荒縄工房の作品のうち、いくつかは月工仮面さんのイラストを表紙に使わせていただいています。
 この『隷徒シリーズ』は、表紙だけではなく中にも1点イラストを入れてもらっています。表紙はイラストの一部分を使用し、全体像は本文に入っています。そして巻末にも別のイラストが入っているわけです。
『隷徒』という言葉を、ひらめいたのが作品づくりのきっかけでした。学園ものを書きたいと思っていたのですが、なかなかこれといったものが掴めずにいました。
 ある日、『隷徒』が脳内にピカッと光ったときに物語は動き始めました。隷徒とはなんでしょう。それは荒縄学園に存在する階級なのです。
 学園では学業成績が悪い、素行が悪い生徒を選び出し、隷徒となって卒業するか、退学するかを迫ります。
 隷徒は学業を放棄するかわりに卒業はできます。ただし、卒業まで何年かかるかわかりませんが。
 主人公の聖香は、ちょっと自虐趣味があってノーパンで登校したり、体に落書きをしてネットに匿名で投稿していました。
 荒縄学園の風紀を監視する闇の組織、「チームA」に発見されてしまいます。この連中はOBも含めて情報網がすごい。
 聖香は母と姉と暮らしていて、母の仕事の関係でやっと転校が許された荒縄学園を退学するわけにはいかない。そう考えて、隷徒になることを承諾します。
 しかし、そもそもがこの学園はある男の意思で動かされており、その男こそ母の転職先を斡旋し、さらに今回の転校を実現させた男だったのです。
 聖香が隷徒になることが決定したとき、彼女の世界は一変します。学園全体として彼女とその家族を含めて、徹底的に貶めてもいいことになってしまうのでした。
 隷徒は学業は放棄しますが、教員や学生の命令には従うことを義務付けられます。教員や学生の欲望の処理係。隷徒には娯楽用隷徒、実験用隷徒、業務用隷徒があり、従順な隷徒になるように厳しい調教を受けながら日々を過ごすのです。
 性的な奉仕はもちろん、学園にいる間は奴隷のようにコキ使われます。それでいて遅刻も無断欠席も許されません。
 過酷な日々を送る聖香。やがて毒牙は姉にも及び、さらに母にも……。そして地域を巻き込んで彼女たちのプライベートは失われていきます。
 学園という舞台で、支配する側、される側を描くことがこの作品の骨子です。
『隷徒1 聖香の章』では、隷徒となっていく聖香を中心に描きます。
『隷徒2 姉妹の章』では、聖香が隷徒にされていることを知った姉の翔子が、なんとか救いだそうとして「チームA」に目をつけられ、彼女の裏の顔を暴かれます。そして職員として特別隷徒にされていくのでした。
『隷徒3 母娘の章』では、姉妹が下校途中に襲われてしまい、帰宅が遅くなったことを心配した母の佐恵子もまた巻き込まれていきます。佐恵子も裏の顔を暴かれていき、否応なく自宅まで提供することになって……。
 月工仮面さんとイラストを検討している間に思ったより聖香は幼くなっていきましたが、もちろん彼女も十八歳の誕生日は過ぎています。貧乳で幼さが残る女子なのです。けっして児童ではありません。その点だけは強調しておきたいですね。
 このシリーズはブログでは『隷徒 黒女編』まで執筆されています。『隷徒3 母娘の章』に登場した秋沢栄子(新任教師)と聖香が黒穴女子学園という別の支配を進めている学園に潜入捜査をする話。すでにダイジェストになっています。いずれ刊行予定です。
 ちなみに、このシリーズはキンドル版は出しておりません。検討中です。

★『隷徒1 聖香の章』★
reito100100.jpg
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ シリーズ1作目。荒縄学園に転校してきた聖香。その性癖を暴かれ、退学が嫌なら隷徒として卒業を目指せと命じられる。だが隷徒は全裸で教員や生徒たちのあらゆる要望に応えなければならない……。表紙とイラスト1点・月工仮面。


★『隷徒2 姉妹の章』★
隷徒2100100
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ シリーズ2作目。隷徒・聖香の恥ずかしい姿を目撃してしまった姉の翔子も引きずり込まれ、本性を暴かれて特別隷徒にされていく。捌け口として肉体をいじめ抜かれる姉妹。表紙とイラスト1点・月工仮面。


★『隷徒3 母娘の章』★
隷徒03
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ 。シリーズ3作目。隷徒となった姉妹。その母の過去が明らかになり、母娘は暴虐の渦に突き落とされる。表紙とイラスト1点・月工仮面。