今年度は3年生を担任しています。木曜日は保護者会でした。
毎年、最初の保護者会では、一年間の指導方針をレジュメにして配布しています。話すだけよりも、信頼を得られるように感じています。
「家庭にお願いしたいこと」も、率直に9点伝えました。
翌日、2人の子が、「お母さんが、いい先生だねと言ってた」「うちもお父さんが言ってた」と教えてくれました。
まずは、いいスタートが切れたようです。
レジュメの内容はこんな感じです。

********************************

3年2組 4月保護者会資料                                     


信頼をベースに、子供たちの「感性」「知性」「理性」「社会性」を育てる

1.信頼関係を築くために

①励ましの声をかける

②一緒に遊ぶ、話す

③具体的な説明、わかりやすい例示をする

④話し合いながら学級をつくっていく

2.感性を育てるために

①詩を作る活動を継続的に行う

②生き物を育てる体験を多くする

    虫を育てる(チョウ、カイコ) ホウセンカを育てる ダイコンを育てる 

③想像力を引き出す読み聞かせ

④「よぉく見る」観察・見学

3.知性を育てるために

①書く活動を重視する

 ・自分の考えをもたせる

・ノートコンテストを実施する

②その気にさせる教材・活動

③考える活動を取り入れる

・子供のハテナ?を大切に

④家庭学習の習慣を付ける

・宿題は毎日出します

4.理性を育てるために

①どんなクラスにしたいかを話し合い、共有する

②失敗を責めない 嘘や責任転嫁を許さない

➂あいさつ、返事、後始末のできる子にする

④考えて行動する習慣をつける

5.社会性を向上させるために

①遊びやゲームを通して楽しみながら協力する心、きまりを守る心を育む

②自主性を高める学級行事、学年行事を行う

③みんなの前でのスピーチ、サークルトーク 伝える意識を高める

④互いのよさを見つける「今日のキラリ」 

⑤仲間とともに学習する学び合い 思いやり・感謝の心を高める

6.家庭にお願いしたいこと

①宿題をする時には、テレビを消してください。集中力が高まります。

②食事の時にもテレビを消してください。会話が弾み、言語能力が高まります。

➂子供の作品を大切にしてください。丁寧に取り組む子になります。

④厳しくし過ぎないでください。素直で明るく前向きな子になります。

⑤時には博物館に行ってみてください。知的好奇心が高まります。

⑥いろいろな遊びをさせてください。広い視野、多様な考え方が身に付きます。

⑦話を聞いてあげてください。話を聞く子になります。

⑧心配している姿を子供に見せないでください。自分に自信が付きます。

⑨お子さんの前で学校や教師を悪く言わないでください。人を信頼する子になります。

 

子供たちはこうして生きかたを学びます

 

 ①批判ばかり受けて育った子は 非難ばかりします

 ②敵意にみちた中で育った子は だれとでも戦います

 ひやかしを受けて育った子は はにかみ屋になります

 ④ねたみを受けて育った子は いつも悪いことをしているような気になります

 ⑤心が寛大な人の中で育った子は がまん強くなります

 ⑥はげましを受けて育った子は 自信を持ちます

 ⑦ほめられる中で育った子は いつも感謝することを知ります

 ⑧公明正大な中で育った子は 正義心を持ちます

 ⑨思いやりのある中で育った子は 信仰心を持ちます

 ⑩人に認めてもらえる中で育った子は 自分を大事にします

 ⑪仲間の愛の中で育った子は 世界に愛をみつけます

(「アメリカインディアンの教え」加藤諦三著より)


****************************