2月、3月とたまたま映画の日である一日が日曜日にあたったため映画を見に行ってきました。
映画は家族でよくジョイランド三島とか柿田川サントムーンなんかには行くんだけど、一人で映画行くのは10数年ぶり。

映画の日は1000円で見れるんでなんだかとってもお得な感じですよね。
というか、普段の料金てちょっと高いかなぁって感じもあります。

一人で映画に行くのはチケットを買う時に
『お一人様ですか?』
なんてご丁寧にきれいなお姉さんが聞いてくれるのがなんだか寂しく、見れば解るじゃん、って感じですが、ゆっくり映画に集中できるのはいいものです。子供向けじゃない映画も見れるしね!!

2月は『007 慰めの報酬』を見ました。映画館で007シリーズを見たのは20年近く前じゃないかなぁ・・・
友達から株主優待券をもらったかなにかで見に行った記憶があります。タイトルは忘れちゃったね。
今回のボンドはいつものちょっとにやけた色男ボンドではなく、ゴルゴ13ばりの強面でクールでちょっと(かなり?)冷酷無情な殺し屋って感じでした。
アクションシーンは映画館ならではで自宅のテレビで見るのと大違い。
普段大きな音でテレビを見ないのでちょっと大音声過ぎてうるさかった(笑)。
自分的評価は85点!!
ちょっと甘いかな???

3月は話題の映画『おくりびと』を見ました。満席ですよ、満席!!
内容はテレビで結構やっていたんであらすじを知ってる方も多いと思いますが、確かにいろいろと考えさせられる映画でした。
ありきたりだけど、人生とは、生命とは、仕事ってなんだろう、家族とは、人生の終わり方・・・。
最近よく自分でも考えるテーマがぎっしりと詰まっていて、でも重くなりすぎなく適度に笑えるところもありとても良い映画でした。

小学校2年の時に無くなった祖父と高校3年で亡くなった祖母の葬式、世話になった漁師さんが亡くなった時のことが思い出されましたね・・・。

この手の映画はやっぱりよく泣ける(泣)。涙が溢れるという表現の通り川のように涙が流れました(なんて表現あるのかな)。いっぱい涙が出たあとってほんとすっきりさっぱりした気持ちになるんですよね。

こちらの評価は95点!!
ラストが少し唐突で物足りなさがありました。もっと長い映画でも良かったんでは?
それくらいもっと長く見たい感じがありました。

まだまだ上映中なのではと思われるので是非行ってみてください!!

ちなみに次回見に行く予定の映画は家族と一緒に
『DRAGON BALL』のハリウッド版(笑)。
原作者の鳥山明さんが
『全く違ったドラゴンボール』と言った、そんな映画を子供にねだられて見に行く破目に・・・。申し訳ないけれどつまらなそう・・・。

また見に行った後で感想書きます。
予想評価は30点!!

赤点じゃん。っていうかうちの息子の去年のテストの点みたい(泣)。
3年になってからはとっても頑張ってるんだけどね!!