ひとり言

安良里の住人、高橋秀樹の独断と偏見による海をテーマにしたロマンチックなエッセイです(笑)

闘魂・・・

2月10日 木曜日
このページはあくまで独り言なので残念ながら毎日更新されるわけではない・・・気が乗らないとお休みです。
昨日は別に気が乗らなかったのではなく夕方から歯医者があったのとサッカーを見なくては!!という大変個人的かつ重要な用件のためお休みいたしました。

さて話はいきなり変わりますが、今月のダイビングワールド見ました?
最初の方にアントニオ猪木さんがでていましたね。
若い方は猪木というと、1〜2〜3〜だぁっ〜〜〜、もしくは張り手をして気合を注入?している姿しか知らないかもしれません。
私と猪木との出会い、それは30年前くらいではないでしょうか。正確には実際に出会ったのではなくテレビのプロレス中継で見たのですが(笑)。
当時は馬場の全日本、猪木の新日本(国際プロレスなんてのもあったな、ラッシャー木村!!)という2大興行時代でした。猪木はタイガージェットシンと死闘を演じたり、荒鷲『坂口 征二』(坂口憲治のパパ)と最強タッグを組んでいたのを覚えています。
次に思い出すのが異種格闘技戦、余りにも有名なアリ戦のほか、ウィリー、ルスカ、モンスターマン(?)なんかもいたなぁ。
いやいや、別に猪木のこの手の話はもっと詳しい方に任せるとして、雑誌に出ていた猪木のサイン、『闘魂』、これが言いたかったんですね。
実は私の家にも猪木のサインがありました。その色紙にも『闘魂』と書いてありました。それはおそらく30年くらい前にうちのお袋がもらったものです。プロレスファン一家?!、確かにうちのお袋は真っ赤なバスタオルがお気に入りでした、いやいや、嘘です。
お袋の仕事場にたまたま猪木さんが見えてそれでサインをもらったらしいです。とってもおとなしいあごの長い青年だったそうですよ。
あのサイン色紙、今でも実家にあるんだろうか???
そして30年以上たっても変わらず『闘魂』と書き続ける猪木さん、なんかいいよなーと思うのは私だけでしょうか・・・。

久しぶりに帰ったら猪木の秘蔵ビデオでも見ようかな。 

器材考

2月8日 火曜日
掲示板にもこのページを見たよ!!との声を頂きました。ご声援(?!)ありがとうございます。
昨日最終回と書きましたが『ラマダン苦行編』が終わっただけすからね。

最近、先割れフィン(スプリットフィン)を使っています。使い心地はどうですか?とよく尋ねられるのですが、これがなかなか悪くないんですね。なんかこう書くとT社の宣伝マンみたいですが、確かにタバタさんのフィールドテスターをつとめていますが、それを抜きにしても先割れフィン、なかなか侮れません。

基本的にはゴムフィン派なので今まで使ったものも圧倒的にゴム製のものが多く、一番のお気に入りはフルフットタイプです。これは今でも変わりません。
暖かい南の海で素足に履いたあの感触は、それはもう快適というかストレスが無いというか、とにかく最高です。

が、最近は年のせいもありおそらく脚力なども落ちてきているのでしょう、だんだんと楽(ラク)をしたくなってまいりまして試してみたわけです。以前、他社の先割れフィンも履いてみたのですがなかなかなじみませんでした。
そうです、先割れフィンは慣れるまで結構時間がかかります。大抵の方、特に脚力に自信があったりベテランイントラさんはそこでまずあきらめてしまいます。
俺の脚にはあわないぜ!!と。
しかしそれを乗り越えて履いていると、おっ、なかなか楽なんじゃない??という感覚がうまれてきます。そこまでくるともうあなたはそのフィンが手放せなくなります。何か新興宗教のようですが、先割れフィンは今までのフィンとは別物と考えてみると良いかもしれません。

ちなみに安良里ダイビングセンターでは器材をお持ちの方へのモニターとしていくつか用意してありますので挑戦したい方、一度使ってみてください。

こう書くと結局宣伝じゃん!!と思われるかもしれませんが、器材は好みも人それぞれ、技量、経験、ダイビングスタイルなどなど沢山の要素も関係してきます。ですからどれが一番いい器材というのはなかなかないと思います。
ただ今まで使っていた器材に固執しすぎることなく、いろいろ試して見るのも良いかなと最近考えています。

キャリアの長いベテランインストラクターさんからは苦言を呈されそうですが・・・。

これより前を読みたい方は左側のarchivesの2005年02月をクリック!!

