先週の日曜日にNHKテレビでアオリイカの産卵をやっていた。
西伊豆としか出なかったが大瀬崎で撮影されていた。昨年の春先から夏前にかけて撮影していたみたい・・・
久しぶりに見る伊豆の海の様子はなんだか懐かしい。

大瀬崎では6月くらいが産卵ピークのようであったが、同じ西伊豆でも黄金崎では1ヶ月以上も遅い気がする。
もうだいぶ前のことだが8月に大産卵した時期があり、いつ潜っても30匹くらいの群れが産卵行動しているのを見ることが出来たことがあった。
ダイバーが近くにいてもお構いなしでものすごく近くで観察できたので1ダイブの半分くらいは産卵行動を見ていたような気がする。

ただそれ以来、アオリイカの群れや産卵行動を目撃する機会は減っており(ここ3年間は潜っていないからわからないけど)、卵自体は結構目にするのに一体いつ産卵に来ているんだろう???という感じである。

アオリイカはイカの中でも高級品なんで滅多に頂く事はないが、それでもやはりイカはもらえるとうれしいもんです。
以前もブログに書いた気がするけどやっぱりイカ刺はなんでも最高!!
あの食感と独特の甘みはなんともいえませんね。
このお正月に安良里に帰った時もイカを徳さんと伸ちゃんにいただきました。正月にイカの刺身が食べられるのはちょっとした贅沢です。

安良里の多目的広場の駐車場あたりでもアオリイカが釣れるらしく(坂本海岸の沖、弁天島辺り)、うちのチビの同級生のお父さんが釣っていたりする。
私は釣りをしないのですが、岸壁や対岸(タンクを充填している場所)ではGWや夏休みは結構な人手である。普段、普通に目にする場所へわざわざ釣りに来るのだからなんとも不思議な感じである。

ただひとつ言わせていただけると帰るときにゴミだけは片付けていってね!!
漁協に勤めていたときには月曜日の朝、岸壁を見回るとほんとうんざりって感じでしたからね。日曜日の午後とか子供と散歩してジュースを買ってあげる代わりにゴミや空き缶、ペットボトルなんかを集めさせたものです。

話がだんだんと横道にそれましたがやっぱり海が恋しいね〜〜〜

ちなみにダイビングや釣りはできませんが、この時期の冬の荒れた海を黄金崎の展望台から見るのも好きです。自然のパワーを目の前で感じられますからね。
ただし、あんまり長く見ていると駐車しておいた車が塩だらけになっちゃうけどね。