「3・7・30の法則」とは野中信行氏の造語です。
はじめの3日間だけでなく、そのあとの7日間、30日間でも果たすべきポイントがあると『学級経営力を高める3・7・30の法則』の中で氏は言います。

『<3>と<7>は、どの教師もとても緊張した時間として過ごしていく。しかし、この時間が過ぎてしまうとほっとしてしまう。だから<3><7>で作った仕組みは、きちんと確立しないままにいい加減になってしまう。<30>で繰り返し繰り返し指導しなくてはいけない。』

「黄金の三日間」は確かに重要ですが、その三日間ですべてが決まるわけではありません。
「ローマは一日にしてならず」、「クラスは三日にしてならず」です。

では、<3><7><30>のそれぞれのポイントはというと。


<3>の法則(最初の3日間)
 ①今度の先生は楽しそうだ、おもしろそうだというイメージを与える。
 ②学級の仕組みの第一歩を作る。
   ・掃除の仕方 
   ・当番決め  一人一役

自分のクラスではこれに加えて、「楽しい授業をして、学ぶ楽しさを感じさせたい」と思います。
   ・新しく始まる教科のオリエンテーション
     期待感を高める  ていねいに作業させる
   ・詩の音読、リズム漢字
   ・呼名ー返事   声を出す楽しさを感じさせる

<7>の法則(最初の一週間) 
 ①朝、学校に来てから帰るまでの「学校の毎日」の仕事を決めてしまう。
 ②子どもたちにきちんと指導する中で、ポイントになることを押さえる。
    ・朝の会  ・休み時間の過ごし方  ・給食指導  ・帰りの会

自分のクラスでは、「授業態度を指導する」ことにも時間をかけます。
 ・姿勢、挙手、
 ・返事、聞く態度、話す態度 「伝える意識」を持たせる 
 ・ノートの書き方、学習道具の用意

これらを「身構え」「気構え」「物構え」と言った人がいるそうです。うまい言い方です。

<30>の法則(最初の一ヶ月) 
 ①一週間でつくりあげた学級の仕組みをさらに徹底する。
 ②気を抜かず、手を抜かず何度も何度も繰り返し教え、指導する。

この時期には次のことも意識します。 
 ・話をしたり、一緒に遊んだりしながら、少しずつ個々の関係を太くしていく。
    難しい子との関係を意識的につくっていく。
    関係ができるまでは強い指導は控えめにする。
 ・できない子を探すのではなく、できている子を探して誉める、認める。


サークルの仲間は、この提案を聞いて、「自分なら3・7・30・3だ」と話していました。
ゴールデンウィーク開けにもう一度<3>を入れて、再確認するというのです。確かにそうかもしれません。

今日から新学期!いよいよスタートです!
みなさんがんばっていきましょう!