2007年10月15日

「無料」に釣られて…

ほとんどの「初心者」は、「無料」のサイトをまず探す…はず。僕も当然最初はそうしました。(今でも探していますが…(*^_^*))
ところが、「無料」に踊らされて、ホイホイ入るのは、大変危険である。

無料だというのに「料金徴収」
というサイトはしばしばある。あれ?何?違うの?の状態になり、バンバン迷惑メールがくることとなる。

無料サイトと「同時加入の有料サイト」
実はこれが一番多いパターン。中には2つも強制的に入れられる始末。名前がほとんど同じだから、メールが来たと喜んでいると…。ここでは、目的の女性からは絶対にメールが来ません。

業者の「釣りメール」
女性にメールを送る…すると返信が来る。そして…これまでも説明しましたが、ここで「釣り」が行われる。他のサイトに誘導されたり、すぐにメルアドの交換によって他のサイトに勝手に入会させられたり…が一番多いパターン。僕はほとんどこれでした。(-_-)

「冷やかし」・「援交」・「ネカマ」
男はポイント制であっても女性はタダというサイトは多い。そこに潜んでいるのが以上の人々。「タダサイト」ではワラワラと沸いています。

「女性がいない」
無料の良心的なサイトはとにかく少ない。しかも「女1人に男100人」の状態と考えて間違いない。で、どうなのかと言えば、女性がめちゃくちゃなメール量に恐れて、脱会してしまう…などということはよく聞く話ですよ。
しかも大手であるからといって、都会じゃそこそこの数が居るでしょうが、地方では過疎が進んでいますよ。

すると「無料サイト」には入る価値がないか…というと、まあ、1年に一回ぐらいは見つけられるかな〜と「気長」な人にはお勧めします。
で、どこが良いかというと…続きはまたの機会に!!



モーツァルトとダ・ポンテ ある出会いの記録


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