ラマダンその3

2月7日 月曜日
涙の最終回・・・

スイカジュースの後はお待ちかねのディナーである。というか基本的に彼らはいつもカレー、それもスリランカカレーみたいな汁だくのやつである。ちなみに具は少ない。香辛料がきついのかあわないのか、これを食べると少し大の方ががゆるくなる傾向にある。
このカレーにナンみたいなものをちぎって汁につけて手で食べる。おじいちゃんがパンをちぎって牛乳にひたして食べる、あんな感じである。
皆さんご存知のようにイスラム教では左手は不浄なものとされているので右手で食べます。慣れるまでは違和感がありましたが結構上手になるものです。
こうして最初の食事が終わり2度目の食事は夜中になります。
しかし、眠い、というかその時間帯まで起きていられないんですよね。食欲より睡眠欲の強い私はいつもこの6時の一度の食事で1ヶ月を過ごしたのでした・・・

ラマダンの時に撮った写真を見ると顔がげっそりとしているのですぐにわかります。1ヵ月後には約3キロ体重が落ちます。えっ!!たった3キロと思われるかもしれませんが、あちらでは食生活も偏り気味で毎日沢山潜るので太らない、というか普段からほとんど余計な脂肪が付かないのです。その状態からの3キロ減といいますと、矢吹丈が減量に苦しんで最後は下剤を飲んでサウナで倒れてしまったあとの状態に近いものです。うーん、この表現は難しいかな。

ラマダンが終わったあとに残るのは何かをやり遂げた?ような達成感でした。ちなみにリバウンドも無くいくら食べてもプラス3キロにしかならないのでした・・・
そうそう向こうには体重計が無かったので、島で飼育していたカメ用の体重計で計測していたな。おしまい。

今でもカレーは大好きですがちゃんとスプーンで食べています!!

ラマダンその2

2月6日 日曜日
昨日までのあらすじ・・・
私はモルディブで働いていた10年ほど前に、ひょんなことからイスラム教でラマダンと呼ばれる断食(節食)に挑戦を始めることとなった。

まず朝起きてから夕方までとにかく何も口にしないのです。モルディブは熱帯域ですから昼間の気温というよりか、一日中30度以上、年間平均水温29度(当時)というほんとうにあつ〜〜い国です。
ですからなるべく体力を使わないようにダイビングの合間はドーニと呼ばれるダイビング用の木造船のベンチで寝転がっています。
今考えてみると軽い脱水状態だったわけで、脱水状態は減圧症の誘引となることは賢明な読者の皆さんならおわかりのことと思います。皆さん、決して真似しないで下さいね!!
というか、やれと言われてもなかなかできないですよね。
あちらにいると色々な意味で禁欲を強いられるので、当時の日本人スタッフはみなかなりストイックな生活をしていました。だからできたのではと思います。

南の島、リゾートという響きからは想像できないかもしれません。皆さんの想像するモルディブは雑誌『海と島の旅』のイメージでしょう。確かにゲストとしてくるぶんにはまさに地上に残された数少ない楽園です。しかし歩いて5分!!の狭い島にモルディブ人、スリランカ人、日本人合わせて70名のスタッフが生活をしているのですからね。実際の生活はなかなかすごいのですがそのあたりはまた今度。

で夕方6時頃になるとスタッフキッチンの方からコーランが流れスイカジュースが振舞われます。大きなフタつきの水色のポリバケツ、あれになみなみとスイカを搾った?ジュースが用意されていて、ここで軽く3杯くらい一気に飲んでしまいます。
昼間の間一切水分を取らないで飲むこのスイカジュースの美味しさは、真夏の生ビール以上の美味しさ、一生忘れられない味です・・・  つづく・・・

ちなみにラマダンとはイスラム教の神への奉仕を箇条にした五行(五柱ともいう)のうちの第4番目にあたる信者の義務で、イスラム暦の9月に行われる。イスラム教徒はその1ヶ月の間、日の出から日没まで飲食を禁ぜられ、喫煙や性交も許されない。 だそうですよ。

ラマダンその1

2月5日 土曜日
突然ですがダイエットをしたことがありますか?
女性ならば少なからず試みた、もしくは興味のある方も多いのではと思います。ダイエットとは少し違いますが断食、正確には節食とでもいうのでしょうか、それについて少し触れてみたいと思います。
私は10年ほど前にモルディブ共和国でガイドの仕事をしていたときの話です。ちょうど今の時期が向こうはトップシーズン、たくさんのダイバーが来島します。そして同じころ、イスラム教のラマダンと呼ばれる断食の時期でもあります。モルディブ人は敬虔なイスラム教徒であり、リゾートの島にもモスク(ミスク)と呼ばれる礼拝堂があり、一日に数度お祈りをしています。
ラマダンの期間は約1ヶ月、太陽の出ている時間帯は一切ものを口にしません。もちろん水も飲むことができません。ですからこの時期はモルディブ人は飲まず食わずで仕事をしているわけです。というわけで当然この時期はあまり動きたがらない=働かないわけです。
私は日本人でありどちらかというと困った時の神頼み派ですからラマダンは関係ないのですが、何となく彼らに後ろめたくて一緒に挑戦?することにしたのでした・・・
つづく・・・
途中で終わるな!!せっかく読んでやったのにと言われそうですが、このネタは奥が深いので書き始めると長いんですよねぇ〜〜〜

水没注意!!

