August 31, 2005

書道特訓中!

和8.31ウィスコンシンへ向けて先日から書道の特訓を受けております。大学院時代に書道の授業をうけて以来ですから筆ペン以外の筆をもつのは13年ぶりくらいになるでしょうか。言水抱泉先生は「まじめにやりすぎ!もっとあそんで!」と。あそぶという言葉の深遠なる意味を体得できるのでしょうか。言水先生は「すーっすといってぐっときてすーっとぬいて」という身体感覚的指導です。長嶋茂雄のようです。芸術ですから身体感覚抜きには語れないのでしょう。そのご指導のおかげでぼくは急成長!しております(マイナスからゼロくらいには)。素人のぼくがはじめてとりくんだ草書作品「和」です(写真)。自分ではよく書けたとおもっているあたりがたぶん素人であることの証左でしょう。「光」の草書は「和」よりももっと大変なことになってしまっています。明日は草書の「光」と楷書の「風」を本日につづいて練習するつもりです。下手は下手なりに、素人は素人なりに、楽しいのは短歌やスキーといっしょですな。




Posted by arakurenihonkai at 19:26 | COM(4)TB(0)ウィスコンシン
この記事へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/arakurenihonkai/50047535 
この記事へのコメント
いい字ですね。筆運びが素直。
らっきょうに短歌に書道。
おそるべし、あらくれにほんかい!
Posted by オチアイユウコ at August 31, 2005 21:50
オチアイユウコさま>またまたぁ!ぼくの実力の浅薄具合をごぞんじなくせに!膨大な駄作のなかにたまーーにあらまいいやん!っていうのがあります。膨大莫大甚大な無駄の中にです。短歌も書も(短歌以上に書はひどいことです)。でも、「筆運びが素直」ということばはうれしいです。「素直」なんですよぉ根っからぁ(^_^;)
Posted by あらくれにほんかい at August 31, 2005 21:57
これはこれは。まったくの素人ですけどいい感じ(漢字)!
一字千金賞差し上げます。
Posted by makimaki at September 01, 2005 22:49
makimakiさま>これはこれはありがとうございます!
Posted by あらくれにほんかい at September 01, 2005 23:08
 
星  顔