1563075103192

キーンランドC

<予想のポイント>
・中7週以上の牝馬
 4- 2- 2- 5/13   勝30.8%  連46.2%  複61.5%    単回収344    複回収195 
[該当馬]
1ナックビーナス
2デアレガーロ
5ペイシャフェリシタ

・近2走内にG1に出走
過去5年の3着以内馬15頭中10頭が該当。5年連続連対中!
[該当馬]
1ナックビーナス
2デアレガーロ
4セイウンコウセイ
5ペイシャフェリシタ
6ハッピーアワー
13ダノンスマッシュ

・外枠(6~8枠)の父サンデー系
 3- 3- 0- 8/14   勝21.4%  連42.9%  複42.9%    単回収274    複回収137 
単勝50倍以上の人気薄を除くと、
 3- 3- 0- 5/11   勝27.3%  連54.5%  複54.5%    単回収349    複回収175 
[該当馬]
16リナーテ
[印]
◎16リナーテ
○10アスターペガサス
▲13ダノンスマッシュ

[買い目]
単勝 16 ①点
馬連10-16 ①点  合計②点

◎リナーテ
「外枠のサンデー系」加え、このレースで期待値の高い「上位人気(3番人気以内)の牝馬」。
血統的にもヘイローの3 × 4 + 5で小回りは合いそう。
(このレースで2回好走しているナックビーナスもヘイローのクロス持ち。)
ハイペースで超前傾戦になると心配ですが今年のメンバーだとそこまで早くはならないと思うので。
UHB賞組は基本的に来ないですが、エポワスのように2走前に重賞実績があるので。

○アスターペガサス
単純に葵Sでタイム差なしだったディアンドルが先週、そこそこメンバーの揃った北九州記念で2着。
小崎 ⇒ 戸崎は大幅鞍上強化ですし、軽量活かして。

新潟2歳S
<予想のポイント>
・前走上がり2位以内
 5- 5- 5-40/55    勝9.1%  連18.2%  複27.3%     単回収43     複回収84 
末脚比べになるレース。前走でその片鱗を見せていた馬。

・社台系生産馬(ノーザンF、社台F、社台コーポレーション、追分ファーム)
 4- 3- 0- 8/15   勝26.7%  連46.7%  複46.7%    単回収134     複回収93 
[該当馬]
5トライフォーリアル
7ビッグクインバイオ
9タイムマシン
11モーベット
13ペールエール

・4番人気以内のサンデー系 × ノーザンダンサー系(逆配合含む)
 2- 2- 1- 4/ 9   勝22.2%  連44.4%  複55.6%    単回収112    複回収100 
[該当馬]
6ウーマンズハート
11モーベット

[印]
◎9タイムマシン
○7ビッククインバイオ
▲11モーベット
△13ペールエール
☆2クリアサウンド

[買い目]
馬連ボックス 2、7、9、11、13 ⑩点

◎タイムマシン、○ビッククインバイオについて
「前走未勝利を上がり2位以内で勝利」、「今回中4週以上」の2つをクリアした馬は
過去5年で 1- 3- 0- 8/12    勝8.3%  連33.3%  複33.3%     単回収20    複回収140 
現在4年連続で連対中。
14年は不発でしたが該当馬が12番人気のコメートと8番人気のディアコンチェルトの2頭。
コメートが惜しくも4着。

今年の該当馬はタイムマシンとビッククインバイオの2頭。
「2歳戦に強い手塚厩舎」、「前走差し競馬を経験」からタイムマシンを上に取りました。

▲モーベット
4番人気以内のサンデー系×ノーザンダンサー系の配合馬。
社台系のクラブ馬が強いレースでもあるので。

△ペールエール
ノーザンF生産で2歳戦に強いダイワメジャー産駒。

☆クリアサウンド
新潟2歳Sが稍重以上に馬場が悪化したときは「前走マイル以下で上がり35秒台(ただし上がり2位以内)」を使っていた馬が絡む傾向にあるので。



最強競馬ブログランキングへ