2月4日 金曜日
熱烈なファンからこのページを見ました!!のメールを頂きました。ありがとうございます。
朝は静かだったのですが午後からかなり風が出てきました。
そうそう、週末に備えてビーチの手すりを直さないと!!と慌てて出かけたのですがすでに波高く、少し補修するのが精一杯でした・・・朝行けばよかった。
で、気を取り直して少し潜ってみるかと潜降した瞬間に右腕にずぶっとした感触が!!
アレーと思って右腕を上げながら給気してみたところ右肩甲骨辺りから勢いよくバブルが〜〜〜
今日はお客さんがいなかったのでドライのファスナーを誰に締めてもらおうかなと思ったら、ちょうどシルバーのおじさん達が木を切っていて顔見知りの安良里のおじさんに頼んだのでした。
皆さんもファスナーは必ず自分で確認しましょうね。締めた方が悪いのではありません。確認しないほうが悪いんです!!
あえなく3分でエキジット。明日までにスーツ乾くかなぁ。

マラソン&豆まき

2月3日 木曜日
とりあえず3日坊主にならないように・・・。
今日は安良里では賀茂幼稚園のマラソン大会が行われました。だいたい1学年が20名前後、全部で60名いるかいないかの小さな幼稚園です。
私は一応幼稚園の役員なんぞをやらせていただいているので今日は旗を持って道路の交通整理&応援でした。皆小さいなりに自分の力に合わせて懸命に走っている姿はなかなか可愛く感動的ですね〜〜〜
沿道の声援がこれまた意外に多いのも安良里らしいところです。ビデオやカメラで熱心に子供を撮影しているお父さんお母さんは、都内の某有名幼稚園に子供を通わせている有名芸能人と大差ありませんね。孫の応援に駆けつけるおじいちゃん、おばちゃんが多いのも特徴的です。
わずか30分ほどの短い時間でしたが普段は静かな安良里が少しだけ賑やかになった時間でした・・・。

夕方からは節分ということで豆まきならぬお菓子まきが宝市場にて行われました。
宝市場、皆さんご存知ですか?ビーチから安良里方面に国道を走ってきて黄金崎トンネルを抜けたすぐ左側の食事&おみやげ処です。

行かれたことがある方は余りいないかもしれませんがお食事も結構いけますよ。
私なんぞは年末年始だけですが、ビーチおじさんとの忘年会、漁協職員忘年会、ボートおじさんとの新年会とわずか1ヶ月のうちに3回も利用する超常連客です。
で、その宝市場において日頃の感謝ということでたくさんのお菓子が投げられ、これまたたくさんの方が拾いに来ていました。100名近くいたのでは???幼稚園、小学校の子供とその親、おじいちゃん&おばあちゃんなどですね。
いやー、今日は本業以外でよく動いた一日でした。
えっ?ちっとも働いていない?? 田舎ではこういった行事を通してのコミュニケーションはほんと大切なんですよ。←ちょっと言い訳がましいかなぁ。

消防団出動!!

2月2日 水曜日
突然気まぐれで始めさせていただきました。というか、まぁ、こんなページもあった方がいいのでは?という方の意見を素直に取り入れさせていただきました。
どこかのサービスさんのパクリじゃん〜〜〜と言われそうですがまさにその通りです。
気が向いたら更新されますし不評なら自然消滅いたしますのであしからず・・・

ここ最近は皆さんご存知のように強い西風が毎日吹いています。
今までは西風の日はダイビングのクローズだけを考えていればよかったのですが、昨年から私、賀茂村消防団に入団いたしました!!おそらく37歳での新入団員は消防団始まって以来なのでは??
消防団はこの時期になると西風の強い日は夜警なるものがありまして、それで風の強い日は夜警がまわってくるかな??とちょっと気がかりなんです。

夜警の日は消防団放送が安良里地区にアナウンスされます。もちろん放送するのは安良里漁協のウグイス嬢ことさきえさんです。ボート乗り場でよく高橋く〜〜〜んと甲高い声で呼ぶテンションの高い漁協の職員さんです。

ちなみに一昨日夜警に行ってきたばかりなんですが、さてさて夜警ってなーに??といいますと、文字通り消防車に乗り込みチリンチリンとサイレンを鳴らしながら、こちらは賀茂村消防団です!!、今晩は強い西風が吹いていますので火の元には充分注意してお休み下さい!!とアナウンスをしながら村内を回ります。
といっても狭い村内、さらに狭い安良里地区(ボート乗り場がある部落)すぐに1周できてしまいますから何周もするわけです。
まあ、詰め所で休憩をしながら21〜0時近くまでやっています・・・
西風の強い次の朝に私が眠そうにしていたら昨夜は夜警だったのかしら??と思ってくださいね。決してプレステ2を深夜までやっていたわけではありません・・・
ではでは。
Profile
HIDE
安良里に住んで今年で12年目。
海を少し離れてダイバーの皆様に愛される、信頼される器材作りを目指して頑張っています!!
趣味、特技はスノーケリング、三点倒立、口笛に風呂掃除、晩酌と多彩?!
Recent Comments
Archives
訪問者数

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