって行政書士の業務はまだ何一つできません。
現時点では内容証明すら満足に打てません。
これから山ほど実務の勉強をしなければなりません。
他に行政書士の試験範囲ではありませんが刑法や刑訴法、民訴法の知識も法律に携わる以上やはり身につけたいと思いますし簿記の勉強も必要です。さらに著作権に関する法務にとても興味があります。
やらなきゃならないことはてんこ盛りです。


さて、そんなこんなのお話でしたが、これからも私のアイデンティティーは札響チェロ奏者の予定です。
まあ、こういう変なオケマンが一人くらいいてもいいでしょう。


というわけで、それではみなさんごきげんよう。  あ、前回の続きは次回ね。    
ほんじゃらな (。・_・。)ノ

人気ブログランキングへ  
Posted by arakihitoshi at 01:12Comments(5)TrackBack(0)
#more#more#more/div#more/div